猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月10日 (金) | 編集 |
20090710073918
ちょっと前(火曜)ですが
や~っと「ディア・ドクター」見ました。

(写真には出てないけど、夕方の上映にギリギリ駆け込むと
朝も昼も満席表示が出てた(^^;
夕方の回もほぼ満席…
一日三回は少なすぎ!)


「ゆれる」も良かったけど、
「ディア・ドクター」も良いなぁ~。。。

ディアドクターのほうが
登場人物が多い分
細かい心理描写、それぞれの葛藤など
前の映画よりも幅広い表現がされていて
「見せてくれた」というより「考えさせられる」て感じ。

また、出ている人それぞれ
完璧!といってよいぐらい上手い配役でベストな演技であります…
(ホメすぎ?)

西川監督、ただもんじゃないなぁ~(感嘆)


主役ふたりも素晴らしいけど
八千草さん、余さん、香川さんもすっごく良かった。

どう良いかを書くとネタバレになっちゃうので、
細かくは別に書きたいのですが
ゆれると大きく違うのは
ゆれる、では人間の裏側、ヤな所、隠れていた悪意…
みたいなのが描かれてるけど
こっちでは、それに加えて(というか、それらは控え目で)
「にんげんっていいな」とか「生きるとは?」「職業とは?」みたいな
もうちょっと広くて良い部分が
いろいろ感じ取れる映画な気がします。(ナニサマ?)

私がこのblogによく書く
「用事もないのについ実家に電話したくなっちゃう映画」でもありますわ(笑)


演出が丁寧で細かいので
文脈とか空間を感じとれる人だと深く読み取れる映画であるだけに
見逃している部分がないか不安ではありますが
良かったわ~!!!

今年の私的邦画ベスト2あたりに入れておこう♪
(1位はまだ見てないけど「空気人形」当確(笑))


エイタくん苦手とか、べい師匠が主演なんて、と
いらぬマイナス評価をして
見る気の無い人にこそ見てほしい♪(ナニサマ?)

エイタくん、ホンマにエエ俳優さんになったなぁ~♪

ちなみに、脚本を書いたものの
伊野の役が見つからない監督に
鶴瓶師匠を提案したのは是枝監督だとインタビューに書いてあった。

他の人では無理でしょう!
(やっぱし是枝監督スゴい…(^^;)


小説は直木賞候補だそうですが、間をおいてぜひ読んでみたい。

また、
ネタバレにはならないかと思うけど
映画の語り口から
私はなんとなく、有吉佐和子氏の「悪女について」が久々に読みたくなりました。


あと、八千草さんの場面では
なんとなく、オヅ映画を彷彿とさせる。
まさに「スクリーンで聴きたい日本語」であります。

「チキン・ハート」も翌日(水曜)に見ましたが
こっちはまあまあ。
私は好きやけど(笑)


で、清志郎特集は本日までであります(泣)


「不確かなメロディー」、行かなくては!


「アメリ」も見たいし
滋賀会館の「オペラハット」「或る夜の出来事」も見たい!!!

てなかんじ、こ~んなまいにち、でございます(ちゃんちゃん)
スポンサーサイト

2009年07月05日 (日) | 編集 |
20090705210731
実はついつい見逃していた
「たみおのしあわせ」

こんな面白い映画やったとわ!(笑)
(原田さんちは、またお医者さんかい!てツッコミはおいといて(笑))

「冒頭は○○で終盤は△△なのね(笑)」と思ってしまいました。
(伏せ字部分は有名な映画のタイトル。書くつもりだったけど、ネタバレ?なのでやっぱり伏せておく…)

それにしても、オダジョーと久美ちゃんのコンビ、いいなぁ~♪

この機会、てのがなんともツラいけど、見られて良かった。
(下に書きますが追悼上映のラインナップなのでした)

たみお…は2日に見たのですが
昨日土曜は「お墓と離婚」に行きました。

こっちは笑いっぱなしな感じではないが、
やはりジャンルはコメディ?
この映画も初めて見たのですが、こういう「見る人を選ぶシュールなコメディ(?)」て
最近では多いけど、この頃(1993年公開)にはあまりないジャンルだったのでは?
見所はキヨちゃんなのはもちろんですが
今は絶滅した超特大の「携帯電話」!
最初、何かと思いました(笑)

あと、端役に田口トモロヲさんや渡辺えり子(当時)さん他が出てます。

たみおのしあわせ、は終了しましたが、
この「お墓と離婚」は、みなみ会館で7日と8日夜にも上映あり!


