猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月21日 (木) | 編集 |
新年のご挨拶をするはずが、
もうすでにこのような時期に。。。

でも、縁起もの(?)なので貼っておきます。



みなさま、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


この下に、恒例のインターネット映画大賞投票をいたしました。

順調にぎりぎりですが、ご一読いただけましたら幸いです(^^)

 日本映画部門  外国映画部門

スポンサーサイト

2016年01月21日 (木) | 編集 |
さて。こちらも順調にしめきり間際。。。

こりもせず今年も日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!

(この下に日本映画の投票をしております)

ということで、さっそく外国部門に投票です。

投票したい作品があまりにも多いので自分ルールを設けました。

・作品賞として点数をつけるものは、2015年の間に一般公開したもの。
・部門賞は映画祭等での鑑賞で
 いまだ公開が決まらないもの(または予定のみ)も可。

では下記に。

----
これよりテンプレート

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「黒衣の刺客」  7点
  「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」  6点
  「共犯」  3点
  「リザとキツネと恋する死者たち」(映画祭タイトル「牝狐リザ」)  3点
  「女神は二度微笑む」  3点
  「エール!」  2点
  「草原の実験」  2点
  「イマジン」  2点
  「コードネーム U.N.C.L.E」  1点
  「フェデリコという不思議な存在」  1点

【コメント】
  とても10本をセレクトするのは無理ですが、無理やり。
  次点の紹介だけでも30本ぐらいいきそうです。
  映画の出来というよりは、どれだけ好きか、に重きをおいたので
  みにいった回数とかなり比例してます(笑)

  フェデリコ・・・は最初は次点においてましたが
  訃報により勝手にベストテン入り。
  イタリア映画祭で拝見した時から大好きで
  一般公開を熱望していました。
  もっともっといろんな作品を撮っていただきたかったです。

  で、投票には外しましたが、映画祭などで良かったのは
  「アバディーン」「レイジー・ヘイジー・クレイジー」
  「百日草」「華麗上班族」「コードネームは孫中山」
  「アラビアンナイト」3部作、「若き詩人」「フェンサー」
  「銃弾の饗宴 ラームとリーラ」「EXITエグジット」
  「酔・生夢死」「狼が羊に恋をするとき」「マリキナ」etc
  
  「リトル・ビッグ・マザー」は一般公開されるのでそのときに入れます。
 
  ※噂のマッドマックス、スターウォーズは2015時点では
    みていません、ということを、念のため申し添えます。
    あと、「消えた声が、その名を呼ぶ」は
    やっと今年になってから関西に来た。。。
    そのへんの時差問題を2016は追及(糾弾)していきたい(←何様w)
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】          作品名
   [パン・ホーチョン]  (「アバディーン(香港仔)」)
【コメント】
   大阪アジアン映画祭にて拝見。
   映画祭作品ですが、パン・ホーチョン監督が
   またまた新たなステージへ!!!という意味でも
   めっちゃ感動した香港作品ということでも外せなくて
   ここで入れました。映画祭で2回みたけどまたみなおしたい~!

【主演男優賞】
   [石頭(ストーン)] (「百日草」)
【コメント】
   これも映画祭作品ですが(東京国際映画祭)
   2015の外国映画の主演男優でダントツに良かったので。
   俳優以上に素晴らしいストーンさん(涙)
   映画では滝のように泣かされました(笑)
   日本公開希望!!!

【主演女優賞】
   [スー・チー]  (「黒衣の刺客」)
【コメント】
  素晴らしいの一言。
  もう一言いうなら「うつくしい。。。」
  2か月とか3か月とかやっていただけたら
  10回はみてたと思います(笑)

  次点:カリーナ・ラム「百日草」
      シャーリーン・チョイ「セーラ」
      ヴィディヤー・バラン「女神は二度微笑む」
      チェン・シャンチー「EXIT エグジット」
      エミリー・ブラウニング「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

【助演男優賞】
   [オリー・アレクサンデル] (「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」)
【コメント】
   助演男優というか、最優秀メガネ男子でもあります。
   西洋と東洋を分けてたら
   主演女優賞はエミリー・ブラウニング
   助演女優賞はハンナ・マリーとしたいところ。
   あの映画のすべてが良かったです(涙)

【助演女優賞】
   [ビビアン・スー] (「その夏に抱かれて」)
【コメント】
   アジアフォーカス・福岡国際映画祭の上映作品。
   主演のアンバー・クオも良かったけど
   このビビアンはとってもかっこよかった。
   映画はけして明るく楽しいものではないので
   一般公開はされないと思いますが
   3人(アンバー、ビビアン、レオン・ダイ)の
   三つ巴の戦い(?)が素晴らしかったです。

   次点:ハンナ・マリー「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」
       アリシア・ヴィキャンデル 「コードネーム U.N.C.L.E.」

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ヤオ・アイニン] (「共犯」)
【コメント】
   そんなに出てるわけじゃないのに
   ものすごく印象が強かった。今度が楽しみ。
   (私の中では勝手に台湾の小松菜奈ということになってて
    あずきちゃんに賞をあげてないので、こっちで、とか
    わけわからんことを書いてみる。。。)

【音楽賞】
  「リザとキツネと恋する死者たち」(牝狐リザ)
【コメント】
  2015でもっとも頭から離れない映画音楽はこれだ!!!
  (ゴッド・ヘルプ・ザ・ガールに投票できなくて
   心から残念やけど仕方ない。リザ、すごすぎます)
 
  音楽賞次点: ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール、EDEN エデン
           アラビアンナイト三部作
 
  あと、「アンジェリカの微笑み」で流れる音楽も良かった。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール] (「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」)
  「私が選ぶ最優秀映画内バンド」
【コメント】
   音楽賞をあげられなかったのでこちらで。
   演奏の場面はどこもホンマにかっこよかったです。
   スチュアート・マードック監督、素敵な映画をありがとう!!! 
   (音楽賞も監督賞もあげられなくてごめんなさい)

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------


これ、本気で、西洋と東洋を分けてほしい。

ということで、バラした内容をまとめたい、と
まいとし思っているうち、1年きてまたギリギリで投票するのであった(笑)

[続きを読む...]

