猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月13日 (日) | 編集 |
※いちばん下に関連記事リンクを追記しております♪

シンガポール映画祭
 ただいま開催中!!!
@東京
http://www.sintok.org/

スピリッツの今週号、
ひそかに「チャンネルはそのまま」掲載!
http://spi-net.jp/this_week/index.html
(今日ならまだ読めるかも・・・)

表紙に名前は出ないわ、次の掲載は「夏頃」とかになってるわ
なんか不安(しくしく)



えっと(汗)
昨日(5/12)はものすごい公開ラッシュで
全国公開開始の作品だけでものすごい数なのですが(汗)
http://www.cinematoday.jp/movie/release/201205

「白い犬」とか「さあ帰ろうペダルをこいで」とかは
 関西にきてからみるとして(汗)
「ポテチ」はこんどのレディースデーまわし。

  ムサン日記~白い犬 http://musan-nikki.com/
  さあ帰ろう、ぺダルをこいで http://www.kaerou.net/
  ポテチ http://potechi-movie.jp/
   (白い犬は、海洋天堂の如く、ほかの映画をみにいって
    予告が流れるたび泣いてしまうので、はやいこと公開してほしい!(切実))


京都では「ル・アーブルの靴みがき」http://www.lehavre-film.com/)や
「汽車はふたたび故郷へ」http://bitters.co.jp/kisha/)が
や~っと公開になるので
ホンマ、めっちゃ忙しいのです(笑)


しかし
やはりここは、大本命(?)
ロボットに行かねば!ということで

http://robot-movie.com/(←音が出ます)

日中は所用をかたづけた後、
Tジョイのナイトショーにでかけてまいりました。

(前売り買ってるけど、まずはせっかくだし初日のナイトショー)

感想はネタバレなし、と思うとあまりたいしたことは書けませんが
それより、インド!な話をいろいろ書いてみよーと思うので
興味のある方はどーぞ。
(結末について気になったことがあるので
 それは、別に書こうかなあ、とも思っている)

  さて。
  Tジョイでインド映画をみる、ということは
  私にとっては、もれなく
  インドカレーを食べてから、というミッションが(笑)(11/9/23


 (北インドのマイルドバターチキンカリー)

インドカリーダイニング コバラヘッタ
http://www.eirin-fukuju.co.jp/curry/index.html


みる映画はインドでなくていいし
こないだから、久々にここのカレーがすごく食べたいと
ずっと思ってたのですけど
なかなか、Tジョイにくる機会がなく。
(けっきょく「青い塩」もみそびれたー)

ロボットをみる、という わくわく に加えて
朝から「インドカレー♪インドカレー♪♪♪」
映画のことはふっとぶくらい楽しみにしておりました(笑)
(それって、どーなの?(笑))

本来は、ナイトショーの前にゴハンなんて食べたら
ぜったい寝てしまうので食べないんですが
まさか「ロボット」では寝ないだろう!という
絶対的信頼のもとに早めに食事をすることに。

  しかも、映画の半券をもっていくと
  ラッシーが無料サービスされるのだ♪

しかし、忘れていた。

ここは、カレーがおいしいだけでなく
ナンがでかい~ ←わたし基準

 (これ、もし二人で向かい合わせに食べてたらナンがぶつかりそう(笑))



めっちゃ美味しかったけど
ちょー満腹になってしまい、映画鑑賞に若干の不安が。。。(汗)

で、映画ですが
めっちゃ面白かった!!!

カットしてある、というのが頭にあって
(長いほうがみたいのになー)とちょっとだけ「不本意モード」な鑑賞でしたが
そんなもんはどっかいってしまって
楽しく拝見しました・・・と書きたいが
実はちょっと泣かされたりもした。。。
さらに不本意(←ここはいいイミで!)

