FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月15日 (月) | 編集 |
やはり素通りできないので、お知らせです。

幻の映画、とまで言われかかっていた
「ひなぎく」 ついつい、ご紹介が遅れましたが
DVDが9月下旬に再発売されただけでなく、
こんど京都みなみ会館で特別上映があります♪


ひなぎく SEDMIKRASKY
 1966年/チェコ・スロヴァキア/75分
 チェスキー・ケー
 監督・脚本・原案:ヴェラ・ヒティロヴァー
 脚本:エステル・クルンバホヴァー
 出演:イヴァナ・カルバノヴァー
     イトカ・ツェルホヴァー

  同時上映
  Aプログラム
  『情熱』 イジー・トルンカ/1961年/9分
  『エトセトラ』 ヤン・シュヴァンクマイエル/1966年/7分
  Bプログラム
  『二つの毛糸玉』 ティールロヴァー/1962年/8分
  『ぼくらと遊ぼう!おかゆの話』 ポヤル/2000年/12分

  10月23日(火)から4日間限定レイトショー

  10/23(火)・24(水)
   *Aプログラムを同時上映 21:30(~23:05)

  (10/25(木)~27(土) 休映)

  10/28(日)・29(月)
  *Bプログラムを同時上映 20:10(~21:45)

  当日のみ 一般\1,200 学生\1,000
  *23日はウィークデー初日サービスで\1,000均一

究極無敵の60年代ポップ・カルチャー。
岡崎京子、野宮真貴、カヒミ・カリィらも絶賛の60年代女の子映画の決定版がリヴァイバル上映。見た目とは裏腹の強烈な毒にご注意を。
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2007/hina/1023.html


 ※今日15日までは神戸アートヴィレッジセンターでも上映
  http://kavc.or.jp/cinema/ (レイトのみ)

再発売元のダゲレオによる紹介ページ
http://www.imageforum.co.jp/hinagiku/

なぜかア○ゾンには入荷されてないので
DVDの詳細はHMV等でお確かめください。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2605939

権利切れで「幻」となってたため
旧版のDVDはオークションでは1万円を軽く超えてたよーですが
いまだにその値段で出てます(汗)

 ★新版が発売になったので、欲しい方はだまされないよーに(^^;)


昨年4月に京都の「日本最終上映」というのに行かせていただいたが
また上映権等をとられたのはひじょうに嬉しいことです。

見てしまうと、
「かわいい女の子が織り成すドラマがあるよーなないよーな騒がしい映画」
 ・・・て気もするけど、やっぱりまた行くつもり♪


 ※よく「ポップな映画」とか紹介されてますけど
  白黒になったりカラーになったりするとことか
  急展開なストーリー(ていうかスジがない!?)とか
  わたくしには「前衛な映画」て気がしますが・・・(^^;)
  (ダメな人にはぜんぜんダメだと思います)

東京・大阪での上映はもう終わってしまいました。
(ご紹介が遅れましたことをお詫びします。。。。。ヘ(。>_)ノ)

 関係あるんだかないんだか何ともいえませんが
 「パンズ・ラビリンス」を見てしまったので
 「なんとなくキモチわるいファンタジー」に逆に触れたくなり
 意味もなく岡崎さんの「へルター・スケルター」を読み返してしまいました。
 (ファンタジーかどうかはこの際おいといて・・・)

 岡崎さんの作品や過去のコメント(「ひなぎく」の紹介文も)を見ると
 とてもフクザツな気持ちになります。

 ファンとしては
 ヘルタースケルターの続きが読みたいのも確かだけど
 健やかで幸せな時間を過ごしていかれることを願うのみ(T_T)

  心身の快復を心からお祈りします。 


ヘルタースケルター

そして
やっぱし、この作品はすごいよ~(泣)





・・・
(そして今日こそ
 買って放置してある「おバカ映画」を少しでも消化しよう)

コメント
この記事へのコメント
いつの日か
「へルター・スケルター」、こゆーーい漫画ですよね。
好きとか嫌いとかいう前に、記憶にこびりつく漫画です。
岡崎さんのはみんなそんな感じ。一度読んだだけでも忘れられない、すごいインパクト。
そして少し経つとまた読みたくなっちゃう。
回復されたら「くちびるから散弾銃」みたいなのもまた描いてほしいです。
2007/10/17(Wed) 23:50 | URL  | オリーブ #-[ 編集]
こゆーーーい!
オリーブさん

そうなんですよ。
後期?の作品は「こゆーーい」感じ、としか表現しようがない。
「ヘルタースケルター」は特に、完結してないので、「続きは~???(T_T)」と身もだえしたいくらい気になる(泣)

私も「くちびるから散弾銃」とか「東京ガールズブラボー」みたいな、カワイいオンナノコの青春もの(?)ぽいのも好きです。
タイトルがすぐに出てこないけど、お母さんと娘2人のお話で、お母さんが競馬評論家。「ブライアン・フェリーおじさん(あだ名)」て人が出てくる話も好き。
あああ。また読みたい。。。

(オリーブさんは、試験が終わってからお読みになってね♪)

かんけーないが、ふらんす映画の「うたかたの日々」また見たいなあ。。。

 ※おバカ映画が見たい!とか書いておきながら
   デビッドリンチの「エレファント・マン」が月曜まで
   だったのを思い出し、けっきょく見てきて
   また暗ーい気分になってきた。
   「おバカ」なのは私だ!(汗)(映画は良かったけど♪)
2007/10/18(Thu) 06:35 | URL  | grace (管理人) #5zcN.rTA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。