猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月29日 (日) | 編集 |
さっきまで、オールナイトをみていてやっと帰宅。

相米慎二ナイト
http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/3168

修正版の予定表に7時終了みたいに書いてあったけど
終わったら8時まえでした。

「お引越し」をすごくみたかったので

映画チラシ 「お引越し」監督 相米慎二 出演 中井貴一、桜田淳子、田畑智子、笑福亭鶴瓶

4本目だし起きてられるか心配をしていましたが
始まった時点で6時まえだったし
普段なら起床時刻、ということもあり
ぶじ、「お引越し」はちゃんとみられました。
(他はちょびちょび寝ていて
 さいしょから寝る予定にいていた
 「台風クラブ」は、ホンマにほとんど寝てた
  ↑2回ぐらいみてるので)


開場まえに並んでいたら
若い人が多くて、
学生ふうの子たちをみていると
(こ、この人たちは
 「カイ・・・カン」ていうCMとか
 知らないんだろうなぁ~(汗)と
世代の違いにどきどきする。

このヒトたちは「星泉」っていうと
まさみちゃんなんだろうなあ。。。
(ワタシは映画には公開当時は子供で
 行けなかったので、
 星泉というとトモヨちゃん、
 (かなしーくらいホントのハナーシー♪)である)

貴重なオールナイトなので
完全な満席ではなかったけど
空席はごくわずか。

同世代かそれ以上ぽい人も多かったです。

本当は塚口の大事件にも行きたかったけど
電車をのりついでダッシュして間に合うかどうか以前に

そんな「長まわし強化合宿」(汗)みたいなことを
しなくってもいいんじゃね?という
めずらしく冷静な判断により、
大事件は後日まわしです(笑)


  以下、みてきたとき思った、どーでもいいメモ

○翔んだカップル

 翔んだカップル [DVD] 他の作品もそうだけど
  みんな若いのにびびる(笑)

  ツルミさんもめちゃ若い、というよりほぼ子供!
 
  学校の先生役が途中から急に関西弁になるので
  誰かと思ったら円広志。

  これ、テレビでみているものだと思い込んでいたけど
  覚えていた場面がぜんぜん無かったので
  もしかして、テレビドラマ版をみていたのかも・・・。

  相米監督作品とはいっても
  当時のアイドル映画っぽい感じで
  これから(相米特集以外で)みる機会はなさそうで
  しかも、わざわざみるような(以下強制終了)
  こういうチャンスにみられて良かったです。

○ セーラー服と機関銃

セーラー服と機関銃  デジタル・リマスター版 [DVD]  これは3年くらい前に
  深夜に地上波放送していたのをみました。
  (その前にちょっとはみてるかもやけど覚えてない)
  
  ワタシの世代は「カイカン」ていうCMを
  映画本編をみた気になるくらい
  ものすごい回数をみた気がしますが(笑)
  実際にみにいった人も多かったと思います。

  原作と終わり方が違うのに驚いたことがあるから
  公開してすぐあとのテレビ放送はみたのかも。

  始まってすぐ、キャストに「光石研」て名前がでてきて
  けっこういい役で出ておられるので
  気になる方は、み返してみられても
  いいかもしれません。

  かんけーないが、昨夜は実家に帰ってたので
  ちらりとミケネコをみたので
  ちょびっとだけ赤川ナイトであった(笑)


○ 台風クラブ
台風クラブ [DVD]

  寝なきゃもたないので今回の睡眠タイム。
  みんなで踊るとこだけでも起きていたかったけど
  ホンマにガン寝してました。。。

  これ、前にみたのは新京極映画祭な気がする。

  ワタシの中では、相米監督、っていうと
  やっぱしこれ。(じゃ、寝るなよ!)

  バービーの暗闇でDance(踊るシーンの音楽)は、
  待ち時間の合い間に
  なんどか流れたのでひさびさに聴けて満足(笑)


  http://youtu.be/NnCpQOdzlZk

  (ちなみに、バービーは
   「雪の断章」でも流れるのだ!
   キティ・フイルムやからね(汗))

 ○お引越し

  田畑さんのデビュー作、ていうので
  もう、かなり前の作品だけど
  他と比べるとあまり古い気はしない。

  それより、京都のあちこちが出てくることと
  キイチさんの関西弁が上手いのにびっくり。

  (プリトヨのときに、上手いなあ、と思ったのだけど
   このときに、きっと特訓されたのでしょう)

  あと、田畑さんの演技?はものすごい。
  もう「なりきり」ちうか、カンペキすぎる。。。

  個人的には、ゴミを燃やすときに
  (京都にはもうない)丸善の紙袋が出てきたのが
  なんか懐かしかったです。

  原作にあるのだろうけど
  名字の「ウルシバ」とか「キメコメ」って
  実生活ではいっかいも聞いた事ないんですけど
  関西の名字なんでしょうか~(汗)

  あと、レンガの建物がうつったんで
  郵便局か博物館かと思い
  三条を走ってるのかな?と推測してたら
  次の瞬間に、出町の橋のあたりになってて
  あれはどこで撮ってるのか気になった。


なかなかどれも良かったです。

あの当時のカドカワ映画も
いままたみなおすと、違うよさがある気もする。

相米じゃないけど
できたら、
「Wの悲劇」とか「時かけ」(トモヨちゃんの)がまたみたいな。


ブログパーツ
  

コメント
この記事へのコメント
オールナイト
まあ懐かしい~映画のオールナイトですね

でも4本立ては流石に無理なので 尊敬です(笑)

実は私 オールナイト映画の経験は一回だけです
2003年第19回東京国際ファンタスティック映画祭アジアン坩堝ナイトで
ひこの「妖夜迴廊」と「悪夢」(韓国作品)「ワン・テイク・オンリー」(タイ先品)の
三本立てを見たのが唯一の経験です
「悪夢」はオカルトホラーで怖くて目をつむってたら 寝てしまいました(笑)
この時の3本 ひこ作品だけがDVDになってません(号泣)

しかし 私のオールナイトと随分作品の質が違いますね(爆)

2012/05/01(Tue) 22:11 | URL  | usako #udg4x/Zk[ 編集]
おお~
usakoさん

コメントありがとうございます。
連休というのに、そのあとの日記をめちゃめちゃサボってますね、ワタシ(汗)

このあと、仮眠なしでぶじ出かけてきて
夜はシッカリ「大事件」をみてまいりました(笑)

(ちなみに、本日朝は「テルマエ」に行ってました(汗))

オールナイト、昔は関西ではいろいろ企画がありましたが
最近では数が減っていて
しかも、私自身の体力がなくなっているので
ずっと行っていなかったのですが
今回はめずらしく行ってきたのでした。
ほとんど寝る気でいってましたので
まったく尊敬には値しませんが(笑)

>アジアン坩堝ナイト

うらやましー!!!
と、思いつつ、でも、めちゃ見たいのは「妖夜迴廊」だけかも。

>この時の3本 ひこ作品だけがDVDになってません(号泣)

アンビリーバブル!!!(もらい泣き)
なんでなんでしょうか。

いえいえ、今からでもわかりません。
お互い、いろいろな
あーんな作品や、こーんな作品が
日本でソフト化されるよう祈りましょう。

まずは、「インセパラブル」から!

・・・そういえばワタシは「四大天王」もずっと待ってます。
しつこく、ひきつづき
このBLOGでも「ソフト化」を呼びかけ(?)て
いきたいと思います!(ぺこり)
2012/05/01(Tue) 23:17 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。