猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月11日 (土) | 編集 |

パン・ホーチョン監督特集
大阪は明日から http://www.phc-movie.com/
(ドリーム・ホームは上映中)



あまり穏やかでない表題ですみません(笑)
ミッション、といいつつ大したことはないのですが・・・

何なのかは最後に こそっ と書いておきます。
他にやることが山もりなのに
めっちゃ時間がかかりそーで焦ってます。
(じつはちょっと手首の筋をいためてしまい
 ここ数日、
 ネットは「見てもいいけど書くのはダメ!」とか
 右手を使う作業を減らすようココロガケていたのに
 はてさて、どーしたものか。)


さて。
今朝は久々に某ドラマにSさんが出ていて感激。
世間の評判があまりにも悪いので
もう出てこないのかと思った(汗)

  みなさーん!(←誰?)
  悪いのは脚本と演出で
  SさんやWさんじゃないんですよ(泣)

閑話休題。
木曜、やーーーっと「プリンセストヨトミ」
みてきた ぐれいす です。

なんかクヤシイけど最後は泣いてもーた。
ほんま、めっちゃ悔しいわ!!!(笑)

二条でポイントで只見しましたが
これ、なんばTOHOでみたら出てきたとき
ドキドキわくわくっ♪てしたでしょうねえ(笑)

なんば周辺、
実は所用のため初めてグランド花月に行ったり
(レポートが書きたくて書きたくて仕方がない!)
なんばTOHO別館(旧敷島シネポップ)に
「軽蔑」をみにいったり。と
こないだ続けて行ってきたばかりなので
つい最近、見てきた場所(戎橋とか)が
大スクリーンにうつってるのをみると
やはり感慨ぶかいものがあります。

でも・・・。

「阪急電車」を先にみてしまったので~

関西の人は
こっち(トヨトミ)には
点がカラいのではないでしょーか。

・・・とエラそーなことを書いておく。

ぶっとび具合、むちゃくちゃなのに
なぜか成り立っている度、でいうと
ワタシには「さらば愛しの大統領」のほうが
うわ手、に思えました。
映画の完成度とかは別にして、
あくまで「ぶっとび度」については、てことで。
(関東の人と上品な関西の人には
 ウケないでしょーけども・・・)

さらば愛しの大統領 [DVD]
(比べたら怒られる気もしますが・・・)

あと、トヨトミの映画の中で「???」な部分は
原作では、分かる部分もあればワカランとこも
あるらしく
もう、読まなくっていいか~(失礼)な
気分になってきてるんですけど
すでに読まれた方には、ここが面白いカモなので
勝手に紹介させていただきます(笑)
(もちろんネタバレしてますので映画もみた後で読んでね)

 文学賞メッタ斬り! 第141回芥川賞・直木賞選考会
 ROUND4 直木賞選考会 前編
 万城目学『プリンセス・トヨトミ』  
 http://web.parco-city.com/literaryawards/141/r4_03.html

(昨日たまたま「メッタ斬りリターンズ」の単行本を
 図書館で読んできたので ←何をやっとんじゃ!
 ふと思い立って探したら
 トヨトミもちゃんと分析?されていた)


あ、ついでに(笑)
ここ↓を読んで感動(?)した。
ワタシが書こうと思っていて
ぜんぜんまとまらなかった部分がここにある!(笑)

 書評王の島「ブラック・スワン」
 http://d.hatena.ne.jp/bookreviewking/20110516/1305531190

 ↑映画をすでに見た方で少女まんがFANの方は
 ぜひお読みください(笑)

 (わたくしは「劇場へGO!」とは思いませんが・・・)
 

で。しつこいよーですがトヨトミ。

貴一さんは俳優として素晴らしい方なのですが
やっぱり「この映画のカナメ」としては
「関西人オーラ」ゼロ!なのがイタかった。。。
(とちゅうの関西弁が「???」(汗)で
 めっちゃハラハラしたけども
 キメの長~いセリフのところは大丈夫で
 ホっとしました。)

かといって、誰?ていうと思い浮かばないから
仕方ないか~。
ツツミさんと逆だったら、と思わんでもないが
逆で作っちゃった場合
ぜったいにワタシなんかが
「あれは関西弁がダメだとしても
 中井さんとツツミさんは配役が逆なので
 キイチさんに誰かフキカエしてあげれば
 良かった」と暴言をここに書くに決まっている(笑)

キイチさんの奥さんは
完璧に「関西のお母ちゃん」で
誰やったけ、と配役を知ってガクゼンとしました。
素晴らしいじゃん!!!

  関西の美人母ちゃん役ベスト3に入れたい~。
  (ベスト1は「大阪ハムレット」の松坂さん!)

