FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2004年06月24日 (木) | 編集 |


監督:叶偉信
主演:黎明(レオン・ライ)、王菲(フェイ・ウォン)
★★★☆☆ 星3つ(採点grace) ←出てる人が好きなんで、点が甘い(汗)
もっと写真が見たい方は こちら (但し簡体字中国語)


ずっと気になっていて、すごく見たかった映画 「大城小事」。主役(フェイ・ウォンとレオン・ライ)の二人とも好きなので・・・。

今回、なんと帰りの飛行機で見ることができました!
3月に香港に行った時には上映は終わってて(泣)、今回、ぜったいVCDを買う!と思って買ってきたんだけど・・・機内で見られてラッキーなのか何なのか、よくわからない(笑)

また今度、何も食べずに(笑)、ふつうのTV画面でゆっくり見てみます。


映画は、はーーっきり言って、ふつーーーのラブストーリー
二人とも安定した演技だし、取り立ててびっくりするようなストーリー展開もないので、「疲れていてハッピーな映画をみて安らかなひとときを過ごしたい」という時のための映画です。もちろん、実際の上映の時は、デート用にぴったりでしょう。
終わりが気になって仕方ない、というわけでもないんで、飛行機で流すにはすごくいいかも (ほめてるのよ)


とにかく、上海の風景(特に夜景)の美しいこと! 主役の2人が嫌いでなければ、それだけで見る価値は充分。また上海に行きたくなったくらい、綺麗でした。
あと、ファッションとか王菲の家のインテリアとか、見た目で、こだわる所にはこだわっているので、ちゃんと丁寧に作ってある映画、という印象を受けました。(言葉がわからん分、見て分かるところを見ているのだった)

ひとつだけびっくりしたのは、王菲の斬新な髪型! 着てるスーツとか、とてもおしゃれで素敵なのだけど、あの前髪!!!
すごい強烈な個性の持ち主→だから黎明がつきあってて疲れる ということを表現したかったのだろうか? (じゅうぶん表現できてます!)

宣伝ポスターやCDの写真では普通の髪型になっているので知らなかった。
(見つけたんで勝手にリンクしときますが、このページのいちばん右下の髪型、ナナメ一直線!)

一瞬、マネして髪を切りたくなったけど、あの頭では就職活動はムリであろう(汗)


あと、中国に「お誕生日プロデューサー」という職業は本当にあるのか?というのが気になりました(笑)
基本的には、映画としては(ストーリーとか舞台設定とか)可もなく不可もなく、という感じ。

しかし、この2人の実年齢から考えるとギリギリな感じがする。(それにしても・・・2人とも、なんでこんなに若くてピチピチなの~???)

中国には、もっとほんまの若手の俳優はいないのか?(いるはず)

インファ3(終極無間)での、クールなエリート黎明も良かったけど、やっぱりこういう、優男の役もいいですね~。
私だったら、夜中にドアを直しに来てくれただけで、もう参っちゃいますけどねー。

黎明が出ているので、映画「ラブソング 甜蜜蜜」のよーだ、という批評を見たよーな覚えがあるけど、
 ・・・あそこまで、スケールが大きくもないし、人物設定も細かくないし、泣く所もないし(私はラブソングでは2箇所くらい泣いた)、全然ちがいます。

 → この映画(大城小事)は細かい設定とか分からなくても大丈夫なので
   日本語字幕がなくても分かるかも。やっぱり飛行機むき!(何のこっちゃ)
    
でも日本で公開されたら、また見にいくんだろうな。。。


それにしても、すごいぞ、キャセイ航空!!! 
今回、飛行機で、アンディーの出てるマジックキッチンやミリアムの映画(題名忘れた)も見たし、非常に楽しかった。
もう今度から3千円や5千円くらい安くても全○空に乗って香港に行ったりしないよ!!!と誓う。

(6月26日夜9時頃 日本にて記)

コメント
この記事へのコメント
[追記]

全然、ちがうジャンルの話になりますが・・・この映画には何回か名曲<strong>「ムーン・リバー」</strong>が流れます。

映画に合っていてとても良い雰囲気だったのですが、さいきんの私は、ムーンリバとゆーと、「ティファニーで朝食を」よりも「ハチクロ」(※)の方を連想してしまうのであった(汗)



※「ハチミツとクローバー」(羽海野チカ)ヤングユーに連載している少女まんが。真山くんが憧れの人リカさんからの着メロをムーンリバーに設定している。
2004/07/09(Fri) 16:12 | URL  | grace #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フェイ・ウォン、レオン・ライ主演のラブストーリー。別れたカップルが、仕事の関係で再び出会ってしまうというありがち・・・なストーリー。感想はまぁまぁ。上海が舞台なので、バンド、明珠塔、新天地などなどが出てくるのは嬉しかったです。お部屋の様子
1970/01/01(Thu) 09:00:00 |  あじさいの散歩