猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月31日 (金) | 編集 |


土曜に東京で片付けなければならない
私用ができ今日も東京泊。

ふと思い立って
シネマレーシアへ行ってまいりました!

 http://cinemalaysia.com/

完全にあきらめていたので
会場に行けただけでも嬉しい
(シブヤが大好きなので歩いているだけでウキウキ(笑))


ブノハンだけでなく
誰にでも言い分はある(と併映の短篇)を
みることができました

上映前の、マレーシアの
映画館マナーCMも面白かった~\(^o^)/

ぶじにブックレットもGETいたしました


クロージングでは、来年は特集上映、
再来年にまたシネ・マレーシアを予定、と発表がありました。


なかなかいろいろ難しいとは思いますが
関西でもぜひ!!!



※誤解があるといけないので
書いておきますが
明日はプライベートな私用(?)で

また渋谷に来て
ヴァネちゃんをみるわけではありませんよ~


(帰る前、東急にはラーメンを買いに行くかもしれませんが(笑))


…マサラにはたぶん間に合わなそう


まあ、人生、いろいろ(笑)
すべてやりたい放題にはいきません(^^)



<帰宅後追記>

[続きを読む...]
スポンサーサイト

2013年05月31日 (金) | 編集 |

六本木駅で(^^)

2013年05月31日 (金) | 編集 |

日劇~\(^o^)/

(あまり人はいない( ̄▽ ̄;))

2013年05月30日 (木) | 編集 |
いちおう再掲

行ける方はぜひ!

福岡ユネスコ文化講演会
『香港映画は二度死ぬ~中国返還以降の挑戦』       
会 期:6月1日(土)
会 場:福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」 (福岡市早良区百道浜3丁目7-1)
観覧料:(一般)1,200円/(学生・留学生)500円/(予約)1,000円
講演会:13:30~14:45
講 師:野崎 歓 (東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)

映画上映:15:00~ 『玻璃の城』
http://www.focus-on-asia.com/entry/3390



(2)というほどでもないですが。
そして、「海報」やないかもですが。

こそっと載せときます。


 いよいよ明日から!!!

[続きを読む...]

2013年05月28日 (火) | 編集 |
前も貼ったかもですが。

いま、ちょっと、とりこんでおりまして
ネットしてるどころではなく
もうしわけございませんがまた開店休業中です。お許しを。


てことで、困った時の映帝登場。




 (おもちかえり厳禁)

これ(ポスター)をみるためだけに
香港にいく人もいるのよーーーーーーー(遠い目)


2013年05月26日 (日) | 編集 |
きのーは土曜というのにアホのように(失礼)郵便がきていて
どきどきしながら仕分けをしたが
請求書とかDMとかばっかりで
待っているもの(?)がこなくてがっくり~の ぐれいす です

 このままハズレ人生が続くのかーーー???(涙)

  (おもいきって新幹線等は確保するか迷い中)


告知はしたものの、遊びあるいてて
今日も出かけるんで日香1枚ずつだけ(詫)


載せる載せる詐欺みたいですみません。。。

話すと長くなるけど
竹藪を模した壁面のタペストリー(笑)




 これ、壁ごと欲しいです(笑)
[続きを読む...]

2013年05月24日 (金) | 編集 |

東京では明日から

 アジアンクィア映画祭 http://aqff.jp/2013/

 シネ・マレーシア2013 http://cinemalaysia.com/

残念ながら行けませんが
盛況を心からお祈りします!!!

(シネマレーシアはぜひとも、来年・再来年と続けていただき
 関西でも開催してほしい~(涙))

※あ、あと アジアン・クィア さんの「い」は
 ちいさい ィ なのでついったーとかに書く際にはご注意を♪


東京もいろいろありますが
福岡もいろいろ!
後日、別記事に書きますが
案内をいただいた(=メルマガに書いてあった)ので
先にこれだけ紹介をさせていただきます。行ける方はぜひ!

福岡ユネスコ文化講演会
『香港映画は二度死ぬ~中国返還以降の挑戦』       
会 期:6月1日(土)
会 場:福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」 (福岡市早良区百道浜3丁目7-1)
観覧料:(一般)1,200円/(学生・留学生)500円/(予約)1,000円
講演会:13:30~14:45
講 師:野崎 歓 (東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)

映画上映:15:00~ 『玻璃の城』

http://www.focus-on-asia.com/entry/3390

(野崎先生もりーよんもすーちーも彦ちゃんも見たいけど
 この日はツカグチのマサラの日なんだよねー(涙))



さて。

公開まで1週間となり
あちこちの雑誌に主役や監督がガンガン載ったりして
婦人公論 2013年 6/7号 [雑誌]
めっちゃ盛り上がってまいりました!(私の中で)

全国の上映劇場数とか
ムービックスの上映回数(サイトに出てた)とかを見て
ちょっとびびっている ぐれいす です。

(2046のことがあるので素直に喜べない)


で。


みなさん、シュプール読みましたか???(微笑)


で、今日からは1日1ねた、ずつ
一代宗師について、勝手になんか載せていきたいと思います。

今日は、
ゆうちうぶさんのご協力でお送りします(笑)

(たまたま、今朝みつけたので(おいおい))


  明日はわたくしの、みずからの手で集めた
  あちこちの映画館のポスター画像の予定(予告)

[続きを読む...]

