猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月14日 (木) | 編集 |
JIN(完結篇)にMIYAが出ると聞いてびっくり。
http://www.tbs.co.jp/jin-final/chart/prof17.html
(知らずにみていたら、ぜんぜん気づかんかも。。。)

きのうは、「おひさま」10話をみのがし
めちゃショックだったぐれいすです。
(8:15から放送、て反則すぎる!!!
 「毎日タイマー録画」設定の人はみんな見逃したのでは?)

大きな声ではいえませんが、
「あるところ」でみられることを発見し、そこでこそっと見ました。


ひかりちゃん、いいねえ~!!!
寺脇さんもいいなぁ~。
あかん、おひさま、ずっと見てしまいそう、と思ったら
ウチじゃ、7月まで、てことになるなぁ。。。
そっか。このドラマのキャストが豪華なのは、地デジ対策!?
週末に実家で見るか???(汗)
それともこそっと・・・(以下略)

で。
映画の日、つーか、レディースデー、つーか。

昨日の水曜は
ひさしぶり(?)に映画ハシゴを満喫しました。
結論からいうと
みた映画どれも良くて、とても幸せな気持ちになれた。
ココロに「映画の灯」がともったよ!て感じです。


ふだん、地元では
TOHOはポイントで映画み放題
(いま20ポイントくらいある(汗)
 つまりあと3本、タダでみられるわけです。
 ホンマはフリーのパスポートが取れるんだけど
 時期を決めかねております。。。)
京都シネマは会員価格なので
水曜に!とがんばって行くのは
MOVIXでしかやっていない作品くらい・・・。

しかし
まえまえから行きたかった高峰秀子特集
こないだから「細雪」をやっているので
いつ大阪に行こうか迷っていたけど
水曜なら安いかも、と気づく。

時間にも心にもずっと余裕がなく
それよりも、「あれをみたい」「これをみたい」と
あちこち調べるような
どきどきワクワクとした気持ちがちかごろ欠けていた(泣)

それでも、ふと調べると
これは!!!というものが
いっぱい大阪で上映されているので
えいやっ!と出かけてきたのでありました。

(予定では4本だったけどけっきょく3本)


ざかざかっと感想を書いてみます。

(あらすじとかぬきで、思ったことメモ。
 ネタバレなし、のつもり)


3本みたが、
ジャンルや雰囲気がめちゃバラバラ(笑)


でも、3本とも、とても良かったので
とっても幸せな1日でありました。。。


「M★A★S★H」 マッシュ@TOHO二条

マッシュ 特別編 [DVD]

午前10時の映画祭(青)にて。
http://asa10.eiga.com/2011/series2/cinema/

まいしゅう、土曜の朝に行くことに決めているけど
さいきんはちょっと不定期に行っていて
今週はやっと昨日に行けた。あぶなかった。

先日、大森一樹監督の舞台あいさつを拝見して
アルトマンの話題が出ていたのだけど
午前10時!はワタシのなかでは
「おけいこごと」というか
小学生の頃、「世界名作全集」や「世界の偉人伝」の本を
中身に関係なく1から順番に読んでいたあの気持ちで
通っているので、知らない作品については
あまり先に調べず、まっさらの気持ちで
堪能することに決めています。

なので、アルトマンやったんか!と気づいたのは
映画が終わってから。←おいおいおい!

映画はちょびっとあらずじを読んでたので
当初、戦争映画か~とマイナスな気持ちで挑む(汗)
苦手ジャンルかもしれないけど
「消化試合」みたいな感じで、とりあえず見とこ!と
行ってきたけど、
映画が進むにつれ
どんどんハマっていって
めちゃ面白かった!!!(←私には)

  ※ただし、ものすごく下品な内容を含むので
   万人におすすめできる映画ではありません。

みてたら、遠藤淑子さんの
「君の為にクリスマスソングを歌おう」
すごく読みたくなってしまった。(これも戦争の話)

