猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月18日 (金) | 編集 |
いよいよ始まる

大阪ヨーロッパ映画祭

http://www.oeff.jp/

あれこれずっと財布と予定表をみくらべ迷い続けて
よし、作品を決めたので前売りを買いに行こう!と
今朝(いま)決めて、サイトを確認すると
前売り発売はきのう(木曜まで)。。。
がっくし。

 映画祭、あしたから、じゃないんですか~(涙目)

・・・と、行く気、半減(うそうそ)な ぐれいす です(泣)


さて本題。

あちこちに出てますが
「1万年愛してる」、東京限定公開(?)

http://ure.pia.co.jp/articles/-/912
(写真はかわいいなぁ~)

ここのニュースにも
http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201111160088.html

ホンマに関西公開はないのだろうか?(悲)
滋賀ロケもやってるのになぁ~


http://youtu.be/_ys_iShb8o0

(ミシガンの方々が
 どっかに働きかけ、とかされないでしょうか(笑))

昔だったら、ぜったいに
RCS主催で滋賀会館で上映されて
監督も来られてたんだろうなあ、とかってな妄想。

ま、公開は、もうちょっと先なので
なんとか、どこか(といってもシネヌーしかないけど)で
かけていただきたいものです。
(こんど、シネヌーの方に聞いてみよう・・・)


そもそも、関西(近畿圏)には
かくれ仔仔ふぁん、て、少なくないと思うんですよ~。

流星もなんかいも放送していたし
とくに京都では
山田太郎とかサイレンスとかもやってたし
(今はブラホワをやっている)

「君につづく道」も朝日放送でやってたし。
 
 君につづく道 DVD-BOXI

(これに、陳妍希(ミシェル・チェン)も出てた)

京都で「闘茶」や蝴蝶飛(とーさん!)が
公開になったときも、けっこう人が入っていたはず!

闘茶~Tea Fight~ 通常版 [DVD] 僕は君のために蝶になる デラックス版 [DVD]

闘茶のときは、
ワタシ、京極弥生座(今のシネラリーベ)で
初日に行列してみたのは初めて!!!と
びっくりしたのをまだ覚えてる(笑)

花都大戦とか大事件とかでも
並んだ記憶がないもん(苦笑)

(そういや、闘茶も滋賀ロケが!
 もはや京都にはない、古都っぽい風景を描くためか
 自転車に乗ってて
 角を曲がったら滋賀県!という場面があった(笑))

仔仔は出てないけど
近畿のあちこちで、「F3フィルムコレクション」(※)を
やってたときも、かなり人が来ていたと思うのですが。
(ワタシは、鄭秀文とGiGiをオッカケて
 あっちこっちで見ました(笑))

 ※フイルムコンサートのなかった関西では
  仔仔の映画はなく3作品の上映だったので
  かってに「F3・・・」とこのBLOGでは
  ずっとそう呼んでいます(笑)

  
公開されるものと勝手に決めていた
1万年・・・

これ、関西でやらないのは、
ホンマもったいないよなーーーーー(泣)


 と、ひさびさに

 ぐち、を せつせつ、と書くBLOG でした(笑)


予告をみてると
関西のほうがウケそうに思いますが・・・。


http://youtu.be/0PoufiQV9Tg

せっかくなので
本家(?)も貼っておきます。


http://youtu.be/H0aEDOzzp_w

こんなんもありますね♪


http://youtu.be/nwz91Na9_9s

(たぶん、どっちも、いりーがる、と思いますが(汗)
 あげてくださった方、ありがとうございます)

名曲やね~。


それにしても、

 有名な人が出ていて
 
 映画も面白そうで

 話題性いっぱい(映画祭でチケット瞬殺!とか)

 監督が日本人、日本人出演者もあり、

   ・・・ それでも、この、しうち???

と思うと、今後の中華電影の公開状況に
ものすごく不安を感じる。。。

限定のみじかい期間の公開って
ろーさいき、以下、の扱いはかわいそうすぎる~。。。

次から次へと
アクション映画ばっかし公開されてもなぁ~(汗)


香港の、なんとゆうことのないラブコメ(ほめてる)や
中華圏の、アホみたいなコメディ(ほめてます)を
愛している私は、なんかさみしいです。

  ぜんぜんかんけーないが
  ステかな、とかをみると
  作っている側すらも
  「コメディは、泣かせる映画よりも下」と
  おもってるよーな気がする。

  コメディのほうが、作るのも演じるのも
  はるかに難しくて大変なことだと思うけどなあ。


しくしく。

で、1万年・・・
でも、DVD発売が先だったら
DVDには「劇場公開作品」とは書けないのだけど
それでも、発売と公開が前後する理由は何だろう?

(「パティシエの恋」には
 「劇場公開作品」とでかく書いてあります。
 けっしてウソではないが
 それは、ありなの?(笑))

まあ、地道に、あちこちで話題にして
関西の上映をお願いできるように頑張りましょう。

・・・とこのあたりで、この項、 [終]


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。