猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月05日 (土) | 編集 |

葉問 応援?コーナー♪ 5,000人まで
2/4更新分で あと、1,257
 となってました→ http://shinjuku.musashino-k.jp/
  この週末の伸びに注目です!

 葉問、加油~!!!
 http://www.ip-man-movie.com/



えええと、
ミッションその他でふらふらになって帰ってきたぐれいすです(汗)
ずっとみのがしていたノムノムノムもご縁があってやっと見ました~。

さて。
ほんじつからいよいよ
「午前10時の映画祭」青の50本

http://asa10.eiga.com/2011/series2/

がスタートいたしましたね♪

(きのうの「映画人」(えいがんちゅ)にも登場)

わたくし、本来なら初日にかけつける所存でしたが
ほんじつは、絶対にはずせない
ものすごいミッションがあったため明日の日曜に行きます。

今朝は、暗いうちに起きて、吐く息が白い中(※後述)、
がんばって並んだ甲斐あって
ほしいチケットはほとんど「ヒトケタ台」しかも
最後でいいか、といちばん後にとったチケットは「1番」でした(苦笑)

みんな!香港以外の映画も見ようよ~!!!


 で。
 TOHOさん、今年もありがとうございます♪
 今年も50本(てゆうか今年は52本)見ますよ~!!!
 その「2本」に関してはまた別記事を
 明日にでも書きたいと思います。

 書けないと困るので
 さきにリンクしておこう。。。(まるなげ)
 http://asa10.eiga.com/2011/topics.html#topic20101126 


さてさて。本文より前置きが長いかも~の今日の記事ですが
じつは、きょう某週刊誌をたちよみして宣伝を見つけたのだった。

http://mainichi.jp/enta/book/sunday/
(かんけーないが、表紙のきょんきょん、かわええ~!!!
 でもさすがに中に出ている写真はお肌の修整がサイボーグみたいだったよ(汗)

ぎりぎりに知って見逃さずにすみそうで、よかった!!!

わたくし、投票にまにあえば
インターネット映画大賞の新人応援賞?かなにかに
この人を挙げておく予定だったのです(泣)

  日本アカデミー賞はこの人に去年、新人賞を
  出さなかったことを後悔するべし!!!(怒)


↓たぶんすぐ消されるんでコピペしておきます。


情熱大陸:俳優 高良健吾 23歳
「普通」にこだわる演技派の素顔


◇MBS/TBS系列局 2月6日(日)午後11時~午後11時半

端正な顔立ちに、人を射抜くような強く大きな瞳。デビューから5年で出演映画は20本を超え、春にはNHK朝の連続テレビ小説にも出演する。今、猛スピードで国民的俳優の座を駆け上がっている。

 優等生、ひきこもり、天才ミュージシャンに犯罪者とさまざまな役柄を鮮やかに演じるが、今回の取材では初顔合わせの場でディレクターはこんなことを言われた。

「自分はほんと、普通なんで……」

 自身初の写真集の出版イベントでは、「僕なんかの写真集を買っていただいて……」と終始恐縮し、取材に集まった芸能記者たちが帰り支度をしている姿に「ありがとうございました」と深々と頭を下げていた。当たり前のことかもしれないが、実に礼儀正しい「普通」の若者である。

 だからかもしれない。順調すぎる自らの役者人生に、いつの間にか膨れ上がった周囲の期待で押しつぶされそうになるという。

 番組では、初舞台となった「時計じかけのオレンジ」(主演・小栗旬)の舞台裏や、「師匠」と慕う廣木隆一監督の映画「軽蔑」(今年6月公開予定)の撮影現場などに密着。役どころに悩み、精神的に追い詰められた高良が、撮影終了直後に涙しながら語った言葉とは……。さらに、故郷・熊本で高校時代の思い出の場所を巡る姿などもお伝えする。

「自分の仕事は普通の仕事と変わらない。露出が多いだけだと思ってる。でも、カメラを向けられるのは普通なことじゃないんで、それが普通と思わないようにしたい」

 そう語る彼の「普通」に迫った7カ月間。日本映画界きっての若手演技派俳優の知られざる素顔とは?

http://mainichi.jp/enta/mbs/jonetsu/news/20110204org00m200005000c.html



高良くん、ホンマに最近、大注目!!!な感じ。

「ノルウェイの森」は、
 カンペキ!な松ケンくんとエレガント♪なタマテツさんと並んで
 まさしく!な高良くんの3人がとっても良かったです。

さいしょにちゃんと見たのは「ハゲタカ」かなあ、と思ったら
「サッドヴァケイション」のあの男の子は高良くんだったらしい。
 忘れてた。。。(いまウィキペディアで調べた)

フィッシュ・ストーリーとハゲタカと南極料理人と・・・等と
ならべて考えるとやっぱり、この人(の化けっぷり)は
すごいなぁ~!!!(感心)
・・・てな話、何回も書いている気がする。。。
(でもワタシは「蛇にピアス」を見ていないので
 大きなことは言えない・・・)

で、で、で、
BANDAGEとソラニン、おなじ「ギタリスト」な設定でも
まったくもって、「全然ちがう人」なのに
とってもとってもびっくりしました。

BANDAGE バンデイジ 通常版DVD (本編DVDのみ) ソラニン メモリアル・エディション 初回限定生産2枚組 [DVD] フィッシュストーリー [DVD]


↓ここがめっちゃかっこいい!!!(なんでUPしてあるの?)

http://www.youtube.com/watch?v=SguUFHhuIYI

「ソラニン」の役柄は、ちょっとだけ
「南極料理人」のにいちゃん寄りかな?

http://www.youtube.com/watch?v=4EMFvvv2hF4

↓これもかっこいい!!!(泣)

http://www.youtube.com/watch?v=qGzIOs4jjVk

(でも、フィッシュストーリーの映画で
 ↓いちばんカッコイイのは森山未来くんだよね~!)

http://www.youtube.com/watch?v=T9-YHxz-hHM

フィッシュ・ストーリーでも高良くんは
更にキャラクターがまた違ったし、ホンマにすごいヒトや~!!!

