FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2004年12月04日 (土) | 編集 |
この秋、奈良へ モネに 逢いに行く。


たぶん明日で内容かわると思いますが
奈良県立美術館 http://www.mahoroba.ne.jp/~museum/infoj.html

平日の空いてそうな時間にいったけど、わりと人がきていたかも。
近くの公園で少しだけ紅葉を満喫。

奈良での展示はもう終わりですね。。。
友達と約束してたのですが、キャンセルになり
大阪行く前に寄り道して、この日ぎりぎりで行ってきてたまげました。

す、すごい展覧会。
ふつー、関西で、モネの○○とかいう絵画展に行くと
ここだけの話?モネの絵は2~3点で、あとは同時代のふらんす絵画だったりすることが多い気がして。
この展覧会にもそんなイメージがあった(汗)

 し、しかし、

 ぜ~んぶモネ

ふとっぱら也。
五十余点を展示されてました(会期途中で作品入れ替えもあったらしい)

写真だったけど、デカイ絵もきてて、それにも感動しました。
あー。またふらんすに見に行きたいな~(涙) ←無理無理(ー"ー);
monet きていた絵。良かった~!


ぱりぃ~♪のオランジュリー美術館にある「モネのお部屋」(と勝手に呼んでいる)は知らずに若い頃に見てびっくりしました。

 一歩、足をふみいれると、一面の睡蓮が。
 す、すごい~(汗)

もういっかい、それが見たくて、パリに行ったのは何年前かな?
(27で、最初に転職しよーと思って仕事を辞めたときだった・・・)

知らない方のために細かくは書かないでおきますが
感激して帰ってきて、何年か後、ふと、その絵を描いたモネの年齢その他の状況を聞いて余計にびっくり。

  芸術とは天才が運よく簡単に生み出すのではなく
  果てしない努力と忍耐の果てにあるのね(涙)


あのお部屋を見ずして、モネを語ること勿れ~♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック