FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2004年09月25日 (土) | 編集 |
tiramisu
(原題:戀愛行星 Tiramisu)
監督:林超賢(ダンテ・ラム)
出演:謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、林嘉欣(カリーナ・ラム)、盧巧音(キャンディ・ロー)、
   陳奕迅(イーソン・チャン)、谷?昭(ヴィンセント・コク)、他
★★★☆☆ 星はとりあえず3つかな (^^);(採点grace) ←カリナちゃん出てるからおまけ♪

日本版公式サイト http://www.fullmedia.co.jp/tiramisu/index.html
   日本公式いわく「涙の日本公開」だそうで・・・。
香港版公式サイト http://www.u333.com/films/tiramisu/
 [追記:11月下旬より関西では動物園前シネフェスタにてレイトショー上映決定!]

せっかく東京に出て、それも大森キネカへ行くのだから、レイトショーまでのヒマな間見ようと思って見てみました。  カリナちゃん好きだし♪ 

えーと、何というのかなあ、ゴースト恋愛もの、いかにもアイドル映画っぽいネタで、しかも香港映画(笑)、そしてニコちゃん・・・。
ははは(汗)と思いながら見始めましたが、そういう覚悟で行く分には、思ったよりマトモ(失礼)っぽいストーリー運び。 (もちろん、ところどころ、 え"っ!? という部分はあったが。。。)

ツエーくんの映画は見たことなかったですが、まあまあやるじゃん!というのが正直な感想です。カリナちゃんは、「カルマ」「ヒロイック・デュオ」を見てるので知ってたけど、どちらもけっこうシリアスな役を年上の人と必死に演じているという感じだったが・・・素敵な女優さんです
この映画では、自然体で笑顔がとてもカワイイ。そして全然、知らなかったのですが、カリナちゃんの友人役、キャンディー・ローが良かった!

うーん、全国公開するには厳しいかもしれないけど、(主役2人の知名度とか考えるとね)、・・・少なくとも「黄○がえり」の3倍くらいは良い出来なのでは。。。(汗)
 ↑そういう比較対象でよいのか?(笑)

 ということで、勝手に星3つ(笑)
 東京までこの映画のために来ることはないが(汗)
 わたくし的には、大阪神戸あたりまでなら、はるばる見に行っちゃうかも。
 とりあえず、・・・香港電影、加油!!!
  「戀之風景」とか、日本公開しないのかなあ。。。

<ストーリー>
地下鉄で隣り合わせたコウ(謝霆鋒)とジェーン(林嘉欣)は、そのあとも偶然に何度も遭遇。お互いに魅かれるものを感じたかの2人だが、次に再開した時にはすでに事故死したジェーンは「ゴースト」になっていた・・・。
今まで賭けてきたダンスのファイナルを見届けたいジェーンは、「黄泉の番人」から逃げるため、コウの家にかくまってほしい、、、と頼むが・・・。

---
全国公開しないかも、ですので
ストーリーの続きと細部の感想も[続きを読む]へ

↓◇◆―以下ネタバレのネタをこの下に―◆◇

<ストーリー続き>
実は聴覚を失ってしまったコウだったが、昼間(太陽が出ている間)は外に出られないジェーンが体に入っている時だけ、昔のように音が戻ってくる。
少しずつ親しくなっていく2人だったが、黄泉の番人の追っ手がすぐそこに・・・! 命を賭けてジェーンを助けるコウ。
ダンスのファイナル(最終選考)があきらめきれないジェーンは、黄泉の番人の計らいで、元の姿でよみがえり、最後に親友ティナ(盧巧音)と共にファイナルに出演する・・・。


ストーリーでいえば、日本のアイドル映画だったら「滝沢くん&あやや」あたりで作ってしまいそうな路線か?
偶然に何回も遭遇・ゴーストになって出てくる、とか、もういかにも少女まんがとか映画の世界なんですが。。。 それぞれの友人役の盧巧音と陳奕迅も上手いし、主役の2人もナカナカ良かったし、いちおう合格点かな。(←何様!?)

