猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年07月24日 (日) | 編集 |
この下には「芸術の秋」(???)な記事を書いてみた。
いろいろあって記事をさぼりがち、ためこみ過ぎですみません。

香港特集×2とインドネシア映画祭が終わって
アジアはちょっと小休憩、と勝手に思ってたら
京都シネマ3本 も上映中なのを忘れていて(おいおい!)
びびっているぐれいすです(汗)

   一頁台北、せっかくだしもういっかいみたい!
   http://aurevoirtaipei.jp/
   (心斎橋でみたけど)

   再生の朝に、とか亡命とか、みたいけど行けるかなあ。。。


さてさて。
書きたいことはいっぱいな中、
(それにしても、す○っつの「渚」はバラードなのか?(汗))
ちょっと前から、いつ書こうかなぁ~と思っていた
さみしい出来事が。

訃報が続いていることもめちゃ悲しいが
表題からは、これ↓を連想された方もおられるかも。

ぴあ [最終号]
 ぴあ [最終号]

ついに、「ぴあ」廃刊。。。

関西では、関西版がちょっと前に廃刊になったので
もうカクゴはできてたんだけども。。。 

むかしの表紙をいろいろみてたら
「覇王別姫」も出ていて
記憶になかったので驚いた。

http://39.pia.co.jp/

ちかごろ、訃報以外に映画館関連でも
ちょっと悲しいニュースが続いていて

まずは
めちゃローカルですが
新京極シネラリーベ、2スクリーンのうち
1つを上映中止されたそうです・・・。

NEWS
■7/15で地下劇場のみ閉館いたします。 (7/10更新)

http://www.cinell.net/


新京極映画祭、どうするんだろう???(汗)

あの地下スクリーンでは、新京極映画祭もみたし
「ツインズエフェクト」の2(ひこちゃんがでてるやつ)とか
マイナー香港映画をけっこうみた思い出が・・・(泣)

たぶんマッスル・モンクも地下でみたはず。

私は弥生座の頃のナイトムーヴィーに
全然いってないので肩身?が狭いけど
ホンマにいろいろ映画をみた場所なんで
やっぱり閉まるとなるとさみしいです。。。

かといって、上の大スクリーンも
今後も、これ、という作品をやってくれる
わけではないので(失礼)
また行こう!て気は今のとこはしない。。。

昔のような
TOHOから離れて単館ぽい経営には
できないのかなあ。もったいない。

(上の大スクリーンでは
 単館系の洋画とか邦画とかいっぱいみた。
 「オールドボーイ」は地下か上か
 どっちだったっけ?
 昔は絵看板だったので
 独特の雰囲気がありました。
 クストリッツァの「黒猫・白猫」とか
  ここでみたんじゃないかと思う。
 あれ?地下だったかな?←覚えてない)

また機会があれば行きたいですけども。


 ★「絵看板」についてはここ↓に写真が。
 
 http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/yayoi.html
 (リンクフリーとのことなので貼らせていただきます)
 
 ウチにもいろいろ写真があるはずだが
 ありすぎて探す余裕がない(苦笑)
 また記事にしたいところですが。


あと。

ほぼ確定らしいがいったん情報取り下げになった
高槻セレクトシネマの閉館についても気になります。

http://d.hatena.ne.jp/takatsukiselectcinema/  
 
  せっかく、滋賀会館が閉まった分
  高槻に行こうかなぁ~と思い始めたところだったのに。


  とりあえず
  葉問にはぜひ行きたいところ。
  (いっかい、1・2と続けて
   順番にみてみたい。)

  また別記事に書く予定なのだけど
  この夏は、ホルスとかを上映される予定で
  カリ城のオールナイトも発表になっている。
  行きたいんだけどなぁ~!(ぜったい寝る・・・)

テンロクもいよいよ、どうなのよ?て感じだし。
(未確認情報ですが)

あああ。さみしいなあ。。。


こないだ「風とともに去りぬ」をみながら
そーいえば、いま、新京極には、
映画館は2つしかないんだよなあ(泣)
いやいや、新京極、てゆうか、
カワラマチ全体で2つだよ!!!(大泣)と
ふと考えてしまい
すっごいさみしい気持ちになっていたところ。

カワラマチの映画館の思い出、もまた
いろいろまとめて書きたいです。


で。
ぴあ廃刊にちょっと悲しく思っていた矢先
きのう、またショックなことを知った。
わけあって、京都駅に寄ってみたところ
ふと、ぴあ(チケット売り場)をのぞいてみたら

【お知らせ】
京都劇場店における、チケットぴあカウンター業務は、8/31(水)をもちまして終了いたします。

のハリガミが・・・(汗)

ここ↓にも出ています。

http://ticket-search.pia.jp/pia/spst/spst_map02.do?prefectureCd=26
http://ticket-search.pia.jp/pia/spst/spst_map01.do

これで、京都市内の「前の晩から並んで10時にチケットをとる」という
窓口はゼロ(滝汗)

もう東京国際に行けない。。。(←そをゆう問題か?)

