FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2006年11月05日 (日) | 編集 |
わたくし的映画祭2日目・メイン映画祭の1日目。
昨日(4日)の鑑賞作品は
「Mr.BOO!愛憎バトル(仮題)」&「デザート(仮題)」
合間に
《大阪アジアン映画祭連携イベント》と銘打たれた
「バグ・ミー・テンダー
  ~恋と友情の物語」も見ました♪

(この3本みたのは私だけか?)

公式スケジュールはこちら
http://www.oaff.jp/schedule/index.html

※おもな香港関連映画の日程は
 11/2の記事にまとめておりますのでご参考に♪

  私信)5日は「玉観音」(愛されてた記憶)に行きます(洋服で)


朝イチのMrBOOにはぎりぎりに到着。
思ったより人が多く、また明るく楽しい展開に大笑い。
王家衛作品に陶酔して日本全国(?)の映画館を
オッカケて見て泣くよーな人もいるけど(誰や(^^;))
やっぱり「香港映画」の王道はこういう楽しい映画にあるのかも(爆)
 くわしくは後で。

けっきょく、バグミーテンダーは九条のヌーヴォーだから
早朝から整理券をもらいに並んでいては、
Mr.BOO(中ノ島)のスタート間に合わないことが判明!
(ヌーヴォーは本当に朝10時ぴったりしか
 シャッターを開けてもらえないことを先日学習したから)
リサイタルの映画の終了後、ダッシュで九条へ行って
整理券をもらったら、20番台でした・・・。
ほっとする反面、(に、人気ないのか?(^^;))と
ちょっとドキドキしました。
けっきょく、上映時には6割か7割くらいの入り?

 リサイタルと九条を往復する人も少数でしょうが
 東京で「イザベラ」を見てきて大阪で「虫不知」も
 見ちゃう人は更に少数かも。
 て、いるのか?他に???(爆)

そして、超期待大、
ずっと見られる日を待ってた「デザート(仮題)」
映画も良かったけど、
私はDVDの前半しか見てないので、
フェイちゃんの「我願意」がかかると知らず
歌がかかるところで涙ぽろぽろでした。
さいしょ、ギターだけ(?)歌詞なしで流れてきて
「おしゃれ~♪」と思うのだが
途中から歌が入って、で、それが大きな音に
かわっていくわけです。(これは書いてもいいよね?)
あああ!感動。

奇しくも、昨日の2046、今日の後備甜心と、
grace的には「フェイちゃん映画祭」となりました。


個々の映画の感想は別に書きますが
以下、簡単なまとめ。
ネタバレはたぶんナシですが、自分で映画みたい方は
読まないほうがいいかも(笑)

 ※※疲労もあってか、
   「虫不知」は途中で若干、意識が飛んでいます。
   それも、阿Saの出てきたところで寝てしまった模様。
   ちょびっと残念です~(汗)
   でもDVD買うほどではない気がするなぁ(^^;)

あ!!!
そうそう。虫不知のあと、映画シンポジウムがあって
リサイタルに戻る私は遠慮して地下鉄へ向かったのですが
そこで、大森監督に会いました!!!(ちらっと見ただけ)

今おもえば、握手とかしてもらったよかった・・・。
やはり、これはこないだから
予約したいけどお金がなくて迷ってるDVD
(思い切って買っちゃえ~♪)という神の声だろーか。。。
 ↑違うからっ!(苦笑)



↓では、感想概略です 
別途、細かく書いていきたいですが、とり急ぎ簡単に。
 といいつつ、3作イッキに書いたので長くてすいません。

「Mr.BOO!愛憎バトル(仮題)」(煎醸参寶)
http://hk.movies.yahoo.com/040705/28/11wg2.html/

実はMr.BOOをスクリーンで見るのは初めて!(「神算」はDVDで見た)
ドタバタなんだけど、すごい笑わせるし、コメディの王道。こんなん香港で見てみたい。
今回の許冠文は「13年も新作がない武侠作家」(この設定だけでも笑える!)とその一人娘(ミリアムちゃん)の超ドタバタなお話。
愛憎バトルていうより、「花嫁のパパ~武侠作家篇~」て中身です
らうちんはミリアムの勤める会社の社長で、超プレイボーイ。モテモテの社長をサラっと演じていてまた、なかなか、かっちょいいのでびっくり。何もかもがコメディ的で、ホンマに「映画のよう」に面白い。
電話1本で、社長の「彼女たち」がバスで駆けつけてきてゾロゾロ降りてきたり(爆)そしてミリアムちゃんが家に帰ってくると勝手にみんなでパーティーをしているのだ(苦笑)
作家の秘書として(でも住み込みでお料理なんかもする)、香港映画に欠かせないあの人(許紹雄さん)も出てます。
主題歌がミリアムちゃんで(知らなかった)劇中でPVのよーに流れるところなんかはホンマに香港ちっく。
「武侠ランド」!なんてものが出てくるのですが(そのまんま、アトラクションや武侠のショーとかがある)、めっちゃ笑いました。
武侠ネタのところは、むこうの人が見たら元が分かってもっと楽しいんやろうなあ~。
ちょびっとだけ葉山豪くんもご出演です。

 ※注:後日「Mr.BOO!花嫁の父」として
 日本版が発売されました♪
(上で書いた「花嫁のパパ」て惜しかった!)

