猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月29日 (月) | 編集 |

(追記)
ただいま発売中の「ステラ」(NHKのテレビガイド)
先週号の表紙はフービンです。
http://shop.nhk-sc.or.jp/shop/g/g010211614w/
あした(火曜)までは書店に並んでるかと思うので気になる方はどーぞ。中国語会話について載ってます。
(ちなみに水曜発売の今週号は永山絢斗くんが表紙です)
 http://www.nhk-sc.or.jp/stera/


またまた暑さのぶり返す中、みなさま、
いかがお過ごしでしょうか~。

ファミマの関西限定
「フルーツ杏仁」(「民生廣東料理店」監修)
気になってしかたない ぐれいす です。

もちろん
↓これも前からずっと気になってます~

アップルマンゴーパフェ/2倍マンゴーパフェ
http://www.ministop.co.jp/ministopfan/parfait/11apple_mango.html
(ミニストップ、ぜんぜん近所にないので行けてない)

そういえば。
大阪で洪水(うそうそ)のまえに
カンテでマンゴープリンを食べてきたのだけど
あれって、プリンじゃなくてムースなのでは?という
深い疑惑があるのだが。。。
でも美味しかった♪
(さすがに550円は高いなぁ~(汗)
 やっぱし400円位が妥当な気がする。
 偉そうですみません(セット値引き+割引券で
 わたくしは400円相当で食べました・・・)


さてさて。

ちかぢか「ゴージャス」(玻璃樽)が
テレビ大阪で放送されるそーですが。

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/mov/cinema/1211671_1256.html

ゴージャス [Blu-ray]
(さすがはジャッキー作品。ブルーレイがあるのか!)

なんと!
わたくし、地上波が低波したら
テレビ大阪、見られなくなってしまいました!

いやいや、他のテレビも、テレビはうつらんのですが
ワンセグには、テレビ大阪は入らない、てことに
こないだ気づいた。

しらんかった。。。
地上波アンテナなら電波が入ってたのに。。。

テレビ東京なら、「あるところ」から
ネットでみられるんやけどなぁ~(汗)

てなわけで
地上波停波にともない
番組チェックもなかなかままなりませんが
ふとみつけた表題の番組を
ご紹介しておきます。

「せやねん!」は、普段みてないけど
気になるわ~!


 ※そういえば、
  先週のうちにこそっと書く予定でしたが
  今月(8月)は「アジアン食堂」はお休みで
  次回放送は9月30日の予定です。

  つぎは西安料理!!!
  
  http://www.nhk.or.jp/osaka/program/asianshokudo/


で、せやねんスペシャル! は9/3(土)の昼間放送です。

 ※たぶん関西限定・・・(汗)

(9/3というと、どらえも~ん、の誕生日ですね!)


[続きを読む...]
スポンサーサイト

2011年08月27日 (土) | 編集 |
ほんじつの大阪(汗)





・・・

と、衝撃写真を先に貼ってみた(笑)

ほんじつ、
朝イチはふつーーーに心斎橋に行って映画をみてきたのだが
梅田に戻ってゴハンをたべてるうちに
みたい映画の2時回にはまにあわなそうだったので
次の回にしよーと思って
東梅田のほうへ寄り
ぶっくふぁーすと、で買い物や、たちよみ、など。。。

そろそろ、はやいめに茶屋町(映画館のあるとこ)へ
向かったほうがいいかなーと、3階からエスカレーターで
降りてきたら、

  あれ?
  第4ビルのへんって、

  噴水とか、滝、とか
  海岸(※)、とか、
  ありましたっけ???


  ついつい、つっこんでしまいそうな

  ものすごい音が店内まで聞こえてきた(汗)

1階に行って外をみてみると
もんのすごい豪雨

しばらく様子をみていたが、
ちょっと弱くなったころを見計らい、
とりあえず、地下道から、梅田駅のほうまで戻る。


そして、茶屋町方面へボチボチ行ってみると

キノクニヤからカッパ横丁へ行くあたりの
横断歩道(屋根の下)とかが、ぜんぶ
川のよーになってる!!!(汗)

そして、そこから
NUとかLOFT方面へいく
ホンモノの横断歩道は、
すんごいことに!!!

(それが、上の写真・・・)

動画も出てたんで貼っておきます。


http://youtu.be/dUrFgbYdGQA

↑このいちばんピークの頃はまだ
たちよみ、してた頃かな(汗)

ワタシもデジカメをとりだし、写真をとってたけど
回りも人もみんな、写メしたりしていたので
それはそれで、悲惨な状況の中でも
ちょっとおかしかった(汗)


で、足を濡らさずLOFTへ行くのは無理と判断し
上から降ってくる雨は弱くなっていたので
片手で傘をさし
あいた手でスカートをつまみつつ
くるぶし、までじゃぶじゃぶとつかりながら
LOFT(テアトル梅田)まで
行ってきましたよ~(泣)

歩きながら、(LOFT、水没してへんやろな?)と
心配でしたが、それは大丈夫でした~。

行ってから気づいたが、LOFTって
敷地内に入るときに 1段、
テアトルへの地下の階段が、下の方向に下りるまえに
上がる階段が、1段

つまり地下方向へ行くまでに
付近の道路より、2段、高くなっていた。

いままで気づかんかったけど
よく、できてるなぁ~!!!(感心)と
気づいたのでありました。

もちろん(?)
目的はこれ。

[続きを読む...]

2011年08月27日 (土) | 編集 |
もちろん、このBLOGの中で。。。

(どー考えても

 「ついったを始める」という選択肢よりも

 「BLOGを休む」というほうが
  はるか手前側、である。やめませんけど(汗))


綫人(密告・者)のサイトができてた。

  http://www.mikkokusha.net/

  この「・」て「放・逐」みたいでちょっとかっこいい、とか
  うれしがってるのは私だけでしょーか(汗)

 サイト、ぐうさんに教えていただいた、ついった、に出ていた。

 http://twitter.com/#!/AC_tSP_Movie

 ぐうさん、ありがとう(はあと)  


・またまたまんが尽くし

 ひさびさに出たヤナギサワ教授、良かった~。
 
 天才 柳沢教授の生活(31) (モーニングKC) 

 こんかいはいっこも雑誌で読んでなかったので堪能。

 獣医さんもいいし、奥様のお姉さんもステキ(笑)
 教授の奥様、ほんま、好きや~!!!

 来月は山下作品の短編集が発売らしく
 おいおい、岡崎さんのも発売なのに
 なんでいっぺんなの!(泣)とおもいつつ
 今から わくわく です。(エンコミ!もあるし)

 (スマリの森の文庫版は9/15!)


・今日(土曜)からアランドロン特集。

 「若者のすべて」は行きたいと思っていたが
 うっかり、午前十時の「華麗なる賭け」をポチってしまい
 今週は行けそうにない。

 またどこかで「ヴィスコンティ大特集」をお願いします。

 ※ちなみに、ベニスに死す、のニュープリント版は
  10/1から全国順次公開予定

 http://death-in-venice.net/

 テアトル梅田にはポスターがあるだけでなく予告もやっていた。

 文庫本がリニューアルされたので買ってしまいそう(汗)

  ベニスに死す (集英社文庫)

  (大昔に図書館で借りて読んだ)


・今週(月ー金)にみた映画

 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」
 「あぜ道のダンディ」
 「白蛇伝」

 ものすごいバラバラなとりあわせ(汗)

 でも、どれも好みかも(笑)


そして
[続きを読む...]

