猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月05日 (土) | 編集 |

関西では今夜から「カンフーサイボーグ」
http://www.takeshobo.co.jp/sp/kungfu/(←音が出ます)



カンフーサーボーグ、今日明日はムリなので
来週なんとか行きたいところ。。。
今日はふと思い立って「クレアモントホテル」へ行ってきました。

http://www.cl-hotel.com/

ああいう映画、いいなあ。。。
よーろっぱ的というか英国的というか。
(英国王のスピーチも早く見たい!)


で。
いろいろたてこんでるので、また本のネタです(汗)

  そういや、これもまんがネタやけど
  台湾が出てくる、というので(すごろく先生情報)
  「サキよみジャンBANG」というテレビ番組を
  録画してみてみた(笑)
  
  予想どおり(?)誠品書店がちょびっとだけ
  出てきました。

  来週も台湾ネタらしいので、気になる方はどーぞ♪

  http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/janbang/


さてさて。表題。
まだ現物はみていないのですが
ネットのニュースで見ておもわず
「かわいー!!!」と声をあげてしまった(汗)

新訳 赤毛のアン (集英社みらい文庫)
新訳[赤毛のアン」(集英社みらい文庫)

かなり欲しいっす(汗)また読んでもいいし(笑)

ポーチも欲しいよ!!!

http://miraibunko.jp/

(出版社の思う壺。。。)


まあ、いちおー、「まにあ」?っぽいことを書くと(笑)
角川文庫版のほうは、
“「赤毛のアン」誕生100周年記念”のときに、
新装版として
吉野朔美さんのカバーになったんだよね~♪♪♪
(こっちもかわいい!)

赤毛のアン (角川文庫) 赤毛のアン (角川文庫)
アンの青春 (角川文庫) アンの愛情 (角川文庫)
アンの青春 (角川文庫)         アンの愛情 (角川文庫)

↓こっちもなのだ!(それぞれの違いを出すのがタイヘンだったらしい)

少女パレアナ (角川文庫クラシックス) パレアナの青春 (角川文庫)
少女パレアナ (角川文庫)        パレアナの青春 (角川文庫)

絵を担当されたて話、どこで読んだのか?
↓こっちじゃなくてこの次の本な気がするけど
 絵がかわいいんで、こっちも貼っておきます(笑)

たしか、アンとパレアナ、まるで(絵の書き分けが)
カレーライスとハヤシライス、みたいな話が書いてあったはず。

お母さんは「赤毛のアン」が大好き (角川文庫) お母さんは「赤毛のアン」が大好き


アンは、かわいいとかどうとかいうより
キャラクターが素敵だし、なによりも物語として
面白いのが魅力なんだけど、でも、
ウミノさんや吉野さんのこの絵はかわいくて素敵すぎ!(はあと)

あああ、また読み返したいなあ。。。
(アンのシリーズは、ちょっと前から
 掛川さんの訳で買って読み直しているが
 なかなかエエ感じです。
 初めて読んだ村岡訳も大好きですけどねっ!)


この下には、元ニュースなどを。(またまたナタリーから)

集英社みらい文庫創刊!
 羽海野チカの文庫ポーチもらえる

2011年3月2日 17:43

小中学生向けの文庫シリーズ・集英社みらい文庫が創刊された。創刊キャンペーンとして、同シリーズでは、羽海野チカのイラストがあしらわれた「みらい文庫ポーチ」を抽選で1000名にプレゼントしている。
応募には、3月から5月に発売となる集英社みらい文庫の帯に付く応募券が必要。また3月発売のみらい文庫シリーズ初版初回出荷本には、羽海野のイラストによるシールしおりが、1冊につき1枚付いている。
また今後WEB限定で、羽海野のイラストをあしらった図書カードを、毎月抽選で5名にプレゼントする予定。図書カードはリスとうさぎの2種類。ほか公式サイトでは、3種類の壁紙を配信中だ。
3月に発売された第1弾みらい文庫は10冊。さくらももこ「ちびまる子ちゃん」や、尾田栄一郎「ONE PIECE」、椎名軽穂「君に届け」など、マンガのノベライズをはじめ、「赤毛のアン」などの名作や赤川次郎の小説がラインナップ。なお「赤毛のアン」のカバーイラストは羽海野が、 赤川次郎「あいにおまかせ!? 幽霊バスツアー」1巻のイラストは水野美波が、ナカムラコウ「初恋ネコ(1)放課後、いつもの場所で」のイラストはアルコが手がけた。

