猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月10日 (日) | 編集 |
この下は、映画ネタと「今日のタミル語」(おいおい!)を書いてるのでよろしく♪

きのーは色々ありすぎて、よーわからん(汗)

とりあえず、だるいんで、特定の人名はヌキでいきます。
ご了承を~。


まえおき)

金曜夜に流れた緊急ニュース(fbには書いたのだが)


http://natalie.mu/music/news/70780

そんな朝から、整理券をもらいに(雨の中)
並びに行けるかー!!!と思って
土曜は映画ハシゴを計画。


じっさいの土曜)

昨日の土曜の朝の計画では
 
 文博 → 京都シネマ → シネヌー


でしたが、

文博にギリギリに行って、
映画のあと、京都シネマにダッシュしてみると

ムザンにも「満席」の文字。


タル・ヴェーラを立ち見というわけにはいかないので
おとなしく、予定を変更することにした。

  朝に考えたカンペキな、映画3本ハシゴ計画が
  いっきに氷解いたしました。

  わ、わたしも、まだまだだわ。。。

  せっかく、にっしーオススメの「ニーチェの馬」

  わたしとあなたは、ご縁がなかったのね、アデュー(涙)
   ・・・とかいっている場合ではないのですが。

  サンサンにくるまで待つかー ←と最近はすぐ思うようになった(汗)


で、よくよく考えてみると

  本当は、土曜の夜の回でロシア映画をみて
  明日みる予定だったその時間に
  展覧会に行こう!ともくろんでいたのだが。


展覧会にきょう、行ってしまえー!!!

ということで、とりあえず行ってしまいました。

http://hihumiyo.net/index2.html
http://natalie.mu/music/news/66229
http://www.hephall.com/



東京でもお会いした、お久しぶりのきつねくん♪
そして、展示をみおわって出てきたら
トークショー用の行列ができていて

いま並べば、中には入れないけど
音声は聞ける
という!



そこで並ばずに帰れないのが
ヲタク道一直線爆走中のわたくしです(苦笑)

  そら、新幹線でコンサートに行くことに比べたら
  ウメダでちょっと並ぶくらい。。。
   (と思ってるなら、朝きて並べよ!)


トークショー、
内部で行われていることは分からなかったけど
でっかいスピーカー(下の写真の左右にうつってます)から
完全にしっかりと音がきこえてきたので
内容はよくわかりました。

めちゃ面白かったです。

くわしく知りたい方は下記がわかりやすいですよん♪

  http://togetter.com/li/317948

 <追記>
  ちゃんとしたまとめサイトが発表されました↓  

  http://buzzap.jp/news/20120610-ozkn-a-wild-rabbit-chase/

    (おおざっぱには大体のことが書いてあって
    ラッキー!
  
    これをもとに、すんごい字のメモを
    たどっていくと読めるかもしれん(笑)

    でも、下記に書いた「XXXX」の話は
    カットされているぞー!!!(泣))


  じつは、座ってきいてる時も取材の人が写真をとりに
  きてたんですけど(汗)
 
  そこに出てる並んでる様子の写真では、
  音漏れ参加希望側にいたワタシは
  切れてて入ってないようです(ほっ) <追記おわり>


フリートークなんで、とびとびの、どの話も良かったけど
ワタシの どつぼ に入った話題は3つ。
(そのとき、心の中で「きゃー♪」と思ったのだが
 「きゃー」と思ってそうなヒトが他にまったく
  いなかった。。。 
  めちゃ 「アウェイ」な感じー。
 ついでに書いとくと、
 もしかしたら、展覧会いけるかも、とちょびっと
 思ってたので、家を出たときから
 当然(←?)ボーダーで行ったのだが
 展示会の会場にも、数人のボーダー男子がいるのみ、
 ほとんど、「ふつー」な感じの人たちであった。
 
 トークショーに並んでる人のボーダー率が高い!と
 ついった、に出てたけど、そんな感じは
 ぜんぜん、しなかったなー(汗)))