2011年08月23日 (火) | 編集 |
予定を変更してお送りします。
(って、誰も予定なんて知らんがな・・・(笑))

きのう「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」に行ったら

http://www.uplink.co.jp/exitthrough/top/index2.php
(おもしろかったっす~)

みなみ会館にアンナ・カリーナのポスターが貼ってあって

なんと! こんどの

「ふたりのヌーヴェルヴァーグ」 の上映にあわせ

http://www.cetera.co.jp/nv/

大特集があるそーです。

http://kyotominami.blog102.fc2.com/blog-entry-190.html

(大阪は、特集が予定なし、っぽくて
 東京では、やってるのになぁ~(涙目)と思ってた。

 ただいま新宿で上映中。

 http://www.ks-cinema.com/movie/nv.html )

京都で上映が予定ってことで、めちゃ嬉しくて
きのうはこの特集とか、
夜中にいろいろ書こうと思って夜なべしてたのに
・・・まだまとまっていない(汗)

また書きます。

とりあえず、これが見られたら本望(泣)

 女は女である HDリマスター版 [DVD] 女と男のいる舗道 [DVD]

 (アルファヴィルがめっちゃ見直したいけど
  さすがに上映権が切れてるよなぁ~(汗))

こういうネタを、まいかい書くたびに
わたしは、ごだーる好きっぽいフリをしてる気もするけど
単にアンナ・カリーナが好きなだけなのではないか?という
大きなウタガイが持たれているけれども
ま、それはそれで、ええです(汗)

・・・てなことで、いやいや
そんなことより!

日本の話題を。。。


  まず、忘れないうちに。
  大阪(九条)のジュリー映画祭に
  びっくりしたけど
  実は今週末から東京(銀座)で
  もっと大規模な映画祭があるんですね。

  スーパースター ジュリー
   時の過ぎゆくままに・・・

  http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/special/meigaza/img/gnz_sawada.pdf
  http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=12790

  この春、不謹慎にも、(ほんますいません!)

  とうぶん日本では「太陽を盗んだ男」
  上映禁止だろうなあ。。。

  太陽を盗んだ男 [DVD]

  と勝手に覚悟していたわたくしですが
  そうでもないみたいです。

  (理由はあらすじをてきとーに検索してください)
 
  東京では監督のトークショーもあるらしい(裏山)

  めっちゃ面白いんで機会があったら
  ぜびみてください~。
  面白いです。ほんま。 
  (私はおととしぐらいに新京極映画祭でみた)
  

さてさて。  

この続きに書くのはちょっといかがかという気もしますが
本日のメイン。


気分を変えて、いろいろ、わき道にそれつつ
さらりと書きたいと思います。。。

ちょっと前に、水戸黄門が放送終了、ていう話題があって
いやいや、放送終了する以前にすでに
キャストがぜんぜん違っていて
(例えるなら新しいドラエモンみたいな感じ)
放送してるときから
私なんかはタカビーにも

「日本の時代劇は終わったな。。。」なんて
実はもっと前から思っていた。
えらそーですいません。


  ぜんぜん、かんけーないが
  忘れないうちに書いておく。
  (もう忘れかけ~)

  こないだ、映画で、カジ、めーこさんをみて
  (いままで、主演映画をぜんぜん見てないのに
   なんで、すごい親しみがわいて
   なつかしく感じるのか???とフシギに
   思ってたが、映画館を出てから
   
   「あ!小波さんや!」と気づいた(遅っ!)

  (あすが~あるよで~
   ないよ~~~な定め~♪)
   
   ああ、なつかしすぎる(涙目)


わたしが子供のころは
まいにち、とは言わないけど
週に2日か3日はトラディショナルな時代劇が
ふつーに新作で放送されいて
(ひっさつ、とか斬新なやつじゃなく
 遠山の金さん、とか桃太郎侍、とかそんなのです)
もちろん再放送も山盛り。

特に楽しみでもなく(あれ?楽しみやったかも?)
ニュースを見るのとおなじく
ふつー!!!のこと、として見ていた。

母が時代劇、めちゃ大好きなので。

  あれ?いま気づいたが
  アホのよーに(失礼)再放送してるのって
  近畿圏だけですか?(汗)

  ていうかKBS京都だけ???(滝汗)


近年、時代劇はどんどんなくなっていき

今年になって、水戸黄門の終了により
時代劇の放送ワクが完全になくなる とか

http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201108080176.html

それと、映画村、のリニューアル

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110809000068

たぶん、両者は関係あるんだろうな、と思ってて

(まさか、撮影用の日本橋、とか
 壊してしまうんかなあ。。。)

それも、かなり残念なんだけども

(いや、新しくなるのは、いいことでもありますが。

 毎週、なにかを撮影する、という場所がなくなるのは
 かつら、の製作技術や、着付け、や殺陣、みたいな
 技術の継承の機会が減っていく、ということなので
 とっても心配です。)


まあまあ、そんなことより
きのう、もっとショックなことが!!!(やっと本題)

原田さん(父と同じ年)もびっくりしたけど
竹脇さんは、さらにお若いじゃないですか(泣)


伊織様がもう見られなくなるということで
「日本の時代劇の死」
みいはぁ、なわたくしにすらも
ひしひしと身にしみて感じられる。

(かってに結びつけて申し訳ないが)


謹んでご冥福をお祈りいたします。



http://youtu.be/U6qYzNXYJy8


↓こちらもどーぞ(泣)
 
[続きを読む...]

2011年08月21日 (日) | 編集 |
玉木くんがピアノコンチェルトを弾くわけではありませんが(汗)
延期してた「砂の器」の放送は9月に決定したそうです!
http://www.tv-asahi.co.jp/suna/
(なんでワガエーリョーじゃなくて刑事の役やねん!!!(怒))
9/10ておもいっきし出かけているなぁ~(汗)

(びっくり情報)
 シネヌーでは今年も
 「ジュリー&ザ・タイガース映画特集2011」!

 http://www.cinenouveau.com/coming/coming.html
 「太陽を盗んだ男」上映に拍手!


かわくだり、や、ないあがら、も心配かもしれんけど
こないだから、ロンドン関連のニュースの
本当のところがめっちゃ気になる今日このごろ。

持ってる情報や知りたい情報、がハッキリしていると
テレビや新聞って、いかに偏ってるかなんて
前からひしひし、と感じているのですが
そんへんのことは、明日にでも書けたらいいなあ。。。

で。

きのう、民博からシネヌーって・・・と電車の時間を朝に調べて
パソコンの前で固まっていた ぐれいす です(笑)
なんで1時間半もかかるんじゃ~!(泣)

というわけで、泣く泣くみんぱくはあきらめ(次はいつだろう~)
ナニワの映画をみにいってきた。

(今よく考えたら、みんぱくをあきらめた時点で
 京都シネマのジェラール・フィリップに行けば
 よかったなあ。

 http://www.kyotocinema.jp/gerard-philipe/

 朝10時1回かぎりなので、1作品も行けなかった(泣)

 京都ではやる予定が本当かどうかわからず
 大阪でいくつかみておいて良かったわ・・・)