2013年05月23日 (木) | 編集 |
ぼちぼちグランドマスターの
上映劇場やなくって

 上映される部屋や回数が発表になってたり
 (それぞれの映画館でチェックできる)

 もうオッカケでるだけでくらくらして
 BLOGに還元できてない状態ですみません。

今朝からこれにウットリして
あちこちに貼りまくっているわたくし
(じぶんち(ここ)に貼れよ!(笑))



 監督、ウィリアムさん・・・(涙)


 関西の劇場動向とか
 今晩にでもなんとかします。(ほんとうかー)


追記

この動画はここ↓で紹介されていたのですね。

鬼才ウォン・カーウァイによるアクション大作
『グランド・マスター』の世界を3分で知る!

 http://news.walkerplus.com/article/38802/

ちうぶで見つけたんで知らんかったわ。
この記事を読んでから見るほうがいいのかもね。

映画館のロビーで遭遇したときはガン見しましたけどね(笑)

 悪いけど、何回みても
 「大会で優勝」のとこでくすっと笑ってしまう。
 とても王家衛映画の紹介テロップとは思われない(爆笑)

 もちろん、張震くんはめっちゃ偉いしカッコイイし
 映画の中ではとってもステキですけどねっ!!! 




 わたくしは、また 6千マイル ためたので

 TOHOでは見放題です!!!


さて。

今朝みてびっくりしたんでそのまま貼ります。








↓ここを読んだら、買う以外ないっすよね!





SPUR自体の画像が出てないのですが
今日発売らしいので本屋さんへGO!!!

SPUR (シュプール) 2013年 07月号 [雑誌] SPUR (シュプール) 2013年 07月号


http://hpplus.jp/spur/magazine/new


スイカ、行きたすぎるー(涙) ← そこちゃうやろ!(笑)
[続きを読む...]

2013年05月21日 (火) | 編集 |
この下に また イッキ書きしてるので
気になる方はどーぞ(汗)



・・・某映画のついったーの
空気のよめなさに怒りをとおりこし、がっくり感で
いっぱいな今日この頃。

試写会情報がよそにガンガン出ているのに
なにを悠長に「ぶじゅつ」のせつめーしとるんじゃ!(爆笑)

 まるで、武術の映画が公開されるみたいやん(高笑)

  あんた、カンチガイしてるでしょ?(タメイキ)


・・・てな、ネガティブわるぐちはほどほどにして。
(ワタシに宣伝さしてくれたらいいのに!!!(激怒)

 いやいや、ここで宣伝すればいいやん(反省))


さて。

かってに「新作公開情報」のカテゴリにいれちゃうけど(笑)
ただいま、カンヌでは
トーさんの「盲探」が!!!

かーさんの情報をおっかけたいけど
こっちも気になります。もうふらふらです(うそ)

予告だけでかっこいー!!!

寰亞電影《盲探》先導版預告片

http://youtu.be/jCil3k4Xtsk


是枝作品の動向も気になるけど
やっぱり、とーさん、だよねえ。。。

かっこいいっす。


こちらはメイキング動画ぽい。

视频:《盲探》发布侦缉档案特辑之殓尸房
http://video.sina.com.cn/p/ent/m/2013-05-15/212862431397.html


あちこち写真がでてるので、てきとーに。
[続きを読む...]

2013年05月21日 (火) | 編集 |
前にちらっと書き、放置でした(すみません)
ふらんす映画特集、もう始まってますが、いちおうメモ

都市の映画、パリの映画史

会場は2会場で上映作品は別々です・・・(なんでー!(泣))

梅田ガーデンシネマ
 上映時間 :連日19:10~
京都シネマ
 上映時間:連日18:40~

http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/cycle-vill/


こちらからプログラム(PDF)がダウンロードできます

http://www.institutfrancais.jp/kansai/files/2013/04/villecinema_kansai_0408-11.pdf


ラインナップは下記にメモっておきます。


また、ふらんすというと、京都みなみ会館では
フレンチ・フィーメイル・ニューウェーブの特集を上映中。

http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/10146

こっちもすでに始まっていてすでに1本みましたが
他の作品も楽しみです♪

http://mermaidfilms.co.jp/ffnw/(←音が出ます)

大阪の上映は終了しましたが
神戸はいま上映中。全国をこれから巡回するようです。

フイルム上映なので、気になる方はぜひ映画館で!



