猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月28日 (金) | 編集 |

気になる人が多いと思うのでひきつづき貼っとこ♪

小さなバイキング ビッケ [DVD] (まさかの実写化!)
小さなバイキング ビッケ(2012/12/05)
(ヨナス・ハンメルレ、ワルデマー・コブス 他)


是枝監督のファンとしては
まえまえから、新ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」
見なくてはっ!!!と鼻息あらくしてたのに
あおいちゃんが出るって
今朝め○ましを見るまで知らなかった~(恥)

ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」制作発表会見
http://topics.jp.msn.com/entertainment/tv/photo-article.aspx?mediaid=3731599

おおお、やっぱりアンテナ買うか~(汗)な
朝からどきどき の ぐれいす です。

  BLOGもさぼりがちですが
  映画も行けてない。

  どんだけ忙しいというかタラタラと
  やる気がないかっちゅーと

  まだCUTも買えてない(泣)
 
  Cut (カット) 2012年 10月号 [雑誌]

  (王菲だけじゃなく
   シャルロット・ゲンズブールも載ってるのに!)

   http://ro69.jp/product/magazine/7
  
   ↑ここに載ってる映画、
    12本のうち、8本しかみてないよー(泣)

さて。
きのーの爆音にはとっても行けそうになく
ここで紹介するのもうっかりしてましたが
紹介ぐらいしておけばよかった。。。

『カルロス』全3部一挙爆音上映
http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/wot/wot12/0927_carlos.html

『カルロス』爆音一気上映@同志社大学ハーディーホール
http://www.boid-s.com/archives/5924040.html

ハーディホール、
これからもいろいろ上映が続くのですが
平日昼間がほとんどなのでなかなか行けません(泣)

で、ぼちぼち関西にもき始めている「カルロス」

今週末からいよいよ
みなみ会館に登場です!!!

9/29(土)-10/5(金)『カルロス』1週間限定上映!
http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/6219

カルロス http://www.carlos-movie.com/(←音が出ます)


みなみ会館で、なんの予備知識もなく予告をみたとき
最後に

「上映時間5時間半」  と出たときは

びびるのを通り越して笑っちゃいましたが(失礼)

これね↓


http://youtu.be/EynoSBwByRU

(最後にそれを出すように作った人、勇気あるなあ~)


ジョルダーニ家を完走したわたくしには
コワいもんはありません^^(キリッ)

  ジョルダーニ家の人々 http://giordanike-movie.com/site/


カルロス、アサイヤス監督なのに
フランス語じゃないのかー?というのはちょっと残念やけど
予告をみてたらめっちゃ面白そうなんで
ぜひともチャレンジしたいところ。

(こういうのは
 みにいきたい、みたい、というより
 「頑張っていってくる・・・」て気分がする。
 いかんいかん)


今年は、長い映画がハヤリなのか
ちょっと先ですがこの映画↓もめっちゃ長いらしい(汗)

ミステリーズ 運命のリスボン
http://www.cinematoday.jp/movie/T0015016
(ここには「4時間27分」とあります(汗))

公式サイトはまだなのかな。

http://www.alcine-terran.com/


関西ではテアトル梅田に上映予定が載ってます。

http://www.ttcg.jp/theatre_umeda/comingsoon
(11/10(土)~)

こういう、4時間とか5時間とかいうのんが続くと


[続きを読む...]
スポンサーサイト

2012年09月26日 (水) | 編集 |

京都ヒストリカ映画祭
今年は12/1(土)~9(日)だそうです
http://historica-kyoto.com/

いちおう貼っとこ(笑)(前はこんなん、やってたのよ~♪)

 ソード・ロワイヤル [DVD] 昨年は「刀見笑」上映

 おととしは2作品が劇場公開されたのねえ。。。
 チョン・ウチ 時空道士 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] 決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイ [DVD] ランカスカ海戦 ~パイレーツ・ウォー [DVD]
(クイーン・オブ・ランカスカはDVD発売のみ)

今年の
大阪ヨーロッパ映画祭の日程はいつなんやろ(汗)



↑調べてたら、ビッケ実写版
 発売になるようです。

 小さなバイキング ビッケ [DVD] 小さなバイキング ビッケ(2012/12/05)

 うれしー!!!

 これ↓です

 
 http://youtu.be/fHHisuZ_gZo


ニシノミヤの某邦画の舞台あいさつ
気づいたら売り切れてたのでがっくりしていたが
その時間
よく考えたら、とある、なっがーーーーい映画に
いく日がそこしかないのにあとで気づいたので
やっぱり
「映画の神様っていはるんやなあ
 これからもよろしゅうたのんます」な気分の
あいかわらずボケボケな ぐれいす です。

 (ここに書いてないとそれも忘れそう・・・)


で。
この時期、表題を
まえのように(2011/9/26 ←うわ、ちょうど1年前!)
「野田さんが帰ってくる!」にするのは
さすがにやばいと思い
不本意ながら、説明っぽいタイトルに(くくくー)。。。

  あああ。
  もう、どこもつらいニュースばっかりなんで
  いやがらせのように(笑)
  楽しい話ばっかり、タノシゲに書いてる
  アホのよーな私(泣)

  (まにあな私信)
    チケットボードまで登録したのに
    パンちゃん映画が平日夕方って
    いやがらせかー!!!(大泣)
  
    ふつーにシゴトして新幹線で8時に東京に行けるか
    思わず
    不可能とわかってても検索してしもたよ@パンのこころ

    どうやってもいけるわけないやろ!(苦笑)

    「愛的麺包魂」あんなに前?(7/21)からここに書いてんのに
    行けそうもないなんてがっくり。

    ホンマはそのぶん10/13にOSOに行きたいところなのに
    やっぱり、13-14と、関西を離れられそうになく
    なんだかがっくりです。。。


  実は10月の契約書がまだきてなくて
  アタシ、もうくびですか?(←今の忙しさではありえない!(苦笑))と
  どきどきしながら
  シッカリ来週金曜の休暇届を決裁中(微笑)

   これで、合法的?に小波さんに会えます♪

   http://www.kyoto-filmfes.jp/

    
 関西情報としては
 だいぶ先の宝塚映画祭で「楽日」が上映決定なので
 決定~!!!とか書きたいところですが
 さすがに、いろいろな情勢を考えると
 ホンマのホンマに確定するまで
 (いや、いまも確定といえば確定なんやけどさあ)
 ここには出しづらい、ってのがなんとも。。。

  他の映画も楽しみ。(他のは確定やろ)

  「【テーマB】シネマ&ローカリティ ─」が
   すごい、いい感じです。

  http://takarazukaeiga.com/2012/

  「僕らのミライへ逆回転」は大好きなんでまた行きたい!
  「その街のこども」ももういっかいみたいなあ。
   (こないだみたとき、ガン泣きしたから落ち着いてリベンジしたい)

  僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD] その街のこども 劇場版 [DVD]

  スケジュールはまだサイトには出ていません・・・
  (というか今年のサイトができていません。
   できたらツイッターで発表されると思いますが)

  http://takarazukaeiga.com/

  ぜったい2本はみるから、寄付したいところ。
  (気になる方は公式サイトをみてみてください)

  どうか「楽日」がぶじ上映されますようにー。

  ツァイ・ミンリャン監督作品  楽日 [DVD]

では、気をとりなおしてデカ文字で。

ふたたび。
野田さんが帰ってくる~!!!

野田ともうします。 [DVD] 野田ともうします。シーズン2 [DVD]

まさかの、シーズン3が
10/1から放送開始です。


http://www.nhk.or.jp/noda/

  なんで知ったかというと
  きのう(火曜)、KISSをたちよみしたら載ってたからです。
 
  http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02292
  
  (柘植さんが撮影現場をまんがでレポートされているので
   気になる方はぜひお読みください ←まわしもんか!)


いやー、このニュース、気づかなかったのは不覚。

新シリーズは10/1からですが
それまでに、旧作がネット配信中!(テレビでも放送していたらしい)

http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/noda/

こんな大事な情報は
「梅ちゃん」のあと5秒スポットとかで流してほしいわ!(笑)

というのは冗談としても
今週号のステラに(これもたちよみしたけど)
まったく載ってないのは、どうゆうことですか~ッ!

 ・・・と思っていま調べたら、毎週水曜発売なんで
 きょう発売の号にはちゃんと載ってるらしい。

 http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

 江口のりこインタビュー・・・買わねば(汗)
[続きを読む...]

2012年09月24日 (月) | 編集 |

画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 全国順次公開中 → ここ

パルシネマでは
父の初七日 [DVD]10/2から「父の初七日」
http://www.shonanoka.com/(←音が出ます)
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/dragonfly/05lineup.html

ニュー香港ノワール・フェス
 http://3hknoirfes.net/(←音が出ます)
 梅田ガーデンシネマ 10/13~
 (前売り券発売中)
 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php
 福岡 9/29~、愛知、北海道、沖縄・・・と順次公開予定

すっかりBLOGをサボってますが元気です。
(ちょっと目の調子が悪くて映画を減らしているが)

金曜に、前の週みた映画をぜんぜん登録してないなーと
画面をひらいてみたら、今年みた映画 182本 となってて
こわくって続きを登録するのんをヤメた ぐれいす です(笑)

(じつは、今月、ぜんぜん映画
 いけてないよなーと思いつつきのうで19本。おいっ!)

