猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年01月16日 (木) | 編集 |
またまたギリギリですが
日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!


 けっきょく今年もなん本みたか数えきれませんでした。。。
 (邦画洋画あわせて、初見の本数は400は行ってないと思う)


基準は「私が好きかどうか」という勝手な主観ですのでご了承を。

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
「グランド・マスター」(一代宗師)    7点
「名探偵ゴッド・アイ  」(盲探)    5点
「English Vinglish   」※映画祭上映  4点
「激戦         」※映画祭上映  4点
「イノセント・ガーデン 」        3点
「ホーリー・モーターズ 」        2点
「恋の紫煙」投票はへ       2点
「奪命金        」        1点
「きっと、うまくいく  」        1点
「ムーンライズ・キングダム」       1点

【コメント】
 公開作品に限りたかったけど
 「English Vinglish」と「激戦」は公開への希望もこめて。
 「恋の紫煙」は映画祭で先に2を、特集上映で1と2をみました。
 両方とても素晴らしいですが、投票は「1」へ。
 こちらも一般公開希望!!!

 次点はムーンライズ・キングダムとどちらか
 めっちゃ迷った「ウォール・フラワー」
 そのほか名作が多すぎて選べません!!!(涙)
 泣く泣く落とした作品も
 ふだんならベストワンに入れてもいいような
 ものばかりでした。
 タイトルだけ並べておきます。

 ・セデック・バレ(昨年に映画祭で拝見、今年も一般公開を拝見)
 ・血の抗争 (Part1, Part2)※映画祭上映
 ・GF*BF ※映画祭
 ・ポーとミーのチャチャ ※映画祭上映
 ・變身 ※台湾の映画館で拝見
 ・燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘
 ・恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
 ・命ある限り
 ・すこし恋して、ちょっと愛して / Together ※映画祭上映
 ・ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー? ※映画祭上映
 ・ピー・マーク ※映画祭上映 
 ・ブッダ・マウンテン-希望と祈りの旅
 ・嘆きのピエタ
 ・BUNOHAN ※映画祭上映
 ・静かなるマニ石 ※上映会

 ・ブランカニエベス
 ・鑑定士と顔のない依頼人
 ・マリーゴールド・ホテルで会いましょう
 ・おじいちゃんの里帰り ※公開前に映画祭で拝見
 ・アルバート氏の人生
 ・ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-
 ・世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-
 ・ルビー・スパークス
 ・ミステリーズ 運命のリスボン
 ・ムード・インディゴ うたかたの日々
 ・ナタリー ※映画祭上映
  
—————————————————————–

【監督賞】              作品名
[ウォン・カーウァイ  ] (「グランド・マスター」)
【コメント】
 公開中にみた回数では人生で最多。
 しかも台湾でみたバージョンには心臓をえぐられるかの如く
 深く深く感動し、日本では更に編集が違って
 さらに深く感動。
 一生ついていきます!!!

【主演男優賞】
[トニー・レオン    ] (「グランド・マスター」)
【コメント】
 他に思い当たるフシがない(笑)

【主演女優賞】
[サミー・チェン    ] (「名探偵ゴッド・アイ」)
【コメント】
 彼女自身の復活も嬉しいが、彼女のコメディ映画が
 日本の映画館で、素晴らしい日本語字幕で
 拝見できる喜び。
 そして、世界じゅうの様々な女優さんの中で・・・
 シリアス演技で女刑事を演じられる女優はたくさんいるでしょう。
 はっちゃけたコメディ演技を体当たりで演じる女優も多少はいるでしょう。
 けれども
 その両方をいっぺんに、1本の映画の中でカンペキにこなし
 最後は主題歌でシメてくれる女優さんは
 いま彼女(と、ミリアム・ヨン)しか今はいない。
 つまり香港にしかいないのです!!!
 今後の活躍(と出演作のちゃんとした映画館での上映)に期待!!!

  そのために出来ることは私も頑張ります(あ、書いてもたー(汗))

【助演男優賞】
[Stone(石頭)     ]
(「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?」(明天記得愛上我))
【コメント】
 邦画の星野源さんとともに、気になるミュージシャン俳優(?)のひとり。
 助演も選びたい人が多すぎて迷いに迷ってもう決められません(笑)
 「星空」の日本公開を祈って五月天の石頭さんに投票します!!!

【助演女優賞】
[チャオ・タオ     ] (「ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-」)
【コメント】
 主演な気もするけど(笑)
 邦題やと詩人が主役やからねえ(苦笑)
 もっと中華電影が好きな方にもみていただきたかったです。
 あんなにキュートなチャオ・タオは
 ジャジャンクーの映画ではみられません。
 めっちゃ良かった。。。

【ニューフェイスブレイク賞】
[ダダ・チャン] (「低俗喜劇」)※映画祭上映
【コメント】
 彼女の復帰への願いも込めて

【音楽賞】
「デビッド・ボウイ」
 ウォール・フラワーの「Hero」
  (と孤独な天使たちの「スペイス・オディティ」
【コメント】
 この曲が流れる場面では心の震えが止まらなかった。
 彼は永遠に不滅です(ってまだご存命ですが・・・)

—————————————————————–

【私が選ぶ○×賞】
[私が選ぶ眼鏡男子オブ・ザ・イヤー(海外篇)] (アーミル・カーンasランチョー)
「きっと、うまくいく」
【コメント】
 男子やないかもやけど、終盤のあの眼鏡にはやられた(笑)
 この映画、ふつうなら年度ベストワンに行くべき映画ですが
 2013は他がすごすぎた。
 したコメでみてないのが悔やまれます。てことで
 ここで賞を(笑)


—————————————————————–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
—————————————————————–

以上! (まにあった???(笑))
・・・そんな感じで、今年もギリギリでした。


旧作もたくさん拝見しましたが、
新作が本当にみてもみてもみたいものばかりで
しかも面白い!!!というすごい1年でした。

 これも2013年に初めてみました。

 燃えよドラゴン ディレクターズ・カット スペシャル・エディション [DVD] ブリキの太鼓 (スマイルBEST HDニューマスター版 スタンダード・エディション) [DVD] ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

  写真がないですが
  「フラワーズ・オブ・シャンハイ」も
  映画館で初めてみて感激
  (2013は何回も新幹線で映画をみにいきましたよー!(笑))

大昔に飛行機でみたっきりのこの映画が
スクリーンでみられたのもめっちゃ嬉しかった!

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [DVD]

 かけてくださった映画館さん
 本当にありがとうございます!




感想はあまり書けないかもしれませんが
またこのBLOGにはガンガン情報をあげていきたいと思いますので
よろしくお願いします(ぺこり)


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/17(Fri) 05:53 |   |  #[ 編集]
ありがとうございます
ご指摘ありがとうございます。
点数配分と投票作品(Part1と2のうち1へ投票)を
訂正させていただいておりますので
よろしくお願いします。

重ね重ね申し訳ありません。
2014/01/17(Fri) 07:41 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。