   Mr.BOO!花嫁の父 [DVD] Mr.BOO!花嫁の父 [DVD]


「バグ・ミー・テンダー ~恋と友情の物語」
 (原題:虫不知 Bug Me Not!) http://bugmenot.emp.hk/
http://hk.movies.yahoo.com/050704/28/1e6wx.html

話題(?)の梁洛施(イザベラ・リョン)ちゃんと、日本で映画がガンガン公開されているボーリンくんのラブコメ。
ラブコメとゆっても、ちょっと香港では珍しく、CGアニメ(だよね?)との合成で、「虫とお話できてしまう」イザベラちゃんと、虫さんのやりとりとか、ちょっと画面が面白いです。
でも、「大量の虫が襲ってくる」CGとか、虫はカワイく描いてはいるものの、虫がだめな人にはツライかも。
grace的なツボは、街角で売り子をしているボーリンくんが宣伝販売をしている「ヘンな商品」(爆)電車で座って寝ていても隣の人にもたれかからない吸盤つきヘルメットとか、なんかワケがわからん(笑)
TWINSが、ちろっと出てくるだけと思いきや、けっこうジリアンは出番が多かったみたい♪
実はシャーリーンが出てきたところで寝てしまったので、彼女(役名は莎莎子ササコ)の役回りがよくわからんかった・・・(悲)
ジリアンは不思議キャラで良かったです(笑)
イザベラちゃん、すっごいキュートだけど、やっぱり影のある演技とかもっとやってほしい。
今まで香港にいなかった女優さんに成長する可能性のある人だと思います。復帰を望む!
(勝手なつぶやき)ボーリンくん、映画に出すぎやけど、大丈夫かなぁ~(^^;)
イザベラちゃんの母を盧巧音(キャンディ・ロー)がやってます♪
冒頭の子ども時代のお母さんぶりが可愛いかった。
(さすがに、女子高生になったイザベラの母役はツラそうだったです(^^;))

※注:後日、日本版が発売されました♪
   バグ・ミー・テンダー~恋と友情の物語~ [DVD] バグ・ミー・テンダー ~恋と友情の物語~

「デザート(仮題)」
(原題:後備甜心 It Had To Be You)
http://hk.movies.yahoo.com/050227/28/19uil.html
これはめっちゃ楽しみにしていたけど、期待通り良かった。さすがはUFO映画!!!
やっぱし、恋人が死んだり事件にまきこまれたり、暗い顔ばかりしているカリーナちゃんじゃない、笑顔あふれる映画もたまには見たいぞ♪
 (余談だが、そんな「カレナの笑顔」を愛する方々には
  ヒソカに「シルク」をおすすめ (^^;) )

主役2人もとってもいいのだけど、曾志偉(エリック・ツァン)がまたいい! ワキかと思ったら最後にやってくれる!!!(爆笑)←笑ってはいけない場面でも会場は爆笑
そして、イーキンのかっこいい映画は久しぶりかもしれない。
(私はディバージェンスのインテリ眼鏡が好きなのだが、見たことを忘れていた。。。なんて失礼な!)
映画を見ながら、ついつい(イーキン、髪の毛ある(^▽^))と思ったり。やっぱし私はこういうほうがいいと思う。
胡兵は私はあまり好きじゃないんだけど(好きな人ごめん)いけ好かないプレイボーイ役にめちゃめちゃハマってました。
全体には可愛いラブコメなんやけど、小ネタがいっぱいあって(犬のお散歩とか)いっぱい笑わせてくれます。
カリーナ嬢の友人役は、田蕊[女尼](クリスタル・ティン)。ほんのチラって出てくるそのダンナさんは旺角黒夜で刑事をやってた人ですね(たぶん)

ゆってしまえば、「くっついたり離れたりのラブコメ」なのかもしれないけど、でも、なんか、エエ感じのお話。「鴨肉のアツアツ丼」(←忘れた)とか「火山アイス」とか、レストランが舞台なだけに、お料理もその名前も素敵(笑)
私は王菲の歌が使ってあるところにめっちゃ感動しました。
(もとの歌が好きなだけかも、やけど、使い方が絶妙なんです!!!)

  ・UFOには、また映画を作ってほしい
  ・フェイちゃんにも、また歌ってほしい

 (●ェ●。)大先生以外の香港として
 この2つは、私としては外せないポイント。
 「やっぱり香港が好き~♪」
   ・・・とこの映画でも再認識した次第です。
 アジアン映画祭さん、ありがとう!!!

細かいキャストやいろいろは
別途(いつになるかわからんけど)書きたいと思っておりますので・・・。

※注:2011年「パティシエの恋」として日本版が発売されました♪
  パティシエの恋 [DVD] パティシエの恋

ついでに
王菲「我願意」の歌詞
http://www.comp.nus.edu.sg/~nghoongk/lyrics/singer54-2.html

UFO(電影人製作有限公司)の制作リスト等
http://www.hkmdb.com/db/companies/
view.mhtml?id=1557&display_set=big5
(これは別途、別記事に邦題を書いたほうがよさそう)

・・・
ちなみに、「我願意」は
わたくしの愛唱歌(?)、地元の友人とカラオケに行くとぜったい歌ってから帰る(笑)
中華迷でない友人たちにも知らない人はない歌と化しております。
ご用命があれば、いつでも歌います♪
(ただしフリガナつきカラオケに限る・・・)

  ↑映画祭に行こうが名作を見ようが
   こんなネタで〆る、最悪のアジアBLOGが
   ココである(反省の色なし)

   師匠も「アホも極めれば至芸」と
   おっしゃっているし(はあと)


いま、お休み中のフェイちゃんですが
「我願意」はすごく好きだし、エエ曲やと思います。

私はこのliveの歌い方がすごく好きです
 王菲 菲比尋常 Faye Wong Live (DVD)

たいていの、フェイのベストアルバムには入ってます

ああ、また聴きたい~(てゆうか、歌いたい。。。)



ブログパーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可