まだ9月、っちゅーか、
映画祭シーズンはこれからやっちゅーの(汗)

 今年の目標は「100本ぐらい(←に減らす)」やってんけどなあ(苦笑)

で、いまの心境、ちょっとこんな感じなんで貼っておきます。

『ZUCCA×ZUCA』 はるな檸檬 第461場
http://morningmanga.com/blog/zuccazuca/1346151840

まあ、ヲタって、やめようと思ってやめられるもんじゃないしー(汗)

おわかりとは思いますがワタシがやめないのんは「ヅカヲタjではありませんが。

  恋はするものじゃなくて落ちるものなのよ~
  (きのう「天地明察」みてたらつい「東京タワー」思い出した)



いちおー書いておくと
オッカケ人生が長いと、多少(←多少か?)の難局や誹謗中傷や
様々な憶測・デマ・誤報など、もう
そんなに気にしなくなります~。
(その態度を「愛が少ない」と呼ぶのならそれでも結構(←暴言)

オッカケ方は人それぞれですが
前も書いたとおりここは「何があってもこの調子」です(笑)
ここに唯一、いいところがあるとすると
情報がたくさん載ってるとかまいにち書いてる(←大嘘)とかじゃなく
いつ来ても
「同じ温度でずっとみぃはぁ」なことかも~ ←まったく自慢にはならない(笑)


さて。

きのーおととい。

噂の「ヴァンパイア」「天地明察」をみてまいりました。

Wあおい(蒼井優&宮崎あおい)の映画が
おなじ時期にロードショー公開されてるんって、
こうゆう感じで
ハシゴした記憶がないんやけど、過去にやってたかなあ?
(共演した映画については後述)

  ものすごっくハシゴでみたかったし
  夜は「星の旅人たち」に行くつもりだったから
  天地・・・はできたら塚口でみたい、とか
  無理やったらパークスとか、いろいろ考えたが
  どーーーーやってもハシゴできなかったので
  2日に分けてみました。残念。
  (ルクアの上にいけばよかったのかもやけど
   あそこで定価、は勘弁。。。←すいません)


映画。
みにいく前に考えてたよりも
それぞれ良かったです。
(ただし、もとの期待値はぜんぜん違いますが(苦笑))


(そしてあちこちで、何度か「ヴァンパイヤ」と書いてたけど
 正しくは「ヴァンパイア」。申し訳ない。)

ヴァンパイア http://vampire-web.com/
天地明察 http://www.tenchi-meisatsu.jp/


みるまでなんも考えてなかったけど
日曜朝イチにみてきた
「天地明察」はひさびさにみた「理数系映画」(笑)
そして、思ったよりもハランバンジョーでドラマチックな映画でした。
(セキヘキみたいな場面もあるしね~(苦笑))

しかも、あまりにもキャストが豪華なんでびびる。
いいんですか?(笑)
ちょびっとだけのナレーションが
(こんなちょっとだけのためにXXさんがナレーションて
 ないよね?めっちゃ似た声やなあ)と思ったら
やっぱりXXさんやったし。

まあ、でも映画か?ちゅうたら
やはり「ドラマ寄り」かなあ。。。
5回連続ドラマみたいな感じで
某放送局の時代劇ワクでみたかったかも。

  あまりに現代的なせりふがところどころ気になった。
  「○○が趣味」ていう概念、って江戸時代にあったのかなあ、とか。
  「落ち込んでます」てのは最近のコトバじゃないんかなあ、とか。

  あ、でも「ペキン」ていうのはさすがに気になって
  帰ってから調べたら「唐音」なんで江戸期には
  使われていたかも、てことでした。
  なんでもかんでも、「ヘンじゃない?」と目くじらを
  たてるのはよくないですねえ(恥)
  よけーなことですがメモっておきます。
 

さて、天地・・・

ツルギダケで
(もっとあおいちゃんを出せー!!!)と
映画館で暴れそうになったヒトにはよろしいかと思いますが
たくさん出てきて嬉しい反面
まにあ(笑)としては
(このまま「癒し系 花瓶女優」の道へいくのか?)と
ちょっと不安。
いろいろあったので、事務所の方針なのかとかってに憶測するけど。

ライク・サム・ワン・イン・ラブの予告をみるたび
(地元ではまだ上映してないのだ(しくしく))
これがあおいちゃんだったら。。。(※)と思うワタシには
これからの「あおいちゃん」を考えさせられた映画でした。

 はい。よけーなお世話です。

 でも「ユリイカ」(4時間ほど)をロードショー時に
 立ち見(床に新聞をひいてすわった)でみたわたくしは
 これからも、(何があっても)
 あおいちゃんのオッカケもやめないっすよー。

    ※注 「これがあおいちゃんだったら」
    
    なんでこんなこと書いてるか
    ちゃんと説明しとかないとただの
    妄想BBAですね(汗) 

    以前けっこう話題になっておったのですよ~(泣)
    http://www.cinematoday.jp/page/N0030315   
    http://eiga.com/news/20110214/23/

    ココでも書いてます → (2011/2/16



で、ヴァンパイアのほうは
優ちゃんのでてくるシーンはそんなに多くはないんだけど
さすが岩井映画。

リリィ・シュシュや花アリでみていた
「岩井映画の優ちゃん」そのものを
スクリーンでみるのはやはり感動です。

元気いっぱいだったり
ちょっと頑固でヒトスジなわではいかない、とか
そんないろんな役をやる優ちゃんもいいけど

やっぱり、岩井映画の神秘的な感じの優ちゃんは
特別だなあ、と思いました。
(長い髪の優ちゃんもこの映画以降はしばらく見られないでしょうし)

映画じたいはまたこれが
ちょー岩井ワールド(←アタマわるそうな表現やけど他におもいつかん)

う、うつくしい。。。


と、あらすじ、とかを文字にしちゃうと
グロい話なはずなんやけど
ほんま、うつくしい~とタメ息が出そうな映画。

 しょーじき
 日本公開がまったくめどがついてなかった時期があり
 どんな感じなのかめちゃ不安でしたが
 なんで、すぐ公開が確定しなかったのか
 (そして、なぜ早く公開しなかったのか)
 理解に苦しむわ!!!

 好き嫌いは分かれるとは思うけども
 それはいままでの岩井映画、ほとんどそうですよね?(汗)


てなわけで、大阪までみにいったんですが
地元にきたら、やっぱりもういっかいみます(笑)


で、なぜ大阪に?というと
[続きを読む...]

2012年09月21日 (金) | 編集 |
(小声)作品だけ発表されても
    スケジュールがわかんないとどーしよーもない!
    毎年この時期、
    スケジュール待ちが、これまた長い、と
    わかっていてもドキドキです。

    スケジュールが分かってもチケット取れないと
    行けないちゅーのも困りもん。。。(涙)

    そして今年
    「チケット」(?)がちゃんと買えるんか?ワタシ(涙目)



さて。

今日(木曜)は「瞳は静かに」にすべりこんできて

http://www.action-peli.com/andres.html

まったく何の疑いもなく
スペインの映画(だってずっとスペイン語なんやもん。。。)
思い込んでいたら
「夏」のchapterにいきなりクリスマスが始まって
びっくり仰天!な ぐれいす です(アホすぎる!!!)

 なんとブエノスアイレスの映画でした(汗)

 (知らんかったんはワタシだけや。きっと。)

 こないだの、ムッシュ・ラザールや
 テイク・ディス・ワルツなどの件といい(※)
 言語からかってに「国」をきめつけるのはやめよう(泣)


   ※ムッシュ・ラザールは予告から
    フランスの映画となんの疑いも持たずみてて
    中盤あたりで「カナダ」が舞台と分かり驚愕。

    テイク・ディス・ワルツは英語でしたが
    それも、アメリカが舞台と思いきや
    しっかりカナダでした。

    どっちも面白かったし何の文句もないけど
    それにしても、ワタシ、アホすぎる。。。
    

 で、きょうの映画。
 もしアルゼンチン、と最初から思ってみてても
 そうでなくても
 ワタシ自身は感想は変わらない気がしますが(苦笑)
 おとこのこ版、「ぜんぶ、フィデルのせい」の
 超シリアスバージョンていうか
 無理してみにいってよかった。  ←ワタシ基準

ブエノスアイレスの映画って
みるのん、初めてか?と調べたら
「瞳の奥の秘密」もそうやし、なんと
大好きな「ボンボン」もブエノスアイレスやった。。。

  ああ、なんか、もっとシッカリしろよ!ワタシ!

あ、
それよりも
水曜にみてきた「鍵泥棒のメソッド」

http://kagidoro.com/

めっちゃ良かったです。
すごい笑ったし。

千円でみてしまい、もうしわけありませんでした。。。

大人のコメディを愛する、そこのアナタ!(←誰?)
さあ、映画館へGO!!!

