FC2ブログ
猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
2011年11月18日 (金) | 編集 |

いちおう自分メモ
11/19スタート
 新少林寺/SHAOLIN http://shaolin-movie.jp/
 
 孔子の教え@ガーデン http://www.koushinooshie.jp/

 大阪ヨーロッパ映画祭 http://www.oeff.jp/

 京都ヒストリカ国際映画祭 http://historica-kyoto.com/ 
  ※京都ヒストリカでは「刀見笑」が上映されます!
    記事はこちら→10/5


今朝はひさびさに、イッキ?書き。
この下の記事(11/18)、ちょっとネガティヴですが
愛するがゆえ(笑)てことで。。。

まあ、かーさんが雑誌に、てゆっても
珍しいことじゃないと思いますが
ひさびさ、な気がするんで書いてみる。


もう、あちこちで話題になっていますが

今回のブルータス
BRUTUS (ブルータス) 2011年 12/1号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2011年 12/1号

とーさんだけじゃなく
かーさんも載ってます。


Life is a Movie
24人の監督、映画にまつわる人生の話。

 ロバート・アルトマン
 深作欣二
 マーティン・スコセッシ
 大島渚
 デイヴィッド・リンチ
 ウディ・アレン
 フランシス・フォード・コッポラ
 デイヴィッド・クローネンバーグ
 リドリー・スコット
 ジム・ジャームッシュ
 北野武
 ガス・ヴァン・サント
 ウォン・カーウァイ
 ピーター・ジャクソン
 ポール・ヴァーホーヴェン
 コーエン兄弟
 ジョニー・トー

 スタンリー・キューブリック
 ポール・トーマス・アンダーソン
 ラース・フォン・トリアー
 キム・ギドク
 入江 悠
 クエンティン・タランティーノ

http://magazineworld.jp/brutus/721/

  ※なんかい数えても23人しかない(泣)と焦ったが、コーエン兄弟は2人、だった(汗)

他の監督の記事もたいへんに興味ぶかく
読んでいてとても面白かったです。
 
かーさんのところでは
カンヌに出した「2046」は未完成、て
ハッキリ書いてあって、おかしかった。
書いてよかったのだろうか?(汗)
(笑うところではないが、笑わずにはいられない)

やっぱし、かーさん、好きだなあ(笑)

   そうそう。某ブランドの
   アイメイク商品とか、つい
   買いそうになったが これね→ 10/22
   お店にいったら
   ロンロンの写真入りの宣伝カードが
   おいてあったので、
   それをもらってきたら満足した(笑)
 
   すいません、某メーカーの方。。。


で。話は変わって。

このあいだ、トヨザキさんの
「正直書評。」を読んだのですが。
正直書評。 「正直書評。」(豊崎 由美)

冒頭からおかしく(爆笑)
中身もすっごく面白くて夢中で読んでしまった。
ヒハンしている作品には容赦がないけれども
誉めている時には、めちゃめちゃ愛があふれていて
「ゴールデンスランバー」のところは
もとの内容も思い出して読んでて泣いてしまった(笑)

それぐらいの(?)愛のあふれるBLOGを
ここも目指していきたいと読みながら思ったけども・・・

まだまだ道は遠いなぁ~(汗)

その、「正直批評。」ですけど。


[続きを読む...]
スポンサーサイト




2011年11月18日 (金) | 編集 |
いよいよ始まる

大阪ヨーロッパ映画祭

http://www.oeff.jp/

あれこれずっと財布と予定表をみくらべ迷い続けて
よし、作品を決めたので前売りを買いに行こう!と
今朝(いま)決めて、サイトを確認すると
前売り発売はきのう(木曜まで)。。。
がっくし。

 映画祭、あしたから、じゃないんですか~(涙目)

・・・と、行く気、半減(うそうそ)な ぐれいす です(泣)


さて本題。

あちこちに出てますが
「1万年愛してる」、東京限定公開(?)

http://ure.pia.co.jp/articles/-/912
(写真はかわいいなぁ~)

ここのニュースにも
http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201111160088.html

ホンマに関西公開はないのだろうか?(悲)
滋賀ロケもやってるのになぁ~


http://youtu.be/_ys_iShb8o0

(ミシガンの方々が
 どっかに働きかけ、とかされないでしょうか(笑))

昔だったら、ぜったいに
RCS主催で滋賀会館で上映されて
監督も来られてたんだろうなあ、とかってな妄想。

ま、公開は、もうちょっと先なので
なんとか、どこか(といってもシネヌーしかないけど)で
かけていただきたいものです。
(こんど、シネヌーの方に聞いてみよう・・・)


そもそも、関西(近畿圏)には
かくれ仔仔ふぁん、て、少なくないと思うんですよ~。

流星もなんかいも放送していたし
とくに京都では
山田太郎とかサイレンスとかもやってたし
(今はブラホワをやっている)

「君につづく道」も朝日放送でやってたし。
 
 君につづく道 DVD-BOXI

(これに、陳妍希(ミシェル・チェン)も出てた)

京都で「闘茶」や蝴蝶飛(とーさん!)が
公開になったときも、けっこう人が入っていたはず!

闘茶~Tea Fight~ 通常版 [DVD] 僕は君のために蝶になる デラックス版 [DVD]

闘茶のときは、
ワタシ、京極弥生座(今のシネラリーベ)で
初日に行列してみたのは初めて!!!と
びっくりしたのをまだ覚えてる(笑)

花都大戦とか大事件とかでも
並んだ記憶がないもん(苦笑)

(そういや、闘茶も滋賀ロケが!
 もはや京都にはない、古都っぽい風景を描くためか
 自転車に乗ってて
 角を曲がったら滋賀県!という場面があった(笑))

仔仔は出てないけど
近畿のあちこちで、「F3フィルムコレクション」(※)を
やってたときも、かなり人が来ていたと思うのですが。
(ワタシは、鄭秀文とGiGiをオッカケて
 あっちこっちで見ました(笑))

 ※フイルムコンサートのなかった関西では
  仔仔の映画はなく3作品の上映だったので
  かってに「F3・・・」とこのBLOGでは
  ずっとそう呼んでいます(笑)

  
公開されるものと勝手に決めていた
1万年・・・

これ、関西でやらないのは、
ホンマもったいないよなーーーーー(泣)


 と、ひさびさに

 ぐち、を せつせつ、と書くBLOG でした(笑)


予告をみてると
関西のほうがウケそうに思いますが・・・。


http://youtu.be/0PoufiQV9Tg

せっかくなので
本家(?)も貼っておきます。

[続きを読む...]