猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年01月31日 (土) | 編集 |
いまさらですが、いろいろ予定をイッキに書きました(この下)
なんとか、右側のリンク一覧を
近日中に更新(書き換え)したいところ・・・。


土曜は久々の ぴ○(いちおう伏せ字)に
朝イチ(やや遅め)からチケット取りに
並んできたけれども見事に惨敗。。。がっくし。

こんなことなら、朝からチョコレートアンダーグラウンドに
いったほーがよかった(泣)とおもいつつ
トボトボ帰る。

で、夕方から別の映画(他県)にいくつもりで
家を出るころに、雨がザーザーなことに気づき
さすがに駅まで自転車はツライ!と
あきらめて別の映画(近く)に行こう!と
予定変更してみたがやっぱし間に合わず。。。


ま、こういう日もあるわさ。


見なければならないDVDや録画は山積みだけど
ずっと気になっていた(買って放置の)
レピッシュのDVD(BOX)を見る。

すごい。。。

<追記>
WE ARE LA-PPISCH!! -COMPLETE DVD BOX・VICTOR YEARS & 03-  DVDぜんぶスゴイんだけど(笑)
  特に、ネットで何回も見てて
  やっぱし欲しくなった「ANIMAL VISION」
  ほんま買って良かった(泣)
 (廃盤してたので、
  昨年のオークションはなんと8万円!超の
  値段がついていたが、
  先頃、定価でぶじ再発されたのでGET)

  実は返還前の香港が、ロケでいっぱい出てくるんです♪

  もともと曲も大好きな「パーティー」
  海の上で、ジャンボレストランとかの横を通りながら撮影。

  ああ、なんてステキなPVなんだ!!!(うっとり~)

  前も貼ったカモやけど九龍城本物)の前で
  撮っている「めがねの日本」はこちら↓
  http://jp.youtube.com/watch?v=PHtimzGHIG4  

 ほかにも、昔のLiveとか見て、ひとり家で踊るワタシ。。。(笑)
                        <追記おわり>


・・・なんてことをしている間に、いちにちは終わってしまった(泣)

トマトソーススパゲティを作ったら
めちゃ作りすぎ(でも食べた)

すっごい量のスパゲティを食べてる時って
ついつい「カリオストロ」を思い出してしまう(笑)
(あんなに食べてませんが・・・)

先週みのがした「天地人」の再放送を見るが
これからも忘れずに見ていけるかどうかは不明。
今期は見るドラマが多すぎるので、もう追いつけない(苦笑)
「東京ジュリエット」ですら飛ばし飛ばし・・・。
さて、これからどういう展開になっていくのか。

 (台湾といえば、ジョセフくん、来るらしいですね)

て。
なんか、日記風な日記を書いてみました(笑)


あ、でも、いちばんがっくし、てなったのは
GETしてきた「めーらんふぁん」のチラシに
「特別料金2000円」(レディスデー等適用なし)て書いてあったことです。



 ありえね~!!!


あと、先週の話だけど、
「世界の車窓から」 やはり関西では
放映が飛んでいる、というのを発見。 あーがっくし (T_T)(T_T)(T_T)

てことで、1日こそは、ちゃんと映画に行って元気をだそう!(爆)
スポンサーサイト

2009年01月31日 (土) | 編集 |
いまさらですが、書いてみます。
この下の 2月のおーざっぱな予定 の記事もご参考に♪

いちぶ関西以外の情報も含みますがgrace的注目電影を書いてみます。
 (・・・とてもじゃないけど、全部は行けませんが(汗))
中華電影はめだつようにえんじ色です(笑)

おでかけの際にはお時間・劇場等、かならずご自身で再確認を!


<すでに上映中>

エグザイル/絆(放,逐)
  http://requiem-movie.jp/
    シネマート心斎橋/ナナゲイ/みなみ会館
    ↑おすすめ! みなさん、見て~!!!(泣)

戦場のレクイエム(集結號)
  http://requiem-movie.jp/
    敷島シネポップ/TOHO二条/OSシネマズミント神戸

「Theショートフィルムズ」みんな、はじめはコドモだった@京都シネマ
  http://www.asahi.co.jp/films/
   ☆ちょいオススメ♪ どれも良いが佐藤浩市の関西弁が最高

