猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月18日 (火) | 編集 |

シネマート心斎橋では
「意外」(邦題:アクシデント)上映中~
 
 http://www.accident-igai.net/
おすすめよん♪ (東京/大阪のあと全国順次公開)


ちょっと前の話題ですが
KISS(少女まんが雑誌)をたちよみしてたら
「銀のスプーン」に男たちの挽歌ネタが出てきた(笑)
(いま、ちょっとだけ映研の話をやってるので)

さらっと触れるだけかと思ったら
鳩のことやユンファの話とか
意外とひっぱっていたので
小沢真理さん、ユンファ好きなんじゃ???と
ちょっとどきどきしている ぐれいす です(笑)

気になる方はどーぞ(笑)

http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02292

いまの号(No.20)の表紙は黄色なんでめちゃ目立ちます。
あいかわらず律くん、かっこいー!!!と思いつつも
やっぱり、モリゾーさんがいいわ(笑)
(野田さんも好きやけど!
 http://www.nhk.or.jp/aoyama-k/noda/

・・・
この週末、土曜日は「意外」、日曜日は「海洋天堂」
まったく違う系統の映画をみましたが
どちらもよかったです~(タメイキ)

共通するのは「ファンに待ち望まれた名作が
日本のスクリーンに登場」てとこかな。

意外は飛行機でみてたけど
スクリーンでみると迫力が違うし
凝ったサスペンスなので
やっぱり2回目のほーが面白い!

海洋天堂はまたミニシアターにぴったりな作品で・・・
ジェイの歌に日本語字幕がなかったのが残念ですが
字幕がついてたらガン泣きしたかもなあ(苦笑)

さいごは上品におわったのですが途中でかなり泣きました。

意外のほうは、感動のあまりふらふらしそうでしたが
もっと冷静になって、もっかいぐらい行きたいです。

そういや
意外の前には「禁じられた遊び」をみたな(笑)
(どんだけバラバラやねん!)
いよいよ来週は「友だちのうちはどこ?」です。

http://asa10.eiga.com/2011/series2/cinema/

(監督、おだいじに~!!!(涙))


さて。

HISTORICAのスケジュールが
いつのまにか出ていたので
まとめなければ~とか思いつつ
気力がない。

(ていうか、BLOG以外にやることが多い(笑))

いまちょっと違うことに熱中しているので~。
そんなこと、してる場合やないんですが。

スケジュール、いつのまにか出てた、とゆうのは
実は正確ではなく
まだ、スケジュールページは出来てないんだけど
チケット発売のページに日時が
ちゃんと表にまとめてあったのだった。。。

なんじゃそりゃー

先週からすでに発売していたようです。

http://historica-kyoto.com/?page_id=18


刀見笑、とか、去年とちがって
ちゃんと2回上映がありました。

去年はみたい作品がかぶりまくっていて
もったいなかったよなあ。。。

ローソンチケット、さっきネットから取ろうとしたら
またまた「しすてむりよーりょー」とか
加算されそうになったんで途中でやめてもーた。

あした店頭に行ってみよう。


ニュースがいろいろで、書ききれないけども

まずは
だいぶ先ですが
同志社で、ホウちゃんの
童年往時
憂鬱な楽園(爆音)を上映するらしい。

行きたいなあ。。。



かなり先ですが貼っておく。


クローバーシアター
《祝<爆音上映会in京都> 映画の授業/予習編》

11月10日(木)WOT 爆音上映会in京都を記念して、ホウ・シャオシェン監督の自伝的傑作『童年往事 時の流れ』と、ジム・ジャームッシュ監督のニューヨーク大学時代の師匠、ニコラス・レイ監督による戦争スペクタクル『太平洋航空作戦』を上映します。
めったにない2本立て。この機会にぜひご鑑賞ください。

11月1日(火)16:00開場/入場無料

16:30~

『太平洋航空作戦』
1951年/アメリカ/102分
監督:ニコラス・レイ
出演:ジョン・ウェイン、ロバート・ライアンほか

1942年、海兵隊航空基地に赴任してきた鬼軍曹。ガダルカナル島で日本軍の進撃に苦戦し隊員たちは疲弊、軍曹に反発するが、やがて心を通わせていき…。
実際の戦闘記録フィルムをふんだんに挿入、米国側の視点で描いた戦争スペクタクル。ジョン・ウェイン始め豪華なキャストも見所。

18:30~

童年往事 時の流れ
1985年/台湾/138分
監督:ホウ・シャオシェン
撮影:リィ・ピンビン
出演:ヨウ・アンシュン、ティエン・フォンほか
*1986年ベルリン国際映画祭 国際映画批評家賞受賞

