FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2009年11月20日 (金) | 編集 |
復活した、と思ったら、タイトル絶叫かい!?(笑)なgraceです(^^);

 みなさま如何お過ごしでいらっしゃいましたか???
 
-------------
さっきこのBLOGを見て、2ヶ月もサボっていたことにびっくり。
職場と自宅(と映画館)の往復に明け暮れつつも、
実は、映画もやや控えるほど、(もちろん東京はムリ)
体もだいぶ悪くしているのでネットどころでなかったことも事実ですが
それにしても、よくサボったもんだ(笑)
こんだけの日にちがあれば世界一周でもなんでもできてそうです(笑)
 ↑いや、ちょっと2、3日サボると、前は
   「香港いってるの?」「いまどこ?」とかよく言われたもので。

わたくしの近況なんぞはおいておいて(笑)
関西地区の映画界を震撼させる、すんごい出来事がありますので
とりあえず、この記事からBLOG復活をさせていただきますです。

パソコンが壊れたので、漢字変換とか今までの映画リンクとか
色々なものがぜんぶパー!なので(泣)
なかなか記事が書き進みませんがご容赦を。
-------------

で。香港の近年稀にみる(すんません)名作文芸映画である
「イザベラ」(伊莎貝拉 Isabella)

   ちなみに、絶叫の「その1」は こちら →  (2006/10/28

や~~~っと日本でDVD発売される!
イザベラ [DVD]  イザベラ [DVD](2009/11/27)

http://www.spoinc.jp/dvd_video/dvd_new_detail.php?dvdid=454

というニュースはずいぶん前から、超絶うれしいニュースとして、
いつ書こうか何て書こうか、わくわく、、と思ってるあいだに
みなさまもう周知の事実、という感じで今日まできてしまいましたが。。。

 ここにきて、なんと

  京都にて 期間限定で
  上映されることが決まりました♪


 (いちおう、この映画は映画祭以外でも
  シネマヴェーラ渋谷でちょびっと上映されましたが)

祝・彭浩翔(パン・ホーチョン)監督作品
 関西 初上映!!!!!!(はあと)




イザベラ @京都みなみ会館
2006年/香港/109分/DV
監督・脚本:パン・ホーチョン
出演:チャップマン・トー
    アンソニー・ウォン

11月28日(土)&29日(日)限定レイトショー

  11/28(土)・29(日) 20:45(~22:35)

12月3日(木)&4日(金)追加レイトショー
  
  12/3(木)・4(金) 21:10(~23:00)

当日のみ 一般:1,300円 学生・会員・シニア:1,000円

中国に返還される直前のマカオが舞台。停職処分中の警官のもとに娘と名乗る少女が現れる。『欲望の翼』に迫る大傑作、関西初公開!
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2009/iza/1128.html
http://www.rcsmovie.co.jp/


 ※ちなみに、アンソニさんだけでなく余文樂(ショーン・ユー)くんも出てます!

「欲望の翼」に迫る大傑作ですってよ♪♪♪

  (あ、欲望の翼、とイザベラ、は、私の中では、勝手に
   イメージカラーが「緑」なので、緑文字まじりでお送りしております)

わたくしも、個人的にこれは、めっちゃエエ映画と思います(泣)

 みなさん、ぜひ見ましょう!!!(滝涙)

デジタル上映であることと、
おそらく東京国際のときとは字幕が変わっていることは
個人的にはひじょうに残念ですが、
この名作が、スクリーンでかかる、ということは本当に嬉しく、
東京国際で見てきて以来、
いろんなところで「イザベラは名作」「ぜったいに日本公開してほしい」と
愛を叫び続けてきてよかった。(まったく役には立ってなくても・・・)という
気持ちでいっぱいです。

   このBLOGの背景も、冬やし、なんか変えんと、と思ったときに
   昔、イザベラの画像を貼っていたことを思い出し、
   だいぶ前の柄を限定復活させてみたわけです。

上に当時の日記(なんも大したこと書いてない)をリンクしてみましたが
わたくし、3年前の映画祭で、監督ご本人にお会いできたばかりではなく
TIFFのオフィシャル本にサイン!を頂戴したので、
特別(?)にお願いし、映画館にコピーを飾っていただけることになりました♪


↑もっと詳しく見てみたい方はぜひともみなみ会館へお出かけください。
 ・・・と勝手に宣伝。(「クリーン」は終わっちゃいましたが・・・)

とりあえず、
彭浩翔監督が日本で一般的にま~ったく紹介されないのは
わたくし、勝手に、七不思議を超えて、文化的損失(怒)と思ってるので
今回のことはとっても嬉しい反面、ほかの作品がつづけて
公開されない、というのがとっても残念です。

ひとまず次は「出エジプト記」だ!(笑)
(「ビヨンド・アワ・ケン」も公開してほしいけど。
 あれ、買われたはずなのに公開されないなんてホンマ不思議)

・・・そんなこんなで、イザベラへの愛(?)は、記事のあとのほうに
書くとして(まだ書くんかい!?)