そうそう。
ツツミさんの関西弁が映画で聞けないのが
めちゃ惜しいですねえ。。。
(本来はもうひとり
 オチで関西弁を話すべきところも
 省いてあるよね???あれも見たかった)

大統領・・・
もうちょっと若かったら國村準さん辺りが
適役なのかな~。

たいへん申し訳ないがやはり
「関西弁」て難しいものなので
カンフーだとかバレエ(←?)とかのよーに
ちょっと映画で披露するだけであっても
「ちゃんとした訓練」をして欲しい。
(中国語とかなら訓練しますよね?)
できひん場合は
別にフキカエしてもエエやん!!!などと
恐ろしいことを考えてしまうわ。

  だから、話はめっちゃそれますが
  ワタシは大陸映画でペキン語が
  フキカエされてしまう、ていうのは
  やってしまう側の気持ちが分からんでもない。

  ちょっと前の映画「×と△」(いちおう伏せ)は
  映画としてなかなか良かったのに
  主演の方のダメダメな大阪弁が
  すべてを壊していました。。。
  あれは今からでもちゃんとした人に
  フキカエしてもらってDVDを出し直すべき(笑)

  その点では、「マイ・バック・ページ」
  山内氏はめっちゃ良かったです。(ホンモノやし)
  関西人に「なあ~、本気 見してくれや」て言われたら
  両方の人生、終わりですね(←うそうそ(汗))  


そして、上手かった人には
すごい偉い!頑張ってる!!!と感心するのだけど。
最近では「オカンの嫁入り」の
大竹さんとあおいちゃんが
「あんたらホンマに親子で10年くらい関西
 住んどったんちゃうか~?」てなぐらいの
関西の親子っぷりがナチュラルで
びっくりしました。お見事!
(ただし、映画の出来と関西弁の出来とは
 必ずしもイコールではないが・・・)

日本の俳優の方々
「関西弁 可/不可」というカテゴリ分けで
配役を検討してほしい、というと言いすぎか(汗)

 
てことで、そーいえば!
「大阪な映画」こんど特集がありますが

 浪花の映画大特集
 http://www.cinenouveau.com/sakuhin/naniwa/naniwatop.html

わたくしはスクリーンで「大阪物語」(市川準監督の)が
みられるのがとっても楽しみです(ナナゲイにいけなかったので)
 ※DVDが出ていないのはとても残念。
  (まえに深夜に放送したとき録画してあるが(汗))

 大阪物語 http://www.ichikawa-jun.com/movie.html#13

 (雷蔵さんの「大阪物語」も上映されますが
  あれも、めっちゃ良いですね!
  雷蔵さんのというよりは、ガンジロさんの映画、ですが)

たぶん、権利が切れてるんだろーけども
ここまで大阪の映画を大特集するなら
「ブラック・レイン」が入っていたらもっと嬉しかったな。

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

(なぜかスーちゃん(泣)の「黒い雨」は入ってるんですけど~)

そういや、
選ばれそーな「○と△」は上映予定に入っていないよーだ(汗)

あと「夢見通りの人々」とか見たいんですけど。
(原作は読んだけど映画はみてないんだよね~)

架空の町なんでダメなんかなぁ~。

(そう言い始めたらチエちゃんの「西荻」とかも
 架空ちゅうたら架空、なんやけどさ) 

・・・てなわけで、ついつい関西の映画のハナシを
エンエンと書いてしまいました(笑)

阪急電車はフリーパスをとったら
あと2回ぐらいみたいです。。。
タダならトヨトミももういっかいみると思う(笑)


で。

いよいよ
あしたから、いよいよパン監督特集なので
そのハナシをきょうの夜にでもまとめるつもりですが

じつは、昔に別名義で書いていた
某日記サイトが閉鎖するので
データが消える前に、せっかくなので
1日分ずつ
読みながら別のBLOGへ
手入力でうつしかえをしています(汗)

今月末まで、なんで、時間はなんとか
あるとは思うのですが・・・

2003年から2005年位の分(こっちを始めるまで)が
あるんですよねー(泣)

でも、めっちゃ面白くて
じぶんで読んでいてすごく楽しい(笑)

(でもきっと、ワタシしか楽しくない(汗)
 なので、思わせぶりに書いてるけど
 中身はナイショです。
 
 でも、ところどころ、
 めっちゃ笑える文章とかが出てくるので、
 気がむいたら
 一部分はこっちにも紹介してみたい(笑))

ついでなんで、読んだ本とかについて
書いてある分は読書メーターへも登録しているのでした。

めっちゃヒマかかるわぁ~(汗)

てことで、こっちはちょびっと
以前にくらべて、更に休みがち、な予定。。。

(でも、休む、と書くと
 意外に書くことが出てきていっぱい書いたりとか
 このBLOG、
 自分でも、ほんま、よーわからんです)


いちおう書いておきます。

某日記サイト
使っていた方はご注意を!!!

http://www.diary.ne.jp/user/10000/

XMLでも落とせるみたいですが
けっきょく手作業で日付を分離しないとダメっぽいし
まあボチボチやっていきます(汗)


※あ、関西弁といえば
 どーでもいいハナシですが
 「代紋」(だいもん)の関西イントネーション
 志麻姐さんがテレビで
 大阪の方言指導の方の中でも2説あって
 
  だいも(低)↑ ん(高)
  だ(中)↑い(高)もん(中)

 と意見が分かれている、と言ってられたのを
 トヨトミをみて思い出した。

  (上記の高・低の表記は
   記憶を頼りにワタシがてきとーに書いてます)

 けど、トヨトミでは
 どっちで言っていたか思い出せません(笑)

 また行ったらメモってこよ~(汗)


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。