猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月31日 (火) | 編集 |
あちこちで騒然となっている「X」(ロックバンドじゃないよ)の情報で
ちゅーか村はすんごいことになっているのですが
それより、シネ・ヌーヴォーのラインナップが
気になって仕方なかったわたくし(笑)

「盆と正月が一緒に来た」という古典的表現がありますが

いま

 香港とオルタナティヴィ・ロックと
 アイドル映画とアニメと北欧(←これは東京なので無理)が
 いっぺんに来てる!という状態です
(嬉し泣き)

   はっきりいって
   体も財布も、というよりもう
   スケジュール帳ももちません~

   (あ、そういや、明日が
    4月はじまり手帳の発売日。。。
    今年もどの模様か、かなり迷う。
    前は「これ」というのがあったけど
    さいきん、迷ってばかり。。。)

 で、ぶきょーの話はあちこちに出てるので
 あとでこそっと、リンクに貼って、内容は割愛に
 いたします(おいおい)

 まずは(個人的な)驚愕情報は
 正式発表されてるかわかんないので割愛しますが・・・
 某名作(とごまかしておこう)の最終上映
 (特集とか限定でなく一般上映)が
 大阪で予定されてるようなので通わねば。

 あと、おなじ映画館ですが(こっちは勝手にタイトルを書く)
 
 こないだ、フィルメックスにいくか、最後まで
 まよっていた「雪の断章」が
 相米慎二特集で上映されるようです(感涙)
 
   ↑おいおい!「奪命金」はどーした!

  (武侠X(←違)の邦題が発表された日は
   雪の断章のことで頭がいっぱいだった(笑)
   ソフト化できないことになっているらしく
   もう一生みられないかと思ってました)
 

   ※いちおう書いておくと、ジャンルはアイドル映画(たぶん)


と、ここまでは、
まあ、あちこち、楽しみがいっぱいねー、て
ことだったのですが

ぴーたー監督の話がでてきて
もう、何がなんだか、優先順位すら
とっちらかっていて、なにを1番にすべきか
もうわけがわからん状態です(笑)

そのうえ、

土曜日に、文博に行こうと
時間チェックにサイトをみてみると

こっちもものすごいラインナップ。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film.html

文博、
フィルセン化(新文芸坐化?)する気なの???(大歓迎)

カリオストロの城
リンダリンダリンダ
、だけでも感涙なのに

恋する女たち
銀河鉄道の夜


みのがしている

AKIRA
サマーウォーズ
キッズ・リターン
その街のこども
オネアミスの翼
 などなど

(オネアミスはキョージュが音楽をつくってる映画で
 みのがしている数少ない作品。シルクも一命もみたのに)


考えただけで、くらくらするラインナップです。


  。。。土曜日、ちょうど「肉弾」をみにいったので

  友の会に入って年間パスをGETしてきました。


TOHOの午前十時が終わったので
今年は、映画はあまりみないで(?)のんびり、と
おもってましたが
当面は文博に通うことになりそうです。


 「恋する女たち」

 けっきょく、スクリーンでみないまま
 深夜のテレビ放送をみて
 中古ビデオを買い、けっきょく
 3年くらい前にDVDが出たので買ってまたみました。

  しかも、去年、全然、関係ないところで
  大森一樹監督にお会いできたので
  (このBLOGにも書いたと思うけど
   舞台挨拶を「みた」とかじゃなくて
   映画館で同じ映画を偶然みたので
   テアトル梅田からNuあたりまで一緒に歩きながら
   その日みた映画の話などもした)
   「恋する女たち」が好きです、ということを
   いちおう言った。(分かってられなかったようだが)

今をときめく人たちが、みんな、かなり棒なので(暴言)
愕然といたしますが
(小林聡美さんもギバちゃんも、みんな
 いくつやねん!という高校生役でしかも棒)
それでも、カナザワの風景とか、青春のせつなさ(汗)とか
やっぱり大好きだ(原作がすごく好きだったので)


そういや、「リンダリンダリンダ」も
去年、山下監督に直接、
「この映画、大好きなんです!!!」と
伝えることができた(笑)

そう思うと、去年はよい1年だった(笑)←そんな基準か?


というわけで、
しばらくは、また映画三昧かも。。。


  あ、きのーは、いろいろありましたが
  けっきょく「サラの鍵」をみてきました。

  主人公の行動をどう思うかで意見は分かれると思うけど
  滝のように泣いてきました。。。

  ネタバレにならない感想、としては
 
  「愛の反対は、(憎しみではなく)
   無関心 ていうのを
  ところどころで感じました。

  ピーター監督の件は、わくわくするし、心おどるけども
  いろいろなことに、無関心ではいられないなあ、と

  トヨザキ大先生のついったーでみつけた情報から
  チベット問題についてまた考えたりしました。。。

  https://twitter.com/#!/toyozakishatyou/status/163998473753071618

  このニュースも気になる。
  ↓
  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012012500758

  今年の3月、
  チベットで何もないといいけど。。。(涙目)

と、このBLOGぽくない、〆で今朝は[終](逃)



  

コメント
この記事へのコメント
No title
北欧の「セレブレーション」と言うのがいいよ、
とお勧めいただいたのに
行ける時間がなく。。。
十月の映画祭以上の忙しさでございますだ。
大阪在住でなくてよかった。。。。
すっぱり諦めがつくわ。(しくしく)
2012/01/31(Tue) 09:26 | URL  | 多謝。 #B/KKzV4.[ 編集]
遅くなりまして・・・
多謝。さま

お返事が遅くなり恐縮です。
ノーザンライツフェスティバル、始まりましたねえ~。
(あ、ふしぎ発見がノルウェーだったのはそういうわけか!)

まあ、今回の大阪アジアン、監督は気になりますが他の方々(強制終了)
ジミー・ウォング先生はお会いしてみたい気もしますが(そこかい!)

映画祭って、住んでたらいいけど、とびとびに見たい作品があったり
平日昼間1回しか上映がない作品があったり
クロージングに選ばれてしまうと帰れないから見られないとか
(その前に授賞式があったら開始時間すら怪しかったり)
いろんなことはありますが、
でも街にポスターが貼ってあったり
会場ちかくで監督やキャストに会ったり
いろんな楽しみもあります。

大阪アジアン、ここ数年で脚光を浴びてる気がしますが
(ツイッター効果?)
そごうの上でみた「2046」や
中ノ島でみた「Mr.BOO」や「後備甜心」「玉観音」(←あえて原題)など
昔からけっこういい感じだったんですよー(笑)

多謝。さんとはアジアンもいいけど
一緒にヒストリカ(京都)をみてみたい気がします。
Laughing Gorシリーズ、こそっと来ないかしら(笑)
2012/02/04(Sat) 22:48 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。