猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月17日 (木) | 編集 |
「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

ひきつづき、外国映画部門、です♪
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=2

中華にまとめたかったけど、
公開本数から、ちょっと無理だったかなあ。。。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「不能説的秘密 Secret」(台湾/日本未公開)     6点
  「出エジプト記」(香港/東京国際映画祭にて上映)   5点
  「ブレードランナー ファイナルカット」            5点 
  「遠い道のり」(台湾/東京国際映画祭にて上映)     4点
  「私の胸の思い出」             3点
  「呉清源 ~極みの棋譜」           2点
  「クレイジー・ストーン」(中国/「中国映画の全貌2007」にて上映) 2点
  「パンズ・ラビリンス」              2点
  「あるいは、裏切りという名の犬」       1点

【コメント】
こちらも配点が難しい。
印象に残った映画を上からあげていき、まとめました

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [周杰倫(ジェイ・チョウ] (「不能説的秘密」)
【コメント】
  香港で見たのですが、とても素敵な映画でした。
  音楽も素晴らしいので音楽賞とダブルです。
  日本での一般公開を強く望みます!!!
  (ジェイはきっと、カドカワ映画が好きだと思うわ~(^^;)) 

【主演男優賞】
   [梁朝偉(トニー・レオン)] (「傷だらけの男たち」(傷城))
【コメント】
  最初にみたのは2006年年末@香港ですが
  日本公開時にもみたので2007年で評価したい。
  やっぱし、すごいです。(香港で見たときのほうが感動したけど)
  あの眼鏡姿にやられましたので、入れないわけにはいきません。

  ※次点は、呉清源の張震(チャン・チェン)くん♪

【主演女優賞】
   [桂綸[金美](グイ・ルンメイ)] (「不能説的秘密」「遠い道のり」)
【コメント】
  ひさびさにみたルンメイちゃん。
  相変わらずかわいい、というより、可愛さパワーアップ!!!
  不能説的、では、ジェイ監督が、ムリヤリ高校生役をさせるだけあって
  魅力全開です。
  どちらも、日本公開を祈って主演女優賞にさせていただきます♪
  
   ※次点というか同点にしたいのは、
    「私の胸の思い出」(天生一對)の楊千[女華](ミリアム・ヨン)
     やっと彼女らしい香港映画が日本公開されたのを記念して。

   ※次点は西洋では、ダントツで「クィーン」のヘレン・ミレン
    映画で必要なのは、演技力に加えて「品」というか「たたずまい」というか。
    そういう空気を持つ、素晴らしい女優さんです。    

【助演男優賞】
   [謝霆鋒(ニコラス・ツェー)] (「かちこみ・ドラゴン・タイガー・ゲート」)
【コメント】
  龍虎門(原題)は香港でみたときからわりと好きなので、
  どこかに賞を入れるとすると主演のど兄さんかニコちゃん、てことで、彼に♪
  (2007年は「男兒本色」も香港でみたのでそれも含めて)
  2008年日本公開と噂の「男兒本色」は、ちゃんとした邦題にしてください!

  ※次点は、「不能説的秘密」の、おやぢ、こと黄秋生(アンソニー・ウォン) 
   
【助演女優賞】
   [楊淇(ケイト・ヤン)] (「花蓮の夏」(盛夏光年)
【コメント】
   助演でいいのか、難しいところですが。
   「花蓮の夏」も良い映画だったけど、私の好みじゃないのと終り方が
   私には納得いかなかったからベストにあげなかった。
   でも、3人のうち、誰か、といわれたら、私は彼女を推したい♪
   (いちばん、ストーリーの中で、役の中の人、として生きてた気がした)

【新人賞】
   [イヴァナ・バケロ] (「パンズ・ラビリンス」)
【コメント】
  日本映画はそよちゃん(夏帆嬢)に入れてしまったので、
  こっちはオフェリア嬢で。

   ※「ミルコのひかり」の男の子と、めっちゃ迷いました。
 
【音楽賞】
  「不能説的秘密」
【コメント】
  監督の才能にホレボレします。
  サントラだけでなく、楽譜まで買ってしまいました。

20070802175222
(右が「不能説的・・・」のポスター。左は「男兒本色」)

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [最低の邦題で賞] (「かちこみ・ドラゴン・タイガー・ゲート」)
   [素晴らしい邦題で賞] (「あるいは、裏切りという名の犬」)