彭浩翔監督について、いろいろリンクしておきますので
気になる方は、ぜひ読んで見てくださいまし。

彭浩翔(パン・ホーチョン)監督 →Wiki(中文)

ヤフー映画(日本)
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id332554/(たいしたこと書いてないけど)

監督作品 (上記Wikiを参照しました。邦題は映画祭時のタイトル)

 2001年 買兇拍人 You Shoot, I Shoot (ユー・シュート、アイ・シュート)
 2003年 大丈夫 Men Suddenly in Black (大丈夫)
 2004年 公主復仇記 Beyond Our Ken (ビヨンド・アワ・ケン)
 2005年 AV (AV)
 2006年 伊莎貝拉 Isabella (イザベラ)
 2007年 出埃及記 Exsodus (出エジプト記)
 2007年 破事兒 Trivial Matters (些細なこと)

東京国際映画祭での特集上映 紹介
http://www.asiancrossing.jp/focus/1006/4.html

監督ご本人のBLOG(中文)
http://hk.myblog.yahoo.com/hocheungpang

「AV」で来日時(東京国際映画祭)の記事(日本語)
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=1661

「出エジプト記」のときのインタビュー(日本語)
http://www.cinematopics.com/cinema/topics/topics.php?number=1089

「些細なこと」のティーチイン(日本語)
http://www.cinema.janjan.jp/0810/0810230008/1.php

伊莎貝拉預告片

http://www.youtube.com/watch?v=MixdIOyYH_A


そうそう。いつも思ってるんですが
今回の上映は、本当に「みなみ会館さん、ありがとう♪(はあと)」の
気持ちでいっぱいです。

そうゆうとき、わたくし、
北村薫氏の小説(たぶん「六の宮の姫君」と思う)で読んだ
"損する、て分かってても、出さないといけない本てあるでしょう”と
出版社の人がいうせりふを、思い出します。

いちぶの人にしか、良さが伝わらないとしても
スクリーンでみるべき、名作、てもののために
スケジュールをやりくりして、古今東西の名作をかけてくださることに
この場を借りて深く感謝します。。。(滝涙)

(BLOGを復活して「イザベラ」を宣伝する、と約束してきたので(^^);
 もしかして読んでくださってるかも~~~) 

で。
映画祭当時に見た感想、てのが、ちゃんと書けてないんですが。

見たときは本当に感動しました。。。 ←なんてベタなコメント(笑)

才能あふれる脚本と演出。映像にピッタリな
ものがなしい音楽。
マカオの街角の風景やカッコイイせりふの数々。
(字幕なしでDVDで見てから、素敵な日本語字幕で見たので
 ホンマに、心にしみわたる感じがしました)

出るたび、なんか食べてるおっちゃん(アンソニー・ウォン)も
みょーにかっこいい(?)けども、
出てきたときに、(うわ、めっちゃメタボ体型やん!)と
びっくりするチャップマン・トーが
映画がおわる頃には、めーーーっちゃステキに
見えるわけですよ(笑)

(●ェ●。)先生(ウォン・カーウァイ)オッカケのわたくしでも
香港映画をガンガン見ていたって、なかなか文芸作品で
そのうえ、青春映画で、しかも名作!てのは
なかなかめぐりあいませんが
イザベラは、ホンマに、好き!スゴイ!素晴らしい!!!と
思いましたねえ、、、(しみじみ)

欲望の翼いらいの名作、てとこには思い到らなかったけども。

で、当時は、映画そのものの良さも感じていましたが
私がふと連想したのは、若い頃、っちゅーより、子供の頃の
シャルロット・ゲンズブールだったんですね~。

この映画のひとつの見所と勝手に書きますが
イザベラ・リョンちゃんの脚線美(←どこ見とんじゃ!)。
青春のいらだち、というか、自分でコントロールできない
無駄な色気や少女と大人の間のオーラみたいなの、で
「なまいきシャルロット」をなんとなく
思い出したわけです(「小さな泥棒」よりやっぱし「なまいき」の頃)

ああ、香港にシャルロット・ゲンズブール級の美少女女優が!と
あのときに思っていたのは私だけかもしれませんが(笑)