天使ですよ (白泉社文庫) 天使ですよ (白泉社文庫)遠藤 淑子

いつも破天荒なことばっかりやらかすけど
実は有能で、人望があって、でもヘンな人って
ちょっと「少女まんが設定」ぽい、とか書くと
怒られるかもしれないけど・・・。
よーするに、かなり「キャラ」が立っている映画、と
思いました。
群集劇を描ききるコツって意外とそんなところに
あるのかも。

ちなみに、
ホークアイ役のドナルド・サザーランドて
他にどんな映画に出てたっけ?と調べてみて
ご子息が、あの人!!!てのにびっくりした(笑)→ Wiki

出てくる人が多すぎなんで
(おいおい、アルトマンにそれはないやろ!)
もういっかい、機会があったらゆっくり見返したいです(笑)


「細雪」(阿部 豊監督)@シネヌー
細雪 デジタル・ニューマスター [DVD]

ついに、念願の映画をみました!!!(はあと)

細雪は、(このBLOGでも何回か書いてるけど)
映画化は3回されていて、他は見たのだけど
これだけをずっと見ていなかったのです。

原作を読んだのは学生のときなのでものすごい昔(笑)

そのあと、おととし位に市川監督版、
去年に島監督版をみることができて
ついに、3作をぜんぶ見ました。

先に書くと、やっぱり、ひいき目で
2作目(マチ子姐さんと叶順子さん!)が
いちばんエエ感じ、と勝手に思う。

が、この1作目も、とっても良かったです。
これはカラーでみてみたかったなあ!!!

あの着物とか、ぜんぶ色がついていたら
どんなにうつくしかったことか(泣)と思うと、
もったいなくてしょーがないです。

この1作目は、前に2作目の感想(10/8/20)で書いたとおり、
映画をつくるときに「昭和レトロ」な感じを出そうという
試み等はいっさいなく、ありのまま、当時の生活を
街並み、とか、衣装、とか、美術、とか
そのままの空気を撮ってると思う。
(2作目よりも、さらにそんな感じ。当たり前やけど)

それが、映像としてとても価値があると思います。

さいしょ、「音楽会へ着ていく着物の帯」の
場面から始まるので、2作目と同じ脚本なのか?とか
思いましたが、最後がかなり違っている。
原作の大筋、からいうと、3作品のなかで
いちばん、うまく全体を描いてくれている、のは
この1作目、かも。
(雪子さんがどうなるか、描いてるからね)

この1作目は、高峰秀子さん演じる妙子(4女)が
めちゃくちゃキレイで、すごいエエ感じ。
(ちなみに、妙子役は
 2作目が叶順子さん、3作目が古手川祐子さんである)

デコちゃんの妙子があまりにエエ感じすぎて、
4姉妹の映画、になりきれてないのが
欠点ではないか?と思うほどに魅力的です。
そして、4姉妹、というと
いまいち、鶴子さんのインパクトが弱いのが
難点かなぁ~。
(鶴子姉さんは、1作目が花井蘭子さん、
 2作目が、
 この1作目では幸子を演じている轟夕起子さんで、
 3作目は岸恵子さん)

あと、わたくしの「雪子さん」のイメージは
ものすごく、ハカナゲで
まさに、若草物語のべス、なんだけども
どの映画も、どうも、「弱くみえてシタタカ」な
感じで描いてるので、もういっかい「細雪」を
読んでみなくては、という思いにかられている(笑)
たぶん、ワタシの読み方がまちがっているんだろう。
(本を貸してくれた後輩に
 雪子さんがかわいくて良いといったら
 「それは間違ってる!(笑)」と言われたのを
 いま思い出した。
 その子の解釈では、この1作目の雪子さんが
 かなり近い気がする。さすがだ!)

2作目、3作目、をみていると
雪子役って「美人○○枠」(←怒られるので伏字)と
勝手に思っていましたが
1作目の雪子さんは、非美人演技派、な気がして
とても意外でした。
鶴子さんのほうが、東京に引っ越すとなって
サメザメと泣いてたりとてもハカナゲだったわ(泣)

ああ、やっぱりもう1回みたい!