一部のスキも無い脚本で
素晴らしいキャストに
カンペキな演出でコメディを撮って
人を笑わせる。

(しかも今回のおそるべき
 伏線のたたみ方。驚愕)

これだけのことができる人って
日本にというより世界にも、そんなに何人もいない。

  それなのに、その才能があっても
  シリアス映画とかを撮っちゃう人もいたりして
  そういうのん、
  もったいないよなあ(小声)


とハナシがそれましたが

これめちゃ欲しいです。(いきなり本題)

アジアのかわいい刺繍

アジアのかわいい刺繍
(2012/10/16) 誠文堂新光社

(このBLOGは「欲しいもの帖」かッ!?(笑))

表紙の写真をみているだけでシアワセ(うっとりー)


これ↓の続編らしく、こっちも読んでみたい。

世界のかわいい刺繍 世界のかわいい刺繍

世界各地で古くから伝承され、時間と手間をかけて作られる世界のさまざまな刺繍を紹介した本です。世界各地の独特な刺繍模様や色彩は、刺繍好きはもちろん、お国柄も出て純粋に見て楽しめる本になっています。刺繍は、各地方のおみやげなどにも用いられている刺繍製品から、フェアトレード、アンティーク、民族衣装、ミシン刺繍など、さらに刺繍作家がつくる刺繍など、現代に製作された小さな刺繍を中心に紹介。見ているだけで楽しくなるかわいい刺繍をセレクトしました。また、刺繍にまつわるストーリーや手芸作家として海外の伝統的な刺繍を広める方達の作品もコラムで紹介。ブルガリア刺繍、アメリカンクルーエル、ブータン刺繍、モロッコ刺繍など、日本の手芸の中では珍しいものをコラムとして取り上げます。本書での刺繍紹介国は計34カ国、刺繍の種類は62種類を収録。写真掲載した刺繍作品の購入先情報もあります。

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=3274



あああ。欲しいものだらけ。
ぢっと手をみる。


そういや、みんぱく、世界の織物展なんで
そっちも行きたいなー。

http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20120913loom/index


ちかいうち、セルシーに
ラヴィド・ボエームをみに行かないといけないので
なんとか回れたらいいのですが。

映画パンフレット 「ラヴィ・ド・ボエーム」 監督/脚本 アキ・カウリスマキ 出演 アンドレ・ウィルムス/イヴリヌ・ディディ/マッティ・ペロンパー/カリ・ヴァーナネン/クリスティーヌ・ムリーリョ/ジャン=ピエール・レオー

http://selcy-theater.com/


と、カウリスマキねたになったところで
[続きを読む...]

2012年09月19日 (水) | 編集 |
きのーの記事に
さらっと書き足しておいたのですが
いちおうきちんと載せておきます。

「画壁」
日本版DVDが発売されるようですよー

画皮をみたばっかりですが、孫儷、いいよなー♪
(こっち(画壁)はみてないけど
私は地上波で新上海グランドに
めっちゃハマってから
スンリーのファンです)


チャイニーズ・フェアリー・ストーリー [DVD]
チャイニーズ・フェアリー・ストーリー


その愛が、麗しき天女の世界を救う!
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』から二十余年!待望の姉妹篇が登場!!
百花繚乱の仙女の世界を描くファンタジー・アクション大作!

http://www.amazing-dc.jp/movie/action/adp-8034.html


吹き替え版も収録されるようですが
孫儷の声は真綾さんなのだろうか? ←ワタシにとってはめちゃ重要(笑)


こんなときだからこそ(笑)
これを貼っておきます。(功夫篇がみつからなくて残念)


[続きを読む...]

2012年09月18日 (火) | 編集 |

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 京都みなみ会館 上映中(9/21まで)
 東京ごはん映画祭
 第1回 横浜中華街映画祭 2012
でも上映予定!


パルシネマでは
父の初七日 [DVD]10/2から「父の初七日」
http://www.shonanoka.com/(←音が出ます)
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/dragonfly/05lineup.html

きのーは、久々に奈良にいったのですが
映画をみて、ほぼトンボ帰り、な くれいす です(汗)
でも例によっていろいろ写真を撮ったので
またおいおい記事にしたいところ。。。

さて。

いま、こんなときだからこそ書いてみる。
    ※リンク先は音が出る場合があります。
    ※※いま発表となっている上映情報をただ集めだけです。
       時期等は変更となる場合があります。


 -いろいろ追記しました-


<上映中・全国巡回中>

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件(狄仁傑之通天帝國)
  http://www.dee-movie.com/
  上映劇場→ goo

さらば復讐の狼たちよ(譲子弾飛)
  http://saraba-ookami.jp/
  上映劇場→ goo

台北カフェストーリー(第36個故事)
  http://www.taipeicafe.net/
  上映劇場→ goo

「父の初七日」(父後七日)
  http://www.shonanoka.com/
  上映劇場→ goo

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛(The Lady)
  (フランス制作)楊 紫瓊出演
  http://www.theladymovie.jp/
  上映劇場→ goo

画皮 あやかしの恋(畫皮)
  http://www.gahi-movie.com/
  上映劇場→ goo

盗聴犯~死のインサイダー取引~(竊聽風雲)
  http://www.cinemart.co.jp/theater/special/hongkong-summer/
   (2012 夏の香港傑作映画まつり)
  ※シネマート六本木で9/21まで上映

ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black & White Episode 1
 (痞子英雄首部曲 全面開戰)
  http://www.bw-movie.jp/
  字幕版上映劇場→ goo

[続きを読む...]

2012年09月17日 (月) | 編集 |

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 京都みなみ会館 上映中(9/21まで)
 東京ごはん映画祭
 第1回 横浜中華街映画祭 2012
でも上映予定!


パルシネマでは
父の初七日 [DVD]10/2から「父の初七日」
http://www.shonanoka.com/(←音が出ます)
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/dragonfly/05lineup.html

おはようございますー。
連休も
ネットとかニュースをほっちらかして映画漬け(笑)です。

今朝は時間がないのでさらりと。 ←どこが???

いまやっている映画祭について
ぜんぜん紹介できてないのがくやしい~。
  
  なら国際映画祭 http://www.nara-iff.jp/
  関西クィア映画祭 http://kansai-qff.org/2012/

 ふらんす映画のネタもいろいろ書きたいのですが
 またあらためて。

  この映画、めっちゃみたい!!!
  シェフ! http://chef.gaga.ne.jp/

  頭の中では
  ジャン・レノ版 金玉満堂、という妄想が炸裂中。
  ↑あくまで妄想です。実際の映画とは関係ありません

    
    http://youtu.be/cf2Nk3Ld8Og
  
  (ギャガさん、そんなにまとめてフランス映画を買い付けて・・・
   なにかあったんですか?(汗)
   これからもよろしく(笑))

   新作情報といえば
   これもめっちゃ気になるんやけどさー

   100万回生きたねこ
   http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=13072
   (タイトルみてるだけで涙目)

 書くまでもないが(笑)
 きのうも映画漬け。(4本みました(汗))
 待ち時間には、ロビーで10月のスケジュールを
 検討していたのですが・・・(そんな時しか時間がない~(泣)
 インドフェスのちらしをいただいてきたものの
 スケジュールとタイトルしか書いてなくて
 あらすじどころかキャストも載ってない。。。

 京都映画祭のラインナップやゲストもすごいんで
 http://www.kyoto-filmfes.jp/
 (小波さん~!!!(泣)
  しかも、そのトークショーに行くと
  シネヌーヴォーの「山田五十鈴特集」の
  「必殺!」がみられないという
  時代劇ファン泣かせのスケジュールなのです(涙))
 
 どっちをどうやりくりするか
 もともと考えあぐねてるんですが
 さて、どう作品をセレクトしたものやら
 途方にくれていた ぐれいす です(汗)

  ・・・と思ったらこっち↓(PDF)には載ってるじゃん!(怒)
  http://indianfilmfestivaljapan.com/data/files/IFFJ_film_guide_in_Japanese1.pdf

  ちょっとみくらべて、スケジュール考えよう。。。

  こういうとき、つい、一度みてる映画に
  ついまた行ってしまったりするのだった。
  きっと「人生は一度だけ」(←別のタイトルになってたが(汗))に
  行っちゃうんだろーな、ワタシ(汗)

  かんけーないが
  南座のトラさん特集のチラシも
  日付とタイトル!しか書いてなくて
  めっちゃ不親切
  せめて、マドンナの名前くらい載せて欲しい。。。
  タイトルと、別の資料から出演者を調べろってか!?(ちょい怒)
  (神経衰弱か!(笑))

  サイトにはいちおうリンクが出てるので
  ネットでみたら丸わかりなんやけど
  http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2012/8/post_82.php
  チラシをみたときはびびったよ~(笑)

  http://www.shochiku.co.jp/docs/pl_mi1208_schedule.pdf

  だいたい、ネットする層がターゲットやないよね?(汗)

    ※ちなみに、ジュリーの出てる
     「花も嵐も寅次郎」は9/19(水)
     連休あけすぐなんでとても休めない。。。
      ↑調べてるんかい!(笑)


  で。映画祭の宣伝ちらし、とかについて
  まあ、山田五十鈴特集とかはともかく
  こういう、インド祭りとか
  ラテンビートとかブラジルとか
  あまり、監督や俳優さんが認知度がすごく高いわけでない
  でも、ステキな映画を「日本に新しく紹介しよう!」と
  イキゴミをもってらっしゃるならば・・・

  「絶対におすすめのこの1本!」と
  映画祭からのセレクト3本、くらいは
  推薦の映画を載せてほしい(泣)

  別に、そんなもん気にせずみる、て人は
  気にしなかったらいいハナシなんやからさ。


  これ、だいぶ前に教えてもらったんやけどわかるわー♪
  
  「人は選択肢が多すぎると、選択することをやめてしまう」
  

  (ワタシも、旧作の仏や伊の特集上映とか
   中国映画の全貌、とかについて、自分のわかるものは
   このBLOGでなるべく
   私的おすすめ、とか勝手にセレクトとか
   できるだけ載せたいと思います・・・) 


で。
こないだから、フイルム上映について、
たらたらといろいろいろ考えていたのですが。。。


ついに、満を持して
塚口サンサン劇場さまで
10/6から
噂の桐島をフイルム上映です!!!
(だいぶ先ですが)


キリシマをみたあと
(フイルムでみたかったなー
 またサンサンに来るまで待つかー)
とか
勝手に言ってたのですが(笑)
実現の運びとなり嬉しいです♪

どついたるねん&ベッカムの後は
「なつかし上映」がちょっと休憩で、ワタシも少し
休憩中(←うそうそ)ですが
また行きますね!

