猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月21日 (木) | 編集 |
ああ、安定の(恥)しめきり当日投票。。。

というわけで順調にギリギリに
こりもせず今年も日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!

(あいかわらずみた本数を数えきれませんでしたが
 今年は大台にのってそう。。。
 古今東西わせると450ではきかないと思われます)

ではまず、日本映画部門から。

これよりテンプレート

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「海街diary 」  7点
  「野火」  7点
  「さようなら」  4点
  「バクマン。」  3点
  「恋人たち」  2点
  「味園ユニバース」  2点
  「花とアリス殺人事件」  2点
  「グラスホッパー」  1点
  「乱死怒町より愛を吐いて」  1点
  「徘徊 ママリン87歳の夏」   1点
  
  次点:というか今年のスペシャルメンション
  「幕が上がる」

【コメント】
   今年は邦画も、いくつかの残念な作品をのぞくと
   みてもみても面白い!!!という感じの1年やったように思います。

  10本入れたいのと、海街と野火が同率首位、というのは外せないので
   引き算すると下位もほとんど同点になってしまいました。
   
   これ以外に良かった作品もたっくさんあります。
   その中でも、入れたくて泣く泣く外した作品だけ書いておきます。

   ローリング、マエストロ!、ピース オブ ケイク、白河夜船、
   ロマンス、心が叫びたがってるんだ、予告犯、などなど。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】       作品名
   [是枝裕和]  (「海街diary」)
【コメント】
  2015年、公開前から最も楽しみにしていた映画のひとつ。
  そして、連載中のまんがで、大好きな作品のひとつ。
  期待値最大ぐらいの気持ちでみにいったのに
  それ以上でした。
  ついつい、生まれて初めて鎌倉旅行に行ってしまったぐらい
  すべてがうつくしく大好きな映画です。
  是枝監督、わたしを鎌倉に連れていってくださって
  ありがとうございます(違w)

【主演男優賞】
   [生田斗真]  (「グラスホッパー」)
【コメント】
   監督が、難しいのにおいしくない役、とどこかで言ってられました。
   その通りだと思います。
   予告犯も良かったけどやっぱりこっちかな。

   野火の塚本監督にも投票したいですが
   監督賞に入れず主演男優に入れたら
   なんだか申し訳ないような気がして断念(笑)

【主演女優賞】
   [二階堂ふみ]  (「この国の空」)
【コメント】
   「味園ユニバース」もものすごく良かったのですが
   やっぱし、このふみちゃんはすごかった。
   今年(2016)も楽しみすぎます。

【助演男優賞】
   [松坂 桃李]  (「ピース オブ ケイク」)
【コメント】
   演技のテンションとしては「日本のいちばん長い日」に
   投票するべきなのでしょうけど
   「ピース オブ ケイク」の松坂くんは、驚くと同時に
   今後もこんな役をいっぱいやってほしい、と思うぐらい
   可愛くて魅力的でした。
   日本の・・・とかMOZUより、こっちのほうが
   難しいと思うのですが、めっちゃ良かった。
   こっちに誰も入れないかもしれないので、私が投票しときます(笑)

【助演女優賞】
   [蒼井優]  (「岸辺の旅」)
【コメント】
   一瞬であの映画のすべてを持っていってしまった(当社比)。
   ホンマにもう
   誰にもかなわないところに行っちゃったねえ~(はあと)
   映画の感想としては、「生きてる人間がいちばん怖いわ!」と
   あそこで思いました。素晴らしい。。。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [広瀬すず]  (「海街diary」)
【コメント】
   2015年のニューフェイス、ってもう
   ほかにおもいつかないよねえ~。
   素晴らしかったです(涙)

