FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月18日 (土) | 編集 |
じぶんようメモ♪

だいたい家にいるときは必ず見るよう心がけているのが
土曜日の朝にやっている「にじいろジーン」(宣伝か!(^^);)
http://ktv.jp/niji/index.html
(の中の「地球まるごと見聞録」)

地球まるごと見聞録~今日からアナタも世界ツウ!~
番組キャラクター“ジーンちゃん”が、毎週世界の街を巡り、『海外旅行の疑似体験』をお届けします。
街の「グルメ」・「文化」・「習慣」などの項目について、ベーシックな情報に加えて既存のガイドブックには載っていなかった、一歩踏み込んだ“ツウの情報”を盛り込んでいきます!


まあ、ガイドブックに載ってるやん!てな場所も行ってるようですが
そこで「今」流行しているお菓子とか地元の人が食べてるものとか
そして、そこでもし部屋を借りたら!みたいな紹介があって
ふつうの旅番組とはちがい、なかなか面白くて好き。
(ジーンちゃんがカワイイ、てのもあるけど)

今週はめずらしく、ロンドンなんてベタな回だったので
出てきたところをメモってみました。

(じつは先々週はダブリンだったのでそちらも合わせて)


内容は番組を見ながらメモっていて
かってにネットで探しているので
正しい情報かどうかは保証しかねますが
なにかのご参考になりましたら幸いです♪


2010年9月18日(土)
今回は、イギリス・ロンドンの“ツウの情報”をご紹介!



紹介の内容(覚えているもの/一部省略)

・ロンドン塔
・ウェストミンスター寺院
・ビッグ・ベン
・キュー・ガーデン
・アフタヌーン・ティーの紹介
  → ちらっと出てきたベタな
   (伝統的な方式で紹介されてた)お店は不明
    (もしかしてフォーション?)
 新しいツウなお店として紹介されたのが
 キャラメルルーム
  (日本円で「約5500円」て出てた)
・ポートベロー・マーケット
・オックスフォード
・Alice’s Shop
  
・フィッシュ&チップス(お店不明)
・ウナギゼリー

「うなぎゼリー」は初めて知ったのだけど
ここ↓に出てるので、そんな最近のものでもないのかも。
http://allabout.co.jp/gm/gc/79322/2/

ちょっと食べてみたい♪(←ていつ行くんじゃ!!!)

アフタヌーンティーは、私が昔に行ったときには
たしかお友達とフォーションに行った気がするけど
ホンマに優雅なひとときを過ごさせていただいた。。。

で、今回紹介されていた「キャラメルルーム」てのは
番組ではその名前で出てきてたけど、調べたら
バークリーホテルの中にあるティールームらしい。

すらすら読めるわけではないが貼っておきます(汗)

AFTERNOON TEA AT THE BERKELEY LONDON

Mouth-watering Prêt-à-Portea delicacies with a fashionista twist
The Berkeley London designer afternoon tea, Prêt-à-Portea, is inspired by the themes and colours of the fashion world. The menu is transformed every six months to follow the changing seasons in fashion.
Inspired by the Spring/Summer 2010 fashion collections, this season's afternoon tea at The Berkeley in London includes designs by Anya Hindmarch, Paul Smith, Yves Saint Laurent, Christopher Kane, Jean Paul Gaultier, Jason Wu, Sonia Rykiel and Erdem.
Prêt-à-Portea is served in the Caramel Room daily from 1pm to 5.30pm.
(略)
Prêt-à-Portea £35 per person
Champagne Prêt-à-Portea £45 per person
(略)

http://www.the-berkeley.co.uk/fashionista_tea.aspx

 

↓こっちにもちょっと出てます
http://www.visitlondon.com/jp/dining/afternoon_tea/(日本語)


で、気になったのは「キューガーデン」!!!
ここ行ったことありますが、めちゃ広くて半日でも足りない。
ロンドンから地下鉄でだいぶ行った記憶があるけど
ゆったりまったりしたとてつもなく広い庭園て感じでした。
(たしか「キューガーデン」て地下鉄の駅があったはず)
いっかい1日ここで過ごしてみたいです。。。

詳しいのはここ → Wiki(日本語)

いつのまに世界遺産になってたんだろう(汗)

公式サイト http://www.kew.org/ (英語)