さすがに毎週あそこまで通うのはツラいのですが
「天地明察」って、フイルムのほうがよいのか
近所のシネコンでポイント鑑賞がいいのか
いまだ図りかねております(苦笑)
さて、どうしましょーか。

 見逃してる「星の旅人たち」には
 行きたいんですけどねえ。。。
 星の旅人たち [DVD]
 (おおかみこども、もフィルムでみたいしなあ)


BLOGに上映一覧があったのでコピっておきます。

今後の上映 
9/15(土)~  『天地明察』(終了日未定)
9/22(土)のみ 怪談トークライブ『四谷怪談』
9/22(土)~  『星の旅人たち』(9/28迄) 『トップガン』(10/5迄) 
9/29(土)~  『私が、生きる肌』(10/12迄)
10/6(土)~  『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(10/19迄)
          『ヘルタースケルター』(10/19迄) 『桐島、部活やめるってよ』(10/19迄)
10/13(土)~ 情報解禁をお楽しみに!
10/20(土)~ 『エクスペンダブルズ』(終了日未定) 『リンカーン弁護士』(11/2迄)
10/27(土)~ 『夢売るふたり』(11/9迄) 『鮫肌男と桃尻女』(11/2迄)
11/3(土)~  『黄金を抱いて飛べ』(終了日未定)前売券発売中!(特典は終了致しました)
          『北のカナリアたち』(終了日未定)前売券発売中!(豪華ブックレット付き)
          『裏切りのサーカス』(11/16迄)

すべて35㎜フィルム上映です!

http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-11353936914.html


「裏切りのサーカス」は必見な気がする。
【映画パンフレット】 『裏切りのサーカス』 監督:トーマス・アルフレッドソン キャスト:ゲイリー・オールドマン、キャシー・バーク
(フイルムでやるって分かってたらずっと待ってたのに・・・
 ↑桐島も同じく(泣))

サメハダも楽しみやわー(見逃しているので)

鮫肌男と桃尻女 [DVD]

あと、上記の表にはないですが
「ジェーン・エア」も映画サイトのほうには
12/22と載っています。

ジェーン・エア [DVD](DVDは12/4発売)

http://janeeyre.gaga.ne.jp/

絶対もういっかいみる~!!!(泣)

 DVDが出るけど、これは絶対フイルムでみたほうがいいです!(大泣)
 公開のとき、シネコンのデジタル上映しか選択肢がなかったのが
 ホンマ悔しいわ!!!



で、フイルムについて、考えてることは
ぜんぜんまとまらないし、今日、なにを書くということも
アテはないのですが
先日、豊田監督の衝撃のツイートがあったので
メモっておこうと思って・・・。
[続きを読む...]

2012年09月15日 (土) | 編集 |
この下は
「エンコミ2012」について書かせていただいてます。
http://natalie.mu/comic/news/76544
よろしく!!!

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 京都みなみ会館 上映中(9/21まで)
 東京ごはん映画祭
 第1回 横浜中華街映画祭 2012
でも上映予定!


ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10/13~に決定
 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php
 福岡 9/29~、愛知、北海道、沖縄・・・と順次公開予定


ラ・ワン
 http://www.uplink.co.jp/raone/
 9/8~大阪で上映中!
 上映の詳細はこちら→ シネリーブル梅田
 ※上映前に「オーム・シャンティ・オーム」 の特別PV映像を上映
 http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/topics/detail/15711

「白蛇伝説」もDVD発売決定!(ほっ)
白蛇伝説 [DVD] 白蛇伝説 (2012/12/07発売)
けっきょくタイトルは漢字に戻ったの?(苦笑)
http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8027



さて。

昨日の朝に書くつもりでしたが寝坊して書けず(悲)
昨夜もfbをちょっとのぞいたらコロリと寝てしまいました。。。

  記事のUPが遅れましてすみません。。。

今頃ではございますが
まずは、先にりんちぇ先生のDVDを上に貼ってしまったが
1はどうしたのよー!!!(大泣)
ここでかってに叫んでいた
「竊聽風雲」
ぶじ12月に発売とのことです。

盗聴犯 死のインサイダー取引 スペシャル・エディション [DVD] 盗聴犯 死のインサイダー取引
http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8022
(スペシャル・エディションなのですねー(汗))

※シネマート六本木では今週も上映中!
 http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20120507_9395.html

それにしても、2が先に発売で
しかも、間があきすぎやでー!!!(汗)

 盗聴犯 狙われたブローカー スペシャル・エディション [DVD](2012/11/09)
  
  なんで1ヶ月も遅れるわけ?
 
  「まにあ」としては
  2本ぐみで、かっちょいいパッケージにして
  「男前3人の奏でるノワール」とか
  あちこちにアピールしてほしいわ~


そして「死のインサイダー取引」
「allcinema」さん!8/18日本初公開て書いてるけど
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=342834
 これは2012夏の香港傑作映画まつりとして東西で上映されたので
 大阪の8/4が日本の劇場での初公開日ですよ!
 http://www.cinemart.co.jp/theater/special/hongkong-summer/

 (まあ、「イザベラ」もあちこちで
  2011日本公開とかになってたりするけどねえ(汗)
  http://www.kinenote.com/main/s/?cinema_id=42049
  映画祭は外しても、あえていうなら、
  かずかずの特集上映じゃなくて単独劇場公開といえる
  みなみ会館さんでの上映(2009/11/28)が劇場公開日、なんじゃないの~?
  http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e361161.html)

とハナシがそれましたが(笑)

もういっこ、彦ちゃんニュース!!!

これも発売です。

ジャスト・ア・ヒーロー [DVD]
 ジャスト・ア・ヒーロー

この題名では分かりにくいですが
大阪アジアン映画祭で「離れられない」の邦題で上映された
「Inseparable」(形影不離)のことですよね?
http://www.oaff.jp/2012/program/compe/06.html

劇場公開されず、DVD発売なのは
個人的にはちょっと残念。

ジャスト・ア・ヒーロー
http://www.amazing-dc.jp/movie/action/adp-8036.html

これ、ワタシはけっこう好きです。

  (小声)まあ、劇場公開されて
      DVDが出ない、というよりは、いいのか?


http://youtu.be/mHHQf0gsuHk

ちょびっと、キ○クアスぽいところも面白いし
終わってみると、全体がちょっとフシギな感じなのもいい。
(そのフシギ感がだめな人もあるやろうけど・・・)

  香港迷としては
  「殺しも殺されもしない一般人の彦ちゃん」(すいません!)なだけでなく
  ぺらぺらの英語をかっこよくしゃべってるのもステキだし
  寝ぐせなんかがついてる
  「かっこよくない、でもカワイイ彦ちゃん」も
  堪能できるところがポイント高し!です。


わたくしがタラタラ紹介しているよりも
紹介の許可をいただきましたので
「愛情いっぱいのカンペキな映画紹介」が載っている
BLOGをリンクさせていただきますね♪
  

ネタバレOKな方はこちら↓

「離れられない」を観て 前編(笑)
 http://hikomei.blog56.fc2.com/blog-entry-1793.html
「離れられない」を観て 後編(爆)
 http://hikomei.blog56.fc2.com/blog-entry-1797.html

写真が満載なので、いちどみているワタシは
読んでるだけでウキウキです。

映画をこれから楽しみにしている方は
ステキな写真が紹介されているこちらの記事をどうぞ(めちゃ人まかせ(汗))

「離れられない」一回目
 http://hikomei.blog56.fc2.com/blog-entry-1792.html

(usakoさん、色々とありがとうございました。
 劇場公開がないんだったら
 やっぱり、映画祭で2回みてきたらよかったな。。。)


大阪アジアン、といえば
[続きを読む...]

2012年09月15日 (土) | 編集 |
いちおー書いておきます。
世界のあちこちで、なにが起ころーとも
ここは 正常 通常運転です(キリッ)

 
 ※ふだんのみぃはぁ記事を「正常」と読んでよいのなら(笑)
 んなこと、イチイチ書かないほうがカッコイイんやけどさ。

 書いたときは朝でボケており
 「通常」という単語が思い浮かびませんでした(恥)
 じぶんちを正常と表現するなんてドあつかましい~(苦笑)



きのー(金曜)は
いまごろライオリの「なごみクラブ」をたちよみして
スピリッツ(※)も買って(←すでに金曜日やで~(汗))
これ↓も買ってきたぞ~♪ な ぐれいす です(笑)

トルコで私も考えた トルコ嫁入り編 (集英社文庫 た 56-4) トルコで私も考えた トルコ嫁入り編

 (きのうは莫逆のナイトショーにいくつもりやったけど
  シゴトが終わらず。。。(涙目))

偶然まんがネタがつづくけど気にしない(笑)
でも、けっきょく読めずに倒れるように寝てしまって悲しい。。。
(ティファニーもまだ読めてない~(泣)


さて!(嬉)

以前にジェッツ・コミックスから出ていた
遠藤さんの「空のむこう」

空のむこう (ジェッツコミックス)

「9月に文庫化する」というのはだいぶ前から聞いてたのですが
今回も
エンコミ!企画で
しかも、5ヶ月連続発売!だそうです。

 わーい!!!(嬉しい悲鳴)

エンコミ!リターンズ

9月14日、遠藤淑子先生の『空のむこう』(白泉社文庫)が発売されます。
空のむこう (白泉社文庫 え 1-16)

