猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月06日 (日) | 編集 |

葉問 応援?コーナー♪ 5,000人まで
2/4更新分で あと、1,008
 となってました→ http://shinjuku.musashino-k.jp/

  もう今にも3ケタ突入!ですねえ、、、

 葉問、もうちょっと加油~!!!
 http://www.ip-man-movie.com/



今日やっと、20年ぶりにBTTFをみて泣いてきたぐれいすです(苦笑)
(前にみたのはテレビなので初見とゆってもよい)


さて。
大阪で公開になったらばばーん!!!と大宣伝を!と
おもっていた「ジャライノール」(扎賚諾爾)

ぜんぜん記事にできないまま(あかんやん!!!)
昨日から公開になってます!!!

http://www.cinematrix.jp/jalainur/(←音が出ます)

これ、めっちゃいいです。
なにもいわず、まず予告をみてください♪


http://www.youtube.com/watch?v=tJesSZqE-fo

この予告で「いい!」と思った人はお見逃しなく。


ぜんぜん違うけど「山の郵便配達」とか好きな人は好きかも。
なんで?とか、「で?」とかおもわず
ただただ、風景や絵が楽しめる人にしか向いていない(かも)

 ワタシはカラオケの場面とかも好きです(笑)

スケジュールをメモっておきますが
かならずお出かけまえには映画館のサイトをご確認ください

http://www.cinenouveau.com/


<上映スケジュール>

2/5(土)~2/11(金) 14:40,16:35,18:30

2/12(土)~2/18(金) 20:40 ※13(日)は休映

2/19(土)~はシネ・ヌーヴォXで上映





いちおうせつめい、もコピっておきます




2/5(土)よりロードショー
『ジャライノール』

2008年/中国/中国語/カラー/HD/92分/
配給:シネマトリックス

蒸気機関車と炭鉱の町、ジャライノール。

ロシアと国境を接する内モンゴル自治区、ジャライノール炭鉱。ここでは、古びた蒸気機関車が未だにひっきりなしに動いている。そこで働く年老いた機関士 ジュー・ヨウシアンと、年の離れた後輩リー・ジーチョンは仕事の間も、後もいつも一緒だ。そんなある日、ジューが30年働いた炭鉱を去り、娘夫婦のもとに 行くことになった。ジューを追って旅に出るリー。老いた魂と若き魂が引きつけあい、また離れる。ふたつの心はどこに向かうのか--。

蒸気機関車最後の聖地で人と大地が出会い、そして別れがやってくる

世界の映画祭で圧倒的な支持を得た、中国の新たな才能!
監督は本作が長編映画第二作目となる新鋭・チャオ・イエ。北京電影学院アニメーション科出身という特異な経歴ながら、蒸気機関車・最後の聖地と言われる ジャライノールの美しく広大な風景の中に、細やかな人間の機微を描き出す。その手腕は、映画監督・河瀬直美の目にとまり、そのプロデュースのもと、奈良を 舞台にした『光男の栗』(桃井かおり主演)を完成させ、なら国際映画祭で上映、絶賛された。


<鑑賞料金>
一般1700円、学生1400円、高以下・シニア1000円
前売券1400円 (Pコード:462-530)

http://www.cinenouveau.com/sakuhin/jalainur.html



チャオ監督インタビュー
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20110121-OYT8T00337.htm

「銀幕閑話」の紹介(第310回(10/9/3)
http://mainichi.jp/enta/geinou/asianenta/ginmaku/archive/news/2010/20100903org00m200051000c.html


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。