セ○ンイレ○ンで取れ、てことですかねえ。。。

しかも、本気で、ぴあに並びたい場合
大阪の窓口も以前より縮小しているので
もう、どこに行ったもんだか!てことになっていて
これから、どーしたらいいんだか、て感じ。

  大昔はでかい東宝(いまはMINA)の駸々堂にも
  ぴあがあって、あそこによく並びに行った。
  駸々堂も映画館もなくなったし
  その次によく並びにいったビブレも
  ぴあがなくなってしばらくして閉店。

  そう考えると、いろいろ
  さみしいことばっかりだ。


まあ、「好きなものをできる限り応援」ていう以外には
何もできることがないので
ちまっと、BLOGに書く程度、が
わたしに出来る分相応の行動ではありますが

世の中さみしいことばっかりだ。と
考えてしまう、今日このごろ。(しつこいよ!)


シネラリーベさん、上は閉めないでね~!!!(泣)


  ・・・今この時間にBLOGを書いているワタシ。
  きょう行く予定の映画のことを
  スッカリ忘れていた(泣)

   あああ、また上映されますよーに(涙)
 
そうそう。
ほんじつで、わたくしのデカいテレビも
「さよならだけが人生だ~」な状態。

今夜から、再生専用機として活躍していただき
みてないDVDの消化に励む予定です。

テレビっ子生活にはやくさよならしたいわ~(汗)


※「さよならだけが人生か~!!!」

  かってにウチのBLOGで
  シリーズ化して何回か書いてた気がしたから
  タイトルに使ったのですが
  前回に「完結篇」を書いてたことに
  あとで気づきました。

  まあ、人生がつづく限り
  このシリーズも続く、てことで(苦笑)


<過去の記事>
(そんなにおもしろくないけど)

2006/12/26
さよならだけが人生だっ♪(意味不明)
(のだめカンタービレ)

2007/10/4
サヨナラだけが、人生か~?
(皇后戲院)

2009/3/31
サヨナラだけが人生かっ!?(涙目)
(東宝公楽)

2010/3/9
さよならだけが、人生か~???[追記あり]
(ポップコーンナイト ラストレイトショー)

2010/7/31
続・またまた、さよならだけが人生か~!(泣)
(河原町ビブレ・河原町阪急)

2010/8/22
さよならだけが人生か~!(泣) <完結篇>(たぶん)
(HMV渋谷店)


こおやって挙げてゆくと
めちゃさみしい人生て感じが
してきて、めっちゃイヤやなぁ~(涙)

  でも、このように記事を列挙すると
  やっぱり、へもいBLOGでも
  へろへろ、とでも続けることによって
  蓄積されていく情報量は
  やっぱ、それなりに、たまっていくなぁと
  ちょっと感慨ぶかい。。。


そして、これ以上「さよなら」記事を
書きたくないなあ、と思いますが
はてさて(涙)


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
悲しいね
単館系映画館が無くなるのは
まあ諦めの境地なのですが

チケットぴあカウンターが無くなる話は衝撃でした
いやそれは本気で困ります!

私は名古屋の中心地に住んでるので 
自転車で行ける距離に二か所あって
どちらに並ぼうか迷うという恵まれた環境なのですが

絶対取りたいチケットは並んで取ると思いこんでますから
graceさんの困惑すごく判ります
頑張ってくださいね

ぴあ頑張って~心配だから明日見て来よう(笑)
2011/07/25(Mon) 22:47 | URL  | usako #udg4x/Zk[ 編集]
どうしましょうねー(泣)
usako さん

コメントありがとうございます。

全国的に減っている、とは聞いていますが
今後のことを考えるとかなり困ってます。
まあ、7-11に並ぶ、しかなくなるでしょう。

(もともと、最近では隣の滋賀にも奈良にも
 「並べるぴあ」がなくなってしまったので
 京都の残る1軒、は大激戦だったようで
 すでに私には無理かも、と前から
 思っていました)

様々な方法を駆使して頑張ります。
いつか東京国際などでお会いできたらよいのですが~


ところで、今日やっと「赤い靴」をみてきました!
(京都は本日初日だったのです)

いやー素晴らしい!
私はみたことがなかったので
「アラベスク」のまんがを読んでから
イロイロな想像をしていましたが、
実際にみてみると、踊りの部分もドラマ?の部分も
すっごく良かったです。

また感想を書かねば・・・
(まだまだ私の中でバレエブームが続くかも)
2011/07/25(Mon) 23:13 | URL  | grace #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。