ジェッツコミックス『空のむこう』の内容に加え、これまで文庫未収録だった短編「ストリート」(花とゆめコミックス『ヘヴン』所収)を併録しました。
現代もの・ファンタジー・戦国もの・動物エッセイ…ジャンルはいろいろですが、そこは遠藤先生、常に笑いと涙と明日への勇気を与えてくれる作品ばかり。
今回もカバーイラスト&巻末あとがきを描き下ろしていただきました。
ジェッツコミックス版をお持ちでない方も、ぜひお買い求め下さい。

さて、遠藤先生の文庫といえば「エンコミ」です。
今回もやっちゃいます。

遠藤淑子5か月連続刊行フェア「エンコミ!リターンズ」


9月14日 『空のむこう』(白泉社文庫)


10月17日 『なごみクラブ 4』
(BAMBOO COMICS/竹書房…竹書房さんの「4コマ堂ブログ」はこちら
「4コマ堂ブログ」「なごみクラブ」第4巻/遠藤淑子 絶賛発売中!!
 http://4koma.takeshobo.co.jp/cat04/4143/


11月15日 『犬ぐらし』(白泉社文庫)
「4コマ堂ブログ」エンコミ・リターンズ第3弾「犬ぐらし」本日発売!
 http://4koma.takeshobo.co.jp/cat04/4265/


12月8日『プラネット』(幻想コレクション/祥伝社)

2013年1月25日(予定) 『今月のわんこ生活 3』(DAITO COMICS/発行 秋水社・発売 大都社)

この大イベントを記念して、遠藤先生には「リレー・イラスト」を描いていただきました。それぞれの本の帯の折り返し部分に掲載していきますので、ぜひ5点揃えてつなげてみて下さい。

11月15日発売の白泉社文庫『犬ぐらし』もお見逃しなく!

http://www.hakusensha.co.jp/hbstation/blog/2012/09/post_114.html

※太字や強調や商品画像。紹介リンクは勝手に入れてます(笑)

5ヶ月連続とは今回はすごいわー!!!

で。
[続きを読む...]

2012年09月13日 (木) | 編集 |

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 9/8~京都みなみ会館 上映中
 東京ごはん映画祭
 第1回 横浜中華街映画祭 2012
でも上映予定!


ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10/13~に決定
 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php
 福岡 9/29~、愛知、北海道、沖縄・・・と順次公開予定


しつこく書きますが「刀見笑」DVDが!(汗)
ソード・ロワイヤル [DVD] ソード・ロワイヤル(2012/10/12発売)

昨夜は富士フィルムの「映画フィルム製造中止」というニュースに愕然としていたんですが
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012091200913
ここ↓が一番わかりやすく、かつ「やっぱり深刻」という感じ・・・。

富士フイルム、映画フィルム製造終了へ 「時代の流れとはいえ…」と惜しむ声
(前略)映画のデジタル化が進んでフィルムの需要が著しく減少したため、映画上映用・撮影用のカラーポジ・ネガ、白黒ポジ・ネガフィルム件、デュープ用フィルムなどの製造を中止する。ただ、映画事業から撤退するのではなく、デジタルデータのアーカイブ用フィルム「ETERNA-RDS」、デジタル映像撮影現場向け色管理システム「IS-100」などの製造は継続する。(攻略)
http://www.j-cast.com/2012/09/12146194.html


撮影用も上映用も作らないのかぁ(泣)
てことは、デジタル撮影やリマスターしたやつも
ニュープリントするには
これからはコダックかアグファ頼りなんですね。。。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD120LG_S2A910C1TJ2000/

まあ、慈善事業じゃないから採算が合わない部門が
縮小されていく時代の波には逆らえませんが
デジタルは本当に100年もつわけ?という
ウタガイも晴れないのに。。。残念だわー。
(フイルムのハナシはまた別にいつか書きたいと思います)


さて。
きのーは久々に
まったく知らないまんがをナタリーの紹介に惹かれて
表紙買い。

「いつかティファニーで朝食を」

(表紙の絵が出ないんで夜にでも貼りなおします)

というか1話だけ先に読んでみて良かったので。

↓ここで読めます。
http://www.comicbunch.com/news/2012/04/post-172.php

ごはんがめっちゃ美味しそう。

(そういえば、大阪のごはん映画祭も
 スケジュールが出たのですが・・・
 めっちゃみたい青いパパイヤに行けそうもない感じで涙。
 というか、全然、行けないのでは?(泣)
 あああ。また別にスケジュールを書きます♪)


で、まんがといえば
ちょっと前から、紹介したかったとはいえ
なんじゃーこりゃー(怒)なドラマねたがいろいろ。

きのうも「メロディを買ってます!」と堂々と
書いた気がするが(あ、それはFBに書いたんだっけ?(汗))

読むんは秘密(←本編は終了)とか花花とかなんですが
けっこう楽しみにしてた
「そこをなんとか」

ドラマになるっちゅーのもメロディに載ってたんですが
みおつくし(後述)もびっくりな

そんなキャストはありですか?(涙目)な内容で
ちょっとがっくりしています(ネガティブなことを書いてすいません)

本仮屋ユイカが元キャバ嬢の弁護士役に挑戦!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/30000/126190.html


えっとー。
なんか、スミからスミまで
ぜんっぜんイメージが違いますけど。。。

(えんのすけ、さん、は亀ちゃん、とちゃんと脳内変換しても
 それでも違うでしょ(笑))

まあ、らっこちゃん
例えばホリキタさんだったら多忙なうえに
「出るトコ出ましょ! 」と同じネタだしなあ

(おなじ弁護士ネタなら、出るトコ出ましょ! 」の
 ドラマはめっちゃ良かったのに)

ま、プレミアムなんでうつらないけどさっ!(悲)



そして、書くのもどーかと思うが

わたくしの感じた
「がっくり感」

じぶんだけで長いこと抱えてましたが
もう抱え切れません。

[続きを読む...]

2012年09月12日 (水) | 編集 |

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 9/8~京都みなみ会館 上映中
 東京ごはん映画祭でも上映予定!

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10/13~に決定
 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php
 福岡 9/29~、愛知、北海道、沖縄・・・と順次公開予定


前にも書きましたけど
恥ずかしながら、今年になって初めて
「キッズ・リターン」をみてめっちゃ感動したわたくしですが

キッズ・リターン [DVD]

春に大阪アジアン映画祭で「セデック・バレ」をみてまた感動し
それが日本公開決定!とこないだまで騒いでいたのですが

なんと

「刀見笑」がDVD発売!というのにびびっています。
ソード・ロワイヤル [DVD] ソード・ロワイヤル(2012/10/12発売

しっかりDVDの予告までできてるんで
劇場でちらり、ともかけないのねえ。。。(映画祭でみておいてよかった)


http://youtu.be/zYAz6I8Ktis

この予告では、めちゃシリアスな時代劇みたいですが
実際にはもっと笑える(正確にいうと、笑うべきかびみょーなギャグっぽい)場面もあったり
宣伝とちがって(苦笑)乌尔善(ウー・アルシャン)監督なので
よくいえば疾走感あふれる、ところどころPVみたいな
かっこよさげな映像があったり
大陸映画っぽくないところも多くて私は面白かったです。

映画祭ではもっとめちゃ長いタイトルでしたが
タイトルも短くなって良かった気もするし
前のほうがわけわからんが面白い!な感じもして
なんともいえませんなあ。。。

 ヒストリカ映画祭の紹介


監督、画皮2も撮ってるんやから、捏造(?)な宣伝しなくても
そっちを押したらいいのに。。。

http://japanese.cri.cn/981/2012/06/25/201s194688.htm

  ※やっぱし「映画宣伝改善委員会」を勝手につくるべきか?(笑)

ちなみに画皮IIは
2012東京/沖縄・中国映画週間で上映予定です。
http://cjiff.net/

画皮IIのサイト(中文)
http://www.huapi2.net/(←音が出ます)

 あ、中国映画週間、てことは
 スケジュールによるとワタシもみられる???
 (画皮、1も東京でみたなあ。。。)


で、ちょっと安藤くんにハナシを戻すと
ワタシはテレビをみてないんで知らなかったのですが
TSUBAKIのCMに出てたらしい。。。てことで
調べてみたら


これかいー!!!(泣)

  

http://youtu.be/LFdbdzpszjM


ハナシはそれるけど
この音楽がかかってると
男前名優さんは、数秒しかうつしてはいけないという
規則でもあるんかい!(笑)

ニッシー@ヴィッツ
http://www.tudou.com/programs/view/IEitZsROsro/

てなわけで
とりあえず、日本語字幕つきで刀見笑をみられるんで
安藤くんファンの方
おめでとう~!!! 

横浜では、めーらんふぁんも上映になるしね!(定価で←めちゃ嫌味

花の生涯 ~梅蘭芳~ スペシャル・エディション [DVD]

http://www.chinatownfilmfest.com/


ですが

それにしてもヒストリカ映画祭
劇場公開率がものすごく低い気がする(笑)

映画祭にできるだけ行く、てことですかねえ。。。


ビッケ、どこかで上映するか
続編とコミ(2枚組)で
日本版DVDが出てほしいなあ~!!!


http://youtu.be/JtBL0rAiGaM


ずっと書きそびれてましたが
おととし上映になった
タイの映画「クイーン・オブ・ランカスカ」は
まったく気づかないあいだに
DVDが出てました。。。


[続きを読む...]

