FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2005年10月23日 (日) | 編集 |
とりあえず、今週は22日に3本みました。


「長恨歌」

最初にあいさつがあり、それだけでドキドキ。

・女性の人生を追っていく、シリアスなつくりの中華映画て
 めずらしいですが、サミちゃは健闘していたと思う(←何様???)

・やっぱり、「古い時代の上海」といわれると
 建物やお部屋、衣装に目が行く。

 じつは本日ひそかに「ひこちゃんDAY」(は?)であるとともに
 ウィリアムさんDAYでもあるのだ!!!(笑)

・思ったほど泣かなかったが、それは、ちょっとは泣いた、ということです。はい。

・ティーチインの様子はみなさん書いておられるので割愛(おい!)

 印象に残ったのはサミちゃの
 
 「こういう役(人の一生をやるような役)をやると抜け出すのに時間がかかるということがよくわかったので、次にこういうオファーがきたら・・・」
  
 もういやなのか?とドキドキしたが
 「今回、勉強したので次回はもっと早く抜け出せると思います」とのこと。

 期待しております

 そのあとすぐ、教えていただき外を歩いているサミちゃを拝見に行く。
 手を振ってみました。(←ミーハー)

  そこでよそへ行っているあいだに胡軍さんが歩いていかれたそうです。 

  残念~(汗)

サミちゃの写真はこのへんとか(汗)
http://ent.sina.com.cn/m/c/p/2005-10-22/1425872895.html

細かった!!! 肌キレイ!!!(//▽//)


「モンゴリアン・ピンポン」と「ディバージェンス」は下記。

ディバージェンス(三岔口)、いちおうネタバレなしのつもりですが
一般公開あるらしいので、見てない方は読むか読まないか
自己責任でどーぞ(汗)

 (ちょっと書き足しました)
「モンゴリアン・ピンポン」
http://www.walkerplus.com/movie/special/tiff2005/detail070.html

・予想どおりの、たら~とした癒し系映画。
 慣れてない人にはつらいかも。私は好きですが(笑)
 「らくだの涙」とか好きな方は、きっとこれも好きと思う。

 さすがに深夜バス明けの身には、何箇所か意識がなかったですが
 草原の画像をみながら、失われ行く意識、この幸せ感 ←おいおい(汗)
 わかるでしょーか(笑)

  ええなー。モンゴル。
  ひさびさに、柳沢教授のモンゴル篇が読みたくなりました(笑)
  


「ディバージェンス」(簡単に)
http://www.walkerplus.com/movie/special/tiff2005/detail074.html

・かってにジャンルを決めるとやはり「クライム・サスペンス」(と思う)
  なので、シリアスなトーンでずっと続いていきます。
  かっこよかったです。

・なかなか、スゴイです。
 そして3人ともかっこええですね。力がはいってます。

   「力」というのは、それぞれも熱演してるし
   演出のバランスというか見せ場・キャラでも三人三様に
   ひいきなく(たぶん)うまく出してる感じ。
   2人の映画は多いけど、3人で、て難しそうなのに良かった。
   そして、もし3人とも興味ないという人が見ても面白い映画にできてると思う。 偉い!!!
 
・かなり、私からみると「コワイ」という場面があったのですが
 ベニー・チャン監督の映画をみにいって
 車がぶつかるくらいで「きゃ~(涙目)」とかって思ってる
 私のほうが激しく間違っているよな。。。と思いつつも
 目を両手で隠しながら鑑賞(チケット争奪戦に敗れた方、ごめんなさい!)

・すーーーごい「香港」!!!て感じの映画でした。
 劇場にかかったら、きっとまた行くと思います(笑) ←見られない場面があるのに?(笑)

・字幕が映画祭仕様なので、下が英中文。右が日本語字幕。
 ほとんど日本語字幕をみてましたが
 映画がおわってから、なんか「ここはどこ?私は誰?」状態。
 香港の映画館で映画を見ているような感覚を味わった(笑)

 さいごに。

 私もワンタンメンたべたい!!! ←みた人にはわかる(爆)

 この映画、ノワール好きな方にはおすすめかも。
 もうちょっと、いろいろ考えたいと思います。(どこが魅力か?とか)

・・・・
そして。

「長恨歌」中華サイトはこちら。
http://ent.sina.com.cn/m/c/f/changhg/index.html

回ってる中に、見てないシーンがあるよーな気がするんですけど(^^;)
ぜったいにずーーーと目を開けてたハズなのになぁ~???

この画像みると、某所に披露した(笑)心の一句の意味がわかるハズ。


見にいけなかったけどレッドカーペットの様子
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/tiff/graph/redcarpet/39.html

胡軍さん、かっこええですね。(なんでティーチインでは黒眼鏡だったの~これまた残念)


またいろいろ書きたいけどここまで。
23は何もみずに、そのまま帰ります。

帰ったらチャイオデ~♪♪♪
 どのくらいの入りでしょーか (^^;)

 [追記]ちゃんと間に合いました。人もほどほどに入ってました

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可