猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月17日 (木) | 編集 |
今年こそ、ちゃんとこの大賞へ応募したいと思います♪

 残念ながら、ギリギリになってしまい、
 広く、投票を呼びかけられず、すみません。
 みなさま、来年は一緒に、ガンガン投票いたしましょう!!!

「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

まずは日本映画部門
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=1

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)

  「夕凪の街、桜の国」         6点
  「鉄コン筋クリート」          5点
  「アヒルと鴨のコインロッカー」    5点
  「キサラギ」               4点
  「オリヲン座からの招待状」      3点
  「天然コケッコー」            3点
  「それでも僕はやってない」       3点
  「THE 焼肉ムービー プルコギ」    1点

【コメント】
点数をつけるのがすごく難しかった。
「作品の完成度」とかまとまり、みたいな、1本全体を通しての印象から
洗練度?の高い作品を10本選んで上から配点していき
8本に絞りました。
まとまり、といいつつも、1位は、これっきゃない、て感じ。
2位から4位までは、「見ながらド肝を抜かしてくれた」作品となりました。
「キサラギ」は昨日また再映を見てきたのですが
やっぱし、5点にいかないマイナスポイントがあるのが残念。
(それは別に書きたいと思う・・・)
プルコギは、ベスト10か?というとちょっとアヤシイけど
2007年は、笑いありナミダありの無茶な作品を
私が他にあまり見なかったのと、田村さんの追悼ということで。
次点は、ありすぎて書けません・・・。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [山下敦弘]  (「天然コケッコー」)
【コメント】
   あのイナカの小学校の空気感!
   まんがを映画にするというのは、スクリーンでこういう
   うつくしい風景を見ることができるところに意義がある♪(はあと) 

   これと、松ヶ根、両方を撮ってしまう、というところもスゴイです(尊敬)

【主演男優賞】
   [加瀬亮]  (「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】
   ソレ僕も良かったけど、やっぱし、オリヲン座!!!
   素敵なラブストーリーでした。
   あれだけ熱演されたら、関西弁がやや難アリなのも許す!(笑)

【主演女優賞】
   [麻生久美子]  (「夕凪の街、桜の国」)
【コメント】
   本当は、麗奈ちゃんとダブル主演受賞としたいところ。
   自然なのに品があって・・・あの演技に、まさしく滝のように泣きました。
   ハーフェズもあるので、2008年も麻生さんの年のような気がします。

【助演男優賞】
   [瑛太] (「アヒルと鴨のコインロッカー」)
【コメント】
   主演とするのが正しいのか?
   出演作はいろいろ見てたと思うけど、
   初めて「この子はすごい!」と思ったのがこの作品。
   できればもう一回みたいと思いつつ、まだ見ていません。
   回数を見れば更に彼を評価すると思う、そんな作品であり、演技でした。

【助演女優賞】
   [宮崎あおい] (「サッド・ヴァケイション」)
【コメント】
   そんなに出番が多いわけではないのに、あの自然かつ深い存在感。
   ちょっと出てきただけなのに、あの「こずえ」が、あれから大きくなって
   そして、そこにいる!というのが分かる。すごい女優さんです。。。

【新人賞】
   [夏帆] (「天然コケッコー」)
【コメント】
   2007年は他にいないでしょう(^^;)

【音楽賞】
  「鉄コン筋クリート」
【コメント】
   パンクな未来都市かつ無国籍な世界観を表現した
   強すぎず、しかしあの画面にも負けてないすごい良い音楽だったと思う
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [勝手に、「そんなに好きなんですか?」賞] (「市川崑物語」)
【コメント】
   岩井映画とは言われてもわからないくらい、
   市川崑LOVE映画というか、すごい「愛愛愛尊敬!!!」みたいな
   映画だった。
   ああいう作り方で、いろんな監督をいろんな人に撮ってもらえたら
   楽しいかも。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

以上です。

いちおう、2007年の1月1日から12月31日までに
日本映画は、新作・旧作あわせて40本(たぶん)を拝見いたしました。
(この投票をさせていただくには、見た本数がちょっと少ないかな?)


まだまだ、書きたいことは一杯ですが
時間の都合上、ここまで(泣)

来年は、シッカリ考えて、ちゃんと丁寧にコメントをつけたいと思います!
(と、いちおうは書いておこう。。。。。ヘ(。>_)ノ )


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。