FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2008年08月18日 (月) | 編集 |
(あら、ウチはアホのよーにカテゴリがあるのに
  「TV」も「アニメ」も作ってないのか? 信じられん・・・)


さいきん、気づいたのだが、関西地方(京都テレビ)では
月曜の朝に、超名作・感動アニメ 「赤毛のアン」 を放送中。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/
 ありがたい話である。。。

先月くらいに気づいて狂喜乱舞。
毎週、タイマー録画しては(できるだけ)月曜の夜に見るのが
習慣となっていて今の私のしあわせなひとときでなのでした。
  (私の幸せは超カンタン♪)

もっと早くから知っていればよかったが、
すでにもう20話(約半分)まできていて、今週は
"アンがグリーンゲイブルズへきて1年たった"という設定。

「今日はとくべつな日なので、マリラのために何かしたいの」という
アンのせりふ(にこめられた気持ち)の、なんと美しいことか・・・。
ところどころ、1年前の回想場面が入るのだけど、
女の子が1年で成長しているのを、これほどきちんと描いた
アニメがほかにあろうか!?(泣)

  *このあとの後半は、どんどん成長していくので
    ちょっとさみしくもあるのだけど。
    放映当時は、その成長の早さにびっくりしました(汗)


アホな私は
ついつい2回も見て、オンオン泣いてしまいましたよ~。
(その前に飲み会から帰ってきてちょっと気分が上下してたのもあるけど)

  (深夜まで見てたので、この日記は月曜の日付にしてますが
   もちろん火曜になってから書いております・・・・)
   

去年の今日は何の日なのか、
自分は、アンに言われるまでぜんぜん覚えてなかったくせに
「あら兄さん、覚えてなかったんですか!(笑)」と
マシューにさらりと言ってしまう、マリラの可愛ええこと♪(爆)


  このあと(だいぶ先やけど)、マシューがどうなってしまうか 
  知っている私は・・・マシューが一言いうたびに、すでに
  たびたび涙目です。何やってんだか!(汗)


火曜の夜は、とっても「のわーる」な映画にいく予定なので
今のうちに、おもいっきし、「アン」について書いておきます~(笑)

今年は100年記念のため、展覧会とかいろいろな行事もあり
とっても楽しみなわたくしであります。

 http://www.anne100th.com/

  ↑大阪は9月です! (^^)/


 アニメのアンについてはこちら → Wiki

  登録等が必要なようですが、
   こちら↓では11話まで無料で見ることができます♪
   http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_akagenoann.html?bgf=C180_PG_TX&bgt=PI300657



以下はちょっと
まにあっく(?)なお話になります♪




この物語は、
少女の時にはアンに入り込んで読んで幸せだったし
再読すればするほど、当時のカナダ(西洋)の文化が新鮮で楽しく
(今では珍しくないけど、アニメが放映された頃の日本には
 メイプルシロップやパッチワークなんてものは普及してなかった、と思う)
そして、大人になって読むと、マリラの善良さ、あたたかさ
マシュウやリンド夫人その他の方々の素晴らしさを
深く感じられる・・・。 なんてエエ本なんや!!!(泣)
つまり、作者の人間観察力と描写力が本当に素晴らしいのです。

 ・・・ていまさら、私が書くまでもないが(笑)

アンは、個性的でぶっとんだ女の子に描いてあるし
その個性が素晴らしくもあるのだけど
きちんと物語を読むと、善良でしっかりしていて
何より、うつくしい心を持った子なんである、てことに
再読するたびに深く感動します。

表面だけ読むと、
おっちょこちょいでカンシャク持ちな私は
「アンは私!」とか思うのですが(なんでやねん!?)
めちゃめちゃほど遠い、ステキな女性なんですねえ。。。


シリーズは本当は10冊あり
(アニメや名作絵本で紹介されているのはその1冊目だけ)
アンの学生生活の青春の日々や、結婚して子供を生み育てる話
どれも本当にステキ♪(はあと)

いろいろと好きな話はつきないけど、
(アンってほんまに、エエ子ぉなんやなあ)と思わせる話の中で
亡くなった両親の家をたずねていくエピソードがとっても好きです。

そして、(いまごろすみませんが)、8月の終戦を思うとき
考えることはたくさんあるのだけど
アンの息子で戦場へ行ってしまったウォルターの手紙のことを
ときどき考えます。
小学校のときの先生が、
「アンで一番いいのは『虹の谷』
 大人になったら虹の谷の、ウォルターの話をぜったい読みなさい」と
言っておられた意味が今はすごくよくわかります。

アンのシリーズを1巻だけ、または途中でやめている方は
ぜひとも虹の谷までたどりついて(笑)
ウォルターのところを読んでくださいね。。。(ヨヨと泣く)

アンは家庭に入ってお母さんしてるので
物語にだんだん出てこなくなり、ちょっとつまんないですが
その末娘のリラが、また面白い子で
私は彼女もとっても好きです。


名作劇場がつづいてたら
リラのお話もやってくれたらよかったのにい~(笑)


  *若草物語も、よく知られてるのが最初の1巻ですが
    3巻と4巻の、ジョーが学校をつくるお話は
    名作劇場で放映されました。


毎週、録画を見て楽しんでいたわたくしですが
今週末はアン(下記)が我が家に来てくれる予定になっているので
 (支払い、どうしよおおお (T_T) )
来週から録画はしないかも(微笑)

赤毛のアン DVDメモリアルボックス

   しあさって発売です♪♪♪(はあと)

TVとは関係なく、最初から1話づつ毎週エンドレスに見ようかな(笑)

・・・てロクテーキを早く見なければ。(薔薇もあるしなぁ~)



ちかぢか、香港旅行のまとめとか、書きたいんですが
どーなることやら。


あ、ちなみに、「去年の今日」わたしは何をしていたか
このBLOGを見たらわかるんで、(わくわく~♪)と調べてみたら

 ・・・デビッド・リンチの映画に行って寝ていたよーだ。

BLOGをやめてまえ!と思うのはこんなとき。。。(うそうそ)


てなわけで、オチがついたので、このへんで(逃)


やっぱりめちゃ大好き♪♪♪






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可