さて。ナニワの映画ですが。

http://www.cinenouveau.com/sakuhin/naniwa/naniwatop.html

ひさびさの「大阪物語」(市川準版/1999年)
スクリーンでは初めてみました。
ロードショー当時はどこで上映してたんかなあ。。。

テレビでみたときはちょっと泣いちゃったが
やっぱり大画面は良かったです。
DVD出えへんかなぁ~。。。

(ただし、アップ画面が多いので映画館でも
 前のほうの席でみると、ちょっとツライ。
 たぶんBUSUとかもそうだったと思う)

さいごのさいごに、田中裕子さんが
美味しいところをぜんぶ持っていった気もするが
途中ちょびっと出てくるミヤコ蝶々さんがまた
良かったです。
(吉本芸人の人がいっぱい出てくるけど
 ちょびっとだけ千原兄弟とか解散前のトゥナイトや
 元チュパチャップスの宮川大輔くんも出てる)

つづけて、前からみたかった
志麻姐さんの「心中天網島」もみました。

心中天網島 [DVD]

  どうでもいいですが
  キチエモンさん、って、名前が変わらず
  ずっとキチエモンさんですよね。
  (ワタシの中では「おにへーさん」ですけど)
  古い映画をみてて、映画の前に
  歌舞伎の方々の名前が出てくると
  あれ?今は何だっけ?前は誰だっけ?とか
  頭がぐるぐるします(笑)
  ヤソスケさんとか。

とにかく、昔の志麻姐さんは
めちゃキレイ!
白黒だから、よけいに、なんですけど(笑)

本人のかどうかワカランが
足がめっちゃキレイなんでびびった。
(どこを見とるんじゃ~!!!)

  こないだ、初めて「切腹」をみましたが
  なかなか良かった。
  「一命」の公開前に
  あちこちでやるといいなあ、と思ったけど
  めちゃ名作すぎて、ちょっと
  営業妨害かもしれない(笑)

前にみた「古都」も良かったけど
また昔の映画をいろいろみたいです。
久々に「悪霊島」もみたい気がする(笑)


たぶん何回も貼ってるけど
懲りずに貼っておきます(笑)

http://youtu.be/YEhtdur7Nj8

悪霊島はともかく
「古都」はいいっすよ~!!!


http://youtu.be/VBA-UatJqb0

(モモエちゃんの、みてないのでみたいな~)
[続きを読む...]

2011年08月18日 (木) | 編集 |

追記)ぜんぜんジャンルは違うけど(汗)
これも大阪上映確定です(泣)
ナニワサリバンショー http://www.nanisari.jp/


予定を変更して緊急ニュース(?)をお送りします。
とりいそぎいま知ったので記事にしまーす!(笑)

けっきょく邦題は「アクシデント/意外」じゃなくて
「アクシデント」で決定なの???な
ソイ・チェン監督の「意外 Accident」ですが・・・

 (おいおい、あっちゃこっちゃ全部
  また手作業で直さんとあかへんやんかいさ~!)

東京の上映はだいぶ前から宣伝されていたのですけれども

 新宿武蔵野館 http://shinjuku.musashino-k.jp/coming.php

気になっていた関西については
シネマート心斎橋でも上映確定されました。

やった~!

アクシデント (PG-12)
10月ロードショー
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20110818_7894.html

 「アクシデント」の公式サイトもリニューアルされてました。
 (大阪だけでなく全国あちこちの上映予定が載っています。)

とりあえず
支配人ありがとうございます!!!(嬉泣)

 てことは(書いたらアカンかもやけど)
 例の あれ もよろしくお願いします♪

   ↑ 例のあれ(笑)分かる方はリクエストしましょー!

http://www.accident-igai.net/

↑公式サイトには、心斎橋は10/15~となっています。

(東京は10/8のはずだけど10/9になってる(汗))

いまのとこ、上記サイトでは

東京 新宿武蔵野館 10/9~ ※10/8?
大阪 シネマート心斎橋 10/15~
愛知 ゴールド劇場 近日
兵庫 シネウェーブ六甲 近日
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 近日
静岡 藤枝シネ・プレーゴ 11/5~ Blu-ray上映
沖縄 桜坂劇場 11/26~ Blu-ray上映

http://www.accident-igai.net/#!/theater


となっておりますが、もっと増えるといいなぁ~。

  ブルーレイて書いてない場所は
  もしかしてフイルムなんでしょーか!?
  うれしすぎ。。。   (「神探」はデジタルだったし。。。)



で。

この映画、
めっちゃ面白いんです!(力説)


10月公開なんで、
私の中の
今年の洋画ベスト1となるのはほぼ確定・・・と
言いたいところですが
もういっこ、候補が~
(ぜったい関西でやってください!)

で。「意外」。
私は飛行機で見ちゃったのですが
「なんで我慢してもっと大画面で見なかったのだろう~」
ものすごく後悔したほど。。。

もうちょっと内容を忘れるまで
DVDは温存、と思いましたが
(見たかったので香港で買ったのだが
 帰りの飛行機で上映していたので
 耐えきれず見てしまったのです。。。)
日本公開が決定したからには
もうしばらく、
タンス、やなくて、戸棚のこやし、です(笑)


紹介文がまたカッコ良かったので
コピっておきますね~。

でも
ちょっと、バラしすぎ???(笑)


(いま読んで、すぐ忘れておいて
 マッシロな気持ちで映画館に向かうのがベスト!)

[続きを読む...]

2011年08月17日 (水) | 編集 |
カナザワ映画祭で「夜と霧」!?と思ったら
フランス映画でちょっと残念、な ぐれいす です。
http://www.eiganokai.com/event/filmfes2011/
ヤムヤム~!!!(笑)
(ラインナップをみてたら秋生さんの
 じんにく・・・がかかってもおかしくない雰囲気、なのだが(汗))

ま、行けへんけどさぁ~。。。

 [追記]それより今みたこっちにもびっくり。

 「相米慎二のすべて -1980-2001全作品上映-」
 http://filmex.net/news/2011/08/1980-2001--.html

 い、い、行きたすぎ~!!!(泣) [追記おわり]


こっち(京都の近美)も
たぶん行けそうにないのだけどもメモっておく。

(また別記事に書く予定だけど
 みんぱく映画会「サムソンとデリラ」とかぶっている(汗))

 浪花の映画大特集にも行きたいしなぁ。。。

  あ、また別に書きますが
  京都の文博もガンガン上映予定がでていて
  びびっています。
  8月は映画は無料らしいし~。

  9月には「白蛇伝」とか「仁義なき戦い」とか
  「序の舞」とかいろいろすごいラインナップに
  なっていて、どきどきです(←わたし基準)

  http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film.html

で。

京都の「MoMAK Films」、久々の特集上映が
記事にしようしようと思っているあいだに
もう今週末です。。。

ちなみに土曜日は「カモシネマ」
ソラニンを野外上映する日。
ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

カモシネマ http://www.kamocinema.com/

(たぶん、暑いから行かないかも。。。
 でも、あおいちゃん&高良くん、やっぱし見たいなぁ~。)

やりたいことが多すぎて
ぜんぜん予定を決めていません(汗)


いちおうメモ

・・・て、いま、書きながら
土日じゃなくて
金土なのに気づいた(汗)

おいおい、どうゆう日程やねん~(汗)


やっぱしいちばん行きたいやつ(ポーの)が
みんぱくとバッティング~!!!(悔泣)

○MoMAK Films @ home:
  実験映画


2011年8月19日(金)

19:00–20:18 ※以下4作品上映

(1)『狂熱』1921年(フランス)
   41分・35mm・白黒・無声・フランス語

 監督・脚本 ルイ・デリュック
 撮影 アルフォンス・ボギー、ジョルジュ・ルカ
 出演 エーブ・フランシス、エドモン・バン・ダエル
    エレナ・サグラリ、ガストン・モド

(2)『貝殻と僧侶』1927年(フランス)
  14分・35mm・白黒・無声

 監督 ジョルメーヌ・デュラック
 脚本 アントナン・アルトー
 撮影 ジョルジュ・ペルナル
 出演 アレックス・アラン

(3)『塔』1928年(フランス)
  11分・35mm・白黒・無声

 監督 ルネ・クレール
 撮影 ジョルジュ・ペルナル、ニコラ・ルダコフ

(4)『鋼鉄交響樂』1934-35年(ドイツ)
  12分・35mm・白黒・ドイツ語

 監督 ヴァルター・ルットマン
 原作 ハンス・グロース 
 脚本 パウル・エンゲルマン
 撮影 ゲルハルト・ミュラー
 音楽 ヴァルター・グロノスタイ


2011年8月20日(土)

14:00–14:56 『アッシャー家の末裔』 1928年(フランス)

 56分・35mm・白黒・無声

エドガー・アラン・ポーによる複数の小説を下敷きに作られた「フランス印象派映画」の代表的作品。監督のジ ャン・エプスタンは、映画批評の大家ルイ・デリュックが唱えた「フォトジェニー」論に共鳴し、自らも独自の映画論を展開するが、デリュックの影響は本作にも見ることができる。

 監督・脚本 ジャン・エプスタン
 原作 エドガー・アラン・ポー
 撮影 ジョルジュ・リュスカ、ジャン・リュスカ
 出演 シャルル・ラミー、ジャン・ドビュクール、マルグリット・ガンス、ピエール・オットー、アルマ


15:10–17:12 『イタリアの麦藁帽子』 1927年(フランス)

 122分・35mm・白黒・フランス語・日本語字幕

 結婚式を前にした花婿の馬が、女性の帽子を食いちぎってしまったことから巻き起こる軽妙な追っかけ劇。ルネ・クレールの洒脱なセンスが発揮された無声時代後期の秀作で、亡命ロシア人の製作会社アルバトロスの手で実現した。プレジャンは『巴里の屋根の下』(1930年)で知られるクレール組の常連、チェホヴァは文豪チェーホフの姪で、ドイツ映画に多く出演している。

監督・脚本 ルネ・クレール
原作 ウジューヌ・ラビッシュ、マルク・ミシェル
撮影 モーリス・デファシオ、ニコラ・ルダコフ
美術 ラザール・メールソン
出演 アルベール・プレジャン、オルガ・チェホヴァ、ヴィタル・ジェーモン、ジム・ジェラルド、ヴィランティー・テシエ

http://www.momak.go.jp/Japanese/films/2011/momakFilmsAthome3.html


日時

上映時間:各回14:00~18:00頃(開場は13:30)
上映作品は予告なく変更することがあります。

料金
1プログラム500円、当日券のみ

定員 先着100席

当日13:30より、受付で当日分すべての作品の入場券を販売、開場いたします。
各回入替制です。2回目は上映開始の10分前に開場します。
会場内での飲食はご遠慮願います。
入場券は当日・当該回のみ有効です。

お問い合わせ・会場
京都国立近代美術館

http://www.momak.go.jp/Japanese/news/2011/momakFilmsAthome.html



私はコワいもんはぜんぜんダメですが
ポーの小説は子供の頃に読んでいた。
なぜだろう。。。

アッシャー家の崩壊は、めちゃコワいけど
嫌いじゃない(笑)
めっちゃコワかったことしか覚えてない気もするが(汗)

たぶんコガネムシが面白くて
いろんな本を何回も読み返してたんじゃないかと思う。

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)

  あ。ウィリアム・ウィルソンの話は
  アラン・ドロン主演で映画になってるやつですよね。

  世にも怪奇な物語 HDニューマスター版 [DVD]
  (ほかの話もポー原作だけどよく覚えてない(汗))

アッシャー家は、
なんかいも映画化されているけど
さすがに見たことはありません。コワいんで(←しつこいよ!)


貼っていいのかはわからんけど(おいおい)
いま話題のヤン・シュヴァンクマイエル版が
ありましたので貼っておきます。※字幕なし


  そういや、
  シュヴァンクマイエル展
  行こう行こうと思って、ぜんぜん行けてない~

  http://www.bunpaku.or.jp/exhi_hall.html

[続きを読む...]

2011年08月16日 (火) | 編集 |

タレンタイム、埼玉で上映です。よろしく~



さつえい:ぐれいす

みなさま、よい夏を・・・。

暑い日が続きますがどうぞご自愛ください。



五山送り火、について
くわしく知りたい方は、このへん↓とか。

http://www.kyokanko.or.jp/3dai/daimonji.html
http://www.gozan-okuribi.com/

(ちなみに、京都のヒトの前で
 「だいもんじやき」と言うと怒られる確率、高し(苦笑)

 ↑と、ウィキペディアにまで書いてあるので笑える。
  (「怒られる」とは書いてないけどね。))

  今年の送り火についてはいろんなことが背景にあり
  正直、めちゃ感じ悪いんやけども
  (それについては別に書きたいところ)
  やっぱり、これを見ないと
  「日本の夏・・・」という気分が
  盛り上がらないのは確か(苦笑)


あまりに暑いんで、
今年は見に行くのはあきらめ、
「昼からは大阪へ出て映画3本ハシゴ」ていう
無茶苦茶な計画は
それも暑いのでやっぱり放棄(あたりまえや!)

近所で朝1本だけ映画をみてすぐ帰ってきました。

帰ってきた限りはなんとなく
ヒマなんでまた実家に寄ってから
送り火鑑賞コースへ(汗)
(ウチでは実家にも
 いわゆる「お盆に帰ってくる先祖」は
 今のところいないので、
 送る人がいないから
 まいとし、気楽に鑑賞のみ、なのだ)


たまには違う字(妙法とか・・・)のところへも
行ってみなければ、と思いつつも
やはりまた今年も「大」の写真ですが
貼らせていただきます。

(とここまで書いて、去年は写メしただけで
 BLOGに貼ってないことに気づいた)

  ちなみに、今年はいつになく
  よく撮れている気がするが、(前のん→2008/08
  去年に新調したデジカメが良いのではなく
  30回以上は見ているこの「大」に
  最大限(物理的に)、近寄ってみたのだった。
 
  ま、携帯は買い換えたので
  写メは、かなり進化しているハズ(笑)


じっさい、肉眼でいちばん
かっこよく見えると思うポイントは
「横断歩道のどまんなか」なんだけど
そこで立ち止まって写真を撮ると
ぜったい怒られるんだよねえ。。。

(ワタシは、前の電電公社があったあたり
 (↑京都の方には分かるでしょう・・・)
 (今は某天ぷらチェーン)の前の横断歩道が
 いちばんいい感じ!と思う。

 来年はこそっと携帯で撮ってみようかなぁ~)

[続きを読む...]