庭園も植物もいいけど
ボタニカルアートの建物があって、そこがまたすごかった。

紹介映像があったので、そういうの好きな方はぜひ見てください♪↓


で、(番組とはかんけーないが)
キューガーデンになんで行ったかとゆーと
学生のときに、その植物園が出てくる本を
英語の授業で読んでいて気になっていたから。

こんかいテレビでひさびさに植物園を見て急に読みたくなったんで
検索してみたら翻訳があるらしいのでどこかで探して読んでみようと思う。
(そうか~ヴァージニア・ウルフやったんやなぁ~忘れてた)

ヴァージニア・ウルフ短篇集 (ちくま文庫)
ヴァージニア・ウルフ短篇集 (ちくま文庫)(1999/10)

ついでに。
そのテレビをみていて一緒に思い出した
「ポートベローロード」ちう話も読みたくなったんやけど
それは絶版というか、入手しづらいみたいなんで
気長に図書館で探したいと思います(汗)

ポートベロー通り―スパーク幻想短編集 (現代教養文庫)
ポートベロー通り―スパーク幻想短編集 (現代教養文庫)(1990/04)
 ミューリエル スパーク



と話がそれたところで
「フィッシュアンドチップス」
ロンドンではあまり美味しかったイメージがない。
アイルランドのどこかで、ガイドブックに
「世界でいちばん美味しい店」とか出てたところに
行ってみたけど、そこはさすがに美味しかった(笑)
 どこか忘れたけど ←あかんがな!!!
 (ダブリンじゃなくて、もっと田舎のほうだった)

シブヤのシネアミューズのビルにあるお店のメニューに
フィッシュアンドチップスがあってたまに食べていたけど
今はそのお店はなくなってしまいましたねえ(涙)
(シネアミューズも名前が変わったと思うけど)

てことで、ホンマに自分用メモ(ちらしの裏ともいう)な
この記事ですが
ついでに、先々週に放送されたダブリンのメモも
この機会に書いておきます。

2010年9月4日(土)
今回は、アイルランド・ダブリンの“ツウの情報”をご紹介!



紹介の内容(覚えているもの/一部省略)
 ※リンクはてきとーに探して貼ってます(英語サイト)

・ギネス ストアハウス
  http://www.guinness-storehouse.com/
 (ギネスはダブリン生まれ)
・パブ
 (どこかの店かは不明)
・クイーン・オブ・タルツ
  http://www.queenoftarts.ie/
  マフィン(約350円)
  スコーン(約420円
  タルト(約660円)
・マーフィーズアイスクリーム
  アイスクリーム(約600円)
   ギネスビール味
  http://www.murphysicecream.ie/
・スーパーマックス(ファーストフード)
  ホットマフィンwithアイスクリーム(約300円)
 http://www.supermacs.ie/supermacs.html
・グラフトン通り
  (ここは映画「once」にも出てくる繁華街)
・アヴォカ(雑貨ショップ)
  http://www.avoca.ie/
・クラダリングの紹介
・タラの丘
  などなど(以下は覚えてない・・・)


タラの丘は歴史とか世界遺産好きな人には
おすすめです♪ → Wiki(日本語)
古墳みたいなのがあって中に入れたはず。また行きたい。。。

ダブリンから日帰りバスツアーがあって
それで行ったからラクだった。(観光案内は英語(汗))

 まあ、それ以前に、どーやってアイルランドへ
 行く?とゆうのが遠くてタイヘンなんやけども。
 
できればロンドンもダブリンもまた行きたいもんですが
また行ける日は来るんでしょーか(涙目)


[おまけ]

いま思いついて調べたら
アイルランドで一番おいしいフィッシュアンドチップスのお店て
たぶんここではないかと思う。お店の写真などに見覚えが。

McDonagh's
http://www.mcdonaghs.net/(英語)

でも、検索では
「世界一おいしいフィッシュアンドチップス」のおいてあるお店は
六本木にあるそうです(笑)

アイリッシュパブは関西でもあちこちにあるけども
お酒がすっかりダメになってしまったわたくしには
とっても敷居が高い。。。

てなわけで、
こころのふるさと@欧州 のひさびさのご紹介(?)でした。


ヴァージニア・ウルフが読めたら
挫折したダブリン市民を読んでみようかしら。。。


<いちおう注>

クラダリング、だいたいシルバー製なんで
手入れを怠ると、すぐ「真っ黒」になるし注意。
 (もちろんワタシも帰国後、はずしてたら
  真っ黒にしてしまいました。磨かねば!!!)


ブログパーツ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。