【音楽賞】
  「さようなら」
【コメント】
   映像もうつくしかったけど、音楽もすごく良かった。
   もう一回みたい。映画賞の凱旋上映を是非。
   もっと評価されるべき映画やと思います。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [塚本晋也監督]  (「野火」)
  「最優秀プロモーション賞 兼 努力賞」
【コメント】
   2015年で、みずから、もっとも多くの映画館をまわられた
   映画監督は塚本監督なのではないかと思います。
   舞台挨拶、ティーチイン、サイン会・・・。
   それだけでなく、上映前の音量セッティングなどにも
   こだわられたとうかがっていますし
   Twitterを通じた、全国のミニシアターの様子の
   レポートもとても楽しみでした。
   わたくしも、幸いにも直接お会いでき、
   野火を拝見した感動などをお伝えできさらに感動。
   監督、ありがとうございました!(涙)
   この賞の名前は適切かどうか分かりませんが
   みられてこそ映画、ということを自ら体現されたと思います。
   そして、野火という名作を作ってくださって
   ありがとうございます。
   作らせようとしなかった大手の映画会社は恥じるべき!
   
   (ついでに書いとくと、お会いできたのは
    塚口サンサン劇場さまの「鉄男」上映のときです。
    上映してくださったこと、監督を呼んでくださったこと
    深く感謝します。。。)
 
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

以上です。今年もこんな時間ですいません。。。


以前の投票など。




[続きを読む...]

2015年12月22日 (火) | 編集 |
おひさしぶりです。

まだ
PCがネットに接続できていないわたくし。。。
(PCを買うとこからいくと、一年越しか〜!)

これはiPadミニからチマチマ書いてます。

ここ三年ぐらいいろんなことがあってグルグル(◎_◎;)してましたが
今年はなんとか平穏無事に終わりそうで
久々の年初のご挨拶も書けそうです。


いやいやそのまえに
ひとまず年末までにやってしまいたいことがたくさんあるのですが
インターネット映画大賞さんに
「休止BLOG」認定を受けてしまうとやばいので
近日中に記事をいろいろ書き
投票記事は今年こそ年初に書きますね(^_^)

投票受付開始されてますので下記を参考に
みなさまもぜひ投票を♪

日本インターネット映画大賞
www.movieawards.jp/00200.html


今年はあちこちの映画祭に行ってたので
そのレポを年末に書けたらいいなーと思っております。

(ほんとうかー?)


こちらは簡単に投票できますので皆様どうぞ♪

映画.com
eiga.com/etc/best10/

こういう機会にぜひ
「黒衣の刺客」とか女神は二度微笑む」とかよろしくです♪

KANOとか恐怖分子も今年の投票なのね〜( ̄▽ ̄;)


わたくしが(過去みた回数にかかわらず)今年みた!という括りやと
ベスト3は
ラストエンペラー、恐怖分子、戯夢人生、になりそうですが(笑)






2015年01月22日 (木) | 編集 |
こちらはさらにギリギリですが
こりもせず日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!
(この下に日本映画の投票をしております)

日本映画と同様、私の独断と偏見で選んでます(笑)

こちらは国内作品と違って(すいません!)
ベストテンに入れたい!と思う映画が
山ほどあって
とりあえず名作!と思った
40本ぐらいの中から泣く泣く選びました。

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ミッドナイト・アフター」(東京国際映画祭)  6点
  「バルフィ! 人生に唄えば」 5点
  「グランド・ブダペスト・ホテル」 5点
  「GF*BF(台湾)」   3点
  「So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜」 3点
  「トム・アット・ザ・ファーム」 3点
  「マドラス・カフェ」(IIFF2014) 2点
  「イーダ 」        1点
  「浮城  」        1点
  「破裂するドリアンの河の記憶」(東京国際映画祭)1点

【コメント】

 一般公開作品で選びたいところですが
 東京国際映画祭で拝見した
 ミッドナイト・アフター破裂するドリアンの河の記憶
 インディアンフィルムフェスティバルジャパンの
 マドラス・カフェは公開の強い希望を訴えるため(笑)
 入れました。
 10本に選べないくらいいい映画をたくさん拝見したなあ
 というのが2014の印象です。
 比喩でなくホンマに数えきれないぐらいみました(笑)

ベストテンに入れられなかったですが
いま公開中の
イロイロ ぬくもりの記憶」もめっちゃ良かったので
みなさま、ぜひ映画館でご覧くださいまし!
http://iloilo-movie.com/

そして、全国の映画館さん!!!
今からでもおそくありません。
2014年の回顧上映に
いますぐバルフィーを加えてください。
2014年にみのがした人々が
シネコンの大音響でみなかったことを
後悔する名作ですよっ!!!