2011年08月16日 (火) | 編集 |

夏仕様に変えつつ映画リンクもチマチマ修正しています。
とりあえず中華関連はなんとかしたので
あと洋画と日本とを直さねば。。。

日本の映画で気になるのは(いや、ロシアの映画だけど)
↓公開が決まったので楽しみ!
「ヤクザガール」 http://yakuza-girl.com/
去年の したコメ でやってたそうです。いいなぁ)



ほんじつは、大文字鑑賞をサボって
えーがに行こうか、というこわい考えを
実行してしまいそうなわたくし(汗)

で。

書きたい記事はたくさんありますが
とりあえず先に!

ぜったいに行けませんが(泣)←行けても見たら泣くけど(笑)
上映情報をみつけたんでメモっておきます。

だいぶ先ですが、このBLOGは
速さが命なので(え?そうなん???)

お近くの方はぜひ!!!

ウィークエンドシアター9月上映
『タレンタイム』字幕版@彩の国ビジュアルプラザ

故ヤスミン・アフマド監督が遺してくれた優しさの遺産
東京国際映画祭〈特別功労賞受賞〉ほか、日本全国の映画祭で大きな話題となった感動作『タレンタイム』が埼玉で初上映!
2009年7月25日に急逝した、現代マレーシア映画の牽引者・映画監督ヤスミン・アフマドは、多数の民族、言語、宗教が混在するマレーシア社会の現実、そこに生きる人々の姿を、しなやかでやさしいユーモアにあふれるタッチで描き、多くの観客を魅了する。
学内のタレント・コンテスト「タレンタイム」をめざす高校生たちの青春群像ドラマ。コンテストという重要な日に向けたオーディション、リハーサル、準備の日々を通じて、野心、嫉妬、人間喜劇、恋愛、失恋といった感情の高まる世界に登場人物たちは巻き込まれていく。そしてそれらすべてが、素晴らしい音楽と演奏であふれる1日の中でクライマックスを迎える。

2009年/マレーシア/120分/35mm
監督:ヤスミン・アフマド
音楽:ピート・テオ

日時:9月3日[土] 14:00
開場時間:開映時刻の1時間前。

当日のご来場順にて入場。
料金
前売:大人(高校生以上)600円、子供(3才以上)300円
当日:大人(高校生以上)700円、子供(3才以上)400円

入場券販売
【前売】
■彩の国ビジュアルプラザ4階・県民交流プラザ
 チケット取扱い時間:9:30~16:00
 休館日:月曜日定休・祝日の場合は翌平日が休み。
■川口リリアチケットセンター/前売り券のみ
 チケット取扱い時間:10:00~19:00(年中無休 ※休館日除く)
 電話:048-254-9900
■インターネットでの購入
 e+(イープラス)/前売り券のみ
 http://eplus.jp/ (パソコン&携帯)
<イープラスご利用手数料について>
支払と受取をファミリーマートまたはセブンイレブンをご利用いただくと手数料がかかりません。それ以外の場合は手数料がかかります。詳しくはイープラスのHPでご確認ください。
イープラス手数料一覧

当日:上映当日の13:00から映像ホール受付にて販売。
会場
彩の国ビジュアルプラザ 4階・映像ホール
※満員の場合にはご入場をお断りすることがございます。(定員321名)
※やむを得ぬ事情により、上映作品や時間の変更・中止をする場合がありますので、あらかじめご了承ください。
主催:
(株)デジタルSKIPステーション
後援:
川口市

http://www.skipcity.jp/event/hall/1108023.html



みて損はない、というより
みないと損です。(ホンマに)

日本版DVDもいつ出るかワカランし。。。(タメイキ)

また、全国のあちこちで巡回上映されるとよいのですが。
(ほかの作品も含めて)

近畿圏の映画館さんも
よろしくお願いします!!!



  駅ビルシネマ
  今年もあればなあ。。。
  ※今年は実施されないとこのとなのです(泣)


予告等、貼っておきますね。

[続きを読む...]

2011年08月14日 (日) | 編集 |
書きたい記事がいっぱいですが
暑くてへばっています(自宅で)

  夏休み、無いとおもいこんでいたが
  金曜から自宅待機(?)

  もちろん、とーきお にも ひょーんごん にも
  いってまへん。。。

  とりあえず、映画館に行ったりなど、ですが
  めっちゃメインのものすごい期待の場面で
  ガン寝(←て日本語?)をしてしまい
  ちょっとブルー。。。 いつリベンジしよか(泣)
  ・・・な今日このごろ。

なんも更新しないのも寂しいので
予定を変更して、しょーもない話を。(いつもや!)

さて。

私の世代では、
超有名な某アニメ
実写ドラマ化される、とちょっと前に話題になった。。。

http://gigazine.net/news/20110810_ntv_bem/

妖怪人間ベム DVD-BOX

ケン・ワタナベのお嬢さんがべラっちゅーので
かなりびっくりなのだけど

(しかも、ワタシは、ネットでざっと読んで
 
 え?鈴木杏ちゃん???(^^);;; と思ったので

 よけいにびっくり。)


べラっちゅーたら、やっぱし

(昔やったらイツワさんやろうけど)


現実的に、
似合って、やってくれそーで
話題になるのは

椿鬼奴さんじゃないかと思うんですけど。。。



まったく個人的には

ワタシは、このヒトがやってほしかった!!!と思う。


[続きを読む...]

2011年08月11日 (木) | 編集 |
甘いものの話題が続いて恐縮ですけど。

きのー(水曜)は行きたい映画に
おもいっきり電車にのりおくれて断念した ぐれいす です(泣)

8時台やから7時の電車でええやろ!と
いっかい家に帰って晩ゴハンを食べていたら遅くなった。
また次回の機会を待ちましょう。。。

さてさて。
糖朝女子会のニュースを書いたところですが(8/10
烏丸経済新聞にこんなのが出てたのでメモっておきます。

京都・御幸町六角に果物を凍らせて作ったかき氷店-期間限定販売

(2011年08月09日)

六角通御幸町の店舗で現在、果実を使ったかき氷が販売されている。同店は、「古都ほかまんじゅう」を販売するマーケットプレーン(北区)が経営する。

 メニューは、マンゴー、イチゴ、巨峰の3種類で、価格は各350円。果物にピューレや砂糖を加えて凍らせ、ふんわりした食感のかき氷にする。商品開発は「いろいろ入れていないからすんなりできた」と同社社長の服部昌幸さん。「果実をそのまま使うのでシロップとは違う甘みになる。水も加えないため、溶けても水っぽくならない。小さいお子さんでも安心して食べられる、と親子連れで来られる方もいらっしゃる」と妻の服部景子さん。リピーターが多く、休日は1日100杯ほどが出るという。

 これまでも「京野菜ジュース」などの商品開発や、かき氷販売を行ってきた同店。「前にかき氷を出したときは冷夏で、それに懲りて翌年やらんかったら猛暑やってん。かき氷は難しいわ」と苦笑する昌幸さん。それでも今回は「手応えを感じている」という。「『歩き回って疲れてたけど、かき氷で元気になったわ』とお客さんに言ってもらった時がうれしい。ぜひ京都発のかき氷で涼みに来てもらえたら」

 営業時間は12時~19時。9月8日まで。同店のほか、森陶器館南店(東山区)でも販売する。

http://karasuma.keizai.biz/headline/1452/

ヤフーにも出たようなので見た方は多いかな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000037-minkei-l26

たぶん、これ↓やね~♪

フルーツまるごとfawafuwaアイス
http://www.kyoryori.jp/page006.html


うおー!!!
めっちゃ食べたいやんかいさー!


