FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2012年01月07日 (土) | 編集 |
お正月用にいろいろ本を借りてきたのはいいが
「アンタ、なん日、休むつもりやったん?(呆)」と
読めてない本の山とともに
新年早々、5-6と働きづめな ぐれいす です(汗)

 だって来週も4日しかないぢやん!(泣)
 まあ、ハケンだから残業代が出るわけですが~
 きたばかりなのに、(12月の途中から配属)
 5日しめきり、とか10日しめきり、とかの 
 シゴトが多すぎる~(涙)
  しかも、1/1の配置換え関連のデータ処理が400件とか・・・
  (もちろん、5日と6日の2日間での処理が必須)
  もう泣くしかない(苦笑) なんじゃーそりゃー!!!


  きて1ヶ月ですがもうすでに、3ヶ月くらい働いている気分です(笑)


さて、表題!
来月ですが、もう予定が出ていたのでご紹介。
(シゴト、はやっ!
 というか、お知らせのお葉書 はもう
 いただけないのかしら・・・)


にしのみやアジア映画祭
第17回も開催内容が決定されたようです。


  やった~!!!

http://amity.nishi.or.jp/asiacine2011.html
http://amity.nishi.or.jp/

  1/10、本年度のおハガキが届きました!(下に写真を貼り足し)
  ありがとうございました!


この映画祭も、載せるとかなりのアクセスをいただくので
ここで紹介する意義がある、というか
うちで宣伝するのだ!と勝手に決めて毎年
書かせていただいております。

もちろん、作品セレクトもわたくし好みで
歌えパパイヤ、とか、そして私たちは愛に帰る、とか
イシの生涯(←チベットの映画)など
遠路はるばるみにいって涙させていただきました~。

まいとし楽しみな映画祭なのですが
今年も公式サイトを画像でUPされてるので
たぶんgoogleっても、公式サイトが拾われないんだよねー。

今年は
2月18日(土)&19日(日)です。

映画館での公開作品のみ、ではありますが
まいとし、厳選された素敵なアジア映画ばかりなので
見逃された方、もう一度みたい方は
ぜひぜひおでかけください♪♪♪


第17回 にしのみやアジア映画祭

2月18日(土)

11:00~12:38
海洋天堂 [DVD]「海洋天堂」
http://kaiyoutendo.com/
 ※1/26からパルシネマでも上映予定


13:30~15:20
「遥かなるふるさと 旅順・大連」


2月19日(日)
11:00~12:25
ハーモニー [DVD]「ハーモニー 心をつなぐ歌」

14:00~15:30
バビロンの陽光 [DVD]「バビロンの陽光」

西宮市フレンテホール

入替制 全自由席

前売  一作品¥800 アミティ友の会¥600 (当日各¥200増)
お好きな2作品がごらんいただる特別割引券\1,300 (前売・当日とも)

チケット取扱所 ・・・ 西宮市民会館、フレンテホール、なるお文化ホール、
プレラホール、甲東ホール、
フレンテ西宮1Fサービスカウンター

http://amity.nishi.or.jp/asiacine2011.html
http://amity.nishi.or.jp/




今年は作品数が減ってるようですが
それでも名作ぞろいで楽しみです。

 欠点は前売りが西宮周辺でしか手に入らないこと・・・(泣)

「海洋天堂」めちゃおすすめですよー(涙)

 ※ちなみに、「海洋天堂」はまだまだ公開中で
  1/26からパルシネマで
  そのほか、塚口サンサン劇場やシネピピアも
  予定されていて、
  京都でも特別上映会(2/12)があるそうです。
  http://www.kyoto-minpo.net/event/archives/2012/02/12/post_4089.php 

まだまだ、全国巡回中ですが
できるだけ多くの方にみていただきたい作品です。。。

  あと「バビロンの陽光」
  けっきょく見逃しているのでぜひみたい~。

※ちなみに京都方面など、西宮まで400円以上かかる場合は
 阪急の特別乗車券?、をチケットショップで買っていくと
 西宮や神戸方面などには割安で行けます。
 (だいたい390円~420円くらいで売っているが
  実際に神戸まで行くと定価では600円ぐらいかかる。)
 前に、夜明けから「ぴあ」で並んでいるとき雑談をしていて
 宝塚ファンのおばあちゃんに教えてあげたらすっごい喜ばれた(笑)
 まいとし、その安売りチケットを買うところから
 私の映画祭気分は始まるのだ~♪)


まだ情報が拡散されていませんが
そのうち、ここにも載ると思います。

西宮イベント手帖
http://event.nishinomiya-style.jp/


  おそらく「こころあたたまる」「胸をうつ」という
  セレクトなので、香港作品が選ばれないことが
  個人的には残念ですが、ゆくゆくは
  「生きていく日々」や「桃姐」は一般公開を経て
  この映画祭でも上映していただきたいものです。
  (て、めっちゃ気が早すぎ・・・(笑))

  そして、来年は、ぜひぜひぜひ
  「明りを灯す人」をお願いします!!!


  http://www.bitters.co.jp/akari/
  (ただいま、全国順次公開中!)


せっかくなので、恒例?の
過去の映画祭ラインナップを載せておきますね。

[続きを読む...]
スポンサーサイト