 ワタシは特にジュリー・デルピーの映画が楽しみー♪

[続きを読む...]

2013年05月21日 (火) | 編集 |
まえからメモっておきたかったのですが・・・

期待していたTOHOのなつかシネマ企画
第2段がBTTFで、しばらく間があいてるなーと思ったら
パート2かい!という感じで、ちょっと
どうなのーーーやけど、紹介だけ書いておきます。

ワタシは公開当時にみてるのですが
これ、3をすぐやってくれないとーーー!な内容だったはず(笑)

 バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [DVD] バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [DVD]

ということで、この企画の第4弾はこれの3なのかな(汗)

 期待してる作品はいっぱいあるんですけどー
 
 (第一弾が「ブルース・ブラザース」やったからねー)

[続きを読む...]

2013年05月19日 (日) | 編集 |
タイトルどおり何がなんだかわからん毎日です(笑)

書きたいニュースはたくさんあるうえ
カンヌは是枝監督のことが気になってしょうがないのですが

それよりとりあえずこちらの写真を!




昨日はインドカレーを食べたあと
念願の3バカを堪能してきた ぐれいす です。

 (てことで、天井桟敷の人々、行けなかったよー)

  天井桟敷はがんばって梅田で見よ・・・
  http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/cycle-vill/

3バカに乾杯!は
「きっと、うまくいく」の邦題で
昨日から日本公開中!!!(嬉)

http://bollywood-4.com/(←音が出ます)

こないだ DON2 をみて抜け柄のようになって帰ってきましたが
3バカにも魂をわしづかみされました。

セデック・バレと同様
アジアやから見とこ、とかじゃなく

 同じ時代を生きて
 スクリーンでタイムリー(?)にみられて
 本当に良かった、と思う。



最近、水道橋博士の
「控えめに言って大傑作!」という
セデック・バレを評した言葉が
すんごいマイブームなのですが
3バカ(きっと、うまくいく)にも
この言葉をわたくしから贈りたい。

 インド映画は苦手・・・という人や
 ミュージカルを見ることは人生にありえない・・・というような人も

 この映画をスタートに、
 新しい人生(笑)を歩んでいただきたいです!(笑)

リメイクなんかすんなー(怒)な気持ちをこめて
字幕なし版、現地予告。



字幕なくっても面白いでしょ?

あったらもっと面白いよ!!! いますぐ劇場へ♪



インドの映画も大好きだし(というほどみてませんが・・・)
歌と踊りの場面も前から好きやったけど

この 3バカ のミュージカルシーンはとっても楽しい。
(ロボットも良かったけど)

コドモの頃に、サウンド・オブ・ミュージカルをみて
帰りにずっと歌って踊って帰っていた
あの気持ちが、久々(なんじゅうねんぶり(笑))に
戻ってきましたー

 (ちょっとうそ。ロボット、とか
  ラテンビートの ズンダギ のときも踊って帰った(笑))

大昔のハリウッドミュージカルが好きな人は
特に、3バカをみてほしいです。


 (今回ぐらいはちゃんとした感想を書かねば・・・)

[続きを読む...]

2013年05月17日 (金) | 編集 |
ただいまアサイチにタケルくん。

 このあと「きっと、うまくいく」が紹介される模様。


「ポートミーのチャチャ」
 ほんじつ深夜放送!!!(関西地区のみ)

 http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=85195


 あの頃、きみを追いかけた やっと日本公開決定!

 http://eiga.com/news/20130516/15/

 10人の泥棒たち

 ふきかえ版!?と昨日は怒りがおさまらなかったけど(苦笑)
 いちおう字幕版もあるらしく、上映劇場を調査中。。。


 王家衛作品一挙上映!!!
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/20130515_10655.html

 また細かく載せます


 カウントダウンTV

 今週のゲストはスピッツです!!!


 http://www.tbs.co.jp/cdtv/


 今朝はここまでー   (タケルくん長男なんかー(笑))
[続きを読む...]

2013年05月09日 (木) | 編集 |
れざれくしょん(笑)の話を書く気まんまんでしたが
今朝も予定を変更してお届け。


   わらのたて

   台湾新幹線をみにいったはずなのに(それと、余さん)
   映画に夢中になってハラハラどきどきしているうち
   新幹線にはほとんど目がいかず
   終わってから思い出した ぐれいす です(涙)


さてさて。

ギャガさん

そんな大事なことは公式サイトの表紙に
デカ文字で書けよ!(怒)


なんのためについったーと顔本をやっとるんじゃー
(どこにも書いてないよね???)

ということで表参道ヒルズのサイトからこぴぺ。

5/18(土)~26(日)
映画「グランド・マスター」衣装展+映画鑑賞券プレゼントキャンペーン


ウォン・カーウァイ監督の最新作「グランド・マスター」で使用された美しい衣装や美術品を日本初公開!!

