猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月21日 (土) | 編集 |

今日明日は大阪でタイフェス!
http://www.thaifestival.net/event/2011/osaka.html


タイトルに、「マオちゃん」と書きたいが
ふぃぎあ、のファンの方から
くれーむが来たらこまるんで改題。

さっき、「マオちゃん万歳」と途中まで書いてたら
まちがって消してしまった。。。(大泣)

ひさびさに(?)、
きのう映画館で目が溶けるほど 泣いてきたぐれいすです(笑)

ぜんぜんかんけーないが
忘れないうちに貼っておく。


今朝CMをみて「ん?恋する惑星?(←夢中人の意)」と一瞬だけ思った。

「SUNSHINE OVERLORD」(Hard Nips)

http://youtu.be/2flmgHQL3pc

かっこいいですねえ。。。
こういう系統の音楽は大好きです。
私基準としては、声がも一歩かなぁ~(すいません)

  CDは出ていないみたい。

  歌詞は載ってます↓
  http://www.kewpie.co.jp/know/cm/mayo/mayo_25.html


  [追記]
  ゆうちうぶ、削除されちゃいましたねえ(当然か)

  某所には出てるのですが
  そこでも、クランベリーズのドリームスみたい、と
  書いてあり、やはり考えることはみな同じ(笑)などと
  ほくそえむ私。
  
  ここ↓(こっそり)
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm13358142

  [追記おわり]

さて。
こないだ3年ぶりくらいに
「サウンド・オブ・ミュージック」をみて
音楽や映像(風景)のうつくしさに、
冒頭からずっと涙がちょちょぎれ(←なに語?(笑))
アブナイ人のようでめっちゃ恥ずかしかったですが

きのうみてきた
「八日目の蝉」
男性ひとりでみにいってもウルっとくる、ちう
噂の催涙映画。

ついウッカリ、ハンカチを忘れていったわたくし。
ティシュペーパーがあったのでなんとかのりきりました。

目玉が取れるかと思うぐらい泣いたわ(笑)

号泣映画のランキング(なんじゃそりゃ!)でいうと
「へんめん」あたりの番付になるんじゃないでしょうか。

でも。
めっちゃ良かったですよ。
「おひさま」ファンの人も、そうでない人も
永作ちゃん&真央ちゃん
どちらも嫌いでないなら、一見の価値あり。
(ただし、めっちゃ泣く。)

2人ともすっごくいいんだけど
予想外に、小池栄子ちゃんもいいな。
(特に後半からがとってもいい。
 私は彼女が好きなんで
 ホンマは予想外ではないですが良かったわ~)

そして
きのうの教訓を念のためメモっておく。

  映画館には、サイフは忘れてもいいが
  ハンカチは忘れるな!!!

  
  (じぶんようメモ)
金曜日にみてきたのは
20日がMOVIXの千円デーだからですが
映画をみてどんなにブルーになっても
土曜日の朝に、マオちゃんをみたら
きっと元気になる、と勝手に決めて
行ってきたが、そのとおり。
(土曜日にみにいく人は気をつけてね)

でも、みたあと(人によるが)
不思議と、暗い気持ちにはならないので
そのへんはそこまで気にしなくていいかも。

それよりか、
「おひさま」、をみるまえから、
マオちゃんは「明るくて元気」なイメージがあったので、
(なんたって「つくしちゃん」やからね)
冒頭から、ぜんぜん笑わないマオちゃんにびっくり。

私は「おひさま」をみるまで、
そんなによく知らなかったので(すいません)
その深い演技に釘付けでした。

これからも
文芸ぽい作品に出て
叙情的な演技を披露してほしいなぁ~。。。


そうそう。
こないだ、わけあって
ひさびさに、
ちーちゃんの「リハウスCM」がみたくなり
探していたら
妹がマオちゃんだったのに驚いた。


http://youtu.be/sIL0REyj9Fc
(顔が今と同じ、てのにもちょっとびっくり(笑))


準さんに、マオちゃんの映画も撮って欲しかったです。


で、八日目の蝉

映画が良かったんで
原作は読まないほうがいいのか?と保留中ですが
ちょっと立ち読みしてきたら
映画で省略してあるところが
くわしく書いてあって、面白そうだったけど。

テレビ版はぜんぜん知らなくて
みてませんが、みたかったなあ。
(北乃きいちゃんが出ていたそうだ)


こないだから
「ブラック・スワン」
「ジュリエットからの手紙」
「八日目の蝉」・・・と
たまたま、続けて
女性主人公の映画ばかりみてました。


  ジュリエットからの手紙も
  ふつーにエエ映画でしたよん。

  http://www.juliet-movie.jp/

  イタリアの風景もすごいキレイ。
  まあ、展開がよめすぎるところが
  逆に魅力か(笑)

