猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月18日 (金) | 編集 |

打擂台(ギャランツ)
「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘」
 上映中(本日金曜まで)@六本木・心斎橋
 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20121215_10297.html

桃姐
「桃さんのしあわせ」、京都ほかで全国順次公開中
 http://www.taosan.net/(←音が出ます)

龍門飛甲
「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」全国ロードショー中
 http://dragongate-movie.jp/(←音が出ます)
  ※来週から回数が減るらしいので
   (しかも3DのためシネコンでのロードショーONLYでしょうし)
   みたい人は早めに行くこと~!(汗)

トリプルタップ [DVD] 鎗王之王
 「トリプルタップ」全国ロードショー中
  心斎橋は本日まで!(六本木は来週金曜まで)
  http://www.cinemart.co.jp/theater/special/triple_tap/
 
そして
ブラッド・ウェポン [DVD] 逆戦  「ブラッド・ウェポン」
   http://bloodweapon.jp/(←音が出ます)
  大阪ではや~っと明日土曜から上映になります!!!
  (全国3館のみ/東京の上映は終了)

明日1/19(土)は
第4回アジア・アフリカとびっきり映画祭 @宇治 も開催
 http://www.kbu.ac.jp/kbu/event/


なんか、紹介する情報↑が多すぎですが(汗)
ことしもいろいろ公開されるそうなので
頑張ってオッカケていきます!!!←なんてえらそーに書いていいのか?(汗)
 
  いまさらですけど、朝ドラ
  何年もひきこもったっきりのお客さんの話・・・

  絵本を読むより
  柴犬を飼えば?(笑)などと
  おもってしまった ぐれいす です。
 
  (誰やねん、あのすごすぎるキャスティングしたヒトは!
   ヒッキーのお客さん、誰やろ???とどきどきしてたら
   まさか!の登場にびっくり(笑))

で。
さくじつ、なんとか
インターネット映画祭に投票をすべりこみ。
(すべりこめてない気もする・・・)

よかったらどーぞ♪

 日本映画部門 → わたくしの投票内容
 外国映画部門 → わたくしの投票内容

 BLOGに書いても、記事のURLをついったーでつぶやけ、とか
 規定が変わっちゃいましたが
 来年もBLOGからの投票ができますよーに!
 (というか、ちゃんとみた本数ぐらい数えろよ!>ワタシ(汗))

さて。

本当は昨日に書きたかった記事なのですが
明日の19日、京都で
「その街のこども」の上映があるなあ、と思ってたら
大阪でも現在、上映中、
そして、
神戸では20日に上映予定、ということなので
メモっておきます。
 http://sonomachi.com/news/
 http://www.sonomachi.com/news/index.html#09

 (17日にも京都で上映があったようです。
  紹介できなくてすみません・・・)

これは、恥ずかしながら昨年に初めて拝見したのですが
(文化博物館の特集上映でみました)
まいとし必ず
関西では上映を続けていただきたい映画(涙)

 その街のこども 劇場版 [DVD]

 公式サイトもまだあります!

 http://www.sonomachi.com/(←音が出ます)
 Twitter @sonomachi_movie

 
 http://youtu.be/V0fpQFpgJYk


大阪での上映についてはキネプレでも紹介されています。

 それでも、上映せなダメなんです【シアターセブン】
 http://www.cinepre.biz/?p=3762


日程など



[続きを読む...]
スポンサーサイト

2013年01月17日 (木) | 編集 |
更にぎりぎりですが、
日本インターネット映画大賞さまへ
外国語映画部門にも投票をさせていただきます。

2012年もアホのように映画をみて
10月ころに200本を越えてしまい(邦画と洋画をあわせてですが)
けっきょく、数えられず(汗)

 (うちわけが数えられたらあとで追記します)

外国映画も、古い作品をたくさん拝見しましたが
原則は、2012年の劇場公開作品ということで。
(いちぶ、映画祭作品を入れました)

書くまでもないけど
下記は
すべて映画館でみています。

 印はフイルムでみた映画 (いちおう書いてみよ)

※「逆戦」は関西では今週末公開のため投票せず(涙)
  そのほか、みのがし作品は多数です・・・。


では、下記に。

-----------------------------------------------------------------

作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「桃さんのしあわせ   」   8点
  「レ・ミゼラブル    」   6点
  「強奪のトライアングル 」  4点
  「チキンとプラム~
   あるバイオリン弾き、最後の夢~」3点
  「星空」(大阪アジアン映画祭上映作品)3点
  「ル・アーヴルの靴みがき」   2点
  「アルゴ        」    1点
  「裏切りのサーカス   」   1点
  「ロボット(完全版)  」    1点
  「ナシレマ2.0」(大阪アジアン映画祭上映作品)1点
 
次点:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
   ハッピー・ゴー・ラッキー
   台北カフェ・ストーリー
   屋根裏部屋のマリアたち
   ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 

・・・などなど

【コメント】
 やっぱり、アジア映画と欧米の映画を
 まとめてベストテンを選ぶのは無理すぎー!(涙)
 選びきれない~!!!
 