で。
細雪は、みるたび、
(いま映画化したら・・・)と勝手に
キャスト(しかも関西人限定)をウキウキと
考えてしまうのですが
雪子さんはいつもめちゃ迷うんですねえ。。。

いまのとこ、妙子さんは、ワタシの中では
ここ数年、上野樹里ちゃんです(笑)

  ハカナゲ版の雪子さんは
  谷村美月ちゃんがいいかな、とも思うけど
  それじゃあ、
  樹里ちゃんと年齢が逆転してしまう。。。(汗)
  いっそ、ちーちゃん(池脇千鶴)とか???

まあ、
雪子=ベス説はちょっと難あり、とは思うが
ハネっかえりで芸術的素養もある妙子は
かなりエイミーだよなぁ~とかしつこく思ってます(笑)

ああ、どっちも読み返したい!!!


あと、勝手に思ったのは、
3作目の配役て、ビジュアル的に
この1作目を参考にしてキャスティングしたのか?と。
ついつい、そんな感じがしました(笑)

なんにせよ、関西弁の映画って
いいよなぁ~としみじみ思う。

ちなみに、シネヌーは、ぎりぎりにとびこんだら
最前列をのぞき、ほぼ満席。
たぶん、わたしがいちばん若かった、んじゃないかと(汗)
そんな満員と予想せず行ってびっくりしました。
このまえ「棒の悲しみ」に行ったときも
補助席(パイプ椅子)に座ってみたな。そういえば。

シネヌー、古い邦画は大人気ですね(汗)

高峰秀子特集、みたいものはいっぱいあるが
やっぱり、大阪(九条)は遠いです。。。


「イリュージョニスト」@シネリーブル梅田(←3F)
イリュージョニスト [DVD]
http://illusionist.jp/

ミニシアターがいくつかある街に住んでいると
「映画は待ってたら来るもの」
ついつい錯覚をしてしまう。

が、「イリュージョニスト」いつ上映かな?と
ふと気になって調べてみたら
関西は大阪しか予定が無い!!!(今のところ)と
気づいて、ひっさびさにガーデンに行ってみる。
(ガーデンで上映するものは
 たいてい京都にくる、と思ってたが
 実は「ランナウェイズ」も市内では予定がない(泣)
 なんでやねーん!!!
 梅田でみるか、5月に茨木でみるか。。。て感じ)

(「ファンタスティック Mr. FOX」は京都シネマで上映予定)


で。イリュージョニスト。

これはいいです!!!(滝涙)

よく大阪の上映に気づいた!ワタシよ!!!と
自分をホメたいです(笑)
いちばん前で、おっきな画面でみられたし
しょーじき、京都シネマでかかっても
これほどよい環境ではみられなかったかも。。。
(もちろん、かけてくれたらもう1回か2回は行く!)

もちろん、好みが分かれるし
ダメな人はダメと思うけど
(ワタシの隣の知らないお嬢さんはとちゅう寝てました(笑))
私の心をわしづかみ!!!な映画でした。

ふらんすのアニメって、どこか「ものかなしげ」で
リリカル、で、もともと、切り取った絵をみてるだけで
うつくしい、てイメージがありますが(「王と鳥」とか)
これは、風景とかの、手書き風、なところが
またまたステキ!なんです(泣)
街も風景も、山や海の風景も。

かってに比較したら怒られる気もしますが
海とか山の感じ、
私の大好きな「旅の絵本」とかの
雰囲気にすごく似ていた・・・。

物語も、あまりせりふがなくって
淡々としてるのに、人物の表情で
いろんなことがわかる、という
ほんま「映画!!!」て感じ。

ササメユキに感動したあとで書くのもなんだが
やっぱし、ふらんす、大好き!!!と
思いましたね。(←うわきもの!!!)


