猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月17日 (木) | 編集 |
更にぎりぎりですが、
日本インターネット映画大賞さまへ
外国語映画部門にも投票をさせていただきます。

2012年もアホのように映画をみて
10月ころに200本を越えてしまい(邦画と洋画をあわせてですが)
けっきょく、数えられず(汗)

 (うちわけが数えられたらあとで追記します)

外国映画も、古い作品をたくさん拝見しましたが
原則は、2012年の劇場公開作品ということで。
(いちぶ、映画祭作品を入れました)

書くまでもないけど
下記は
すべて映画館でみています。

 印はフイルムでみた映画 (いちおう書いてみよ)

※「逆戦」は関西では今週末公開のため投票せず(涙)
  そのほか、みのがし作品は多数です・・・。


では、下記に。

-----------------------------------------------------------------

作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「桃さんのしあわせ   」   8点
  「レ・ミゼラブル    」   6点
  「強奪のトライアングル 」  4点
  「チキンとプラム~
   あるバイオリン弾き、最後の夢~」3点
  「星空」(大阪アジアン映画祭上映作品)3点
  「ル・アーヴルの靴みがき」   2点
  「アルゴ        」    1点
  「裏切りのサーカス   」   1点
  「ロボット(完全版)  」    1点
  「ナシレマ2.0」(大阪アジアン映画祭上映作品)1点
 
次点:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
   ハッピー・ゴー・ラッキー
   台北カフェ・ストーリー
   屋根裏部屋のマリアたち
   ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 

・・・などなど

【コメント】
 やっぱり、アジア映画と欧米の映画を
 まとめてベストテンを選ぶのは無理すぎー!(涙)
 選びきれない~!!!
 
 ベストテンには入れられませんでしたが
 「カルロス」やジョルダーニ家、ミステリーズなど
 長~~~い映画がたくさん公開されたのも
 印象に残った1年でした。
 (アンゲロプロス特集にも通ったので余計に)

 「セデック・バレ」も入れたかったけど
 2013年公開なので、公開されたときに
 ばばーんと投票します!

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ベン・アフレック]    (「アルゴ     」)
【コメント】
  めちゃタカビーなことを書くけど
  この映画をちゃんとみたら監督賞の候補に
  あげないわけがない(きめつけ)
  さしでがましいようですが(笑)
  わたくしから賞をさしあげます(きっぱり)

【主演男優賞】
   [ニコラス・ツェー]    (「ビースト・ストーカー/証人」)
【コメント】
  この映画をみたらニコこと謝霆鋒さんに
  賞をあげないわけが・・・(以下同文)
  だいたい、こんな名作が何年も日本で公開されないことが
  許されていいのか!?と思いましたが
  公開されたお祝い?も兼ねて主演男優賞!(笑)

【主演女優賞】
   [ディニー・イップ)]   (「桃さんのしあわせ」)
【コメント】
  葉德嫻(ディニー・イップ)さんの演技がよすぎて
  この映画をみた人は、この方ご本人は
  めちゃカッコイイと知らないであろうことが残念です。
  あの年寄り演技はホンマに演技なんすよ!(←日本語ヘン(笑))
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0410&f=entertainment_0410_011.shtml&pt=large

 次点:「ジェーン・エア」ミア・ワシコウスカ

【助演男優賞】
   [ラム・シュー     ] (「強奪のトライアングル」)
【コメント】
  書く機会がなさそうなのでこのチャンスに。
  あの映画にユキちゃんこと林雪(ラム・シュー)さんが
  出ていてこそ、トライアングルの中心部(ジョニートー風味)が
  完成したのだと思います(笑)
  今年もいろんな(香港の)映画に登場されますようにー。
  (そしてそれが日本公開されますようにー)

【助演女優賞】
   [ファリダ・ラウアッジ ] (「ジョルダーニ家の人々」)
【コメント】
  助演女優賞はいっつも悩む。
  なんとなく入れてみた。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [サマンサ・バークス  ] (「レ・ミゼラブル 」)
【コメント】
  前宣伝で、なぜ、エポニーヌが話題にならないのか
  ずっとずっとフシギでしたが
  みてびっくり。
  めちゃ良かったー!!!

【音楽賞】
  「セデック・バレ」
【コメント】
  音楽がよかった映画はいろいろあるけど、
  せっかくなので、あの映画をみたときの感動を
  ここに書きのこしておきましょう。
  音楽も歌もすごかった(涙)
  魂から出てくる歌、というのはああいう感じなのでは
  ないでしょうか。
  祝!日本公開決定。

【ブーイングムービー賞】

  やめておきます。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [映画界に一石を投じたで賞] (「最強のふたり」)
【コメント】
  タイトルはアレですが
  ・ちょーーー有名な人が出ていなくても
  ・英語でなくても
  ・字幕表示のみで日本語ふきかえ版じゃなくても

  面白く、たのしく、よく出来た映画は
  ヒットするのだよ!!!
と証明してくれた映画。
  今後のフランス語映画やそれ以外の言語の映画の
  公開をあとおししてくれる気がする。
  めちゃありがたい作品でした。

  せっかくの映画を
  むりやり日本語ふきかえしてオコサマ用に公開、とか
  メインキャストすべてが吹き替えになってる
  残念なバージョンで公開、とか、ありえません!!!(涙)

  今からでもいいので
  大魔術師、
  DVDには広東語版を入れてください!(滝涙)

  
  大魔術師“X

  そうそう。2012年の残念なことのひとつは
  リサーチが足りず
  「夜のとばりの物語」を日本語吹き替えしか
  みにいけなかったことです(涙)

  夜のとばりの物語 [DVD]

  都会に出ないとやっておらず
  もっとはやく気づいていたら休みの日に
  早起きしてでかけてみにいったのに!!!


2013年は、そんな「ふきかえ問題」に加えて
フイルム上映についての、いろいろな
できごとがもちあがりそうですが
いろいろな
素晴らしい作品に出会えますようにー!!!

とりあえず、以上~!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------
他にもいろんな映画をみていて
これだけしか選べないのは心苦しいのが正直なところです。


日本映画のほうにも書いたけど

これからの公開映画まとめ

よかったら読んでねー♪

中華電影

 → これからの中華電影上映予定 (2012/11/17


インド関連

 → インド関連の公開予定まとめ (2012/11/30




ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。