 ベストテンには入れられませんでしたが
 「カルロス」やジョルダーニ家、ミステリーズなど
 長~~~い映画がたくさん公開されたのも
 印象に残った1年でした。
 (アンゲロプロス特集にも通ったので余計に)

 「セデック・バレ」も入れたかったけど
 2013年公開なので、公開されたときに
 ばばーんと投票します!

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ベン・アフレック]    (「アルゴ     」)
【コメント】
  めちゃタカビーなことを書くけど
  この映画をちゃんとみたら監督賞の候補に
  あげないわけがない(きめつけ)
  さしでがましいようですが(笑)
  わたくしから賞をさしあげます(きっぱり)

【主演男優賞】
   [ニコラス・ツェー]    (「ビースト・ストーカー/証人」)
【コメント】
  この映画をみたらニコこと謝霆鋒さんに
  賞をあげないわけが・・・(以下同文)
  だいたい、こんな名作が何年も日本で公開されないことが
  許されていいのか!?と思いましたが
  公開されたお祝い?も兼ねて主演男優賞!(笑)

【主演女優賞】
   [ディニー・イップ)]   (「桃さんのしあわせ」)
【コメント】
  葉德嫻(ディニー・イップ)さんの演技がよすぎて
  この映画をみた人は、この方ご本人は
  めちゃカッコイイと知らないであろうことが残念です。
  あの年寄り演技はホンマに演技なんすよ!(←日本語ヘン(笑))
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0410&f=entertainment_0410_011.shtml&pt=large

 次点:「ジェーン・エア」ミア・ワシコウスカ

【助演男優賞】
   [ラム・シュー     ] (「強奪のトライアングル」)
【コメント】
  書く機会がなさそうなのでこのチャンスに。
  あの映画にユキちゃんこと林雪(ラム・シュー)さんが
  出ていてこそ、トライアングルの中心部(ジョニートー風味)が
  完成したのだと思います(笑)
  今年もいろんな(香港の)映画に登場されますようにー。
  (そしてそれが日本公開されますようにー)

【助演女優賞】
   [ファリダ・ラウアッジ ] (「ジョルダーニ家の人々」)
【コメント】
  助演女優賞はいっつも悩む。
  なんとなく入れてみた。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [サマンサ・バークス  ] (「レ・ミゼラブル 」)
【コメント】
  前宣伝で、なぜ、エポニーヌが話題にならないのか
  ずっとずっとフシギでしたが
  みてびっくり。
  めちゃ良かったー!!!

【音楽賞】
  「セデック・バレ」
【コメント】
  音楽がよかった映画はいろいろあるけど、
  せっかくなので、あの映画をみたときの感動を
  ここに書きのこしておきましょう。
  音楽も歌もすごかった(涙)
  魂から出てくる歌、というのはああいう感じなのでは
  ないでしょうか。
  祝!日本公開決定。

【ブーイングムービー賞】

  やめておきます。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [映画界に一石を投じたで賞] (「最強のふたり」)
【コメント】
  タイトルはアレですが
  ・ちょーーー有名な人が出ていなくても
  ・英語でなくても
  ・字幕表示のみで日本語ふきかえ版じゃなくても

  面白く、たのしく、よく出来た映画は
  ヒットするのだよ!!!
と証明してくれた映画。
  今後のフランス語映画やそれ以外の言語の映画の
  公開をあとおししてくれる気がする。
  めちゃありがたい作品でした。

  せっかくの映画を
  むりやり日本語ふきかえしてオコサマ用に公開、とか
  メインキャストすべてが吹き替えになってる
  残念なバージョンで公開、とか、ありえません!!!(涙)

  今からでもいいので
  大魔術師、
  DVDには広東語版を入れてください!(滝涙)

  
  大魔術師“X

  そうそう。2012年の残念なことのひとつは
  リサーチが足りず
  「夜のとばりの物語」を日本語吹き替えしか
  みにいけなかったことです(涙)

  夜のとばりの物語 [DVD]

  都会に出ないとやっておらず
  もっとはやく気づいていたら休みの日に
  早起きしてでかけてみにいったのに!!!


