FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2010年01月28日 (木) | 編集 |
「緊急情報」なんてタイトルをつけると
あちこちからいろんな人が飛んできてしまうので、てきとーな日付で。

ただいま1月末の日曜朝に書いております(汗)

どーでもいい人にはどーでもいい情報ですが
金曜日(29日)の某テレフォンショッキングに
堺雅人さんが出たらしい!
というウワサを聞いたので
気になる方は日曜朝の、某番組総集編をチェックしてください♪

というわけで、録画のHDをあけないといけないので
いま昔の録画をDVDに焼く作業を必死でやっております。
間に合うのか!?

堺雅人さん・・・
まあ、あちこちのTVに出演されることは
想像はつくはずなのに、忙しくてすっかり忘れていました(汗)

来週はこれに出られるらしい。

ボクらの時代
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/jidai/

別にめちゃファンというわけではないのですが
なんか気になる俳優さんであります。


で。
ゴールデンスランバー、
めちゃ面白かったよ~!!!(泣)


タダ(TOHOフリーパス)で見たのが申し訳ない。
好みは分かれるかもしれないけど、
手に汗にぎるサスペンスフルな展開と、
人間的な、気の抜ける笑える場面もちょびっとあったりして
私はとっても感動しました。

いくつか「???」どうなんですか、それ!という点が
ないわけではないのですが、そんなことはスルーして
サスペンスフルなグルーヴ感に映画館で身を任せてしまえば
映画としてはとっても面白いかも。

本当は、めっちゃホメホメ200%ぐらいのことを
書ける映画だと思うんだけど
実は、その前に、朝イチで
「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」
http://millennium.gaga.ne.jp/ を見てしまった後なので
この、北欧の濃厚で壮大かつシリアスな
大迫力クライムサスペンスを見てしまった後では、
「ゴールデン・スランバー」のホメ方には
我ながら8割くらいしかチカラが入りません。。。
 中村監督、伊坂さん、ごめんなさい~(苦笑)

で、ドラゴンタトゥーですが
すんごい迫力というか、ひさびさに、シリアスサスペンスを
じっくり見た!て感じ。
コワい場面や苦手な場面が満載だったけど、でも
映画としてはとても良かった~。
北欧いきたいよ~!!! ←そこかい!(汗)

だいたい、北欧言語に2時間ひたりぱなし、という体験が
なかなかないので、ワタシはそれだけで萌え♪て感じ(こらこら)
そして、字幕には、いままで体験がないんだけど
「6千万クローネ(約8億円)」なんちゅー
通貨換算まで表記してあって、ありがたい字幕でした。
今までありそーで無かったですよね?
(「イザベラ」でも、○○ドル、て字幕になってて
 これって、見てるヒトは香港ドルやって
 わかるんかなー、と気になってしまった)

ミレニアム・・・
うっかり、長いということに気づかず見たので(153分)
3時間無料の駐輪場に戻ってきたら
無情にも「駐輪代をお支払いください」の表示が。。。
がうちょあ!!!(汗)(セキヘキか色戒いらいだ)


というわけで
さくじつ30(土)で、一箇月の「TOHOフリーパス」は
終わってしまったので、明日からはふつー程度(←どこが?)の
映画鑑賞スケジュールに戻ります(笑)

フリーパスでは
16作品ほどを鑑賞しました(そのうち、3作品は2回みました)が
1月はそれ以外の劇場でも、見たいものが多くて
けっきょく、40作品くらい見たと思います(汗)
雷蔵祭にも行ったし(けっきょく7作品しか行けなかったけど)
特別上映の「馬路天使」とか監督の対談つきの「ハッシュ!」や
そのほかいろいろ見ました・・・。

で。
29日までの段階では、
もともと期待してなかった某邦画新作(※)は、超ダメダメだし
(タイトルは伏せますが私がいくよーな文芸話題作です。
 はやくも2010年ワースト1はワタシの中で確定しました)
かいじゅうたち、も終わり方が気に入らないし・・・


「まあまあかな」という映画はたくさんあったけど
どうも、今年の新作って、どれもイマイチなのか?と
けっきょく、1月に見て、ココロを揺さぶられたのは
「バクダッドカフェ」の新バージョンと雷蔵祭の「女と三悪人」と
TV版をみないで映画版を見てすごい感動した「不毛地帯」・・・
どないやねん!?それって???という
おそろしく高ビーな感想をいだいておりましたが(をいをい!)