バグ・ミー・テンダー~恋と友情の物語~ [DVD]  リョンちゃん(梁洛施)の話をまだまだ書くと
 ほかの出演作は、
 関西でもポチポチ上映されていて
 (←「虫不知」は
 アジアン映画祭@シネ・ヌーヴォー で。
 「刺青」は台湾シネマコレクション@シネマーと心斎橋 で)
ついに、ハリウッド映画にまで出ちゃった時には、あっちこっちの
シネコンで見られたりなんかしちゃいましたが
その後、結婚&出産されて、引退状態なのが
めっちゃ残念なのでありました。

  わたしは、刺青、もけっこう好き(笑)
  レイニー・ヤンがめっちゃかわいいよね♪
  http://www.cinemart.co.jp/taiwan2008/movie_04.html
  日本版でDVD出ないかなぁ~。。。(香港版、持ってるけど)
  (そうそう、こないだ、「九月に降る風」を見てたら
   どっかで見た子が出てるなぁ~て思ったら、
   刺青で刑事?をやってた子でした。またDVDを見直してみよう)


で、話を戻しますと。

わたくしが、彭浩翔がスゴイなぁ~と思うのは、
一作一作が、ぜんぜん違うワケですよ(笑)
しかも、それぞれ、めちゃ凄いクウォリティーで(汗)

たとえば、某カウワイさんて、めちゃスゴイ作品ばかり撮ってるけど、
けっこー、一緒じゃないですか(笑) ←爆弾発言!

「イザベラ」に感動して、なにも考えずに「出エジプト記」を見たら
あまりの、サスペンスフルな展開に、ドギモを抜かれますよ(笑)
あんなに面白い、他にないスリラー映画(なのか?)は
またまた近年、稀に見る出来!であります、
(しかも、なんか、ややこしー展開だから
 ぜひとも、丁寧な日本語字幕とともに見るべき!)

つぎは、ぜひともこちらをDVD化していただきたい(滝涙)

青春映画!て感じの「AV」は、題名を変えても
日本ではムリかもしれませんが(笑)
「ビヨンド・アワ・ケン」は、なんとか発売してほしいなぁ~。


で。「出エジプト記」
わたくし、幸いチケットが取れたのでまたまた東京国際で
見てまいりましたが(泣) (2年前かな?)
なんてスゴい映画!と、イザベラとはまた別の感動がありました。

この才能が日本で大々的に紹介されないのは
本当にもったいないことであります。

ぜひとも、次回の大阪アジアン映画祭に、
その「出エジプト記」と
(かんけーないけど)トーさんの「復仇」をかけていただきたいもんです。

そして、監督!
来年こそはまた東京国際映画祭にきてください(笑)
 。。。そしたら、頑張って行きます~(汗)


なんか長くなっちゃうので、今日はこのへんで。

香港版の映画サイト、本当はもう終わってるけど
表紙だけ見えるみたいなんで貼っておきます。

音楽と写真が素敵、、、(泣)
http://www.isabellathemovie.com/


しばらく、まいにち更新はムリかもしれないですが
次回は
月曜あたりに(本当か?)
「こまちゃんが帰ってきた!(つーか、こまちゃんに会ってきた」の巻 を
書く予定にしておりますのでお楽しみに♪

  我愛「こまちゃん」♪
  http://www.komaneko.com/index.shtml
 

ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
祝!ブログ復活!
久々の復活、嬉しいです♪
休止中は、寂しかったよ~。

そしてグレちゃんの映画に対する愛が鼻息とともに(笑)伝わってきそうな熱い文章をありがとうございます。

本当にね、ブログを続けていくのは根気が要ります。
睡眠時間削って書いても、何になるのかなーと、ときどき空しい気持ちになることもある訳ですよ。そんな時にグレちゃんのブログを読むと、元気がもらえるというか、私も頑張らねば!(←何を?汗)と思えるのです。

そうそう私も「出エジプト記」の凄さには吃驚しました!
もっとパン・ホーチョン監督の凄さを日本に知らしめよう!特集上映とかしてくれないかなあ。

今後も、ぼちぼちでいいので映画への愛を叫び続けてね♪

神奈川の姉より
2009/11/22(Sun) 00:42 | URL  | ぐう #ex3yOCrA[ 編集]
祝復活
いきなり映画への熱い愛があふれ出て、
圧倒されております。
完全復活には、まだちょっと体調が?
あんまり無理せんでね。
そうでなくても、細っこいのに。

「イザベラ」、DVD出ちゃうんだね。
嬉しいような、DVDスルーは残念なような。
どの字幕が付いているのか、ちょっと心配です。
シネマヴェーラでやったのは新しい字幕だったんだけど、
アタシは東京国際の時の方が好きなんだ。