ゴコマチといえば
その近所のアイスクリーム屋さんも
気になりつつ、行ったことない。

アイスクリームショップ&カフェのBeehive
http://www.beehive-cafe.com/

(たぶん、大昔に
 ダウンタウンの発明将軍でやっていた
 大理石アイスじゃないかと思うのですが・・・
 ホットプレートで焼きそばを作るみたいな感じで
 フルーツを混ぜ混ぜしながら
 冷やしてアイスにする、という画期的な発明)

カキ氷のほうは
さっそく今日夕方にでも様子をうかがってこよう。
(コトクロスに本を買いに行くので。これとか

 海街diary 4 (flowers コミックス) 海街diary 4(吉田秋生) 

 あと「みおつくし料理帖」の新刊も♪)


ネットの経済新聞、この記事の下に
こうゆうのんも出てたので、お近くの方は
ぜひどうぞ。。。

ええなあ、ナゴヤ。。。

大須に台湾風かき氷店
「リトル アジアン エクスプレス」-今年も夏季限定出店

http://sakae.keizai.biz/headline/1591/


(めっちゃ行きたいわー!!!
 ていうか台湾の永康街にカキ氷たべに行きたいわ!)

本当はここ↓にも行きたいのですが

台湾スイーツショップ 甜風
http://tenn-fuu.jp/

イズミヤ千里丘
まったく行く用事もついでも考えつきません。。

屋台もあちこち出されているようですが、
なかなかめぐりあえない。

OTODAMA 2011 には行けそうもないので(ミッちゃん出るけど)
中秋明月祭を狙ってみるかなあ。

ちょっと面白そうじゃないですか?

中秋明月祭 http://meigetsusai-guide.com/


てなわけで、暑くて食欲が激減のわりに
「甘いもん熱」はまったく冷めていないわたくしでした(笑)


これも気になる!(笑)


[続きを読む...]

2011年08月10日 (水) | 編集 |
月曜に気合?を入れて「最後の賭け」(フランス映画)に行ったら
5人くらいでびびっていた ぐれいす です。

みんな見よう!!!(泣)
おもしろかったよ~!!!(あとの2作も楽しみ)

映画の國傑作選
http://www.eiganokuni.com/meisaku2-chabrol/movie.html

(イザベル・ユペールがカッコ良くってびっくり。
 私の中ではずっと「エリカ先生」だったので(笑))


さて。台湾情報ですが。

まずは(でおくれ情報ですいません。。。)
テレビで中国語に羅志祥(ショウ・ルオ)が登場。

8月8日放送
C-POP情報 羅志祥(ショウ・ルオ)
『アジアのダンス王』の異名を持つ男性アーティスト。歌手・俳優としてはもちろんバラエティ番組の司会などマルチに活躍しています。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/chinese/tv/

(再放送は金曜朝です)

獨一無二が紹介されるらしいです。

http://youtu.be/hfiPkKBNgEU
(見てないんで、↑このバージョンかワカランけど・・・)

気になる方はどーぞ。

で、台湾ですが、
いきなりいろいろ本が出てます(汗)

わんわん台湾 ぶらぶら♪ラブラブ(ハート)めおと旅 (Kuma*Kumaトラベル本) わんわん台湾 ぶらぶら♪ラブラブ(ハート)めおと旅

Kuma*Kumaさんの本は前にも読んだことがあるけど
すっごく面白かった。これ↓

バリ島バリバリ―女たちのムフフ楽園旅行記 (知恵の森文庫) バリ島バリバリ―女たちのムフフ楽園旅行記
KumaKuma、よねやま ゆうこ 他 (知恵の森文庫)

こっち↓に台湾の本がちょっと紹介してあります。

http://www.3a-cocoro.com/article/14054175.html

BLOGはこちら→ http://kumankuman.exblog.jp/

そしてこれ↓も発売!!!

奇怪ねー台湾 奇怪ねー台湾(青木由香)

こちらはトークショー等、
あちこちで予定されているらしい。
http://www.aokiyuka.com/

↑上記に書いてあったのをメモっておきます。

<出版記念イベントさせてもらえる所>
 9/2 大阪スタンダードブックセンター
 9/3 京都恵文社(午後を予定しています) 
 9/4 青山ブックセンター
http://www.aokiyuka.com/?eid=1055326



恵文社、まだ行ったことないので行ってみたいが
ちょっと暑そうだ・・・(汗)


そして、これ↓、
前から欲しくって探していてやっと買ったのですが

ワンテーマ指さし会話 台湾×鉄道 (とっておきの出会い方シリーズ)

ぜんぜん書店においてない!!!

けっこうデカいところでもみつからないので
めちゃ売れていて売り切れているのではないか?と
思ってます。
(というか、買って、いつ行く気だよ、ワタシ!(汗))

ちなみに、どこで買ったかとゆーと
某梅田ロフトのちかくの巨大書店です。
(サラミちゃんの本もそこでGET)
大きいところには何でもあるわねえ(感心)

(でも他の本はたくさんあったけど
 鉄道は買ってきた1冊しかなかったよ~
 やはり、品薄なのだろうか。。。
 売れているのであれば良いのだが。)


てなことで、まだまだ台湾、
いろいろな情報がいっぱいですねえ。

(フジロックの続報?も出てました。
 http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=213053&ctNode=3591&mp=202


台湾じゃないけど
ネコジャンプ(タイの双子POPデュオ)も
日本(東京)に来てたんだねえ、、、

http://www.starchild.co.jp/artist/nekojump/information/

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20110808_090.html

こんどは関西にきてね!(泣)

(香港のツインズもがんばってねん♪)

あと、また別記事に書きたいけど
福岡の台湾映画祭2011
ラインナップが決まったようです。

http://www.china-airlines.co.jp/campaign/taiwan_eigasai/
「台北の朝、僕は恋をする」、「台北に舞う雪」
「九月に降る風」、「靴に恋する人魚」
「夢遊ハワイ」、「百年恋歌」の6本とのこと。

 靴恋、いいなぁ~!!!
 お近くの方はぜひっ!


さて、がらりと変わって、表題後半ですが(笑)
京都高島屋の糖朝では
夏の女子会プラン(昼間)をやってるそーです。
ネットでみてびっくりしました。
ちょっと行ってみたい。

下記にコピっておきます。

[続きを読む...]

