FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2005年03月17日 (木) | 編集 |
(英語題:SYMPATHY FOR MR VENGEANCE)
awaremi.jpg 監督:パク・チャヌク
 出演:ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ぺ・ドゥナ、
イム・ジウン、イ・デヨン、他
 ★★★☆☆ 星3つ(採点grace)・・・かなあ(^^);
 <ついでに採点>
  物語陰惨度 ★★★★★★★★★無限大
  ヴァイオレンス度 ★★★★★(私には限界かも。。。)
  心に突き刺さり度 ★★ けっこう来ます。。。

オールドボーイを含む「復讐三部作」の1作目といわれる映画。
私の勝手な採点によらずとも、あまり人にはオススメできない映画でしょう。
よく見たら、ポスターも怖い(涙)
それを、ホラーの殿堂(←違)動物園前シネフェスタで見てきました。(関西ではココしかやってない)
ジェットコースターは営業休止なのに、高速や高架の音がガンガン響くので、よけーに怖い!
 やっぱり霊より生きてる人間の暗い心のほうが怖いよ~(汗)

まず、思ったのは、英語題の「Sympathy」というのが、「憐れみ」とやや違うかな?ってこと。
とはいえ、ずっと良い題を帰りの電車で考えていたが、思いつかなかった。
憐れみ(pity)とは違う感情が、この映画には渦巻いています。

共感、同調というか感情のシンクロ(ソン・ガンホとシン・ハギュンの)が、画面上で何回かある。
相手に対して、「見つけたら殺す」とか、ちがう立場なのに、同じことを考えているところ。
そして、あの最後・・・。

抑えられない感情がぐるぐると循環をしていく。
そんな感じが英語題にあるのではないかと。。。
(でも「Mr」だとドゥナは含まれないのよね~)
韓国語のもとのタイトルだと、どういう意味になるのかなあ。
(「オールドボーイ」という題にあっと驚かされただけに気になった・・・)

映画館では、「終極無間」とドゥナちゃんの新作「リンダリンダリンダ」の予告が見られたのが嬉しかった。
「リンダリンダリンダ」公式サイト http://www.linda3.com/

映画や映像としては、よく出来ていると思うのです。
それを、「オールドボーイ」はうまい感じに怖さよりエンターテインメント色を強く出せていたけど、こっちはすごい、「皮膚的な痛さ」を感じました。
 イタイ映画でした。。。(私には・・・)

以下、ネタバレです。
↓◇◆―以下ネタバレのネタをこの下に―◆◇


とにかく、次から次へと、痛い場面がある。
拷問場面もあるし、陰惨な場面もあるし、救いのない出来事が重なりあって起きる。

ここまで痛くはないけど、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見た時も悲しくて苦しくて、いい映画と思いつつもつらかったなあ。。。なんて思い出して見てました。

パンフに書いてあったのだけど、ドゥナちゃんほどビラ配りがかわいい女優さんはいない!
ふつうのドゥナ迷には、見所はそこぐらいかもしれない。。。(^^;)

ふたりが並んでいて、鏡に向かって手話をして、それで会話するところが、なんかフシギな感じでよかったな。
(隣あわせで同じ方向を見て、でも会話?する)

3nin.jpg
 こんなに痛くてつらい映画。
 オールドボーイもすごくこわくて泣きそうだった私。
 それでも、でも、三部作の次も、ちょっと見てみたいかも。。。
  ・・・と思わされてしまう。
  才能あるすごい監督だと思うわ~(汗)



この、見た後の気分の悪さ。
次から次へと、出てきた人物が、どんどん不幸になっていく。
でも、絵がきれい?でフシギな雰囲気があって。

 何かに似てるな~・・・(-"-;) と思って、いろいろ考えて分かった。
 ベトナム映画「シクロ」を見たときが、こんな気持ちだった気がする・・・。

 救われない。。。 誰も幸せにならない。
  人が次々に死んでいき、終わり方はあまりにも陰惨。
  でも、心に残るのよ。

元気な時にしか、見られないわ、こういう映画は(汗)

 ※予想がついてたので、そのあと、すぐ「故郷の香り」でも見て気分を直そうと
   計画してたのだけど、何も気力がなくなってまっすぐ帰りました。
    けっこういい方法だと思ったけど、まだまだ甘かったのでした。。。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
TBありがとうございます!!
間違いなく、痛いし、重いし、凹むけど、素晴らしい映画ですねっ!!
『オールド・ボーイ』は精神的な、こちらは肉体的な痛さが印象に残りました。
早く『リンダリンダリンダ』を観て、癒されたいです(笑)
2005/03/25(Fri) 12:58 | URL  | たまご刑事 #-[ 編集]
ようこそです~♪
たまご刑事さま、(素敵なお名前ですねぇ)
ようこそお越しくださいました。
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。

これはこれで、良い映画なのですが
ドゥナ子さんにはやっぱり元気いっぱいで
笑っている映画でもご活躍いただきたいものです。
「リンダリンダリンダ」は予告を見ましたが、なかなか楽しそうな映画で、
ちょっと「スウィングガールズ」を思い出しました。
楽しみですわ♪
2005/03/25(Fri) 21:43 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新宿武蔵野館にて16:00~。20分前に劇場に着き、窓口で1000円を支払う。整理番号順の入場だが、見事20番をGETし、早めの入場。無事、一番後ろの席に座れました。84人で満席になる小さな劇場で、6割位の入り。イスも座りやすく、なかなか観やすかっ
2005/03/24(Thu) 23:59:39 |  『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』
「JSA」、「オールド・ボーイ」で日本でも有名な韓国のパク・チャヌク監督作品。復讐3部作といわれるシリーズの第1弾「復讐者に憐れみを」。第2弾はいわずと知れた「オールド・ボーイ」。第3弾はイ・ヨンエ主演の「親切なグムジャさん」(日本公開予定)。「J...
2005/04/13(Wed) 23:47:18 |  きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/
監:パク・チャヌク 出:ソン・ガンホ ペ・ドゥナ シン・ハギュン  7点 復讐心で人が壊れていく様子が、見事なまでのリアルな映像表現と、役者陣の迫真の演技により描かれている。単純な善悪で片付けられないところに復讐心が生まれている。だから、壊れていく
2005/04/14(Thu) 07:15:50 |  gantakurin's シネまだん
【感想】あの衝撃的作品の『オールドボーイ』の前に作られた作品。今年は『親切なクムジャさん』も控えているし、夏休みの最後を締めくくるに相応しい映画かどうか悩みながらも視聴しました^_^;出演者もソン・ガンホとシン・ハギュン。(JSAつながり?)それからペ・ド...
2005/08/31(Wed) 17:35:06 |  ☆★★hosomiti.net★★☆