猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月12日 (火) | 編集 |
[注目] 明日の「SOGS」はシンディ姐さんっす!
     http://www.nhk.or.jp/songs/program.html
      楽しみ~!!!

ゆうべはけっきょく寝てしまい
むりやり5時過ぎに起きてちょびっと見たけど
ジェーンを見逃したぐれいすです(泣)

日仏の音楽家が支援コンサート アダモさんら出演
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041201000307.html

  ↑この件、くわしくはこの下(4/11)に♪


で。
「カンフーサイボーグ」(機器侠 Metallic Attraction: Kungfu Cyborg)ですが
思ったよりDVD化が早いですね~!!!
(もしかして発売ありきで、たまたま
 劇場でかけることができた、のかも・・・)

カンフーサイボーグ [DVD] カンフーサイボーグ [DVD](2011/05/06)
フー・ジュン、アレックス・フォン 他


DVD発売・・・てことは、ぜんぜん
全国の映画館をまわらないのかなぁ~(泣)

映画の公式サイトはこちら↓

http://www.takeshobo.co.jp/sp/kungfu/(音が出ます)


まだ竹書房のサイトでも詳しくは出ていませんが
発売予定には載っています。

http://www.takeshobo.co.jp/

(左下の「発売予定」→「来月発売」)

  たまたまこれ↓を探していてみつけた。
  「なごみクラブ(3)」 (バンブーコミックス)
  (遠藤淑子)
  こっちもおすすめ!!!


で、
この映画はめっちゃ笑えます!
(ジェフ・ラウ作品なんですもの・・・)



まずは
ぜったい違うでしょ!な
シリアス版予告編をみつけたので貼っておきます(爆)


http://www.youtube.com/watch?v=DKAoXpLZiQs

映画をみて、ぎゃーぎゃー笑ったヒトには
このシリアスさが
ある意味、めちゃ笑えると思います。。。 
(この予告を信じて映画をみたらビックリや!!!(汗))

こっちはめちゃ笑える正しい紹介!(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=mzMYQgX9QYQ

↑ただしまだ見てないヒトは
 これを先に見てしまうと、かなりネタバレのため
 本篇をみて大笑いする楽しみが
 なくなる
ので注意!!!


本篇を鑑賞ずみだと
このPV↓で歌をきくだけで泣きそう。。。

方力申《機器初a》MV - 記憶


ムイ(警官)役の女の子、どっかで見たよなぁ~???と
映画館でずっと思っていたのですが
帰りにポスターをみると
「スン・リー」の名前があってびっくりでした。

孫儷(=馮程程)やんかいさ~!!!
 ※「やんかいさー」は標準語になおすと「じゃないかよー!」あたり(たぶん)


http://ent.sina.com.cn/f/xsht/index.shtml

声がちがうので、ぜんぜんワカランかった。。。
(新上海灘、テレビで放送されていたときは
 坂本真綾さんが声をあてていたのだ)

このようなコメディ映画にも出てられるんですね~(感心)
また香港作品に出ていただきたいものです。


で、「カンフーサイボーグ」
もういっかいぜひどこかでみたいんですけど
みなみ会館さん、どうですか???(←名指しかい!)



現段階でいちばん詳しいと思われる
あまぞん、の紹介をコピペしておきます。

予告篇とかの収録もないのかなぁ~。。。



カンフーサイボーグ [DVD]

出演:フー・ジュン, アレックス・フォン, ウー・ジン

ディスク枚数: 1
販売元: 竹書房
DVD発売日: 2011/05/06

内容紹介

カンフーからメガロボットへ、究極トランスフォーム!

★変形ロボットSF+カンフーアクション、前代未聞の衝撃エンターテインメント!
「トランスフォーマー」から「鉄腕アトム」まで、古今東西のロボット映画のエッセンス、造型、パロディーを満載した、まさにSFアクション映画ファン必見の超娯楽作!
★これが『トランスフォーマー』への全く新しい返答だ!チャウ・シンチーを育て上げ「カンフーハッスル」などを手がけたかと思えば、「恋する惑星」などウォン・カーウァイ作品の製作でも知られる香港映画界の鬼才ジェフ・ラウ監督作品。ド派手なロボットCGを「キル・ビル」「風雲ストームライダーズ」などを手がけたセントロ・デジタル・ピクチャーズが担当している。
「レッドクリフ」のフー・ジュン、「インビジブル・ターゲット」のウー・ジン、「インファナル・アフェア」のエリック・ツァンなど豪華キャスト!!!

★各方面から絶賛の声が――
※ブルース・リーの魂、健在。サイボーグだっていいじゃないの! みうらじゅん(イラストレーターほか)
※これぞ中華特撮の真骨頂!超電磁ヌンチャクで戦うカンフーサイボーグ!巨大キョンシーロボ対無数の少林寺ロボ!日本の巨大ロボも負けてはいられない!ただ、一番衝撃的だったのは人間から自転車へのトランスフォームだ!? 佛田 洋(スーパー戦隊シリーズ特撮監督)
※最高の映画的興奮!! そして最高の金の無駄づかい!! 中国にはかなわねえなあ(苦笑) 河崎実(映画監督)
※CGのバトル・シーンを新しい地平へ向かわせるイマジネーションの自由な開放感があふれている。 池田憲章(特撮評論家)

[Story]
西暦2046年。政府の科学センターが極秘開発したサイボーグ警官、K1を預かるハメになった小さな村の警察署長タイチョン。署内唯一の女性警官ムイはK1に胸ときめかせるが、昔から彼女を想っていたタイチョンにはそれが面白くない。そんなある日、K1の前に、自己の意識に目覚めセンターを逃走した新型サイボーグK88が現れる。巨大ロボットへとトランスフォームして闘う2人。しかし、その闘いに巻き込まれ死亡したタイチョンを、K1がロボットとして甦らせてしまってから事態は思わぬ方向へ・・・!



東京国際(2009年)での紹介ページはこちら
http://2009.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=85

ほんの少しですが
冒頭でロー・カーインさんが出てこられて
まさか出てられるとは予想してなかったので、
とっても嬉しかったです。


また詳しい情報が出てきましたらご紹介したいと思います。


http://www.youtube.com/watch?v=-xLbIaNZCEo

ブログパーツ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。