2012年09月10日 (月) | 編集 |

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 9/8~京都みなみ会館 上映中

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10/13~に決定
 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php
 福岡 9/29~、愛知、北海道、沖縄・・・と順次公開予定


証人は12月発売!
ビースト・ストーカー/証人[Blu-ray] (9/22からは新橋文化劇場で上映予定)

(うわー!マツオカ先生、帰ってきちゃうの?←と朝からネタバレ(笑)
こっちもワタシにとっては大ニュースや(汗))

さて。
今朝の大ニュースいまは消化しきれないんで後日に落ち着いてからこそっと書きます)
「苦役列車」をちゃんと映画館でみてきたわたくしをホメたい(笑)

そうかー、昨日、「夢売るふたり」に山下監督が出てて
びっくりしたけど、
このニュースのための前ふりだったのかー ←なんでやねん(笑)

  いやー「苦役列車」のときに
  「前田さんはもしかしたら出会いと精進によっては
   20年後にはもしかしたら
   『今の日本映画界のなかのキョンキョン』の位置もねらえる
   いい女優さんに成長するかも・・・」(歌は知らんけど)
  などとえらそーなことを書くつもりが
  あまりにえらそーじゃないかワタシ?
  次の映画をみてから書けば?と思いとどまったんですが(笑)
  いま書くと後だしジャンケンみたいですねえ(爆笑)
  
  とりあえず書いておく(笑)

  みなさーん(←誰?(笑))
  前田さんって、かなりいいっすよー

  http://entertainment.rakuten.co.jp/movie/interview/maedaatsuko/2/

  しかも苦役はA・・・のファン層のヒトは無視してたようなので
  上映のときも
  映画館が大混乱(にーぜろよんろくのKさんのよーに)とは
  ならない可能性があるかも、とか気楽に考えております。

  メディアはほっとかないと思うけどね。

  カンヌに出てもベネチアに出ても何しても
  いつでも報道はすごいと思います(汗)

  個人的にはクロサワ監督よりか
  岩井監督とかと組んでみてほしかったな。(まだこれからなんぼでも可能性はあるか(汗)

それより、このニュースでは、広東語やなくてペキン語映画なのか?というのと
あくしょん映画、て書いてあるのが気になる。

ええええ。アクションっすか?(汗)
もっと文芸ふうというか、謎の芸術映画かと思ってた。
(私の中では黒沢監督というと
 「CURE」とか「トウキョウソナタ」を思い出すので)

まあ、黒沢監督なので、予定どおり完成すると思いますし
おとなしく完成を待ちましょう~

あ、そいから、記事でほかに「は?」と思った箇所。
「日本映画初出演」てのがえっ???と思ってしまった(笑)とゆう
 とーきょー攻略が大好きなわたくしでございました。
あれ、もちろん香港映画ですわな。
アベちゃんも、あれからすんごいトコまで来たよなあ(感心)
(ここ、ほかにも「えッ?初出演」と思った人、
 正直に手え上げてっ♪)

 (なんか今朝は全体にホメてんのか毒はいてんのかワカラン(汗))


きのうのキムちゃんのニュースにびっくりだったけど
それを書く間もなく次のニュースで、もうオッカケきれねー!(汗)

  キムちゃんだし、金獅子賞だし
  日本で公開されるのはほぼ確実と考えられるので
  こっちもおとなしく待ちます。

  ベネチア国際映画祭、キム・ギドク監督作品に金獅子賞
  http://topics.jp.msn.com/entertainment/general/article.aspx?articleid=1368573

  キムちゃん、今はロン毛ファッションなのかー(笑)

  「アリラン」でキムちゃんどこへ行ってしまうの?(汗)と
  思いましたが、またすごい映画のようなので安心です。

  まあ、この賞が、今後
  映画を、とりやすくするんか、とりにくくするんか
  どうなるのか?
  
  キムちゃんにとって良い方向に進みますように♪

  (かってに名指しするけど
   みなみ会館さんやサンサン劇場さんで
   ベネチア記念大特集とか組んでいただけると嬉しいわん♪)


そうそう。今朝、ツイッターをみていて気になった邦画ネタ。
PiCNiC [DVD]
なんですってー!
ブルーレイ、出るらしい、てのは聞いてたけど(詳細は未発表?)
未公開シーンが増えてるってー!?
(そんなんに反応してしまうのって、やっぱしマニアやなぁ~(汗))めちゃ興味津々(笑)

  ああ、そういえば、サカモト&岩井トークショー
  ぜんぜんメモを解読してないわ(笑)
 
  どっちかの連休でがんばります(笑)

岩井映画祭
映画祭シネマライズで日替わり上映中。

http://www.cinemarise.com/theater/archives/films/post-29.html
http://iwaiff.com/topics/cat2/1.php

関西ではやらないのかなあ。。。(泣)


で、さっき書きましたが
きのうみてきた「夢売るふたり」
めっちゃ面白かったよー!!!←わたし基準)
[続きを読む...]

2012年09月08日 (土) | 編集 |
下の記事にも追記しましたが
Gyaoでブラホワこと「痞子英雄」
テレビドラマ版を24話イッキに無料配信だそーです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=15599
9月9日まで!(泣)24話もあるのに・・・

8/4~
画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 シネマート心斎橋 上映中
 Tジョイ京都 9/1~(5番(涙)なのでネット予約不可)

ラ・ワン
 http://www.uplink.co.jp/raone/
 9/8~大阪で上映中!
 上映の詳細はこちら→ シネリーブル梅田

台北カフェストーリー(第36個故事)
 http://www.taipeicafe.net/
 9/8~京都みなみ会館 上映中

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10/13~に決定

 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php

証人は12月発売なのねえ。。。
ビースト・ストーカー/証人[Blu-ray] (9/22からは新橋文化劇場で上映予定)

今日からハーバーなんとか(記事はこちら→ 9/7 )ですが
ラ・ワンの関西上映も今日からです。
(いまのとこ関西は大阪のみ(汗))
そしてこのようなお知らせが!!!

2012.9.7
緊急決定!!「ラ・ワン」上映前に特別映像の上映決定!
「ラ・ワン」上映前にシャー・ルク・カーン主演「オーム・シャンティ・オーム」 の特別PV映像を上映致します!
シャー・ルク・カーンの世界観にどっぷり浸ってください♪
実施の詳細は下記をご覧くださいませ

【上映期間】
9/8(土)~上映終了日まで

【特別PV上映開始時間】
9/8(土)~9/9(日) 18:20~
9/10(月)~9/14(金) 16:05~
※特別PV上映後引き続き「ラ・ワン」本編を上映致します
※15日以降の上映時間は未定

皆様のご来場お待ち致しております。
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/topics/detail/15643

わーお!!! 楽しみ♪

  ちなみに、シヴァージもサイトができてます。
 
  http://www.masala-movie.com/sivaji/(音が出ます)

  (インド関連の話はまだまだあるので下のほうまでお読みください)
 

というわけで長くなりましたが
まずちょっとたちよみしてきたLEE(読んだん初めてかも)
LEE (リー) 2012年 10月号 [雑誌] LEE (リー) 2012年 10月号

ふかっちゃん表紙なので、ハイハイ、「踊る」の宣伝ね(汗)と
思ったら
深津絵里さんの元気をもらえるベトナムの旅
http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=32085
ということで、ちょびっと旅行案内が載ってました。

「カトリーヌ・ドヌーブが通った店」も載ってて
うわー!!!と思ったけど、調べたら有名な話らしい(汗)

 ここ↓にも載ってた~
 ぐるなび(ハノイ)「Kinh Do Hanoi Cafe 252」
 http://www.gnavi.co.jp/world/asia/hanoi/w508840/

(すいません、インドシナ、みてません。。。)

なんでLEEを読もうと思ったかっちゅーたら
美味しそうな鶏肉料理が載ってから。で
また立ち読みして作れそうなら買ってしまうかも(笑)


ベトナム、というと
来週は東京で
ベトナムフェスなんですって。いいなー。

ベトナム、キてるのか???

ベトナムフェスティバル2012
http://www.vietnamfes.jp/

なんで知ったかっていうと
今週はスリランカフェスだ、とシブヤ経済新聞に出てたから。

http://www.shibukei.com/headline/8792/

調べたら、代々木では毎週のようにフェスがあるんですねえ。。。

http://tigerfestival.blogspot.jp/

で、
[続きを読む...]

