FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2009年01月25日 (日) | 編集 |
いろいろあって、1月は
前半はあまり映画にいけていませんが後半はいろいろ出かけております。
(しかし、感想はサボっておりますわ。。。)

放逐を別にすると、
「ラースとその彼女」「未来を写した子どもたち」が良かったです。
 
  「未来を写した子どもたち」全国順次公開中。
  http://www.mirai-kodomo.net/

   <追記>
 
   「未来を写した子どもたち」
 滋賀会館にて特別上映が決まりました
   
    1月27日(火) 夜19:00~(20:30) (当日のみ1,000円均一)
     ※春休み以降にも公開予定
    http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e207237.html

     行ける方はぜひ!!! (追記おわり)



ラース・・・は、アメリカ映画とは思えない良い映画でした(どんなホメ方や!)
たまたま昨年、「赤毛のアン」シリーズを読み返していたので
映画に「教会に行く」という場面が何度か出てくるのだけど
キリスト教の普及している地域における教会の意味、とか
田舎(失礼)における地域社会の役割、みたいなものが
なんとなくイメージできたので、余計に見てて感動したかも。
ある意味、「現代社会におけるファンタジー」のような作品でした。

ポスターの「ビアンカ」のビジュアルにはちょっとヒキますが(失礼)
アブナイ映画とかのイメージを持たず
「心があたたかくなる映画」の好きな方は行かれるとよいと思います。
http://lars-movie.com/

で。
「オリンダのリストランテ」、「アンダーカヴァー」も
まあまあ良かったかな~。
(オリンダ・・・は関西での上映は終了しました。。。)
http://argentina-movie.com/olinda/

「アンダーカヴァー」はそれなりによくできているのですが~
http://www.undercover-movie.jp/
放逐のあとで行ったり、
(たまたま)家で「鎗火」を見てから行ったり・・・てなことをすると
映画じたいを素直に楽しむことができないと思われますので
脳内?で「香港映画抜き」を1週間くらい実行してから
見にいくとよいのかもしれません(失礼)
カーチェイスとか銃撃戦とか
決してTVで見た「香港国際警察」と比べてあげないでくださいね~
 ↑ナニサマ?

  それにしても、ホアキンくん
  俳優をやめる宣言、が報道されてますが、本当なら
  めちゃめちゃもったいなさすぎです!(泣)


で。
今日(日曜)は出かけますが、
この週末はひさびさに、けっこう映画三昧。

23(金)は、放逐と「その男、ヴァンダム」@京都

 (あまりに寒かったので早めに行き
   9時半の放逐の前に上映のヴァンダムをついでに見た)

24(土)は、放逐と「バンク・ジョブ」@京都

 (京都は30日終了、とネットで出てたのでカケコミで行ったら
  チケットを買ったあとに、修正スケジュールをもらった。
  来週はナイトショーがあるぢゃん!!!)


放逐、どこぞの美人女将は「9回」行かれたそうですが
さすがに、私はそんなことはできず、
まあ、せいぜい4、5回かなぁ~なんて思ったのですが
よく考えたら(考えなくても)土曜ですでに4回目でした(おいおい!)
あと1回、てワケはないので、総合計したらたぶん6回くらいになるカモ~(汗)

  あの、真っ赤な題字(「放,逐」)が、
  ばばん!て筆文字で出てくるところ・・・
  昔の邦画っぽいなぁ~と思ったのですが
  鎗火を見直してみると、冒頭に出てくるキャストとか
  ぜんぶタテ書きの筆文字で、ホンマに往年の邦画みたい。
  いや、もしかして、邦画じゃなくて
  昔のTVドラマの影響かも。。。などと勝手に思ったりして。
  (邦画もドラマも、具体的にどれに似てるて
   タイトルをあげられないところが、知識がなくて情けないが)


で。
ヴァンダムもバンクジョブも
思いのほか(失礼)、どちらも、よくできていてなかなか興味深く見ました。

  その男、ヴァンダム http://vandamme.asmik-ace.co.jp/
  バンク・ジョブ http://www.bankjob.jp/
  
(どちらも明るく楽しい映画とは言いがたく、面白かったです~とは
 書けない。ちょっと暗い。暗い映画は好きだが♪)