本作は永遠のアクション・スター、ブルース・リー唯一の師として知られる伝説の武術家・葉問(イップ・マン)の知られざる実話をもとに、歴史に翻弄されたグランド・マスターたちの壮絶な運命を描いた物語。

その劇中、ひと際目を惹く、豪華絢爛な衣装はウォン・カーウァイの「花様年華」「2046」などの作品で衣装、美術セットを手掛けてきたウィリアム・チャンによるもの。当時の華麗な服装を再現するべく、3年の月日をかけて世界中から集められたボタンや生地、刺繍糸によってデザインされたチャイニーズ・モダン・コスチュームは必見です。

さらに、期間中、表参道ヒルズ館内のショップにて1,000円(税込)以上ご利用いただいたお客様から、抽選で50組100名様に映画鑑賞券をプレゼント!!

この機会に是非ご鑑賞ください。

©2013 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved.
■日時:5月18日(土)~26日(日)
■場所:表参道ヒルズ メインエントランス内特設スペース
■「グランド・マスター」の詳細はこちら⇒ 映画「グランド・マスター」公式サイト

http://www.omotesandohills.com/event/#502


この期間で来いと?(※誰も来いとは言っていません(笑))


やっぱりマレーシア映画祭に行く予定を
組んでおけばよかったのだなあー。  (考え中←ちょっとうそ)


とりいそぎ、今朝はここまで。


2013年05月07日 (火) | 編集 |

10人の泥棒たち
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1967387

↑映画館での配布チラシ(ミニ)をとあるTOHOの映画館でも発見。
 渋谷だけでなく
 関西もTOHO系か?(いちおう速報)


5月になって、ぜんぜん何にも記事を書いてないのにびっくり!

(といって、いきなりイッキ書き。この下も読んでねー)

つづけて カウワイさん ネタですみません。


いきなり話題が固まって登場の王家衛(●ェ●。)先生ですが(笑)

映画ドットコムに出てた
The 100 best romantic movies

映画関係者ら101人が選んだロマンティックな映画ベスト100
http://eiga.com/news/20130504/4/

日本語ニュースには20位まで出ていて
3位が花様年華となっているのはとっても嬉しいですが

花様年華 [DVD]
いちおう載せとこ

1.「逢びき」(45/デビッド・リーン)
2.「カサブランカ」(42/マイケル・カーティス)
3.「花様年華」(00/ウォン・カーウァイ)
4.「アニー・ホール」(77/ウッディ・アレン)
5.「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」(71/ハル・アシュビー)
6.「ブロークバック・マウンテン」(05/アン・リー)
7.「アパートの鍵貸します」(60/ビリー・ワイルダー)
8.「天国への階段」(46/マイケル・パウエル)
9.「エターナル・サンシャイン」(04/ミシェル・ゴンドリー)
10.「パンチドランク・ラブ」(02/ポール・トーマス・アンダーソン)
11.「ウォーリー」(08/アンドリュー・スタントン)
12.「風と共に去りぬ」(39/ビクター・フレミング)
13.「うずまき(1945)」(45/マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー)
14.「忘れじの面影(1948)」(48/マックス・オフュルス)
15.「地獄の逃避行」(73/テレンス・マリック)
16.「ワイルド・アット・ハート」(90/デビッド・リンチ)
17.「美女と野獣(1946)」(46/ジャン・コクトー)
18.「トゥルー・ロマンス」(93/トニー・スコット)
19.「マンハッタン(1979)」(79/ウッディ・アレン)
20.「アタラント号」(34/ジャン・ビゴ)



せっかくやし、その100位に中華映画が
どれだけ入ってるか順位をみてみましたら・・・


な・な・なんと!
[続きを読む...]

2013年05月07日 (火) | 編集 |
キネマ旬報 2013年5月下旬号 No.1636

覚えているよー!(笑) 王家衛!!!
忘れられたらどんなにいいか(笑)


  忘れとったら
  ウチには蔵が建っとるでー(←大嘘。でもヨーロッパ1周くらいはできてるかも)

でも、本来なら
火曜に書店でこの本をみて、
あ、そういや、そういう監督、おったなーと思う人が
すこしはいるカモ・・・というはずだった
なかなか、ヒネった(←ちょい怒)タイトルやったはずなのに

これ↓がヤホーニュースに出たので
いまの時点で、かなりの人が思い出したと思われます(苦笑)

「ザ・グランドマスター」のウォン・カーウァイ監督、
仏レジオンドヌール勲章を受章―香港

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130506-00000005-rcdc-asent

 でもねー

 」はいらないよー(悔し涙)

 
 http://youtu.be/E0elYN6ZQ5M
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。