「ありがとう!忌野清志郎追悼上映
こんな映画も見なよ」は
10日まで。
「チキン・ハート」と「不確かなメロディー」の上映もあります。

ぜんぶ行きますよ!!!
(「1980」(いちきゅうはちまる)がないのが残念…て一瞬しか出てないけど)


「不確かなメロディー」は公開当時とおととし?の新京極映画祭でも見た気がするけど、ファンじゃなくても、バンドを組んだりした経験のある人には興味深い映画(と勝手に思う)

トモカズさんのナレーションもなんか好き(笑)

近年、ストーンズとかザ・フー、ポリスなど、「バンド映画」が続きましたが、「不確かなメロディー」はその先駆!?

気になる方はぜひ見てくださいまし。
(もちろん、全っ然ファンじゃない人にはツマンナイかもですが…)


実は見てませんが(汗)、
清志郎+映画っていうと、なんとなく「!(アイオー)」を連想してしまう。
予告とか宣伝とかで、「スローバラード」がガンガンに流れていたから。

スローバラードを聴くと、条件反射でついついオーケンの顔が浮かんでしまうのでなんかクヤシイ(汗)


当時はRCは、私は熱心に聴いていたわけではないけど、友達が大好きで、彼女はRCのコピーバンドまでやっていた。
他の曲を聴くと彼女がやっていたバンドとか学園祭のことを思い出します。

今回のことで、キヨちゃんを悼むとともに、彼女のことも色々思い出しました。
元気かなあ~。。。


てなわけで、またまた通っているみなみ会館さんですが
今日は会員ご招待(太っ腹♪)の
「ユアン少年と小さな英雄」を見てきました♪

見逃していて、すっごく見たかった映画。

エエ話や~!!!(泣)

さっそく、私的「わん子映画」名作認定!です。


そして昔のよおろっぱな雰囲気がすっごくステキ。
画面の暗い雰囲気とか、「オリバーツイスト」とか「パヒューム」みたいな重々しい感じで良かった。


で、この作品の上品なところ(?)は
ユアン少年がけして「美少年」じゃない点(笑)
それがあるから、わん子の可愛さが引き立つんだろうなあ。


エエ映画、見してもらいました。おおきにです!!!

今日はそのあと、映画をハシゴする予定だったのだが
あまりに頭痛がするので断念(泣)

「覇王別姫仕様」(なんじゃそりゃ~)で朝からチャイナワンピで出掛けたというのに
とても電車に乗って出掛ける状態でなく
あきらめて京都駅で冷麺を食べて帰ってくる(泣)

覇王別姫、こんどはいつ見られるんだろ~(泣)
↑ストーカーか!?


フラフラで帰って、ちょっと寝たらいちおうおさまったけど
暑さのせいなのか
眼鏡を新調したからなのか
なんなのか、原因がよくわかりません(泣)


パソコンを物色に行くのも当分、無理そうです~


てなわけで、今日はここまで。

(携帯で文章を打つのって、めちゃダルい~)


コメントが携帯から返せず不義理をしておりますが
どっかパソコンから丁寧にお返事をするつもりです。
何故か携帯からはアクセス禁止で止まってしまう。
ワタシのblogなんですけど~!!!(泣)


ムウもディアドクターもしばらく行けそうにないですが
「チキン・ハート」に行ったら、また感想を書く予定。


ディアドクター、アエラか何かに監督のインタビューが出てましたが
「川島雄三」ていうエピソードにびっくり。
やっぱし、すごい人だ~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。