  たしかに、いま、デートにいっても
  ブラックスワンも八日目の蝉も
  無理なんで、こっちがいいよね(笑)
  配給の人、シッカリと
  エエ時期を考えているなぁ~(感心)


で。八日目の蝉、ていうか
永作ちゃん、
よく考えたら「空中庭園」でも
不倫する役をやっていたと思う(笑)

  あれもヘンな役だったけど
  いちばんスゴイのは
  「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
  ・・・だと思う(汗)


永作ちゃんというと
やっぱり「青い鳥」がいまでも思い出される。
(どこか、また再放送してください!!!)

永作ちゃん、
すでに数々の映画で高評価は得てるけども
この「八日目の蝉」では
私がこんなやさぐれBLOGでホメなくても(笑)
数々の賞を今年(来年)ガンガン受賞することは
マチガイありません。
(「酔いがさめたらうちに帰ろう」もあるから)

小池栄子ちゃんも、
ぜひとも永作ちゃんぐらいの活躍を
今後は狙ってほしい~(希望)

小池栄子ちゃんは、
「パーマネント野ばら」のときも良かったわん。

次回作がどうなのか、という情報がないけど
もっともっと映画に出て欲しい人(私の中で)

 わたしは「犬猫」のときに
 一瞬しか出てこないんだけど、そのとき
 いいなあ、と思っていたので
 下妻とか接吻のときに騒いでいる人には
 「遅いわ!」
 思っていたのだ(←めちゃタカビー)
 
 (不本意だが私は
  もほーはん も映画館でみているので
  最近では逆に自慢にしている(笑)

  見なかったことにしたい映画
  私の中で
  ナンバーワンはまちがいなくもほーはん・・・)


そうそう。最後になったけど
「八日目の蝉」は誰の立場でみるのか?で
感想は変わると思います。

「つくり」からいうと
永作ちゃんの視点で見てガン泣きする人が
多いとは思いますが
かならずしも、万人に受けて
すべての人がなく映画、でもない、という
こともいちおう書いておく。。。

  
  あと、余さんの関西弁
  やっぱし、途中がボロボロでした。

  別にあの役なら
  無理に関西弁にしなくても
  よかったのでは・・・。
  演技は上手いんだしさあ。。。

 
なんて、否定的な意見で終わったらだめですね(笑)


おひさま、は、満島ひかりちゃんが出なくなって
さみしいですけど、伊藤歩ちゃんが
レギュラー復活しています。

デジタル化するまではマオちゃんを
おっかけたいと思いますが
きのう「八日目の蝉」をみてから
「花男」をちゃんとみてみようかなあ、、、
(↑なんと、どのバージョンも 
 ほとんどみていない。
 台湾版を何回かみただけ)
とまで思っているわたくしでした。


※そういえばMOVIXには
 「1911」の前売りがもう売ってました。

 http://1911-movie.jp/(←音が出ます)

 今年の後半も中華系映画がいろいろ公開されますね。


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
アンニョン君の名は
唐突なお願いをするのをお許し下さい。
大阪に住む者なのですが、タイトルにある様にアンニョン君の名はなのですが、どなたか録画されてる方をご存知ないでしょうか?途中からふと観たのですが感激しまして、早速情報を探したのですが、皆無で…。
手に入れる方法ないでしょうか?
2011/05/21(Sat) 22:14 | URL  | てつ #-[ 編集]
申し訳ありません
てつ さま

コメントありがとうございます。
たいへん申し訳ありませんが
当BLOGでご質問いただきましても
今回の件については
なんとも回答をいたしかねます。
すみません。

ただ
こちらで放映情報をご紹介しました
「アンニョン 君の名は」ですが
もともと、元記事にありましたように
今年の「大阪アジアン映画祭」で
上映をされた作品です。

過去にタイ映画では
「サイアム・スクエア」が、映画祭後に
後日、日本で劇場公開後
DVDになった例もありますし
「サイアム・スクエア」も含め
今年の映画祭の前に
劇場で映画祭アンコールとして
特集上映をされた例もありますので
どうしても、とお考えの場合には
「大阪アジアン映画祭」様に
再放送ならびに上映予定・リリース予定の
お問い合わせをしてみられるか
続報をお待ちになられるのが
よろしいかと思います。

わたくし個人としては
再放送ではなく
また映画館で再上映されることが
望ましいと考えますので
上映情報が出てくるようなことがあれば
こちらでご紹介はする予定です。