で、めちゃ聞けてよかった話題

カッコ内は、ワタシの心の声やツッコミです(笑)

その1

さいきん、柴田元幸先生がニューヨークに来られて
あちこちを案内した。(王子)

街は住んでいると、観光で行くようなところじゃないところをいろいろ知るというような話題に登場。
「案内したのは、友達、っていうか先生なんだけどー」(王子)という言葉に
「柴田元幸先生?」とつっこんだBくん。

(行かれたのはブルックリンとからしいがそこから詳しい話は聞けず)

(ワタシはSDPは今も昔もけっして嫌いではないが
人生の後にも先にもBくんをここまで「エエ人や!GJ!!!(はあと)」と思うことはないであろう(笑))



その2

オカザキ先生が、東京のコンサートの最終日に来られて話をした。(王子)
(ネットには、来てたらしい、といくつかの日に対して情報が流れていたのだが、最終日にも来られていたのかー!)

 本当に良い作品は残っていく、というような話題が出たので。
 そして、「いまだに読まれているし、いまだに映画にもなったりねー」と二人。

 (ヘルスケの名前は出なかったけど、映画化というのはヘルスケを指すと思うので王子がそんな日本の最近のネタを知ってるのがちょっと意外)


 (ぜんぜん、かんけーないが、ヘルスケの麻田検事のオファーが来なかったのかすごい知りたい(笑)
  ↑来るかー!!!
  O森さんも大好きな俳優さんだが、イメージキャストとしては
  どっちかとゆうと、コーラ君とかの感じなんだけど)


そしてっ!
ぜんぜん、ツイッターとかに、出てなさげな
インドの話。

あまりに出てないんで、ワタシの妄想だったのか?と
思うくらいスルーされている(涙)

ついていけていたのが、ワタシだけ?とか(爆笑)(うそうそ)
東京でも、そんな感じやったなあ(遠い目)

最初は、仏教と日本とインド文化みたいなとこから
インド映画の話に!!!(はあと)
(そういや、東京のコンサートで
 いきなりインド映画愛を語る王子のレポ詳細を
 まだ書いていないうちに、今回、またその話を
 むし返されるので、びびった!)

とりあえず、映画の部分だけ、思い出して書いてみる。

その3

ツタヤに行ってもインド映画ってあんまり置いてない
「ロボット」もみにいったが、日本ではカットされている(Bくん)

「カレー」を「カレーライス」にしている(王子)

↑(注)この話は東京でも言っていて、ハリウッド用に改変していて
  本来の要素が薄まっている、それはつまらない、ということを
  セツセツ!とオペラシティで語っていた(はあと)

日本人に合わせて改変しなくても
長くてついていけない部分も含めての魅力(←うろ覚え(汗))

 (注、カットはテイストの改変じゃなくて
  上映時間(スクリーンの回転)の問題とは思いますが)

でも、アニはノーカット版をみにいった(Bくん)

(この時点で「アニ」の好感度がワタシの中でUP(笑))

ハリウッドは対象の層をどんどん絞っていくが
インドは絞らない。孫からひいおばあちゃんまでが
一緒にみにいって、すべての人が楽しめるツボを
つめこんでいる(王子)

(そして、シャールクカーン(←ごめんなさい、ここうろ覚え)が
そういう、全員が楽しめる作品にするために
脚本を改変する話をBくんに説明する王子。。。
 
 なんでそんな話まで知ってるんじゃー(笑))

そして、Bくんが「家族の四季」の話をしたりして
家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]
(王子はシャールクの名前を「シャラク」といっていたような。
 それが米国式発音なのかしらん?(汗))

ふと、王子が「XXXX」って公開になるんだよね?
ということを言っておられたのだが
ちょっと調べてみても、まったくウラが取れない。
ていうか、どっから、その情報!?な状態。
(ラワンでもシヴァージでもありません。念のため。
 ウラが取れないんで、某所には書いちゃったけど
 ここでは伏字にします。)