2012年09月07日 (金) | 編集 |
祝「賽德克、巴萊(セデックバレ)」
完全版
(台湾オリジナルバージョン)で来春日本公開決定

アジアンパラダイス(2012/08/27)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/08/post-1f11.html

9/1から
マクダルのカンフーようちえん(麥兜响噹噹)公開中♪
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/
(日本語吹き替え版のみ(泣))
 ここ ←で上映中(関西は久御山に来るまでなし)
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/theater/

8/4~
画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 シネマート心斎橋 上映中
 Tジョイ京都 9/1~(5番(涙)なのでネット予約不可)

ロボット(完全版)
 8/25~神戸で上映中! 上映の詳細はこちら→ KAVC

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10月予定

 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php



こないだみてきた「最強のふたり」
左の「おすすめ」に追加しておきましたが

それにしても

字幕上映で
ハリウッド作品でも英語でもなく
しかも俳優さんが超有名とかでなくても


よい映画なら人は入る! というのはいいことだ。

 http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=15632
 http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/pia/2012/09/post-1081.html
 http://www.excite.co.jp/News/laurier/cinema/E1347023427527.html

 聞いてますか~!?
 中華電影をとりあつかう関係者の方々~(泣)

いえ、フランス映画界ではもちろん超有名な方々ですけど。
日本で「ミックマック」とか「PARIS」とか
「最後の賭け」とかみてる人は少数派だと思うので。
(ワタシはみてますけど(笑))

  まあ、2点、難をいえば

  「最強のふたり」という邦題
  悪くはないけど、この映画に合ってるのか?ちう問題と
  それよりも
  今後、たとえば りんちぇ先生とど兄さんとの
  強烈タッグの最強アクション映画が撮られたときに
  その邦題が使えないのがすっごく悔しい気がする。

   (まあ、「最強の二人 ~最後の英雄バトル~」とかに
    しちゃってもよいわけですが。最後でなくても(笑))

  とにかく、そのタイトルは最強なふたりが出る何らかの
  映画のために、とっておいてほしかったなー ←余計なお世話


  あと、ふらんす映画オッカケ者としては

  「フランスで大人気!!!」(興収1位とか)という映画は
  前述の「ミックマック」とか「アメリ」とか
  「ヒトスジなわではいかない、ヘンな映画」てことが多いので
  楽しみにしてたんですけど ←マニアック
 
  ふつーーーーーに面白かったのでちょびっとだけ残念です(笑)

   まあ、帰宅してめっちゃ踊りたくなったのは確か。

   またこの曲↓が誰のか思い出せなくってくやしかったっす。

    これ(ゆうちうぶ) ※映画をみてからのほうがいいかも


さて。

前売りは買ってきたものの(夜の上映がないから)
ちょっと(ワタシの中では)テンションが下がってる
はーばーナントカ。


(某映画館にて)

でも、いちおー
関西でも字幕版での上映劇場が
予想よりは多かったんで、ほっとしつつ
(というか、あんなに吼えてたのに(笑)
 フキカエのみ、ていう劇場が無かった!(嬉))
予告してしまったんでマトメておきますねー。


まずは関西の情報 ※全国的に字幕と吹き替え両方の劇場が多いようです♪

「ハーバークライシス」字幕版上映劇場の状況
 ※詳細はかならずご自身でご確認ください

梅田ブルク7
9/8~ 吹き替え&字幕 両方上映
http://burg7.com/schedule/
 (9/8は字幕版2回上映)

なんばパークスシネマ
9/8~ 字幕版のみ上映
http://www2.parkscinema.com/ticket/p0010.do?th=0101
 (9/8は1日5回上映)

高槻アレックスシネマ
9/8~ 吹き替え&字幕 両方上映
http://alex-cinemas.com/takatsuki/schedule/
 (9/8は字幕版2回上映)

OSシネマズミント神戸
9/8~ 字幕版のみ上映
http://www.jollios.net/cgi-bin/pc/ttl/det.cgi?ttc=3385
 (9/8は3回上映)

Tジョイ京都
9/8~ 吹き替え&字幕 両方上映
http://t-joy.net/site/kyoto/schedule/
 (9/8は字幕版2回上映(吹き替えは1回)

ジストシネマ和歌山
9/8~ 吹き替え&字幕 両方上映
http://www.xyst.jp/view.cgi?cinema=messa&first=1
 (9/8は字幕版1回上映/吹き替えと字幕各1回)

http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02383

[続きを読む...]

2012年09月06日 (木) | 編集 |
祝「賽德克、巴萊(セデックバレ)」
完全版
(台湾オリジナルバージョン)で来春日本公開決定

アジアンパラダイス(2012/08/27)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/08/post-1f11.html

9/1から
マクダルのカンフーようちえん(麥兜响噹噹)公開中♪
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/
(日本語吹き替え版のみ(泣))
 ここ ←で上映中(関西は久御山に来るまでなし)
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/theater/

8/4~
画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 シネマート心斎橋 上映中
 Tジョイ京都 9/1~(5番(涙)なのでネット予約不可)

ロボット(完全版)
 8/25~神戸で上映中! 上映の詳細はこちら→ KAVC

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10月予定

 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php


今週末からは「痞子英雄首部曲:全面開戰」が日本公開ですが
京都では
「台北カフェストーリー」(第36個故事)も公開です。
 http://www.taipeicafe.net/

(これ半年ちかく待ったよ~!!! 
 でも、映画館でかかるだけ良かった。
 私は4月に姉上と東京でみました♪)

  「みなみちゃん」の映画まんがにもネタになっとる!(笑)
   http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/6360


つまり京都駅方面にいけば
Tジョイ → みなみ会館 と
新作台湾映画が2本もみられる!ということです。

しかもTジョイでは(罰ゲーム部屋とはいえ)
「画皮」も公開中!

 http://www.gahi-movie.com/

 ランチをはさんでハシゴするのもいいかも~♪

※きげんよく書きつつやっぱり吼えておくと
 「画皮」っていうタイトルは
 ふとTジョイのサイトをみて
 がひ?もしかして中国の怪談映画?て
 すぐ分かるところが立派だと思う。

 日本での公開情報を知らなければ
 「はーばーくらいしす」てポスターが
 貼ってあったとしても
 このわたくしでもスルーしてしまいそうやもん。

 このタイトルでこのビジュアル。
 やっぱ納得いかん!!!(怒)
 http://www.bw-movie.jp/

 もともとドラマ人気から映画化してて
 関西でもドラマ放映されてて
 しかもマークが出てるわけやから
 ふだん映画もみなくて
 公開情報なんてまったくノーチェックな
 TVドラマのファンな方々が
 潜在的に多いとかいうマーケティングとか
 まったくしてなさそうですねえ。。。
 (関西のF4人気とかも知らんのか!?)

 関西ではテリー・クワンの隠れファンも
 多そうなのになあ(←ワタシだけ???)

  ま、字幕版上映が確認できたんで
  ちょっと安心、ですけど(笑)

さて。
台湾といえば、こないだドラマの話を書きましたが
また新しいニュースが。

以前に(2011/12/26)紹介しました
台湾ドラマ「海派甜心」ですが
メーテレで昨日から放送されているようです。

http://www.nagoyatv.com/dorama/sweet_devil/

祝・地上波登場!

僕のSweet Devil ノーカット版 DVD-BOX 1 僕のSweet Devil ノーカット版 DVD-BOX2


  まあ、DVDが「ノーカット」と謳われているので
  カットされてるんやろうけども
  ぜひ、関西でも放送してください!


予告編等、貼っておきます。
[続きを読む...]

2012年09月04日 (火) | 編集 |

9/1から
マクダルのカンフーようちえん(麥兜响噹噹)公開中♪
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/
(日本語吹き替え版のみ(泣))
 ここ ←で上映中(関西は久御山に来るまでなし)
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/theater/

8/4~
画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 シネマート心斎橋 上映中
 Tジョイ京都 9/1~(5番(涙)なのでネット予約不可)

ロボット(完全版)
 8/25~神戸で上映中! 上映の詳細はこちら→ KAVC

ビースト・ストーカー/証人(証人)
 キネカ大森で上映中~!
 http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

ニュー香港ノワール・フェス
 http://3hknoirfes.net/(←音が出ます)
 梅田ガーデンシネマ 10月予定

書きたいニュースがいっぱいで
めちゃためこんでますが(泣)
今日は音楽ねた。

こないだから書こう書こうと思ってノビノビになってましたが

台湾のロックバンド
透明雑誌が
 京都のイベントに出ます!


ボロフェスタ2012
http://borofesta.ototoy.jp/

2012/08/20
透明雑誌の再来日が決定。京都秋の名物イベント『BOROFESTA 2012』に出演します!
10月19日(前夜祭)、20日、21日に京都KBSホール&京都METROにて行われる『BOROFESTA 2012』への出演が決定しました。
透明雑誌は10月20日、京都KBSホールでの出演になります!

http://www.toumingmagazine.jp/top.html#news


 ・・・なんで10月なんじゃ~!(涙)


先日の大阪といい
わたくしとは、ぜんぜんご縁がないようです(しくしく)

透明雑誌のツアーサイトには載ってない~

http://tokyohelloz.com/toumingmagazine.html


あと、下北沢映画祭(東京)ではPVが上映されるらしいです。

2012/08/23
下北沢映画祭にて透明雑誌MV『性的地獄』が上映されます!
9/23に下北沢成徳高校ミモザホールで行われる下北沢映画祭で、手塚一紀氏と松江哲明氏によるPV特集上映&トークイベントにて『性的地獄』のMVが上映されます。
詳しい情報はこちらまで!
http://shimokitafilm.com/

http://www.toumingmagazine.jp/top.html#news



「PV」と書いてあるので
PVとインタビューが出てくる
「home home home」を上映するわけでは
ないのかな?

http://www.moosic-lab.com/article/270139070.html#homehomehome


ついでに書いとくと、上記サイトに載ってたけど
タワレコのサイトで連載が始まったらしい。

透明雜誌の透明ディスク
http://tower.jp/article/series/2012/08/29/b537

中文も載ってるのでいろんな意味で勉強になりそう~♪


・・・とオッカケぽいことを書きつつ
まだ にゃんこなCDをGETできていません。。。 はよ買わな!
[続きを読む...]