あ、ネタバレになるかもだけど
3本ともに、、まったく偶然ですが「□□強奪」(←いちおう伏せ)ていう
キーワードが共通だなあ(感心)


あとの2本と比べると、やっぱり
トーさんは、あんなかっちょエエ、あるいみ「芸術」な
男のロマン映画をつくりつつも
ちゃんと「笑いありナミダあり」につくってるから
やっぱり、「天才」ていうよりは、「職人芸」
「よっ!トーさん、カッコイイ」て感じですねえ~(さらに感心)

放逐のほうが、人がめちゃ死んでるのに
「バンク・ジョブ」で、「あああ、そこで殺さんでも!(泣)」とか
いちいち泣きそうになる私って。。。(涙目)

ああ。ビバ!トーさん映画!!!
大阪アジアンで、神探や文雀、やってほしいんやけどなあ(遠い目)

 → オープニングは「チョコレート」に決まったそうです。
    それはそれで、めちゃ見たいなぁ~。
  
  大阪アジアン映画祭 http://www.oaff.jp/ 
  
↓これ読んだら気になりませんか? タイ映画「チョコレート」(笑)
http://news.livedoor.com/article/detail/3535062/

↓東北新社(配給)に出ている紹介はこちら
http://www.tfc-movie.net/movie/chocolate.html

てなわけで(?)、あとは脈絡なく
気になる映画をさらさらとメモしておきます。

チョコレートが出てきたところで(笑)

気になるおいしそう(?)映画

・キャラメル
  http://www.cetera.co.jp/caramel/

・チョコレートアンダーグラウンド
  http://www.choco-bar.jp/

・クジラ 極道の食卓
  http://www.exf.info/kujira/


そして、だいぶ先ですがこれは大注目!
(前回、ぜんぶは見られなかったので)

映画「歌舞伎役者十三代目片岡仁左衛門」
  ~稀代の上方役者が遺したメッセージ~

  3月27日(金)・28日(土)・29日(日)@春秋座(京都)  
 http://www.k-pac.org/theatre/koen/2008/sy090327/top.html
  
  トークショーが平日昼間なのが残念ですが
  前に見ていない巻(どれだ???)の土日の回は行きたいなぁ~。。。


あと、1月~2月の上映予定は、
別途、明日にでもボチボチとあげていきたいと思います~。


「落下の王国」が滋賀会館でかかっているので
ぜひとも、もういっかい見たいが、行けるだろーか。。。(遠い目)


コメント
この記事へのコメント
来場多謝!
早速のご来館ありがとうございます。
「エグザイル」後のアンソニー・ウォン繋がりをとぎらせない様に、2月は再映でジェイ・チョウとの「言えない秘密」。3月はオダギリジョーとの「プラスティック・シティ」を京都みなみ会館で組みました。続いてですがよろしくです。
2009/01/26(Mon) 02:30 | URL  | エス #-[ 編集]
おおお!
エスさま

歓迎光臨!
大ニュースのコメントありがとうございます!

>2月は再映でジェイ・チョウとの「言えない秘密」
>3月はオダギリジョーとの「プラスティック・シティ」を
>京都みなみ会館で組みました。

なんという素晴らしい企画でしょう!!!
「言えない秘密」も3回ぐらい見てますが(おいおい!)
ぜひまた拝見させていただきます。

「プラスティック・シティ」は、東京で3月だから
関西は夏ごろかなあ、と勝手に思っていたので、ひじょうに嬉しいです。
(他で上映の「悲夢」とも合わせて見られるかもですね~)

またこちらで宣伝をさせていただきます。
ありがとうございます。

あ、ていうか、「ご縁玉」とか「消えたフェルメールを探して」も
いつのまにか上映予定に入っているではありませんか♪
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2009/cs09.html

そして、「未来を写した子どもたち」の特別上映も
本文記事に書き足しておきました。

みなさん、ぜひ行きましょう!!!
http://www.rcsmovie.co.jp/

もう、京都みなみ会館さんには足を向けて寝られません。。。
2009/01/26(Mon) 06:29 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可