そして

もしインドがせんそーに勝って
インドにせんりょーされていたら
ツタヤはインド映画だらけだったはず(王子)と
ひじょーに危ない話でこの話題はむりやり〆、であった(笑)



あああ。

インド映画のことだけで3時間ぐらいしゃべってほしいもんです。

あ、あと、来月の「装苑」に
うさぎ、が載るようです。


とりあえず以上~♪


 やっぱり、並びにいって、映像をみたほうがよかったかなーと 
 おもわんでもないが、やっぱし、音だけでも聞けて良かったです。


ああ。
というわけで、この週末も、
並んで並んで、床すわり2時間!(笑)

 (せんしゅーも上皇さまをみにいったので
  朝から並びに並んだあげく、夜は
  地べたに座った状態での映画鑑賞2時間


ぐれぞう、心の一句。

オッカケ道は
深く険しく
そして、分け入っても分け入っても高い山。
(めちゃ字あまり)


ヲタク道の仁義として(?)
CDを買えばBさんのサインをいただけるよーでしたが
ひとまずそこは離脱して帰ってきました。

また機会があったらそのCDも聴いてみたいけどね。
(ライブ会場かそういうイベントの時しか
 売ってないそうです)


というわけで、展示会、ゆっくり見られなかったので
また行きたいなあ。。。(て、もう終わるちゅーの!)


さあ、
ボーダーから出直しだー♪ ←意味不明

・・・・


(きょうの「タミル語」はこの下に書いてます
 3つめ、は今日の夜に帰ってきてからの予定)


そうそう。


↓このようなものがあることにさっき気づいた。

@kenjiozawa_bot

さいきん、多いですねー。

(某・上皇さまのBotは、ちょっと読んでみたら
 ボットっちゅーより、
 「×R×T×だけど、何か質問ある?」状態になってて笑った。

  http://twilog.org/sutoku_bot

  質問してみたーい♪♪♪

 昔あった
 「伊賀観だけど、何か質問ある?」ての好きだったなー(笑)



・・・
てことで、トークショー全体について
いつ書けるかはワカランが、(ちゅーか、東京の感想を
 書いてねーぢやん、ワタシ)

おっそろしーメモは取ってきてるので
解読できれば書きたいと思います。

ロビー(「立ち聞き」会場)のきつねくん。



<しょーもない追記>

 ↓ここの写真

 http://hihumiyo.net/index_x.html#footprints3

 今回の展示のトップだったのですが(これくらいは書いてもいいよね?)
 レコーダー片手に世界各国の音を録音しているところを
 想像したら。。。

   ちょっと、ブエノの
   チャン・チェンくんを連想しました。

   男前はなにをやっても似合うなー!←そんなまとめかい!


(追記)

  そういや、スルーされてる気がするけど
  これって、あれ↓だよねーとワクワクなアラフォーは少数派?(汗)

  羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫) 羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)
  (私はめっちゃ好き!
   というか「ダンス・ダンス・ダンス」以降はあまり好きじゃない・・・


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
すみません
あせって書いてきて
ダッシュで出て来たので
けっこう誤字脱字があるようです。
夜に直します。

きのうから
元町映画館で
「証人」上映中!と入れるつもりで
それも忘れてました

あと
「ご縁がなかったのね、アデュー」てのは
大島先生のエッセイまんがに出て来たせりふです。
(好きなんでよく使ってます)


ではでは
2012/06/10(Sun) 11:32 | URL  | ぐれいす@電車 #sSHoJftA[ 編集]
あと
昨日、えいやっ!と梅田に行ってきたのは
展覧会もあるけど

様々なレイトショー、
どれかに行きたいんでとりあえず
向かってみたのですね


リーブル 未来警察
テアトル チェブラーシカ
サンサン サニー/武侠 など


もちろん結局どれも行かないで帰ってきましたが…

いつ行こうかなー( ̄▽ ̄;)
2012/06/10(Sun) 12:08 | URL  | ぐれいす@電車 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。