2011年08月08日 (月) | 編集 |

ただいま
京都シネマでは ジェラールフィリップ特集
http://www.kyotocinema.jp/gerard-philipe/
みなみ会館では クロード・シャブロル特集
http://www.eiganokuni.com/meisaku2-chabrol/(←音が出ます)
とつぜん血中ふらんす濃度がUP予定(笑)
シベールの日曜日も見たし、、、)

ちかぢか「アラン・ドロン特集」もあります!
http://www.kyotocinema.jp/alain-delon/
(ジェラール・フィリップもドロンも朝だけだから1本も行けないかも)



少女まんが、ではないですが
こないだ、テアトルで「ベニスに死す」の
予告をみてきて、テンションが高いわたくし(笑)

http://death-in-venice.net/(←音が出ます)

音楽をきいてるだけで泣きそう!(涙)


コミックス情報でもテンションが上がっていて
9月には「チャンネルはそのまま!」だけでなく
「エンコミ!」(遠藤淑子作品)がイッキに3冊発売・・・
まだまだ少女まんが熱はつづきます。。。

ダヴィンチも買ってこなければ。。。
ダ・ヴィンチ 2011年 09月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチで羽海野チカ徹底解剖!おかざき真里との対談も
http://natalie.mu/comic/news/54409
http://web-davinci.jp/

さて。

ご縁があってきのう(日曜)
ニコニコ日記全6巻
イッキ読みしてしまった ぐれいす です(汗)

実は、まんが以外の目的(8/8)のため
はじめて「まんがミュージアム」
行ってきたのでありました。

(4時の講演会の整理券をもらいに
 朝9時半から並びにいってきて、
 そのまま夕方まで映画にいくつもりが
 ついついまんがに熱中してそのまま
 夜まで居た・・・)

ニコニコ日記 1 (クイーンズコミックス―コーラス) ニコニコ日記 2 (クイーンズコミックス―コーラス) ニコニコ日記 3 (クイーンズコミックス―コーラス) 
ニコニコ日記 4 (クイーンズコミックス―コーラス) ニコニコ日記 5 (クイーンズコミックス―コーラス) ニコニコ日記 6 (クイーンズコミックス―コーラス)

いやーーー
ニコちゃん可愛いねえ~!
めちゃ癒されました(笑)


ドラマ化されたのは知ってたけど
ぜんぜんみてません~
(キャストをみると知らなくてよかった気もする)


けっきょく、トータルすると
他の本もいっぱい読んだので
8時間ちかくまんがにどっぷりでした(笑)

読み始めた時点では
「年間バスを買うか???」と一瞬だけ思いましたが
閉館までに読みたい本をかなり読んでしまったので
また来年くらい、気が向いたら取るかも、てことで
今回は断念(笑)

それより、TOHOフリーパスを取って
コクリコ坂をみてこなければ!
(ていうか、スーパー8を先にみなければ)


家にあるまんがも読まないといけないんだけども(汗)

 (こないだ、某所で
  「モンシェリ ココ」を3冊とも売ってたので
  GETしてきたが、まとめて読もうと思うと
  なかなか時間がなく放置・・・)

この夏もやりたいことがいっぱいです!

それにしても
[続きを読む...]

2011年08月08日 (月) | 編集 |
昨日はこれ↓に行ってきました♪

お化け大学校特別講義
妖怪マンガのガラパゴス
~百鬼夜行絵巻をめぐって~


日時 2011年8月7日(日) 午後4時~
会場 京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要です
出演 京極夏彦(お化け大学校教授)
定員 200名(先着順)     
※当日午前10時よりミュージアム館内にて整理券を配布
協力: お化け大学校

http://www.kyotomm.jp/event/exh/hundred2011.php
http://karasuma.keizai.biz/headline/1441/

本当は小松先生の講演(7/30)にもすごく行きたかったけど
阪本監督のトークショーと同じ時間だったので断念。

京極大先生の講演は初めてです。。。
(大昔にいっかい
 新京極通ですれ違ったことがあるが(笑))

詳細はまたあらためて。

話はすっごく面白かったですが
なんのメモも見ず、スラスラとお話をされて
時間ぴったりに終わったことにも感嘆しました。

すごいなぁ~。

また機会があったらお話をききにいってみたい。

「なんでもいいから質問をどうぞ」という
コーナーがあったのに、誰からも質問なし(笑)

手をあげて
「次のミステリーはいつ出るのですか?」と
聞く勇気は私にはなかった・・・。

 いつ出るんですか~!?(汗)

といいつつ、実は「邪魅」が半分くらいしか読めてない。

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

なぜかいつもほどスラスラと読めない、てことで
かなり放置していたのですが
春に「ぴあ」に並びにいくときに持っていって
かなり読んだ(笑)

なんとかこの夏のあいだに読もう!


さいしょに読んだのがウブメなので
姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)
なんとなく、彼の作品は「夏」のイメージ、です(笑)

とーふこぞーの映画に行きそびれたのが
惜しまれます。
(ルーガルーも見そびれているけど)

どこかで京極オールナイト、なんてどーでしょーか。

(と書きながらけっきょく大阪映画の
 オールナイトに行けてないことに気づく。。。
 http://www.cinenouveau.com/sakuhin/naniwa/naniwa_ivent.html


私は、もーりょーのハコ、意外と気に入っている(笑)
美月ちゃんやクドカンといった脇キャストが見事です。

[続きを読む...]

2011年08月03日 (水) | 編集 |
よかったら この下(本?の話) も読んでね♪

ふとみつけたニュースがあるのでメモっておきます。

原田芳雄“幻”出演作を追悼上映
 阪本監督「新世界」地元初お披露目


http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110802/ent11080214190015-n1.htm

やったー!!!

すいません、こないだのレポがまだ書けてないのですが
阪本監督のトークショーで
「まえに新世界を舞台に原田さんとビデオをとった
 作品がある」というお話をされていました。

2001年の国民文化祭で依頼をうけ、ビデオ作品を
作るときに原田さんに出てもらった、と。
(国民文化祭て税金の無駄遣いと思ったけどいいこともあるのね)

ビデオ作品なのでみるチャンスはそのうちあるでしょ、と
期待していたのですが
さすが、大阪(?)、
シゴト、はやっ!!!(汗)

原田芳雄さん「幻」の短編、遂に大阪初上映!@テアトル梅田

先日、71歳で死去した俳優、原田芳雄さん主演で、大阪の新世界を舞台に坂本順治監督が撮影した短編映画「新世界」を緊急上映いたします。

「新世界」の上映は、平成13年に群馬で開催された「第16回国民文化祭・ぐんま2001inたかさき」と、今年6月に神戸映画資料館で行われた上映会以来となります。

「新世界」の上映は、8/6(土)、8/8(月)、8/10(水)、8/12(金)上映の「父と暮らせば」と併映となります。(1,000円均一、各日朝10:00~)

http://www.ttcg.jp/theatre_umeda/topics/detail/8466


そんなに緊急に手配されても、みにいく段取りが(滝汗)

でも行かねば!!!(泣)

  ビデオ「新世界」
  トークショーでどんなお話かちょっと聞いたのですが
  これからみる方のために伏せておきます(微笑)
 
トークショーのときに
上映がちかぢかあります、て教えてくだされば・・・

いま気づいて良かった。

いやいや、
それよりも


これ↓ぜんぜん知らんかったがな!!!(涙)

[続きを読む...]