2013年は、そんな「ふきかえ問題」に加えて
フイルム上映についての、いろいろな
できごとがもちあがりそうですが
いろいろな
素晴らしい作品に出会えますようにー!!!

とりあえず、以上~!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------
[続きを読む...]

2013年01月17日 (木) | 編集 |
また、ぎりぎりです(涙)

でも参加することに意義がある!!!ということで
ひさびさに
日本インターネット映画大賞さまへ
投票をさせていただきます。

今年もすーーーーごい数をみて
けっきょく何本か数えられませんでした(汗)

  ↑数えられたら新・旧なん本みたか加筆予定♪

特に、京都文化博物館の年間パスを1月末にとったので
古い邦画も(予定よりは少なかったけど)いままでより
すごいたくさんみた気がします。

が、投票は
基本的には2012に劇場で一般公開された作品
(一部作品は関西で2012年に初公開された作品)に限る
・・・ということで考えてみました。

以下はきょうこの時の気持ちで選んだので不変ではありませんが
ふり返るとホンマにいろいろ良い映画をみた1年でした。

 ※「CUT」は2011年にみたため入れていません。
  おおかみこども、と、サルベージ・マイスを
  みのがしたのは2012年の不覚・・・
  「ミロクローゼ」は残念ながら地元では春公開なので
  来年の対象作品といたします。

-----------------------------------------------------------------

[作品賞投票ルール(抄)]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「鍵泥棒のメソッド   」   7点
  「桐島、部活やめるってよ」   6点
  「るろうに剣心     」   5点
  「苦役列車       」   3点
  「セイジ -陸の魚-    」   3点
  「ポテチ        」   2点
  「ペンギン夫婦の作りかた」 1点 2点
 「美輪明宏 黒蜥蜴を求めて」  2点
  「テルマエ・ロマエ   」   1点
  「アウトレイジ ビヨンド」   1点

 他にもいろいろありましたが(「夢売るふたり」とか)
 なんとなくこのへんで。

※ご指摘により数値を修正する予定でしたが、
 よく考えると、黒蜥蜴・・・はフランスのドキュメンタリーのため
 「日本映画」のカテゴリには入らないのではないかと思われますので
 削除します(美輪さますみません。。。)
 うっかりしておりましたー


【コメント】
 いろいろみられて楽しかった1年。
 (だが、振り返るとけっこう見逃しも多い)
 期待してた鍵泥棒とるろ剣は予想以上に面白かったし
 なんとなくみてみた桐島や苦役列車も良かった。
 あまり期待しないでみるのが邦画の楽しみ方だと
 思うけども、これからも色々期待したい。
 (ヘルスケが私にはイマイチだったのが残念)

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [内田けんじ] (「鍵泥棒のメソッド」)
【コメント】
   やっぱりベスト映画といえばこれになってしまいました。
   (「運命じゃない人」も2012年にみたので
     ワタシとしては、そっち(運命・・・)のほうが
     更に好きです。)

【主演男優賞】
   [森山未來] (「苦役列車」、「セイジ -陸の魚-」)
【コメント】
   並べて書くと、この2作品の違いがまたスゴイ(笑)
   2012年に初めて「その街のこども」もみたので
   森山さんの印象の強い年だったかも。

【主演女優賞】
   [小池栄子] (「ペンギン夫婦の作りかた」)
【コメント】
   まえまえから大好きな女優さん。
   まいとし助演女優賞に推していて
   今回は主演の欄に書けることがすっごく嬉しい!!!
   この映画ではまるで太陽のようでステキでした。
   明るくまっすぐな役柄も似合うのよねえ(うっとり)

【助演男優賞】
   [新井 浩文] (「その夜の侍」「ヘルター・スケルター」他)
【コメント】
 「アウトレイジ ビヨンド」の、帰ってきたー!感はいうまでもなく
  今年は、ヘルスケの中のただひとつの救い「キンちゃん」に
  まさかのキャスティング!
  加えて「その夜の侍」の、昔なら考えられない
  カタギ中のカタギな役がまたステキでした。
  そして、他の映画にも出まくってられました。素晴らしい!
  (初めて本人を拝見したのも昨年2012年なので
   とっても感慨ぶかいです)

【助演女優賞】
   [鈴木 砂羽] (「夢売るふたり」)
【コメント】
  まえまえから大好きな女優さんですが
  この映画での美しさは異常。
  (冒頭がアレな場面とはいえ)
  というか、他の映画監督さんたちは
  なぜ、今まで、こんなにうつくしく撮って
  くださらなかったのか???(怒)
  終盤でふりかえって、ふっと笑うシーンの
  うつくすぃーこと!!!!!!
  「しあわせカモン」をみるのが楽しみですが
  2012年は助演ということで。
  西川美和監督、ホンマにステキな砂羽さん
  (と麗奈ちゃん)をありがとう!