このヒトも、
「白健吾」と「黒健吾」に役柄を分析できそうだ(笑)

もしかして、
意識してないと、同じ人とは気づかないかもしれない。。。

   ★かんけーないが、いつか
   「音楽映画」について、まとめて書きたいなあ。。。
   “「リンダリンダリンダ」から「少年メリケンサック」まで
     ~美少女がスクリーンに奏でる青春”
    ・・・なんつて。


ワタシは南極料理人とかも好き。

南極料理人 [DVD]


早く「白夜行」見たいです♪(明日、行けるかな~?)

http://byakuyako.gaga.ne.jp/(←音が出ます)


こっちも楽しみですね~!!!(原作を先に読むべきだろうか?)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫) http://mahoro.asmik-ace.co.jp/(←音が出ます)



(主役2人もええ感じやなぁ~
 鈴木杏ちゃんも出てるとは知らなかった♪

 一瞬、タミオくんが歌ってるのかと思ったら「くるり」なんですね~)


本題に戻って
情熱大陸のサイトの紹介も貼っておきます♪


俳優
高良健吾
こうらけんご  2011年02月06日放送


端正な顔立ちに、人を射抜くような強い瞳。デビューから5年で出演映画は20本を超え、春にはNHKの朝ドラマ出演も決定。今猛スピードで国民的俳優の座を駆け上がっている。だが取材を始めて間もない頃にこぼれた言葉は意外なものだった。「そんなに期待しないで欲しいんです」傍から見れば順調すぎる役者人生。だが、いつの間にか膨れ上がった周囲の期待や人気に戸惑い、時に押しつぶされそうになるという23歳の青年の姿があった。
 番組では、初舞台となった『時計じかけのオレンジ』(主演・小栗旬)の舞台裏や、高良が「師匠」と慕う廣木隆一監督の映画『軽蔑』(2011年6月公開予定)の撮影現場などに密着。役どころに悩み、精神的に追い詰められた高良が撮影終了直後に涙しながら語った言葉とは?さらに故郷・熊本で思い出の場所を巡る姿もお伝えする。

http://www.mbs.jp/jounetsu/2011/02_06.shtml



トップランナーのバックナンバー(2010/9/4)あったんで貼っておきますね♪
http://www.nhk.or.jp/tr/2010album/100904.html


(調べたら、トップランナー出演のときも
  嬉しがって記事を書いていたようで
   そういう自分に今おどろいた。

  後半の違う話が面白いので良かったらどーぞ♪ → (10/9/4))


※かんけーないが、書いてみる(笑)
 今朝、並んでいるあいだ、めっちゃヒマなので
 アイモードからネット検索して、
 「気温が何度以下で吐く息が白いか」を調べた。

 おおむかしに、ある小説で「××度以下だと息は白くなる」と
 書いてあって、それをずっと本当だと思っていたので
 ××度、というハッキリした答えが知りたかったのだ。

 いま、何度なんやろ???て。

 しか~し!
 吐く息が白くなる条件は
 気温以外に湿度が何%であるかに左右されるらしい。 
 たしかに! (よーするに結露なんだから)

 あああ。
 もう20年以上、なんにもギモンに思わず過ごしていた。

 (でもその小説はお話は良かったです)


 それにしても、早朝ならともかく8時9時になっても
 吐く息が白いって、どうよ!!!(怒)

 ほんま、気候についても、住みづらい町や~(泣)

 なのに、ワタシの前後にならんでたお嬢さんたちは
 ふつーのストッキング(足が透けてみえる)だった。びっくり。
 (ワタシはタイツ2枚がさねな上に唯一もってるズボンを
  ひっぱりだしてきてはいてて、更に中に腹巻まで着用)
 

 また3月に別の用事で(今度は夜中から)並ぶつもりなので
 次はもっと、あたたかくなっていますように。。。 


ブログパーツ


コメント
この記事へのコメント
こんばんは
しまった、知らずに見逃した・・・
Aスタと情熱大陸は、テレビ欄にゲスト名を載せてほしい~
トップランナーのときは見たんだけどな。
松田翔太くんが「ウソつかない人」だと彼を評していましたね。

そう、私はAスタとはなまるマーケットで竹野内さんを見られたことにすっかり満足してしまってたのです。
あの緒形拳さん、そして原田芳雄、岸部一徳をうならせたという彼も見逃せないお方です。
2011/02/08(Tue) 01:25 | URL  | 藍*ai #a2fnBRhM[ 編集]
えええ(汗)
録画をゆうべ見て消してしまったところです(汗)
ああ、残念!!!

出てきたのは、インタビューされてる時とか
映画や写真撮影のようす
あと、舞台稽古(小栗旬くんも出てる)のところも
ちょっと出てました。
「蛇とピアス」を見てないワタシは
そこで紹介された映像にびびっておりましたわ(滝汗)

映画ロケは「まほろ駅前 多田便利軒」と「軽蔑」
軽蔑で、ちょびっとうつった鈴木杏ちゃんに
きゃあきゃあ♪と思っていた罰当たりなわたくしです(笑)

http://www.keibetsu.jp/

竹野内さんもなかなかステキですね。
去年、ひさびさに「げつく」を熱中してみてました。

Aスタジオは最近、起きていられなくて見てないことが多いです。

今年もいろいろとオッカケていきましょうね~♪(←こんなシメでいいのか?)
2011/02/08(Tue) 06:46 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。