2011年08月02日 (火) | 編集 |
導火線、いつ行こう~と思いつつ
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20110708_7681.html
たまには本の話。(書くべき記事は山積みであるが・・・)

「ジュージュー」を読んでから「地獄のサラミちゃん」が
読みたくて読みたくて、あちこち探しているが見つからず。

ジュージュー 地獄のサラミちゃん (祥伝社コミック文庫)

(でもハンバーグは食べたくてたまらなくなったので
 ついつい食べに行ってきたよん!
 ↑と、本を読んでいないとワカラン話ですなあ(汗))

まあ、どこかで出会うのを待ちましょう。


で。表題。

ニュースとしてはだいぶ前に発表されたらしいのですが

真木よう子、NHK連ドラ初主演
「台本はまった」…ドラマ「カレ、夫、男友達」

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110726-OHT1T00042.htm

こないだ、書店で
ドラマ化決定!!!と書いて、
文庫本が山積みになってたので、
どんなドラマになるのか気になって
ネットで調べてみた。(ネットって便利ね~♪)

こんどドラマ化されるという江國作品

「カレ、夫、男友達」

なんちゅう題じゃ!と個人的には思ったのですが
いまさらながら、会見動画をみたら
なかなかキャストがええのんかも、と
ちょっと見たくなってきた。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/84096.html

(あ、でも原作どおりなら
 暴力シーンが・・・そこはちゃんと出てくるらしい(涙目))

原作はこれ↓
思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫) 思いわずらうことなく愉しく生きよ

あれ、わずらう、てヒラガナやったっけ?とかも
思いつつ・・・
読んだのはだいぶ昔(本が出たとき)なので
ぜひ読み返してみたいと思います。

キャストで、夏帆ちゃん、て載ってたので
思いわずらう・・・ではなく
「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」(母子家庭の家系の話)かと
一瞬、想像した。

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫)

モデルをしてる女の子、何年後かに夏帆ちゃんに
ぜひやってほしいと思う。

他の配役があんまり思いつかないけど(汗)

江國作品は、読んでいるあいだは
あまり、誰がやったらいいのに、とか
考えたりしないのだけど、
いざ映画化とかをされると
けっこういい感じに仕上がっているのではないか、と
いつも思う。

(きらきらひかる、の
 ツツイくん だけは正直カンベンしてほしいが。。。
 トヨエツが素晴らしいだけにもったいなすぎる。

  きらきらひかる [DVD]

 決して嫌いではないし好きだけども・・・
 前にも書いたかもしれんが、ああゆう作品こそ
 うつくしくリメイクしてほしい。

 N島さんとO栗くんでどうでしょうか、
 岩井監督!!!←監督まで名指しかい!(笑))


あ、ちなみに、岩井監督の
「打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか」

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

いま期間限定で、監督のサイトで無料配信中です。

http://iwaiff.com/

ニュースはこちら↓
http://www.cinematoday.jp/page/N0034012

見たい気もするが、
私は大昔に映画館でみたので
いまからPC画面で見るっちゅうのも
いかがかな、と迷い中です。

でも見たいな~! 夏やし!


http://youtu.be/Kq7AVNzVfQk

コバシくん、これにも出ていたんですね。
まえ久々にスワロウテイルをみたら
子役で出ててびっくりした。

あれ、そうゆうたら、岩井監督!
ヴァンパイヤ、その後、どうなったん!?(汗)

http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2011/02/9976/

2011年公開予定、という作品は多いですが
今年もあと5ヶ月!になってしまいましたけどぉ~。。。

  この機会に書いておこう!!!
  マクダル、今年こそ公開してほしい~(泣)

  http://www.magichour.co.jp/syosai/2010/0000040.html


で。本の話(?)
[続きを読む...]

2011年08月01日 (月) | 編集 |
いやー、8月になっちゃいましたねえ(滝汗)

世間は今「なつやすみ」ですが
なつやすみ、とはるやすみ、をまとめて取っていた?わたくし
今日でなつやすみはおわりです~。(詳細は省く)



ふだんは「田舎のバス停」のよーな運用、と
かってに公言しているこのBLOGですが
土日のアクセス数がハンパじゃないのでびっくり。

(大阪アジアンのタイ映画が放送されて以来の
 ものすごい数だ(笑)←わたし基準

なんと「まるかじりアジアン食堂」を、
ぐーぐる検索すると
ウチが3番目ぐらいに出てくるではありませんか!!!

 あれはエエ番組なんですから
 みんな!(←誰?)
 もっと見てBLOGに書こう!!!

  ちなみに、出てきたお店は
  しばらくしたらNHKのページに載るはず。
  (正式に載ってからあとで書きますね~!)

来てしまった方々、
こ~んなとこですいませんどした、、、(ぺこり)


さて。
めーーーーっちゃ先のハナシではありますが
みつけてしまったのでサッサと書いてしまいます(笑)

  あ。よかったらこの下に先週のメモを書いてるので
  読んでね。
 (詳細レポートは宿題をためまくってるので
  どの順番から書いていいのか自分でも分からない・・・)


ちょっとうれしいニュース。

10/8から開催の「東京ごはん映画祭」

http://tokyogohan.com/

(その名のとおり、東京だけなのが残念・・・)

今年、第2回を開催されることもひじょーにめでたいですが

(去年は恵比寿ガーデンシネマだった気がするので
 勝手に心配をしていた)

なんと、
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
上映されるとのことです!!!
マイ・ブルーベリー・ナイツ [DVD]

きのう「うぉんかうあい」という名前を
ちらっと聞いてどきどきしていたのだが(この下の記事)
ブルーベリーが映画館にかかるのって
ロードショー以来なのではないか?と思います。

いいなあ~!


他のラインナップも素晴らしい!!!

映画としてもステキだが
紹介をみているだけでヨダレがじゅるじゅるです(笑)


まだ「第1弾」となっているのですが
いま発表になっている分だけですごい!!!

おなかがすいている時には
紹介記事などは見ないように!て感じですね。



http://tokyogohan.com/filmfestival/?page_id=52


それにしても・・・
[続きを読む...]

2011年08月01日 (月) | 編集 |
いろいろなことが山盛りですが
なんとかちょびっとずつ、あとで書きたい。


たくさんのことがいっぱいで、頭がぐるぐるです(笑)


先週からのできごとをガガっと追っていくと
ヒマってゆうことを別にしても
ひとりの人間がやっていることに思えない!(笑)

ええかげん、シュミの範囲を狭めなくては!と
思わんでもないが、興味は広がるばかり・・・(泣)

以下じぶんようメモ

○フェルメール展 やっと行ってきた(7/27)
  夏休みが始まる前に行っておけばよかったのだが
  思ったよりはすいていて、
  こころゆくまでフェルメールの絵に
  はりついて見ました(笑)

  終わる前にもういっかいぐらい行きたい。

○大阪映画特集「どついたるねん」をみる(7/27)
  ※原田さんもみたかったのだが
   ハル子ちゃん目当てなのは私1人だったかも(汗)

○「再生の朝に」(透析)をやっとみる(7/28)
  関西人としては「もっとはよ言えよ!」てな
  身もフタもない感想が(汗)

○ドリーム・ホーム → 台北の朝に僕は恋をする(7/29)
  ※台北の朝に、パンフが売り切れていた。人気なのか?

○大阪特集「王手」「ビリケン」(7/30)
  ※下記にちょっとメモ
 (トークショーの日なので「王手」は満席立見)
 
○午前10時の映画祭「シベールの日曜日」
  初めてみたのですが、悲しすぎる!!!
  終わって出てきてから紹介ポスター?を読んだら
  おもいっきし最後ネタバレしていた(おいッ!)
  先に読まずにみてよかった。
  (いつも大体、終わって出てきてから読む)

○昼からはヤスミン・アフマド監督のシンポジウムへ。
  シャリファ・アマニさんがあまりにも可愛くて
  言葉を失います(←いや、ホンマですて!)
  ※下記にちょっとメモ

  
7月は、どんだけ映画をみたんだろーと
おそろしくなりつつ数えたが
きのう拝見した、アマニさんの短編を入れて
27本、でありました。

(6月は37本だった(汗)
 ちなみに最近でいちばん見た月は
 42本ぐらいだったと思う。
 去年TOHOフリーパスをとった時)

トークショーとシンポジウムについては
くわしく記事にしたいと思うけど
忘れないうちにちょびっと書いておきます。

 
[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。