FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2010年12月23日 (木) | 編集 |
「ギルティ」最終回の録画をやっときのうの夜に見終わったぐれいすです(滝涙)

このニュース↓を見て、
http://news.walkerplus.com/2010/1221/14/
千秋王子が「宿命」を弾く場面がばばーーーんと浮かんだのに
よく読むと、刑事役、やそーです。なんかすごい残念な気がするのは
私だけ?(笑)
(でも、和賀英良がピアノを弾くような設定は原作とは違って
 映画版のときに設定を変えた、ていうのをWikiを読んで知った)

火曜は何もしてないのに眠くて眠くて10時すぎに寝たのに
なんで朝7時にしか起きられないんだろう???小学生かッ!
(今日はおでかけなのでまた6時起き・・・)

で。前置きが長くなりすみません。
きのうから神戸では無間道イッキミですが♪
宇治では本日「アジア・アフリカ とびっきり映画祭」
開催されます!!!



ぎりぎりですが、この表題で検索して来られる方がおられるのと(汗)
公式ページがすぐ検索できないのと(ないのか?)
「練習曲」について
すっごく書きたくなったんで書かせていただきます♪

今回は行きたかったんだけどなぁ。
(ほんじつは、こっちとは逆方向にお出かけです・・・)

まえまえから記事にせねば!とおもいつつおもいっきり直前情報で
申し訳ありませんが、行ける方はぜひ♪♪♪

アジア映画、見て味わおう 23日、宇治で催し

 京都文教大(宇治市)の学生が主体となって企画した「第2回アジア・アフリカとびっきり映画祭in宇治」が23日、同市宇治の市生涯学習センターで開かれる。性同一性障害を扱ったインド映画など、メッセージ性のある3本を上映。トークセッションやエスニックカフェなどもあり、「視覚と味覚で味わう映画祭」を目指す。

 文化人類学科の学生が実行委をつくって取り組み、映画配給会社「チャンネルアジア」が紹介した映画5本から、テーマを重視して3本を選んだ。

 台湾の「練習曲」(午前10時~)は、聴覚障害のある青年が自転車で台湾一周旅行を決行するロードムービー。セネガルを舞台に樹木バオバブと環境問題に焦点を当てたドキュメンタリー「バオバブの記憶」(午後1時~)は、写真家本橋成一さんが監督を務めた。インドの「ナヴァラサ」(午後3時半~)は、13歳の少女の目を通して叔父の性同一性障害の問題をとらえる。

 午後5時35分からは、性同一性障害などマイノリティーの問題について考えるトークセッションも行う。

 会場では、インドの紙芝居パフォーマンス、民族衣装を着た学生たちのエスニックカフェ、釜焼きでナンを提供する大阪市のインドカレー店も出店する。

 入場無料。申し込み不要。定員200人。問い合わせは実行委TEL0774(25)2454。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20101217000065


こんかいはサイトはないのかなぁ~???(汗)

検索すると出てくるのは第1回のページ↓
http://www.kbu.ac.jp/kbu/gakugaimuke/100220-21_eigasai/eigasai.html
ぜひ第3回、第4回、と続けていただきたいです。

「上映前に各映画作品の舞台となる地域に関する解説をおこないます」というのが
素晴らしいですね。やっぱし行きたかったよ~!!!

「練習曲」意外のラインナップもぜひ見たい映画ばっかし。。。

タイムテーブル等、チラシから転載させていただきます♪



2010年12月23日(木・祝)
宇治市生涯学習センター

10:00-12:00
「練習曲」

13:00-14:55
バオバブの記憶 [DVD]
「バオバブの記憶」

15:30-17:20
「ナヴァラサ」


17:35-19:05
トークセッション




「練習曲」は台湾シネマコレクションのときに心斎橋で見たと
思いますが、青春映画としても、ロードムーヴィーとしても
本当に素晴らしい。
欠点は、見たら台湾に行きたくてしょーがなくなることでしょうか(笑)

こちらの紹介では予告も見られます↓
http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/movie_01.html

こういう映画が、全国巡回してみる機会がないのは
もったいないことです。
ミニシアターで順次公開してほしかったなあ。。。
(映画とか旅とか青春とか、そんなところから
 遠く離れたサラリーマンの人とかに見てほしい感じ。。。)


「練習曲」の日本版は、いま話題(!)の、ニウ・チェンザー監督の
「ビバ!監督人生」(情非得已之生存之道)との2枚組なんですけど
 機会があったらぜひご覧ください。
珠玉のアジアン・ライブラリーVol.5 「練習曲」×「ビバ!監督人生!!」 [DVD]

この映画の公開後、台湾で自転車ブームが起きた、とかいうのも
(本当かどうかよく知らないが)めちゃ分かる気がする。。。

そして、この主役の、イーストン・ドン(東明相)さんがまた
めちゃいいのだ!

インタビューはこちら
http://www.cinema-factory.net/contents/467_etude/interview.html


この機会に、ずっと書けなかったネタを書きますが
台湾ドラマ好き、な方々で、
彼を見たことある!て人、いませんか?(笑)

実は、ハチクロ台湾版にちょびっと出てくるんですよ♪♪♪

ハチクロでは、竹本くん(映画版ではサクライくんがやってた)が
自転車で北海道に行く!というエピソードがあるんですが
台湾ドラマ版でも、自転車で台湾1周(?)ていう話になっていて
そこで出会う自転車乗りの人(原作の「しんさん」がモデルと
思われます)を、この映画、まんま!の雰囲気で
イーストン・ドンさんが演じておられるのです!!!(はあと)

ドラマの予告に彼が出たときはとってもびっくりしました。

プロフィールに「蜂蜜幸運草」に出演、てたまに載っているのは
そういうわけです(微笑)

(時間がないので、あとでこっそり写真を貼ります)


「練習曲」また、いろんな機会に、あちこちで
上映されるといいなぁ~。。。



ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可