 わたしは、ぎゃーぎゃー笑いにきたのに!(爆)
 (そして、思ったより踊りのシーンは少なかった。
  カットされているのは知っていたが・・・)

 みたあとは、あまりの楽しさ
 まっとうな王道エンタメな完成度

 わけわからんが面白い」(←宣伝に書いてある)

 というのにすごく疑問がわいた。

 ??? めっちゃ「わけわかる映画」というよりむしろ
 ベタベタな王道まっすぐじゃん!(困惑)とも
 思ったりしましたが

 もしかして、「わけわからん」のは
 ノーカットーでぜんぶみた場合なのだろうか?と
 家に帰ってから気づいた。

 (それとも、いきなり歌に突入してみんなで踊るような映画は
  「わけわからん」という表現になるの?
  では、私の好きな映画はほとんどが・・・以下略)


やっぱり完全版がみたいわ~!!!

   さすがにナイトショーでは
   (カットしやがって!)という気持ちで行ったにもかかわらず
   中盤あたりでは(カットしても長いな・・・)という
   少しだけ弱気な気分になったことを告白いたします。
  
   「インターミッション」の文字は出るのだけど
   実際にはそのままつづけて次の場面にいくので
   カットしないバージョンで、ちゃんと休憩が入るほうが
   疲れないんじゃないのかなあ、と思ったわ。 
   目薬がなかったので、目がばりばりー(しくしく)
 
   あと、インド映画で、ここまでアクションが
   ばしばし出てくる映画は初めてだったので
   アクションが苦手な私はちょっと疲れました。
   すいません。。。
   (私は中華映画でもアクション場面は
    寝てしまうもので ←(大暴言))

 
でも、めっちゃ楽しく面白い映画なのはまちがいない!(力説)

そんなもんは私が力説をしなくても
HPをみただけで分かるけど、
ここを読んだらめっちゃよくわかる(読んでから行けばよかった)

http://www.asiancrossing.jp/focus/2012/0430/index.html


そして、やっぱり
カットされない状態
もとの言語で、絶対にみてみたいです!

みなさま、↓連打よろしくっ!

ロボット 完全版公開への道
http://cine-track.sakura.ne.jp/robot-movie/perfect/



わたしは「わけわからん」度合にものすごく期待をしていたので
あまりに「ベタに笑える場面」や
(博士の額に汗がたらーーーーとなる場面とか

  → このネタ、某SF映画にもあった気がする(笑)

 そして、そのあとの「ぐるんぐるん」な場面が最高!


ハラハラどきどきなアクション場面の連続に
「いやん、ふつーに面白いヤン(汗)」とちょっとだけ拍子ぬけしました。

こないだみた「王朝の陰謀」も
ツイハークなんで、どんなにむちゃくちゃで
ぶっとんでいるのだろう?とわくわくしていたら
ふつーに面白かったし(汗)

  王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
  (原題:狄仁杰之通天帝國)
  http://www.dee-movie.com/ 

ああ、なんか
すっごく面白かったぶん
かわりに
めっちゃぶっとんだ映画がみたい!と
「ロボット」をみてから思ったヒトって
あまりいないと思うけど
私はそう思いました~(汗)

  カンフーサイボーグぐらいでは足りない(笑)
  ここは「ヒマラヤの星」ぐらいすごい映画がみたい~!
  (押入れを探そう・・・)


とりあえず、完全版の上映と
これ↓に、めっちゃ期待大です(笑)

「イベント東京だけ!?」とお嘆きの、関西50万ラジニファンの皆様、6月にシネマート心斎橋さんを貸切っての【ラジニ・ロボット祭】開催予定です。詳細日程等近々発表できると思います~。(とある理由で只今交渉中。。。)
(ラジニJPさまTwitterより)
https://twitter.com/#!/Rajini_Japan/status/200589753291251712/photo/1


わーい!