さあ、次は「生きて行く日々」上映キャンペーンだわ(笑)。
2009/11/22(Sun) 10:50 | URL  | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集]
ありがとうございます♪
みなさま、放置中のヘキ地BLOGへ
かわらずお運びくださいましてありがとうございます(滝涙)

決して、やめるつもりはありませんので
(これも、たまに聞かれますが、「サボってた」だけです)
まあ、ボチボチいきます。
今後もどーぞ、よろしゅうに。

で。

姉上さま、こと、ぐうさん

すいません。中華情報をまかせっきりで(汗)
コメントをいただき読み返すと
ホンマわたしのBLOG、鼻息荒いっちゅーより
暑苦しいですねえ(笑)
もうエエ、わかったから!てツッコみたくなるみたいな(汗)

>睡眠時間削って書いても、何になるのかなーと、
>ときどき空しい気持ちになることもある訳ですよ。

これは、BLOGを趣味として割り切れるかどーか、ていう
難しい問題ですよねえ(私が言うのもナンですが)

ある程度、続けていくと、無署名・無報酬であっても
なんとなく「責任」みたいなのが出てくる気がしますよね。

このままやめちゃおか、とちょびっと思わんでもなかったけど
やっぱり「好きなことを」書く
「好きなもののために」書く、って作業で
私は(勝手ながら)癒されてる部分もあると思ってやってます。

お互い、ボチボチってことで、「ムリせず楽しく♪」で
いきましょう!(はあと) (^^)/

 ★さっき、「こまちゃん」のブログパーツを貼ったら
  こまちゃんがBLOGを走ってます♪
  ああ、癒される。。。(涙目)

2009/11/22(Sun) 13:35 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
次は?
多謝。さま

本当だったら、今日は「有楽町で会いましょう♪」やったはずやのに(泣)
来年の東京国際で会いましょう!(本当か?)

>そうでなくても、細っこいのに。

誤解が多いですが、わたくし
「高脂血症」の疑い有り!ていうぐらいメタボですよ(笑)
こないだ、ひさびさに「妊婦」に間違えられました。
(年齢と共にカンチガイされなくなってきたんですけどねえ)

ま、食生活を改善し、当分は遠出を控えて健康増進につとめます。

さて。

じつは、多謝。さんのBLOGは
携帯からずーーーーとオッカケてましたが
なかなかコメントしづらくて。(携帯で打つのが面倒で)

語りたい映画もたっくさんあったけど
体調がすぐれず、「パイレーツ・ロック」を見逃したのが
めちゃ悔やまれます。
「アンヴィル」は絶対、行きますが(笑)

て。
「生きていく日々」も、キャンペーンしなくっちゃ!ですね。

アン・ホイ監督は、香港で写真を撮ったので(笑)
キャンペーンにはまたちゃんと公開して宣伝しなければ、ですね。

残念ながら「黒社会2」(DVD無理)と「文雀」(レンタルで出ちゃった)はもうあきらめるとしても
「出エジプト記」と「生きていく日々」は
今後もキャンペーンしなければ!ですね。
頑張りましょう!!!(はあと)

わたくしとしては、「マッド探偵」も押したいところですが。

天使の眼、野獣の街、もそろそろDVDで出して欲しいですねえ。
DVDっちゅーたら、マクダルもそうだけど
「881 歌えパパイヤ」
いつになったらDVDが出るんでしょうかねえ。。。
(あ、「言えない秘密」もDVDで出てないよねえ)

てなことを、これからも、忘れた頃に
このBLOGで、グチグチと展開していきたいと思います(笑)

>アタシは東京国際の時の方が好きなんだ。

イザベラは、東京国際の時の字幕がすっごく良かったですよね。
私もあの字幕が大好きです。
わたくし、あれ以来、あの字幕の担当の方の大ファンとなっております。

たぶんDVDは変わってしまってると思いますが
それでも、映画館で、日本語字幕であの名画を見られることは幸せなことです。
字幕が変わってなかったら、あのときシブヤまで行ったかも(笑)なんてね。

アツクルシイ「こ~んな」BLOGですが
また来てねん♪(はあと)
2009/11/22(Sun) 13:48 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
待ってましたよ
復活おめでとうございますっ。
まだかなまだかな~♪と学研のおばさんを待つように待っておりました。
体調…大丈夫ですか?書きたいことが山ほどあるでしょうが、疲れない程度に、ぼちぼちやって下さいね~。
 
「イザベラ」、ずうーっと気になっていましたがDVDでますか!
近所の(いまいちダメダメな)ツ○ヤにも入るかしらん。
>「欲望の翼」に迫る大傑作
こ、これは…期待しています。
 
いきなり何かが駆け抜けてってびっくりしました~。こまねこちゃん???うはは、面白い!


