FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2010年07月12日 (月) | 編集 |
いきなり「(泣)」なんて表題ですいません。

きのう、きょう、と、ぼちぼち、っと立ち読みしてますが
だぶん、明日きっと買ってしまうのであろうこの雑誌。

考える人 2010年 08月号 [雑誌]


表紙にあるとおり、ハルキさんのインタビューが載ってるのですが
内容が濃い濃い!!!

やっぱり、買っちゃうかも。なんですが。

わたしにとっては、ショックなことが書いてありました。

このBLOGに書いたことがあると思うんですが
「いつか、『フラニーとゾーイー』を
 関西弁で翻訳したい」
ていう話。


わたくし、めちゃ期待をこめて、ふつーの翻訳を読まずに
ずっと待ってたんですが。
「あれは冗談です」
 と書いてあった。。。


がーーーーん!!!!
 待ってたのに~!!!(泣)


というわけで、このさい
標準語の翻訳をこの夏、読んでみたいと思います(やけくそ)

フラニーとゾーイー (新潮文庫)

書店には、またまた夏恒例の文庫フェアが始まっていて
「読書の夏!」て感じになってきましたもんねっ(←やけくそ)

  ミカコちゃん(ていうか、ツバサちゃん(^^))が
  あちこちの書店に立ってるのでどきどきします。

  http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/

  (蒼井優ちゃんから変わってしまったのは残念やけど)


文庫の話題ついでに
せっかくやし、コレを貼ってみる♪

http://100satsu.com/

・・・パンダちゃんも捨てがたいが
いま気になるのはやっぱり「ハッケンくん」であります♪
http://100satsu.com/(←音が出ます)

・・・そのまえに、
 しつこいよーだが、床下の小人を読まねば。。。


ハルキさんといえば(?)
いま発売のアンアンも気になっていますが。
考える人 2010年 08月号 [雑誌]
http://magazineworld.jp/anan/1716/

今日は「スピリッツ」を買ってきたので
これから「チャンネルはそのまま」を読みます♪

(気力があったら、今日は別の記事を書けたらいいなあ、とか考え中)
見つけたんで貼ってみる(笑)


Tony Takitani 仏語字幕つき

http://www.youtube.com/watch?v=zovOzUnPx74
(7分あるので見るときは注意)

音楽もいいし、ナレーションもいいなぁ~(うっとり)


トニー滝谷、そーいえば、京都では8月に上映予定があります。


いちおうメモっておきます。


公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」

立命館大学人間科学研究所主催

2010年8月28日(土)
  『トニ―滝谷』 
   対談:団士郎 氏 × 神谷雅子
http://www.ritsumeihuman.com/cinema/series.html#top5


(たぶんフィルムじゃなくてデジタル上映と思われますが。
 空気人形をみにいったら、おもいっきしデジタルだったので)


ついでに書いちゃうと
もしももしも、いま日本で
「ダンスダンスダンス」を映画化!とかになったら
ぜひとも、西島さんに出てほしいなぁ~。。。
(五反田くんは、仲村さんかアベちゃんでどうでしょう)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)  ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

ブログパーツ



コメント
この記事へのコメント
No title
そうか、新井君だったのか・・・
なんて別のとこでの話をここで蒸し返したりして。それはさておき。

Yonda君、ハッケン君、いいですねぇ。これからどの本を買うか選ぶんだ。ふふ。

ほかに私はホンの虫のストラップが好き。○英社の本かうと、1冊に1個くじのように引かせてもらえるのね。

2010/07/17(Sat) 00:40 | URL  | 藍*ai #a2fnBRhM[ 編集]
えへ♪
そうそう。どれを買うか選ぶ、もう
もらう気まんまん、出版社の思うつぼです(笑)

でも、わたくし、しめきり日に思い出し、書店を回ってももう間に合わなかったので
「ムーミンエコバッグ」をGETできませんでした(滝涙)
来年こそ!!!←来年あるのか?

○英社のストラップもいいですね♪
やっぱり、夏は「文庫で読書」ですよね。
・・・といいつつ、これから書く日記のとおり
「床下の小人たち」は時間切れで読めないまま映画を見る予定・・・。
もっと本を読む時間がほしいです。

>そうか、新井君だったのか・・・

新井くんの声、なにげなくエエ声で好きです。
日本一の「やんきー」役者としてとっても注目していたけど、「ゆれる」などを見てるともうやんきーはご卒業か?とさみしく思っていました。
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
役としては、「鬼~!」な役でしたが、やんきーな新井くんの復活に、映画館で見ながらわくわくしていたのはきっと私だけでしょう。
翔太くん、ごめんね~!

袴田事件の映画もひじょうに楽しみ。・・・て記事を後日書く予定でしたが
あらま、こんだけ語ったら、もう書くことが尽きてしまった(笑)
2010/07/17(Sat) 00:54 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可