http://natalie.mu/comic/news/45820



明日は買いに行けるといいのだが、はてさて。

こないだ、少女まんが雑誌のふろくネタを書いたけど(3/1
さらに、こうゆうのもあるそうです。

「王家の紋章」ロイヤルな付録がプリンセスに4号連続で
 http://natalie.mu/comic/news/45995

なんかすごいことになってますね。少女まんが界。。。
(もしかして、前から???)

(雑誌も買いたいものがありすぎて、
 どうしたらいいのか、もうよくわからん。。。あ~!!!
 ぢっと手を見る。。。)

[追記]

しつこいよーですが
この絵もめちゃかわいいので一緒に貼っておきます。


赤毛のアン (新装版) (講談社青い鳥文庫)
赤毛のアン(新装版) (講談社青い鳥文庫)

アンの青春 赤毛のアン(2) (講談社青い鳥文庫) アンの愛情 赤毛のアン(3) (講談社青い鳥文庫)
アンの青春 赤毛のアン(2)    アンの愛情 赤毛のアン(3)

↓ここでちょびっとだけ読めます
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=148793
おこさま向けの文庫ですが
やっぱり翻訳は村岡花子先生の訳が永遠ですね(泣)


ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰してます
最近全く映画を見ていない(と言うより外に出ていない)hoi-lamです。
では読書に勤しむとかDVDを鑑賞しているかと言うとそうでもなく…
「赤毛のアンシリーズ」私も大好きです!
(しかし「少女パレアナ」はどのパッケージに梱包されてしまったのかな( -"-))
プリンスエドワード島に行くのが夢だったはずなのにパスポートに香港のスタンプしかないのはどこかで道を間違えたのかしら?
「アンシリーズ」読み直したいけど中学生時代に買った文庫は通勤に読むには字が小さ過ぎまする~(/_;)
(年齢による…以下略)
2011/03/08(Tue) 16:22 | URL  | hoi-lam #ciZ.EuIc[ 編集]
わーい!
hoi-lam さん

こちらこそ、ごぶさたしています♪
「アンシリーズ」の好きな方が身近にいて嬉しいです。
ありがとうございます。(しかも「シリーズ」で!)

>プリンスエドワード島に行くのが夢だったはずなのに
>パスポートに香港のスタンプしかないのはどこかで
>道を間違えたのかしら?

同感です!!!(笑)
私も子どものころは、ぜったいにプリンスエドワード島へ
行くものと思っていたのに、なんで???
カナダへ行く分で、日程も金額も
2回は香港へ行けるので、ついつい先延ばしに・・・

でも、ここにはいつかぜったい行きたいと思っています。

「赤毛のアン記念館」
http://club.pep.ne.jp/~r.miki/house_j.htm

機会がありましたら、ぜひご一緒したいです♪
またよろしく♪♪♪

(ここなら行けそう、と思ってからもう何年も・・・
 キネカ大森には3回も行っているのに(泣))

2011/03/09(Wed) 07:03 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
記念館
記念館があったなんて知らなかったです。
&住所がステキ!
イングルサイドってアン(とギルバートと家族)のお家、炉辺荘じゃないですか~
ゴグとマゴクの置物もあったら嬉しいですね。
ここならいつか行けそう(^^)
2011/03/09(Wed) 21:11 | URL  | hoi-lam #0ecWsDRU[ 編集]
行けそうでしょ?
さいきん、やっと
香港より東京のほうが近い感じになりました(笑)
ていうか、どっちにもぜんぜん行けないわけですが(泣)

またぜひご一緒できたらと思います。

よろしくお願いします v-238
2011/03/10(Thu) 07:15 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。