2016年01月21日 (木) | 編集 |
ああ、安定の(恥)しめきり当日投票。。。

というわけで順調にギリギリに
こりもせず今年も日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます!

(あいかわらずみた本数を数えきれませんでしたが
 今年は大台にのってそう。。。
 古今東西わせると450ではきかないと思われます)

ではまず、日本映画部門から。

これよりテンプレート

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「海街diary 」  7点
  「野火」  7点
  「さようなら」  4点
  「バクマン。」  3点
  「恋人たち」  2点
  「味園ユニバース」  2点
  「花とアリス殺人事件」  2点
  「グラスホッパー」  1点
  「乱死怒町より愛を吐いて」  1点
  「徘徊 ママリン87歳の夏」   1点
  
  次点:というか今年のスペシャルメンション
  「幕が上がる」

【コメント】
   今年は邦画も、いくつかの残念な作品をのぞくと
   みてもみても面白い!!!という感じの1年やったように思います。

  10本入れたいのと、海街と野火が同率首位、というのは外せないので
   引き算すると下位もほとんど同点になってしまいました。
   
   これ以外に良かった作品もたっくさんあります。
   その中でも、入れたくて泣く泣く外した作品だけ書いておきます。

   ローリング、マエストロ!、ピース オブ ケイク、白河夜船、
   ロマンス、心が叫びたがってるんだ、予告犯、などなど。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】       作品名
   [是枝裕和]  (「海街diary」)
【コメント】
  2015年、公開前から最も楽しみにしていた映画のひとつ。
  そして、連載中のまんがで、大好きな作品のひとつ。
  期待値最大ぐらいの気持ちでみにいったのに
  それ以上でした。
  ついつい、生まれて初めて鎌倉旅行に行ってしまったぐらい
  すべてがうつくしく大好きな映画です。
  是枝監督、わたしを鎌倉に連れていってくださって
  ありがとうございます(違w)

【主演男優賞】
   [生田斗真]  (「グラスホッパー」)
【コメント】
   監督が、難しいのにおいしくない役、とどこかで言ってられました。
   その通りだと思います。
   予告犯も良かったけどやっぱりこっちかな。

   野火の塚本監督にも投票したいですが
   監督賞に入れず主演男優に入れたら
   なんだか申し訳ないような気がして断念(笑)

【主演女優賞】
   [二階堂ふみ]  (「この国の空」)
【コメント】
   「味園ユニバース」もものすごく良かったのですが
   やっぱし、このふみちゃんはすごかった。
   今年(2016)も楽しみすぎます。

【助演男優賞】
   [松坂 桃李]  (「ピース オブ ケイク」)
【コメント】
   演技のテンションとしては「日本のいちばん長い日」に
   投票するべきなのでしょうけど
   「ピース オブ ケイク」の松坂くんは、驚くと同時に
   今後もこんな役をいっぱいやってほしい、と思うぐらい
   可愛くて魅力的でした。
   日本の・・・とかMOZUより、こっちのほうが
   難しいと思うのですが、めっちゃ良かった。
   こっちに誰も入れないかもしれないので、私が投票しときます(笑)

【助演女優賞】
   [蒼井優]  (「岸辺の旅」)
【コメント】
   一瞬であの映画のすべてを持っていってしまった(当社比)。
   ホンマにもう
   誰にもかなわないところに行っちゃったねえ~(はあと)
   映画の感想としては、「生きてる人間がいちばん怖いわ!」と
   あそこで思いました。素晴らしい。。。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [広瀬すず]  (「海街diary」)
【コメント】
   2015年のニューフェイス、ってもう
   ほかにおもいつかないよねえ~。
   素晴らしかったです(涙)

【音楽賞】
  「さようなら」
【コメント】
   映像もうつくしかったけど、音楽もすごく良かった。
   もう一回みたい。映画賞の凱旋上映を是非。
   もっと評価されるべき映画やと思います。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [塚本晋也監督]  (「野火」)
  「最優秀プロモーション賞 兼 努力賞」
【コメント】
   2015年で、みずから、もっとも多くの映画館をまわられた
   映画監督は塚本監督なのではないかと思います。
   舞台挨拶、ティーチイン、サイン会・・・。
   それだけでなく、上映前の音量セッティングなどにも
   こだわられたとうかがっていますし
   Twitterを通じた、全国のミニシアターの様子の
   レポートもとても楽しみでした。
   わたくしも、幸いにも直接お会いでき、
   野火を拝見した感動などをお伝えできさらに感動。
   監督、ありがとうございました!(涙)
   この賞の名前は適切かどうか分かりませんが
   みられてこそ映画、ということを自ら体現されたと思います。
   そして、野火という名作を作ってくださって
   ありがとうございます。
   作らせようとしなかった大手の映画会社は恥じるべき!
   
   (ついでに書いとくと、お会いできたのは
    塚口サンサン劇場さまの「鉄男」上映のときです。
    上映してくださったこと、監督を呼んでくださったこと
    深く感謝します。。。)
 
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

以上です。今年もこんな時間ですいません。。。


以前の投票など。




[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。