アニメーションなんだけども
とちゅう、映画館に入る場面で
そこでかかってる映画部分だけは
実写なのですが
私の大好きな映画だったので
そこだけで、じゅうぶん泣きそうでした(笑)

予告をみて気になった人はぜひみるべき。


http://www.youtube.com/watch?v=hnX0L4I_8IQ

とはいえ、この予告をみると話がわかってしまう(苦笑)
ワタシは、なんにも知らずに行って
めちゃのめりこんで見てました。。。

ふらんす版のサイトにいくと
そのまんま予告が流れるので
いらん説明のない
こっち↓をみるほうがいいかも

http://www.lillusionniste-lefilm.com/(←音が出ます)

音楽もいいでしょ?(泣)

ストーリーもええけどやっぱり
映像がうつくしい。。。

とちゅう、あるものが「雪」にみえる場面が
あるんだけど、そこもすっごく幻想的でキレイだった。
アニメに、幻想的、て表現も、どうかと思うけど。

ああ、王と鳥、とか、
http://www.ghibli-museum.jp/outotori/
雪の女王(←これはロシア)とか
http://www.ghibli-museum.jp/snowqueen/
またゆっくりスクリーンでみたいなぁ~。。。

これ、もっと全国で上映してほしい・・・。

・・・ジャック・タチ脚本ということは別としても
今年の洋画(西洋)のベスト3には入れたいです。
(まだ4月やけど(汗))


ホンマは、かけこみで行けば「ランナウェイズ」も
みられたけど
ササメユキ、があまりに良くて間をあけたかったのと
おなかがすいて倒れそう、だったのであきらめました。

やっぱり、肉体的な面を考えると
移動が必要な場合には、3本、が限界かなぁ~。

でも、ハシゴって、
実はできるだけしたくない、と思っていて
やってしまう日は、
ぜったいにみるべきものがこの日しかだめ、て
ことが多いので
いざ行くと、ハシゴしたやつ
ぜんぶ良い、ていうパターンが多い(笑)

(あやしい時には、あとに見るものが
 ぜったい良いやつ、とかを組んでいく(笑))

この日は、マッシュ、は思わぬところで
エエ映画にあたった、て感じでしたが
ほかの2本は、すっごいみたかった作品を
なんとかスクリーンでみることができて
ホンマ良かった。。。


てなわけで、
「3千円で至福&眼福」のいちにち、でありました。
(ぜんぜん感想になっていないなぁ~)


英国王のスピーチ、はなんとか先日みてきたので
はやく「私を離さないで」に行かなければ・・・(汗)


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
No title
>ちなみに、
ホークアイ役のドナルド・サザーランドて
他にどんな映画に出てたっけ?と調べてみて
ご子息が、あの人!!!てのにびっくりした(笑

あはは、ぐれちゃん世代ではもう息子さんの方が
おなじみなのね。
アタシもおとーさんは、この作品で知りましたけど。
「赤い唇」vvアルトマン女優のサリー・ケラーマン、
見事にお脱ぎになって、びっくりした。
ほんま、お下品な映画ですよね。
今ならセクハラって言われて、作れないわ、きっと。
2011/04/14(Thu) 16:10 | URL  | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集]
No title
おはようございます~

>今ならセクハラって言われて、作れないわ、きっと。

作れないだけじゃなく
たぶん地上波放映とかできなさそうですよね。
みた記憶がない。
み終わってから、これを名作50に入れた人
天晴れ!と思いました。(でもPG12でしたけど)

息子さん
わたしはCMでしか見てませんけど(汗)
最近は西洋のドラマとかよっぽどじゃないと見ないです。
ちゃんとみてるのは「スタンド・バイ・ミー」かな。

でも、マッシュが連続ドラマだったらみたいですね。
って、絶対、放送ムリ!!!(笑)

>見事にお脱ぎになって、びっくりした。

すごかったですね!
実は映画をみてるときは、なんでお風呂をのぞくか
わからんかったんですが、映画館を出てから気づいて
顔が赤くなりそうでした。
ほんま、お下品!にもう1票。

でも、上品だからいいってもんじゃないし(笑)

2011/04/15(Fri) 09:04 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。