2009/11/23(Mon) 18:54 | URL  | オリーブ #v6O6VgHs[ 編集]
ありがとうございます♪
オリーブさん

ホンマにすっかりごぶさたで。もうしわけありません。
またボチボチやりますので、たびたびのぞきに来てくださいね♪

で、イザベラですが、やっぱり一般公開(?)はなくDVDです(悲)

販売元(上の記事のリンク先)によると、発売とレンタルが同時リリースなので、レンタルにも出ると思いますが
お近くのレンタルに出るといいですね!

ついでに、もしあったら「こまねこ」も見てみてください(笑)
http://store.tsutaya.co.jp/item/rental_dvd/167985683.html

>いきなり何かが駆け抜けてってびっくりしました~。

ブログパーツを貼ったら、予告編が見えるだけでなく
ブログをこまちゃんが走るようになってしまいました♪
走ってるところを、むりやりクリックすると、こっちを向いてくれるみたいです。ぜひぜひ(笑)

こないだ映画を見てきてから、もう私はすっかり「こまちゃん」に夢中です♪
公式サイトにいくと、壁紙とかダウンロードできるみたいなので
興味があったらぜひとも見てみてくださいまし。
(て、復活したら、いきなり宣伝モードかい~)

では、これから、遅れましたが「こまちゃん」の記事を書かねば♪
2009/11/24(Tue) 20:17 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
おかえりなさいませ♪
この秋会えなかったら心配しておりました。《伊莎貝拉》と共に復活ですね。

パンちゃんって去年TIFFに来たけど、2008年、2009年と香港で公開作がなかったんだぁと改めて気づきました。来年は《維多利亞壹號》と《談戀愛》の公開待ち。
チャップのプロデュースで麥曦茵監督で鍾欣桐の復帰作《前度》もじきにクランクインでしょうから、来年は不是兄弟がまた大活躍してくれると思いますよ。
2009/11/25(Wed) 01:15 | URL  | Kumi #JN6jISxY[ 編集]
ご復活
おめでとうございます♪
体調崩されてるのかと心配しておりましたが
大丈夫そうで(大丈夫なんですよね?)良かったです。

>むりやりクリックすると、こっちを向いてくれるみたいです
もぞもぞしながらこっち来て叫んでくれましたよ(笑

しばらく映画館から遠ざかってたのですが、
イザベラ、保持通話重なる今週くらいからが
復活時かな、とか思ってます。
(しかし、両方レイトかよ。。。)
2009/11/25(Wed) 15:51 | URL  | RIN #R2e6H8xs[ 編集]
Kumiさん

ありがとうございます~
パン監督が来ない東京国際はともかく
フィルメックスはかなり行く気まんまんだったのですが・・・。
(「意外」も見たいけど、メルヴィル特集にすっごい行きたかったので)
東京はけっきょく、去年「放逐」に行ったきり、ですね。
今年はお会いできなくて残念でした。
(まだわかりませんが・・・)

来年はパン監督に来ていただきたいけど、また渋谷のデカイ会場が使われないとなると、チケットが取れるでしょうか。。。

また「不是兄弟」のロゴを大大スクリーンで見たいですね♪
もっと「ヤムヤムブーム」がきたら、「出エジプト記」の公開も夢じゃないと思うんですが。。。
めっちゃ面白いし。

そして、阿嬌、加油!!!(滝涙)
2009/11/26(Thu) 07:50 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
保持通話
RINさん

ごぶさたしています!!!
実はBLOGを拝見して、メールしなくてわ~と
思いつつ今日まで来てしまいました。
またゆっくりお会いしたいです♪

で。いきなり
>イザベラ、保持通話重なる今週

そーなんですよ。
今週末から、イッキに、イザベラとコネクテッド
あわせて公開@京都です。
なんで、また重なるときは重なるんでしょーか。
イザベラに通うつもりなので、コネクテッドはその合い間に
行くしかありません・・・てゆっても
実は大阪で2回も見てきましたけど(笑)
(めっちゃ良かったんで)

イザベラは毎日行けたらいいなあ、と思ってるので
また来られる時には声をかけてください♪

体調はだいたいましになってきてるんですが
体だけでなく、目の調子が時々よくないので
映画やパソコンを「やや」控えています。

イザベラ、初日から、そのあとつづけて某オールナイトを見て
しまうつもりなので、ちょっと心配ですが
まあ、久々に「トライアスロン的映画三昧」してみますわ♪

2009/11/26(Thu) 08:00 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可