【ニューフェイスブレイク賞】  
   [窪田正孝] (「ふがいない僕は空を見た」
         「はさみ Hasami」「るろうに剣心」)
【コメント】
  ふがいない空・・・も良かったのでこれで注目した人も
  多いと思いますが、ワタシは映画館でちゃんと
  はさみをみたのが自慢です(笑)
  まえまえから活躍はされていると思いますが
  今後にもっともっと期待です!
  (るろ剣では1回目は気づかなくて2回目で確認。
   もっと出てほしかった・・・)

【音楽賞】
  「アウトレイジ ビヨンド」
【コメント】
  前作もそうやけど、合ってなさ、が素晴らしい。
  アクションとかノワールだと、それにあわせた
  きまったイメージの音楽を作りがちなところを
  きっぱり裏切っててまたそれが渋くって良かった。

【ブーイングムービー賞】
  「終の信託」
【コメント】
  コメディを撮る才能のある人がそれを発揮しないのは
  犯罪に思えるのですが・・・。
  役所さんの熱演がすごいだけに、その分の
  予算と時間とキャストを
  違うことに使って欲しかったー(涙)

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [最優秀アクション賞] (「るろうに剣心」)
  (最優秀アクション監督 谷垣健治)
【コメント】
  2012年の、ではなくって
  いまのとこ
  日本映画の「本気アクション」ナンバーワン映画といえるし
  もしかしたらオールタイムナンバーワンに
  これからずっと君臨しつづける可能性のある映画。
  (但し、パート2が作られるまでのあと数年かもしれんが(笑))
  
  日本映画のちゅーとハンパな
  「まんがの実写化」のハードルを
  この映画とテルマエが高く高く上げてしまったかも(笑)

  るろうに剣心 通常版 [DVD] テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

とりあえず、以上!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------
[続きを読む...]

2013年01月14日 (月) | 編集 |

先行上映の発表の時も
前売りを買う時も
「写真禁止」となっていましたが
やはり「必ず宣伝する」という条件で
写真をばんばん撮ってください
ということでした

今日は先行上映なので
一般公開は3月です

「千年の愉楽」
http://www.wakamatsukoji.org/sennennoyuraku/

 

映画には染谷将太くんも出てて
男前揃いやけどヘヴィーな物語です・・・


どの人もすごいけど、高良くんが良かったなー
(映画では)

実際にこの4人をなまでみるとくらくらしました(かっこいいー)


舞台挨拶の内容などは後日~

 ※Twitter、BLOG、ミクシイ、fbなど
  みなさん、どんどん宣伝してください、とのことだったので
  検索するとあちこちのネットに写真が出てると思います。

  気になる方は、どんどん他を検索してくださいまし(汗)

暗くてわからんけど
写真は左から

佐野さん、高良くん、高岡さん、井浦(ARATA)さん、です。


2013年01月11日 (金) | 編集 |

打擂台(ギャランツ)
「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘」の邦題で上映中@六本木・心斎橋
 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20121215_10297.html

  Kumiせんせーのまとめ(多謝!)
  《打擂台》「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘」を堪能したみんなの記録
  http://togetter.com/li/434693

桃姐(「桃さんのしあわせ」)、京都ほかで全国順次公開中
 http://www.taosan.net/(←音が出ます)

ほんじつ金曜から龍門飛甲
(「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」)
 http://dragongate-movie.jp/(←音が出ます)

あす土曜からトリプルタップ@東京・大阪公開!

(名古屋の公開も決定!)

ああ、また中華三昧な1年となりそう~♪


先に書いとくと、どっちも発売が発表になりましたー

インファナル・アフェア 三部作 Blu-ray スペシャル・パック インファナル・アフェア 三部作 Blu-ray スペシャル・パック
(4月発売)

ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~ [DVD] ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編
(5月発売)

10年たっても貧乏無間道はつづくよー(笑)
 
  こちらも、まだ映画館にきてないのに(涙) 
  すでに発売予定が!(汗)

   トリプルタップ [DVD]

   これも~(汗) はよ上映して!
  
   ブラッド・ウェポン [DVD]


 公開ラッシュとフリーパスのおかげで
 映画三昧中のなか
 「島唄」映画化にびびったり
 いろいろと忙しい? ぐれいす です。(レミゼはまだ2回しかみていない・・・)

 フリーパスがある間は
 まいにちレミゼに行ってもいいよねー(笑)と思ってましたが
 なかなか、ままなりません(笑)

さてさて。

前に書きました
「第4回アジア・アフリカとびっきり映画際」
(今回から「in 宇治」が名称から取れたの?)