2012年09月02日 (日) | 編集 |
書くべき記事(宿題)は山盛りですが
今日も緊急ニュース(ワタシの中で)をお届けします~(汗)

祝「賽德克、巴萊(セデックバレ)」
完全版
(台湾オリジナルバージョン)で来春日本公開決定

アジアンパラダイス(2012/08/27)
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/08/post-1f11.html

9/1から
マクダルのカンフーようちえん(麥兜响噹噹)公開中♪
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/
(日本語吹き替え版のみ(泣))
 ここ ←で上映中(関西は久御山に来るまでなし)
http://www.mcdull.jp/kung_fu_kindergarten/theater/

8/4~
画皮 あやかしの恋(畫皮)
 http://www.gahi-movie.com/
 シネマート心斎橋 上映中
 Tジョイ京都 9/1~(5番(涙)なのでネット予約不可)

ロボット(完全版)
 8/25~神戸で上映中! 上映の詳細はこちら→ KAVC

ニュー香港ノワール・フェス
 梅田ガーデンシネマ 10月予定

 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/next.php

この下、KBSの台湾ドラマの話も緊急で記事にしたので
気になる方はぜひ読んでくださいましー♪

きのうは十三と梅田で映画2本をハシゴ。
とある、ステキな映画をみつつ
(ワタシならトリ食べ放題のとこを
 出ていくのんはありえへんなぁ~とか思ってる
 自分のカシワ好きぶりとアホっぷりにびっくり(笑)
 いや、いい映画でしたけど~(さて、何でしょうか?(鬼笑))


で。
桃姐も東京公開が10/13に決まり
http://taosan.net/
来月・・・
めちゃ忙しいのでつい忘れていたけど
京都映画祭もものすごいことになってます(嬉泣)

第8回京都映画祭 http://www.kyoto-filmfes.jp/
2012年10月2日(火) ~ 10月8日(月・祝)

なんで気づいたかとゆうと
新聞に広告が出ていたのだ!!!(実家でみてびっくり)

  写メをとるとか
  つぶやく、とかすればよかったのだけど
  きのうはケイタイを家に忘れ
  いちにち電話・メール無しで過ごした。。。

で広告。
その情報(上映スケジュールなど)は
帰宅して調べまくったけど
ネットやツイッターには
あまり出ていないフシギ(苦笑)

  京都のローカル情報は
  やっぱり新聞が最強です(笑)
  だてに古都じゃない(爆笑)

とりあえずネットで出てるのはここ

京都1970 若き監督たちの戦い―中島貞夫を中心に

会場:祇園会館
料金:前売800円/当日1,000円(1日券・入替なし)
フリーパスがご利用できます。
1965年から76年、邦画が冬の時代を迎えた頃、混沌とした京都で作られた映画は、現在の日本映画の根本を形作るものとなりました。第8回京都映画祭は、「京都1970 若き監督たちの戦い―中島貞夫を中心に」と銘打ち、当時、映画産業の斜陽化の中で、東映京都撮影所の一角を担いながら、活気に満ちた作品を連発していた中島貞夫監督を中心にすえた特集上映を行います。 日本映画の激変期であった1970年前後を顧みることで、これからの日本映画を担っていく若い作り手たちが、何らかの手がかりを得るような機会になれば、ということがねらいです。さらに、京都において若い作り手の映画製作支援体制を作りたいという中島監督の提案をうけ、「京都2012 新進気鋭の監督たち」と題した特集上映を行い、若い作り手と業界関係者を招き、意見交換を行うシンポジウムを開催いたします。 第8回京都映画祭は、若き作り手のための映画祭として展開してまいります。
スケジュール

10月3日(水)
トークゲスト:中島貞夫(映画監督) 司会:山根貞男(映画評論家)
10月4日(木)
トークゲスト:鈴木則文(映画監督) 司会:山根貞男
10月5日(金)
トークゲスト:梶芽衣子 司会:上倉庸敬(大阪大学教授)

10月6日(土)
トークゲスト:夏八木勲 司会:中島貞夫、山根貞男
10月7日(日)
トークゲスト:富司純子 司会:中島貞夫

10月8日(月・祝)
若手監督シンポジウム
登壇者: 司会:川村健一郎

http://www.kyoto-filmfes.jp/1970.html



東京国際その他のために
夏休みも2日しか使わず有給休暇をためておいたのだが
金曜は休まねば!!!

 ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派【DVD】 <東映55キャンペーン第12弾>女番長 感化院脱走【DVD】

 (新聞には上映スケジュールが載ってたのに
  切ってくるのを忘れた。また図書館に行かねば~)


・・・はたしてわたくし
[続きを読む...]

2012年09月02日 (日) | 編集 |
台湾ネタなんで
ちょっとまえおき~

来週からブラホワ(痞子英雄)映画版がロードショー公開なんですが・・・

(ちなみに9/8は
 「台北カフェストーリー」(第三十六個故事)の
 http://www.taipeicafe.net/
 京都での初日(@みなみ会館)でもあります)

もう、その邦題につっこむのも疲れたんでスルーしますけど
タイトルはこれ↓

http://www.bw-movie.jp/


吹き替え版を作ることからしてもう「???」ですが
そこはこらえるとして(苦笑)

公式サイトに吹き替えか字幕かどっちの上映かも書かず
前売りを売りつけるなんて信じられません!(←暴言)

http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02383

(しかもわざわざ「前売りは買った劇場で使え」と書いてある)

丸の内東映は両方の上映
カドカワ経営のシネコンは字幕版だったりするようですが
Tジョイやブルクはシネコンのサイトでは全然わかりません~

もしナゴヤからヒメジくらいまで
近畿圏がぜんぶフキカエやったら暴れてやる~!!!

 (ナゴヤからヒメジ(正確には西明石)まで
  まったくゼロってゆうたら
  昔の セ○ンイレ○ン ですけど(笑))

えふすー、さん主演やったら
流星花園をフキカエで何度もみてて・・・という人のため
フキカエを、てのは分からんでもないけども。

(実はわたくし、いまだに、申し訳ないけど
 暁明はナリタさん 
 孫儷はマアヤさん、のイメージが離れないんです~
 すいません~!!!
 ドラマの新上海グランドの吹き替えは名作!(泣))
 

でもさー
21世紀にもなってネットどころか
ツイッターも
フェイスブックもあるんやから
情報ぐらい載せてほしいわ!!!

(フェイスブックは本名なので
 字幕版やらへんのかコラ~!!!ふさけんな!等とは
 書きにいく勇気はさすがに無いワタシ(泣))


  ちなみにTジョイ京都
  きのうから公開の「画皮」を噂のバツゲーム部屋(※1)に
  まわしてくれてるので(しかも3回とも)
  水曜に行ってもみられるかどうかわかりません(涙)

  わたくしは東京でみてきたんでよいのですが
  京都にくるのをココロマチにしておられた
  ファンの方々の気持ちを考えると不憫でなりません

  やっぱり
 「みたい映画はイナカにくるまで待っててはダメ」なんですねえ。。。
  顔の皮をはがして心臓を食うたろか~!(怒)


で。
ハーバークライシス。
せっかくなので前売りを買いたかったのだけど
関西圏でまったく字幕上映が無かったらちょっと考えるんで
現在、購入を保留中です(汗)

むかしはよく、京都で前売りを買ったけど
けっきょく、字幕上映のあるところ(ウメダとかナンバとか)で
みてしまい、京都ではみないまま、てことがよくあったなあ。

ついでなんで歴史の記録(?)として貼っておく(怒)

 頭文字<イニシャル>D THE MOVIE ブルーレイ 期間限定スペシャルプライス版 [Blu-ray] ミラクル7号 [Blu-ray]
 かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート Blu-ray カンフー・ダンク! スタンダード・エディション [DVD]

 (こんど、許せん邦題まとめ(ワースト10)とかも
  やってみよーかなー)

水曜以降に各シネコンのスケジュールが出たら
分かると思うのですが・・・
(また調査結果は拙BLOGにて発表いたします)




さて。
ぽーーっとしているあいだに
KBS京都の秋コン下一站, 幸福、邦題:秋のコンチェルト)が
終わってしまいましたー。


 ワンセグでもいいから
 後半はみようと思ってたのに。。。

 秋のコンチェルト DVD-BOX1 秋のコンチェルト DVD-BOX2 秋のコンチェルト DVD-BOX3

 (テレビ大阪で毎日、昼間放送していた当時
  帰ってから夜にみるのが日課で
  めちゃハマっていた。このドラマの
  まんま少女まんがのようなあまりにも昼ドラな
  ジェットコースターっぷりが私は大好きだ!(笑))

てことで、次は
拜金女王(王子様の条件)らしいです。

http://www.cinemart.co.jp/oujisama/
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hualiu/archives/ouji/

王子様の条件~Queen Loves Diamonds~ DVD-BOX1 王子様の条件~Queen Loves Diamonds~ DVD-BOX2 王子様の条件~Queen Loves Diamonds~ DVD-BOX3 

このドラマがみてみたいのはモチロンですが
KBSの台湾ワクが残ってくれて嬉しいわー。

http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hualiu/


・・・って思ったら

10月からも新ドラマが!!!

「愛讓我們在一起」というドラマが放送になるようです。びっくり。

(邦題は「愛があるから〜鹿児島の恋」

 http://www.interlocal.tv/ai_kago/


10月6日スタート!

http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hualiu/archives/ai_kago/

公式サイト(中文)http://program.ftv.com.tw/Drama/LoveToGather/ 

 中文ウィキペディアのよると
 チャン・ハンさんもご出演のようです→ Wiki

 (下に貼った予告にも一瞬だけ出てきます)

その頃には地デジ化しているよう頑張ります。。。


 えふすー、さんや ふぇいるん・・・さんが出てるわけではないので
 日本語での情報があんまり出てきませんが(苦笑)
 まあ、「この秋の楽しみのひとつ」ということで~


KBSなんで、どちらも吹き替えじゃないと思われますが
もし吹き替え版だったら暴れます(笑)


↓日本語の予告編がみつからないので台湾版
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。