ゴールデン・スランバーがなかなか良かったのでホッとしています。
↑ナニ様なんだよ!!!

あ、私、アバターも合わなかったので、感想は人それぞれ、ってことで。
これ読んでゴールデンスランバーを見に行って、
面白くなくても、私のせいにしないでね(笑)

あと、「バンデイジ」が意外に良かったです。
めちゃ素晴らしい、わけではないけど、思ったよりちゃんとしてた。
見るつもりはなかったんですが、なんせ無料だし(笑)
ふとキャストをチェックしたら
「斉藤由貴」と書いてあったので、フラフラと行ってきた。
見たら、伊藤歩ちゃんも出ていて(良かった!)
たぶん、その映画が描いている時代くらいにバンドをやっていた
私はたいへん面白く見ました。

アルミの役の人がすっごく良かったです。(柴本幸→ Wiki
千円払うか?といわれると迷うけど、アルミちゃんが
すごくかっこいい!!!(脇役なんだけど)

TVでやってたらまた見るかもです(笑)

あと、意外と良かったのが
「板尾創路の脱獄王」 http://www.datsugoku.com/

ただし、見る人を選びます!(笑)
板尾ワールドが全開で、ものすごい独特な映画(爆)
國村隼さんがとってもステキ♪でした。

この映画を見たらこれが聞きたくなったのでいちおう貼っておきます。

Towa Tei - La Douce Vie’(歌は真貴ちゃん)
http://www.youtube.com/watch?v=KHbXp8Lil2E
Future Listening!(紙ジャケット仕様)

すっかりイタオさんが歌っているのかと思ったら
古い曲なんですねえ。
そういう曲を選んでくるところも、
監督としてのセンスがすっごいあると思います。
(ワタシは、音楽とか歌がカッコイイ映画に弱い・・・)


まあ、とりとめもないので、このへんで。

※2010年、マイ・ワースト1内定は何か?
 どーしても気になるヒトは、YAHOOをリンクしておきますので
 評価等をご確認ください(汗)

 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id333672/

行って「泣けない」「何も感じない」と思ったそこのアナタ!!!
あなたは間違っていません!!!(たぶん)

これ見たら「ちょっといまいちかも」と思った「今度は愛妻家」が
めっちゃエエ映画に感じられました(笑)
愛妻家は、それほど良いわけじゃないのに
滝のよーに泣いてきましたよ~。反則ぢゃ~!!!

(もう書いちゃうけど
 ゴールデンスランバーも反則攻撃で泣かされてしまったです。悔しい!)


コメント
この記事へのコメント
「6千万クローネ(約8億円)」
そうそう、私も初めて見て、おお!って思いました。
クローネって馴染みがないから、親切ですよね。
DVDにする時はレートが変わってるかもしれないけど(笑)

「板尾創路の脱獄王」も見たいんだけど、早朝、レイトが多くて行きづらいです。
いや、渋谷までいけばいいんだけど(渋谷嫌いの女)
ベティでやらないかしら。。。
2010/01/31(Sun) 12:43 | URL  | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集]
No title
「板尾創路の脱獄王」
ほぼ一箇所をのぞき笑うところがありませんよ~(汗)
そのためだけに、全編シリアスで通しているというか。

でも、昭和の古い刑務所を再現するために、古い建物がたくさん出てきて
明治村とかでもロケしているらしい。
それだけでもけっこう眼福!という感じでした。
ベティで見たら似合いそう、なんて勝手に書いてみる(笑)

「ミレニアム」上映館数がとっても少ないので興行成績を勝手に考えると
恐ろしいものがあります。
パート2とパート3は、ちゃんと日本に来るのだろうか~(涙)

外国の映画を見ていて、コトバの壁も大きいけど
文化とか通貨とか、見てる側がわかって当然、という状態のものが
わからないのがつらいですね。

カウリスマキの古い映画では、字幕に「マルク」とか出てくるので
単純に「マルッカ」の誤植なのか、それともドイツマルクをさすのか
レート換算以前にそんなことで頭がくらくらします。

意訳でいいから、「そんな車が買えるような大金」とか
「一生暮らせるよな」とかって感じに訳してもらえませんかねえ。。。
それも余計わかりづらい気もしますが(どないやねん!)
2010/02/01(Mon) 00:43 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可