台湾が激動した50~60年代を舞台に、少年阿孝(アハ)の成長を、家族との日常を軸に描いた、監督の自伝的傑作。世界の映画祭で絶賛され、ニューウェーブの旗手としてホウ・シャオシェンの名を世界に知らしめた作品。

http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/clover/



爆音も気になるけどどっちもど平日。。。

《爆音上映会 in 京都》

11月10日(木)
16:40『憂鬱な楽園』(1996年/台湾・日本/112分)
    監督:ホウ・シャオシェン
    出演:ジャック・カオ、リン・チャン、伊能静ほか


19:00『リミッツ・オブ・コントロール』(2008年/アメリカ/115分)
    監督:ジム・ジャームッシュ 音楽:ボリス
    出演:イザック・ド・バンコレ、ティルダ・スウィントン、
        工藤夕貴ほか

本学学生・教職員 無料
入場料: 1回券 一般1300円、Hardience会員・他大学生1000円
通し券 一般2200円、Hardience会員・他大学生2000円
※各回入替制

http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/wot/



東京ではミレニアム・マンボを
爆音上映したんじゃなかったっけー。

めちゃ気になるけど
ふつうの音の上映で見てないからなぁ~(汗)


芸術の秋なので、いろんな情報が
オッカケきれません。

水曜こそツレウツに行かねば。。。


それにしても、「意外」のクリアファイル。。。

初の
「林雪さんキャラクターグッズ」では
ないでしょーか。
(いや、ミシェル・イェさんも初だと
 思いますが・・・
 るいすくーさんはどうなんでしょ???)

そうそう。
なんの余裕もないのに
林雪さんは、いったい
過去何本の映画に
出ているのだろう???とかゆうのを
こないだ熱中してネットで調べていた。

なんか、ものすごい数です(汗)

すごい数すぎて、途中で数えるのが
めんどーになってしまった。

古い映画でみてないものは
そもそも、名前が出てても本当に
わかるところに出演してるんかも
よーわからんし。

とはいえ
あるひ突然、ここで発表するかも(笑)

といいたいが、無理でしょうなあ。。。


あ、飛行機でみたときはわからんかったけど
意外に出てくる質屋さんの依頼者は
無間道II(無間序曲)に出てた
じゃんゆうさんのお兄さんですね。
3人兄弟で、上が医者で
次男のじゃんゆーさんが跡目をつぎ
ぶらぶらした3男、てゆわれてる人が
アンドリューさん。。。
すごい兄弟だ(笑)
(お姉さんはクララ・ワイさんやし)

とちゅう、さむそいぽーが出てきただけでも
あ~!インファ!!!とどきどきしてたのですが
(だって、あぶりう街やし)
やっぱり、香港の映画はいいですねー ←どんなマトメや!

ではまた~(笑)


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
食いつきます
『童年往事 時の流れ』、見たいっ!
豆導が出てるハズ。
しかし、ホー・シャオシェンで爆音って(笑)
音が小さすぎて、爆音レベルでないと聞こえないのか?

>意外に出てくる質屋さんの依頼者は
無間道II(無間序曲)に出てた
じゃんゆうさんのお兄さんですね。

そーなのですか。
フィルメックスでは気付かなかったわ。
これはやっぱり見に行かねば・・・
(と言いながら、横浜まで来るのを待つ女)

あの兄弟は地位も顔ぶれも、絵にかいたような
セレブですね。
大陸映画でもセレブの役はあるのですが、
どこか田舎くさい感じがします(笑)
あんなンさまを見たのは、後にも先にも
一度きりです。
やっぱり香港映画はいいです(って、なんて結論だ)


2011/10/18(Tue) 16:55 | URL  | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集]
おお、豆導
はい、香港映画はいいですね!(笑)

そして、「童年往時」
食いつきありがとうございます。
そうか。豆導が出ているのね。
行かねば~

爆音て、音楽がいい映画とかを中心に
選んでるんじゃないでしょうか
(AKIRAとかは別として)
花様年華とかもやってましたよね。

行ったことないのでこの機会にみて(聴いて)
みたいのですが。
吉祥寺とちがって
ふつーのホールで大丈夫なんだろうか?

意外みてたらまたがんじょんがみたくなったのですが
ひさびさに無間道もすっごいみたくなった(笑)

意外、
横浜とかもっともっと全国をまわってほしいです。

>あんなンさまを見たのは、後にも先にも一度きりです。

そうでしたっけ?
私のなかでは「すごいかっこいい人」と思ってるのですが
洗脳されてるのか(笑)

私は序曲より先に双雄で初めてみました。
あれも途中まではかっこよかったような
気がするのは気のせい???(笑)

「先にも」、は期待してみたいのですが、どうでしょう。
私は期待しています(笑)
2011/10/19(Wed) 06:39 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。