 (「こんなアイドル映画よりもっと良質の香港映画を公開しなはれ!」みたいな評を読んだので心配してた。
   リピータープレゼントも、ニコちゃんファン狙いやしさ (^^); )


そーいえば今回、カリナちゃん(よく劉嘉玲カリーナ・ラムと混同されてかわいそう、私は勝手にカーリンとカリナと呼び分けています)、ほんと可愛いと思ったが、なんか妙に親近感を感じるのは。。。
ウチの妹の若い頃にちょっと似てるかも(汗)ということに気づいた。 
 ※私とは全然似てません・・・。
carena ←これはカリナちゃんの最近の写真


映画って、もともとは娯楽だから、誰がみても感動100%とか世界情勢について考えさせられる!みたいな映画ばかりでなくっていい。
「ジェーンのセーターかわいかったなあ」「ニコちゃん、ダンス、うまっ! ほんまに本人が踊ってるんか?」「ティラミスおいしそうやったわあ・・・」てな単純な感想だけでも、少しの幸せをもらえたら充分だったのですが・・・。

やっぱり、ジェーンのお葬式のシーンは泣かされた。
キャンディ・ローの演技も良かったからなのだけど、こういう時には、自分の人生、まわりの人にちゃんと優しく誠実に生きてるか? 後悔のない道を歩んでるか? これからはもっと優しくしよう!とかいっぱい考える。
(映画館を出たら忘れてるのだけど。。。汗)

「映画を見る前より、ちょっとイイ自分!になれる映画」てのは、やっぱしエエな。
脇役の老夫婦といい、優しく暖かい感じのする映画でした。
 (「黄泉の番人」には、正直、香港でヨミて!? 宗教はなに教ヤネン!? で、馬って!?と思ったが。。。 あのビジュアルも「???」です。馬にダースベイダーが乗ってるて感じ・・・)


私は映画が大好きだし、香港が好き。
全然、予備知識のない人が見に来て、「あー、いい映画だったな」「かわいい役者さんだったわあ」て純粋に楽しい映画が、もっといっぱい公開されたらいいなあ  (できれば全国で!)

 マッスルモンク(汗)に続き、「ターンレフト・ターンライト」も関西公開されるようで安心な私。

個人的なこの映画のツボは、ジェーンのセーター(かわいい!)と、香港の地下鉄の放送(下一站~! 等)でした。

 ああ、香港いき゛だい゛~!!!  ← 結局、そのオチかい (^^);

コメント
この記事へのコメント
カリーナ・ラムってすごくほのぼのした雰囲気してますよね。

なのであまり見たことはないんですが、何と無く好感度は高いです。

「恋之風景」をVCDで見たんですが、

カリーナとリィウ・イェが揃うと、もう、ほのぼのムード全開でした(笑)。

すごくほんわかと可愛かったです。

日本公開してほしいなぁ。

2004/10/08(Fri) 21:38 | URL  | あじさい #79D/WHSg[ 編集]
あじさいさん、こんばんは。



「戀之風景」、公開してほしいですね。

私、まだ見てないので、ぜひ見たいです。

アクション系の公開は多いけど、香港映画の恋愛ものって、あんまり日本公開されないので、残念です。/>
「アンナ・マデリーナ」とか大好きなのですが。。。



リウ・イエくんもいいですね。

2人とも、今後が楽しみです♪
1970/01/01(Thu) 09:00 | URL  | grace #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ティラミス」(原題:戀愛行星 Tiramisu)2002年・香港 その他、詳細はよろしければ まぢめな1回目感想 などをごらんくださいまし~(汗)公式サイト http://www.fullmedia.co.jp/tiramisu/index.html   ↑あ、12/17よりレンタル開始らしいですわ~(汗
1970/01/01(Thu) 09:00:00 |  graceの いまさら学生日記