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】           作品名
   [アン・ホイ     ]   (「黄金時代」)
【コメント】
   映画祭作品ですが
   ベストテンに入れられなかったのでここで。
   長いかも、と思ってみにいきましたが、
   そんなことまったく感じませんでした。良かったです(泣)

【主演男優賞】
   [アーロン・クウォック ] (「影なきリベンジャー 極限探偵C+」)
【コメント】
   作品賞は浮城ですが、探偵シリーズ3作品を
   とつぜん3本イッキミ(?)ということになった2014。
   アーロンの映画を4本もみたわ(笑)
   これからの期待(と、まっとうな状態の香港映画の
   一般公開!!!への希望)をこめて選びます。

【主演女優賞】
   [サミー・チェン   ] (「大捜査の女」)
【コメント】
   まさか日本(関西)でみられるとは。
   で、おもしろかったやん!!!
   「高海抜の恋」の一般公開も強く希望します!!!
   (2年連続サミちゃなのは たまたま です(笑))

【助演男優賞】
   [ビル・ナイ]  (「アバウト・タイム 愛おしい時間について」)
【コメント】
   作品をベストテンに入れることができなかったのでここで。
   ピンポンの場面とか、めっちゃいいですよね(涙)

【助演女優賞】
   [プリヤンカー・チョープラー] (「バルフィ! 人生に唄えば」)
【コメント】
  ご本人の素の姿も知らず単純に感動したので。
  まさか子供時代も演ってるとは!!!
  「バルフィー!!!」と叫ぶ場面は
  2014の、でなく、私の中のボリウッド名場面のひとつ。
  (ていうほどみてないのですが。すみません)

【ニューフェイスブレイク賞】
   [アン・シンヤ(安心亜) ] (「おばあちゃんの夢中恋人」)
【コメント】
   台湾ではとっくにブレイクしているのでしょうが
   大阪アジアン映画祭で映画をみて
   すっごく好きになりました。かわいかったー(涙)

【音楽賞】
  「SHIFT 恋よりも強いミカタ」
【コメント】
  ほかにもいろいろあるけど
  ベストテンに入れられなかったのでここで。
  歌うシーンも良かったけど
  そのほか、いろんな場面の音楽が良かった!!! 

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [もっとちゃんと公開してよ賞 ] (「牢獄処刑人」)
  「映画の内容の良さと反比例して一般公開が恵まれてない作品に」
【コメント】
  2014年は特に、映画の一般公開のやりかた、に
  すっごく悲しくなったり
  腹がたったり、情けなくなったり、、、いろんなことを
  いつも以上に思った1年でした。
  キアヌの映画はキシワダまでみにいったし(笑)
  ヒーローネバーダイはナゴヤまでいってきましたよ(涙)

  牢獄処刑人、シネフェスタやホクテンザがあれば
  よかったのになーとおもいつつ
  ナナゲイさんでみました。
  上映ありがとうございました!!!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

以上です。ホンマ、ぎりぎりですいません(汗) 


あと、ベストテンにいれそびれた作品など
[続きを読む...]

2015年01月22日 (木) | 編集 |
今年も順調にギリギリです(笑)が
こりもせず日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!

しかも、
けっきょく今年もなん本みたか数えきれませんでした。。。
 (邦画洋画あわせて、初見の本数は400をこえてる気がする。
 まいつき40本以上みてました。反省。。。)

いつもどおり基準は「私が好きかどうか」という勝手な主観ですのでご了承を。

※原則は2014年に封切りされた新作映画のなかで
  ワタシがみたものから投票。
  「百円の恋」は先週に拝見しましたが
  「0.5ミリ」はまだみることができていないため入ってません。
  ごめんなさい。。。

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「太秦ライムライト」         7点
  「るろうに剣心 伝説の最期編」 5点
  「るろうに剣心 京都大火編」  4点
  「ほとりの朔子」           3点
  「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」 3点
  「白ゆき姫殺人事件」   2点
  「日々ロック    」    2点
  「小野寺の弟・小野寺の姉」   2点
  「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」 1点