女工哀歌 @京都みなみ会館
  http://www.espace-sarou.co.jp/jokou/

<1/30より公開>   

マンマ・ミーア
 http://www.mamma-mia-movie.jp/
  全国ロードショー

<1/31より公開>   

「天使の眼、野獣の街」(跟蹤)
  http://www.tornadofilm.jp/lineup/archives/2008/12/post_130.html
  シネマライズ(東京)にて公開
   ※関西は3月頃、シネマート心斎橋予定。(シネリーブル神戸も予定あり♪)

20世紀少年 第2章 最後の希望
  http://www.20thboys.com/
  全国ロードショー 

チョコレートアンダーグラウンド
  http://www.choco-bar.jp/
   関西は 梅田ブルク7/みなみ会館 ほか

ロルナの祈り
  http://lorna.jp/
   全国順次公開 (関西は梅田ガーデンシネマ 1/31~)

シェルブールの雨傘/ロシュフォールの恋人たち
  http://demy.jp/
   全国順次公開
    ※関西は2/21~予定
     (テアトル梅田/神戸アートビレッジセンター/みなみ会館)


また書き足しますが、ひとまずここまで。。。


2009年01月31日 (土) | 編集 |
<じぶん用メモ♪>
(もちろん、ぜんぶ行けるわけではありません・・・)
 ※えんじ色は中華関連情報です

2/7 「ブラッド・ブラザーズ 天堂口」(天堂口)公開
     http://www.cinemart.co.jp/b-brothers/
     ※関西はシネマート心斎橋(2/28~)

    「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」公開
     http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/

    「悲夢」 公開
     http://www.hi-mu.jp/
     ※関西は梅田ガーデンシネマ(2/7~)/シネリーブル神戸(2月上旬)
       京都シネマ(春頃)

2/14 「三国志」(三國志之見龍卸甲)公開
      http://www.sangokushi-movie.jp/
      ※関西は敷島シネポップ/TOHO二条/TOHO西宮OS(2/14~)

     「英国王給仕人に乾杯」公開@京都シネマ
       http://www.bowjapan.com/iservedtheking/
        (2/21~ メンツェルン監督特集)

     「少年メリケンサック」公開
       http://www.meriken-movie.jp/
       
      「ロシュフォールの恋人たち」先行上映@みなみ会館

2/17~ 「言えない秘密」@みなみ会館

2/21~ 「ホルテンさんのはじめての冒険」公開
       http://www.horten-san.jp/
      ※関西は梅田ガーデンシネマ/シネリーブル神戸(2/21~)
        京都シネマ(時期未定)

2/21~27 チャップリン特集「独裁者」「黄金狂時代」@パルシネマ

2/21~22 「第14回 にしのみやアジア映画祭」@フレンテホール
         http://www.getyou-free.com/event/event_top.html

2/24~3/2 「黒蜥蜴」(美輪版)@みなみ会館

2/26~ 「パコと魔法の絵本」@みなみ会館

2/28~ 「罪とか罰とか」公開
       http://www.tsumi-batsu.com/

2/28~3/10 チャップリン特集「ライムライト」@パルシネマ
           ※3/7~10は「チャップリン ライフ・アンド・アート」上映あり

2月下旬 「長江にいきる」@渋谷ユーロスペース
       http://www.bingai.net/    
        ※関西はナナゲイ(3月下旬)/京都シネマ(4月)
          神戸アートビレッジセンター(5月)

そのた情報

○2/13~15 アッコちゃんコンサ
      「矢野顕子リサイタル BREEZE 3Days with GUEST」
      http://www.akikoyano.com/entries/i/bkno:956

○2/25(水) ドラマ 「O型オンナが結婚する方法」
          (@フジテレビ 4夜連続ドラマ「血液型別オンナが結婚する方法)
   
          陳柏霖くんが出演します♪(相手役は香椎由宇ちゃんです)
            放送は23:00~23:45予定

           http://chenbolin.jp/www/

○2/27(金) 「秘密」(岡野清水玲子) 6巻発売
           http://www.hakusensha.co.jp/himitsu/
            ※著者名を打ち間違えておりました。すみません!