今年の上映は、以前に書いたとおり
「海洋天堂」と「ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡」です。
 

大学サイトに正式に載ったようですので
リンクを貼っておきますねー♪

第4回アジア・アフリカとびっきり映画祭
日時:2013年1月19日(土)10:00~18:00 ※9:30~開場
会場:京都文教大学 弘誓館G103教室・G104教室
定員:各回200名
その他:参加無料・事前申込み不要
http://www.kbu.ac.jp/kbu/event/index.html
http://www.kbu.ac.jp/kbu/gakugaimuke/130119_asia.pdf




そして。

表題にあげましたとおり、塚口でも上映予定です!


まだご覧になってない方は、ぜひともこの名作をお見逃しなく~(滝涙)

  上映予定はこちらからも検索できます
   http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id339378/

1/12~(土)
【一週間限定アンコール上映】
塚口サンサン劇場

http://www.sunsun.info/
http://www.sunsun.info/movie.asp?uintID=271&keepThis=true&TB_iframe=true&height=600&width=505

※同時期にカリ城も上映予定。
サンサンさまからは今年も目が離せません!!!


映画の邦題についてはいろいろな意見があったりしますが
(ワタシも言いたいことは山ほど!)
この「海洋天堂」が
「ジェット・リーのオーシャンヘヴン」とかなんとかいう題で
公開されなかっただけでも素晴らしいことです!

<追記>
ワタシがなんかいみても涙がとまらんかった
素晴らしい日本版予告編(いまみても泣いてまう・・・)

http://youtu.be/KvHtB6VeW84
(追記おわり)



サイトを拝見すると、自主上映の取り組みも続けてられるようなので
これからも、大きいスクリーンで拝見できる機会が
あるかも~♪

 http://www.crest-inter.co.jp/kaiyou/index.html

 フイルムやと15万円なのか。。。

 (龍門飛甲をみたら海洋天堂もみたくなりそう(笑))


 海洋天堂のサイトはこちら
  http://www.crest-inter.co.jp/kaiyoutendo/


(おなじく、
 「アンディ・ラウのシンプル・ライフ」て邦題で
 桃姐が公開されなくってよかったわー(汗))
[続きを読む...]

2013年01月03日 (木) | 編集 |

ただいま、心斎橋と六本木で
 「冬の香港傑作映画まつり」開催中!
 http://www.cinemart.co.jp/theater/special/hongkong-winter/ 

ちかぢか別記事に書きますが
「第4回 アジア・アフリカとびっきり映画祭」(1/19)の
 案内を頂戴しました(感謝!)

 上映作品は
 「海洋天堂」「ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡 
   
 http://www.cyber.kbu.ac.jp/blog/ujibashi/
 (まだ大学のサイト(ここ)には出ていません・・・)
  
昨年の にしのみや でも上映された
「海洋天堂」まだまだ人気ですね(微笑)

そしてこの情報を探してて
こんなんもみつけた。デジタルでもいいし行きたい。。。

アスニーシネマ(京都)「恋多き女」
 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/cinema/ci.html


いまさらではございますが
新年快樂!

 どうも調子が悪く実家におしかけ病人(食べて寝るだけ)してしまい
 フリーパスもあり映画の日やレディースデーなのに
 1日も2日もどこにも映画に行けなかった ぐれいす です(涙)

年末からまたBLOGが放置になってしまい
すみませんー(ゲホゲホ←咳でごまかす)

旧年中のみなさまのご愛顧(←勝手に決めてる)
 こころから感謝いたします。

 本年も多少の進歩はしたいと思いますが
 「変わらない」のがここの良いところと信じ
  マイペースに精進に努めます!


みなさまに幸あれ~!!!

                          (恒例の某神社にて)

 ※たぶん来年もこのネタやと思う(汗)


今年はとてもじゃないけど、みた映画を数えきれませんでした(汗)

初見の映画は
たぶん250本くらいじゃないかと思います・・・。

(あ、でも12ヶ月ほとんど20本越えてたからもっとか?)


今年こそちゃんと
 インターネット映画大賞に投票できるようがんばります。。。

 http://www.movieawards.jp/

 (うわ、今年のしめきり14 17日 やん(涙))


 これも↓ (といいつつ去年もしめきりにまにあわへんかった・・・)

 ちいさなひとのえいががっこう2012ベストテン

 http://yaplog.jp/eigagakkou/archive/187


去年やっていた、「いろいろベストワン」
今年はもうちょっと時間がかかりそうなので
すごい衝撃をうけたものだけ紹介しますー♪
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。