FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2004年05月17日 (月) | 編集 |
謎解き フェルメール 謎解き フェルメール (小林 頼子 朽木 ゆり子)

この春、話題の映画も日本公開され脚光を浴びているフェルメール。現存する作品が稀少なことからも人気の高い彼の生涯と作品を非常に興味ぶかく紹介されているオススメ本。


やっとこの土日で、本格的に観光へ行くことができた。目当てはダブリンの美術館・博物館など。

アイルランド国立美術館(ナショナルギャラリー)
この美術館には、世界に30枚ほどしか現存しないといわれている、あのフェルメールの作品が1枚ある! ということを、フェルメール巡礼中のくせに、私は何気なく持ってきたこの本を読んで知りました。意外~!
というわけで、行ってきました。アイルランド絵画だけでなく、フランスやオランダの絵もいろいろ揃っていて、全体もなかなか楽しめました。無料だし。
 フェルメールの絵だけ、なぜか名札がなかったのですが、それでも、けっこう この絵だけ を見にきた感じの人も見かけました(私も・・・)
目的の絵は、写真で知ってはいたのですが、他のフェルメール作品よりは、ちょっと構図や色の雰囲気が弱い気がします。名札もなかったし、知らない人は通りすぎてしまうかも。。。
 これで、来月ロンドンに行けば、私はフェルメール巡礼4美術館を達成!(先は長い・・・)

ダブリン・作家博物館(ライターズミュージアム)
ジョイスやバーナード・ショー、オスカー・ワイルドなど、アイルランドにちなんだ作家の資料が展示されている博物館。かなりこじんまりしていますが、建物じたいが古い建築で、天井や階段などちょっといい感じ。(といっても隣の教会のほうがゴージャスだけど)日曜に行ったのでカフェは閉まってました。
近年、小泉八雲の展示も追加された、というので期待していたのですが、・・・八雲、肖像画がかけてあるだけやん (^^); 売店でも八雲の本は売ってないし、ちょっとかわいそう・・・。
入り口でオーディオセットを貸してもらい、聞きながら展示を回るのですが、日本語バージョンの日本語をしゃべる女性のアクセントが変! イントネーションなどだけでなく、明らかに間違ったカタカナ(ジェイムス・ジェイスとか)もしゃべってるし、なかなか笑わしてもらいました。

アイルランド国立博物館
いろんな古代からの品々が揃っている。・・・こういう先史時代のものとか、歴史的な武具とか、ヨーロッパのものって、けっこう、どこのものも似ているのかも、って今きづいた。
ここも、それほど広くなく、のんびり見ても疲れない。映画が上映されていて、何となく聞き取れる取れるのでちょっとうれしかった。(ゆっくりしたナレーションだったからだろう)

バーナード・ショーの生家
中心街から歩いて1時間くらいだったので、エンエンと歩いていったけど、閉まってた。
次回にチャレンジ!!!

・・・まだまだ行きたい所だらけだけれど、あまり余裕がないので行けないかも(涙)

 〔現地時間:水曜午後5時半頃 記〕

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 こんにちは。日夜、お土産発掘に余念のないスーベニアハンター・ブログです。 ハロウィン、あっという間に過ぎてしまいましたね。日本のハロウィンはイベントなどで盛り上がったでしょうか? こちらアイルランドでは仮装をした子供をたくさん見かけました。テンプルバー
2005/11/04(Fri) 00:14:38 |  Eire Blog - アイルランド生活ブログ -