心斎橋ではかなり前に「ディワリ祭」のイベントがあって
「家族の四季」を拝見いたしました。
家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]

それが初インドなので(恥)
私はまだ、インド映画はロボット3本めです(汗)



↑このおねーさん、いったいいつ出てくるんだろー、とか
思いながら「ロボット」前半をみている時点で
初心者まるだしでした。。。(汗)

まったく修行が足りておりません(汗)

  このよーな初心者がいうのもあれですが
  前夜祭、
  オーケンもいいけど
  オ○ケン王子を呼ぼうというヒトは
  いなかったんだろーか。。。

  大槻ケンヂ、インドSF大作に太鼓判「今年のベストは揺るぎねえ!」
  http://eiga.com/news/20120511/16/
   
  でも王子は「わけわかる」よーな映画はだめだろうなあ(笑)

  (私はインドなJ-Rockっちゅーたら
   「日本印度化計画」よりか、ダンゼン
   レピッシュの「ガンジー」ですけどね(笑))


話を戻す?と
いちおう
「SIVAJI THE BOSS」も公開が決定したというし(英語Wiki
(この記事↓
 「『ロボット』の次には『シヴァージ(仮)』が来る!
 http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/a3331b273391e382191ea692da683771
ぜひとも「RA ONE」英語Wiki)も
日本公開していただきたいと切に願います!!!

  「RA ONE」、内容は知らんけど ←おいおい!
  アジアン・フィルム・アワードで視覚効果賞をとってるので
  それだけでもみる価値はあるはず
 
  どっかの配給会社さん、
  三大映画祭週間もええけど
  http://cinema.pia.co.jp/news/0/46328/
  
  アジアン・フィルム・アワード週間、てのも
  どないですか~???(懇願)

  公開の「別離」や公開確定の「桃姐」以外にも
  今年は「ラブリーマン」とか「浄化槽の貴婦人」とか
  話題の「セデック・バレ」とか映画祭で公開ずみの話題作が
  いっぱい!!!なのだから、エエ企画やと思いますけど~。

  「あの頃、君を追いかけた」とかもいいけど
  ここはぜひ
  インド映画の「人生は一度だけ」も
  公開してほしいなあ。めちゃ面白かったよ!

  http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/lbff2011/film_i.html

  いちおう貼っておく

  asianfilmawards(第6回 作品紹介ページ)
  http://www.asianfilmawards.asia/2012/6th-nominees-and-winners/6th-afa-nominees-winners-by-nom/
  (「Winner」のマークが受賞作品です)

 で
 インドといえば
 ちょっと、系統は違いますが
 京都の近代美術館のMoMAK Filmsでは
 「大地のうた」が上映予定です。
 
 6月23日16:00-18:05 『大地のうた』 1955年(インド)
 大地のうた 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
 http://www.momak.go.jp/Japanese/films/2012/momakFilmsAthome2.html

  (これ、前述のラジニ祭りの日と
   重なりませんように。。。と支配人にお願いしなければ(汗))



また、インド旋風がまきおこるといいなぁ~。。。


  「3バカに乾杯!」もよろしく~(願)


[追記]

「ロボット」、全長版も公開は可能な感じですねえ♪

↓ 配給会社さんは、2バージョン購入ずみ、だそうです

インド映画はすごいんど
http://www.cyzo.com/2012/05/post_10543.html


↓ ニッケイなんで話半分ですけど(苦笑)、
  宇田川氏による記事に「全長版公開予定」となってます

ロボット 想像力の広がりに愛敬
日本経済新聞


とりあえず、まいにち連打!
http://cine-track.sakura.ne.jp/robot-movie/perfect/


まあ、「完全版じゃなくちゃイヤ」「ふきかえなんてXXXX」という
考え方もひとつの見識だし、気持ちは分かります。

 でも
 いまそこでやってる映画を映画館にみにいこう

 映画は映画館で!!!(←なにさまじゃ!)

シネコンでみる「ロボット」
多少(?)短くなってたって、めちゃいいですよ♪(笑)


  ただ、あれだけ、シネコンでガンガンに上映していて
  「ミニシアター」の公開順位で上映にきても
  そらそうやろ(汗)という気もしますが(武侠も・・・)
  まあ、なんにせよ、めでたい!

  小規模公開作品 観客動員数TOP5 05月12日-05月13日

  1位 ロボット
  http://www.kogyotsushin.com/archives/minitheater/


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。