FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2006年05月14日 (日) | 編集 |
20060514140914


こういうのを「ご縁があって見る」というのね~。

「レオポルド・ブルームへの手紙」
 気になる方は、ここの紹介がわかりやすいかも。
 FLIX http://www.flix.co.jp/movie/T0002796

RCSさんの会員ご招待(太っ腹!!!)で見てきました。
家に帰ってから(ヴェニスの商人に出てた人やったかも。。。)と気づいた。遅っ!
まったくオッカケてない人の違う作品を続けて見る機会て、なかなかないですけど。
(昨日の日記参照)


 ところで。
 題名にある「レオポルド・ブルーム」
 名前は知ってたけど、
 もとの小説は
 「ユリシーズ」やったっけ?「フィネガンズ・ウェイク」やったっけ?と
 一瞬、迷ってしまった(恥)
 (どちらもジェイムス・ジョイスの著作。有名だけど長くて読破した人は少ないという噂の名作)

 
 読んでないので物語の詳細は書けないけど(おいおい!)
 物語の舞台、ダブリンでは
 6月16日には「ブルームズデー」というお祭りがあります。
 (昔、この日記に書いた気がするので、後日、探してリンクしてみたいと思います)


あの。
先日、書きそびれたんですけど
こないだ見た映画「プロデューサーズ」に出てくる
元会計士の人の名前もレオ(レオポルド)・ブルームなんで
ヒソカに気になってました。実は。

それにも、やはり意味があるんだろうなぁ~(汗)
(たぶんね、つまらん人生を送ってる人、みたいな
 市井の人、て感じの意味が込めてあるんかもしれん ←違ったらすいません)


その映画のあと行こうと思ってましたが
やっぱり「好きだ、」の再映には行けませんでした。
それも「ご縁」があればまた見られるでしょう。。。

そのかわり、駅ビルでバーゲンしてたので
新品DVDを1200円で買ってきた♪ 何かは内緒(汗)


そういえば、またまた更に関係ないけど
ダブリンにホームステイしていたとき、そこのお嬢さん(中学生)が
古典の授業で読んでいる、とゆってたのが、「ヴェニスの商人」でした。

 ふ~ん。古典なんだ。。。と思った記憶がよみがえってきました。
 もう丸2年も前になるのかぁ~。
  みなさん、お元気かしら???


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可