またどこかでタイ映画がまとまって
特集上映するような機会があれば
プログラムに入るとよいですね。

お役に立てず申し訳ありません。
2011/05/21(Sat) 23:19 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
No title
あ、確かに似てる、この曲。

今日、5時間かけて読み終えた「青の炎」に
“王菲”の文字を見つけて、なんかタイムリ~
な、気分に(^^;)。
映画の語りにも出てきてたので、原作は
どうかなと思ってたら、主人公の好きな歌手
ってことでやっぱり出てきて嬉しかったな。
広東語で歌うより北京語で歌う方が色っぽい
と言うような記述もあって、そうなのか・・・?
と(-_-).

「八日目の蝉」
誰の観点で見るかによって違うってことを
先日ラジオのパーソナリティが言ってました。
その方は泣けなかったのだとか。
うーん・・・観るかどうか、思案中。
「プリンセス トヨトミ」「阪急電車」が控えてるし。
「豆腐小僧」も。実は観たい。
2011/05/21(Sat) 23:42 | URL  | 瑠璃 #XVXL5CyA[ 編集]
おお!
「青い炎」、みてないし、読んでない。。。
気になる~!!!

でも、いまめーーーーっちゃ長い本を
読み始めたので、当分はそれに
かかりっきりです・・・。

北京語の歌はせくしぃ、ていうか
優しい感じはしますね。

発音だけの勝手なイメージだと
北京語はフランス語寄り
広東語はスペイン語寄り、みたいな(笑)

そういう意味ではなく
フェイちゃんの有名な曲は
広東語ではノリノリで激しい曲が多く
(夢中人やチュンちゃんとのデュエット曲とか
 http://youtu.be/egFg9YVA5yw

北京語では優しいバラード曲が多いとか
(我願意とか天空とか)
そんな理由だったりして(笑)

八日目の蝉は、とにかく
めちゃ泣くので、映画館をあきらめ
家でみるのならぜったい1人で!(笑)
永作ちゃん視点に入り込めない人は
泣けない、ていうより
すごいイライラすると思います。
けっきょくは犯罪映画ですからねえ(汗)

「阪急電車」もおすすめ!!!
タマテツさんの関西弁がステキでした(←そこかい)

「プリンセストヨトミ」、私もめっちゃ見たい!
(うっかり忘れていたんで、いまリンクに入れました)

豆腐小僧は3Dしか近所でやってないので
あきらめます。

あれ?
「マイ・バック・ページ」はどうされますか?(鬼笑)
2011/05/22(Sun) 00:03 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
No title
>マイ・バック・ページ
くぅぅぅ、痛いとこ付いてきますな。
だって、私にしてはいっぱい控えてんだもん!
と、叫んでみる。

「豆腐小僧」は音楽がS.E.N.Sってのが最大の
理由なんですけどね。
DVDまで・・・待つかなぁ。

「阪急電車」はこっちではまだ予定作品の
リストにも入ってなくて、先日琉球を巻き込んで
梅田まで観に行ったんだけど・・・
甘かった。大都会を甘く見た。
夕方の回まで一杯でした。
帰れなくなるので、諦めました(^^;)。
いや、もう一回リベンジすっぞ~!
来月はスピッツのコンサもあるので・・・
無理かな(--;)。
2011/05/22(Sun) 01:07 | URL  | 瑠璃 #XVXL5CyA[ 編集]
No title
>マイ・バック・ページ

金曜に予告をみてきたら
更にみたくなってしまい、
心の中の「はずせないリスト」に組み換え完了です(笑)

「阪急電車」は当分やってると思いますが
やっぱり大阪でみるのが楽しいと思います。
(実は私も「西宮で!」と思い
 初日に別の用事があったので寄ってみたら
 ぜんぜん席がなくて、別の日に二条でみました)

豆腐小僧は、
スペシャル番組でみたら
ふかキョンの声が意外に合っていて
気になってます。
音楽がいいなら、テレビ放送を
待って、ぜひ見ようかなあ(おいおいおい!)

原作は半分くらいまでは読んでいるんですが
そこから進んでないので
また1年くらいかかるでしょう(笑)
それよりも、「邪魅の雫」も
半分から進んでないので何とかしなければ。
↑何年、かかっとるんじゃ~!!!

ではまた♪
2011/05/22(Sun) 01:33 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
ありがとうございます。
丁寧な回答ありがとうございます。
上映されるのをひつこく要望してみます。またブログ見させて頂きます。
ほんまにありがとうございます。
2011/05/22(Sun) 01:56 | URL  | てつ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。