【コメント】
  近年はいろいろ、中華映画の公開では、イライラしたりがっかりしたり・・・
  その中で、もう、日本の映画関係の人って、どうなの!?と
  決定的に思ったのがこの「かちこみ」事件。
  ふきかえ版重視の公開から、香港キャスト無視のプロモーションなど
  ひどい邦題なだけでなく、映画に対する「愛」も「リスペクト」も全く感じられず
  その宣伝方法に呆れたり悲しくなったりした。
  あの怒りを忘れないために賞とはしたくないけど、記事に残します(怒)

 まったく逆に、「すごい!!!」とうならされたのが、
 「あるいは、裏切りという名の犬」
 映画の深いノワール加減と渋いオジサマがたにもグッときた。素敵(倒)
 
 今年、いちばん魅かれた題名。


 このタイトルとポスター、とても素通りはできません。。。

 中華映画もこれくらい、「かっちょエエ」邦題をつけていただきたい!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

以上、恥ずかしくもギリギリの投稿ですが
なんとか、こんな感じで・・・。

ちなみに、2007年にスクリーンでみた作品は
新旧・東西 あわせて、161本(たぶん)

170いっていませんが、DVDをいれたら170くらいと思います。

来年は、やっぱし

「香港電影、加油!!!」

2008年は、すでに、10本くらい映画を見てる気がしなくもないけど(汗)
また、いろんな感動に出会いたいです♪


[追記]

 やっぱし、わたくしの投票が、
 ベベタ(関西弁で最下位・最後尾の意)のよーです。

 来年は、シッカリ考え、早めに投票したいと思います(泣)
  みなさまもぜひ!!!

 そして、いちおうイイワケ。
 2007年の映画と分類すべきかもしれないですが
 「ONCE ダブリンの街角で」と「ペルセポリス」は1月に関西で上映されてから
 観たので2008年に入れたいと思います。
 12月に観た「いのちの食べ方」も、もういっかいぐらい観たいので併せて
 2008年にカウント予定。

 「四大天王」と「父子」もすっごく入れたかったけど
 2007年、というくくりには、厳しいか?と思ったので外しました。
 それ以上に、正式に日本公開されてからカウントしたいという願いもコミで(祈)

 ひとり1記事の投票なので
 本当は、中華(アジア)映画と西洋(欧米)映画を
 分けて書きたいところですが、泣く泣くミックスです。
 中華の分だけ、ってのは、また別に日記に書いていこうかと思います。。。


あ、読み返すと、
けっこう、中華(香港)に冷たい投票結果になってしまったかも・・・。

とにかく、来年は、たくさん「日本公開」をしていただきたいですわ~(泣)

コメント
この記事へのコメント
公約
実行、ありがとうございます!!
しかし、最高得点とはっ!(驚!)
しかも、三冠とはっっ!!(超驚!!)

楽譜買っちゃうの、わかります。
だけど~、ぼくにーはピアノがない~・・・です。(涙)

「ぴあ」の紹介欄、「不能的秘密」になってました。
「話」抜けてる・・・(涙)
2008/01/18(Fri) 19:55 | URL  | RIN #R2e6H8xs[ 編集]
えへ♪
コメントが遅れましてすみません(汗)

>しかし、最高得点とはっ!(驚!)

そんなに驚かなくても~(笑)
たしかに、もっとエエ映画もあった気がしますが
ここで得点をかせいでおかないと、
日本公開に結びつかないという思惑もあり
ボーナス点!て感じですかね。

日本公開、ワタシも応援します!!!

アジアに絞らなければ、
この得点表でいうと「2点」とか「1点」のレベルの作品は
たーーーーくさんありました。
(どうしても題名が思い出せず締め切りに追われて
 なくなく外した映画もいろいろあります。
 「輝ける女たち」(仏)とか。アホや~。。。)

>「話」抜けてる・・・(涙)

気づかなかった。。。
それじゃ、なんか「あぶないオヤヂ」のお話みたい(^^;)

それより、出演作品で紹介されてた
「HIDDEN TRACK」て
日本でDVDが出ている「ジェイ・チョウを探して」では
ないのか???(-"-;) (ちゃんと紹介しろよ!)と
ムッとしてました。
でも「ぴあ」豪華なインタビューでしたね。
とりあげてくださったことに感謝です。

今年こそ、加油!台湾!加油、香港!!!
2008/01/20(Sun) 12:18 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/09(Sat) 09:08 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。