【コメント】

 振り返ると、洋画だけでなく
 邦画もみてもみても追いかけきれなかった感がありました。

 みなさんがベストテンに選んでる作品で
 みのがしたものもたくさんありますが
 例のアカデミー外国語映画賞については
 私は太秦ライムライトとかほとりの朔子とかが
 選ばれたらよかったのになあ、としつこく思ってたりします。

 るろ剣とテルマエ、寄生獣などでで
 原作つきの映画のレベルがものすごい上がった気がした
 1年でした。 

 今年はあまりみてない分
 泣く泣く外したものがないですね。
 あと、入れてないけどよかったのは
 「舞妓はレディ」とか「思い出のマーニー」
 「魔女の宅急便」(実写版)など。 

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】      作品名
   [大友啓史]  (「るろうに剣心 伝説の最期編」)
【コメント】
   イッキミに行って監督にもお会いしてしまったので
   選ばないわけにはいかない(笑)  
   「日本のワンチャイ」堪能しましたよー♪

【主演男優賞】
   [福本清三  ] (「太秦ライムライト」)
【コメント】
   満を持しての主演作。素晴らしかったです。
   また新しい主演映画が拝見したいです!!!

【主演女優賞】
   [二階堂ふみ ] (「ほとりの朔子 」)
【コメント】
   「私の男」もよかったけど、
   あの朔子ちゃんは本当に良かった!

【助演男優賞】
   [神木 隆之介 ] (「るろうに剣心 京都大火編」)
【コメント】
   2014年は縁あって
   「お父さんのバックドロップ」等もみたので
   るろ剣の演技とアクションにしびれました。
   (本当はるろ剣出演者全員を選びたい~(汗)) 

【助演女優賞】
   [長澤まさみ ] (「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」 」)
【コメント】
   あの表紙なら私も林業に行きたくなる!(笑)

【ニューフェイスブレイク賞】
   [土屋太鳳 ] (「るろうに剣心 京都大火編」)
【コメント】
   すでにブレイクずみかもしれませんが一応。
   山本千尋さんと迷うところですが 
   ここは太鳳さんに。

【音楽賞】
  「日々ロック」
【コメント】
  バンド映画は好きなのでだいたいみるようにしてるのですが
  この映画は楽しかったし、ふみちゃんのアイドル歌謡も
  良かったです(笑)

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [アクション監督賞 ] (「るろうに剣心 伝説の最期編」)
  「邦画ナンバーワンアクションを作った方にささげる賞」
【コメント】
  谷垣さん! もうあちこちでほめられまくりで
  飽きてるかもしれませんが
  一票入れましたよー!!!
 
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

以上! (まにあった???(笑))
[続きを読む...]

2015年01月18日 (日) | 編集 |
今年も紀平先生のアジア映画ベストワンの記事へ
ちょろっとコメントを載せていただきました。
ありがとうございます。



わたくし自身のベストテン(投票)はまたあらためて。
(あと一週間でまとまるのかしらん。。。)

まもなく締め切りなのでみなさまも是非!!!

  インターネット映画大賞 
   http://www.movieawards.jp/



ながらく開店休業でもうしわけありませんが
まだまだ新しいパソコンをセットアップする
めどがつかないため
もうちょっと開店休業します。すいません。

ですが、ちょびっとだけ写真を。
(ただいま、むりやり真夜中のネットカフェで書いてます)

てことで、旅日記を書くよゆーが全然ありませんが
先週の三連休に
 弾丸で台湾
に行ってまいりました。

 月曜夕方に用事があったため
 またまた朝イチの飛行機で帰国。

  ぜったいに入国審査のひとたちには
  《運び屋》と思われているにちがいない(泣)
  
  台湾でもめがねをはずせといわれ
  写真をとられ、指紋まで画面登録されましたよ(苦笑)

 で、朝の飛行機に乗るため、朝もくらいうちから
 空港へ行く朝5時半のバスに乗りました。

 どうして台湾にはまいかい40時間ほどしか
 行けないのでしょうか。。。


とりいそぎ写真だけのせてみます♪




王家衛先生
わたくし一生ついていきます、と
台北の中心で愛をひとり叫んだ夜でした。

(写真は昼間に別の映画館で撮影)
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。