ホンマかどうかアヤシイ(?)情報

○トラン・アン・ユン監督 「ノルウェイの森」 2月クランクイン
  http://www.sanspo.com/geino/news/080731/gnj0807310436015-n1.htm
  (予定としてここに書いたから、どーなの?て気もするが)
  いちおう気になるのでメモっておきます。


★また何か見つけたら書き足していくかもです。。。


あ、イーキンとガーヤンの「親密」は香港で2/12から♪
  http://hk.movies.yahoo.com/movie.html?id=mcl_claustrophobia

  いいなあ。。。(もちろん、行くわけではありません・・・)


2009年01月28日 (水) | 編集 |
映画館も、かかっている作品ありきなので
おなじ映画館に、たまたま続けて通うときは通うし
行けないときには全くご縁がなかったり、いろいろです。

レディースデーに狙っていた
「誰も守ってくれない」の6時の回にダッシュ(間に合った!)

通勤経路が変わったので、まえはしょっちゅう見てた
TOHOの建物も、ひさびさに見た。
映画は、年末にみた「K-20」以来かも。



あれま。
佐藤さんの顔が。。。(^^;)


見た人によって評価は分かれるかもしれませんが
ワタシの勝手な予想よりは見ごたえがあったと思います。
「まあまあ、より ほんのちょびっと上」ぐらい。

ていうか、もともと、まあまあ普通程度かな、て考えて
見にいった(汗) 
出来はあくまで、社会派映画「ふう
ちゃんとしたげーじゅつ映画にこだわる、てな監督ではないので
「ソレ僕」みたいなのを期待してる人には合わないかも。。。
ワタシは千円で見たのでいいですが。
(レディースデーの夜だったが、それほど人はいなかった)

佐藤さんは予想の通りによいけど
あまりに「そのまま」(もともと完全に本人を想定した脚本)。

でも(あんなに男前なのに)
「あまりにも、カッコよくないヘロヘロな男」を演じたら
いま日本ではこれ以上にステキに演技できる人はいない!!!

で。
志田未来ちゃん、すごいいいですね。

   ワタシは、「14歳の母」はスルーしてたけど
   旅行中に香港で足ツボをやってもらってるときに
   偶然、テレビで見たので、
   ずっとホリキタとカンチガイして見ていた(汗)
   (メガネ無しでぽけーと見てたので)

 彼女を見にいくつもりなら損はしません。

映画としては
脚本(演出)だけでなく、設定とか展開とかに
「ここはいかがなものか???(-"-;)」てトコが
いろいろ、あちこち、無くはないけれども
(特にお母さんのエピソードはワタシは納得いかない!)
気になってる人は劇場で見たほうがいいカモと思います。

予告がめっちゃよくできていて
見た人はぜったい気になると思うんやけど、
できすぎて、本篇のよい部分がほとんど出てたかも(滝汗)

キャストも、「みんなピッタリ」「みんな上手い」ともいえるし
悪くいえば「そのまんますぎじゃ!!!」てな感じ(笑)


かっこわるい男、というと佐藤さんだけど
ひさびさに「めちゃ感じ悪い佐野史郎」を見られたのも
わたくしには収穫(笑)

もっと意外で面白いキャスティングもできたと思うけど
ドキュメンタリー社会派(ふう←しつこい!)の雰囲気を
保つためには、「そのマンマやん!」なキャストが
必要だったんでしょうね。
その意気は買う(笑) ←ナニサマ?
 
冒頭が音楽もすっごく良くて、めちゃ引き込まれるのですが
そこが頂点なので(おいおい!)あまり期待せずに
ドキュメンタリーを見てる感じで
淡々と見るのが正解かもと勝手に思います。

・・・て、かなり悪く書いてしまったかもですが
さいごはちょっと泣いてしまいました。。。

あと、りゅーへい君もよかったです!


この本は、読む場合は、かならず、映画を見てから読むこと(笑)


キネマ旬報 2009年 2/1号 [雑誌] キネマ旬報 2009年 2/1号 [雑誌]
佐藤さんが、演出や展開をバラシているので
見る前には読んではいけません。。。(たぶん)


テレビで、佐藤さんが
「この年になると最後は希望の持てる終わり方でないといや」と
バラしていたので、ちょっと安心して見にいったけど本当でした。
と、ここにも勝手に書いてみよう~(バラしたのは佐藤さんですからっ)

誰も守ってくれない http://www.dare-mamo.jp/
(先週24日より公開中)
 
なにを書いてもネタバレになると思うので
また詳しい感想は書いてみたいと思います。

次は
佐藤さんの、明くてエエカゲン~な軽いコメディが
みたいなあ、なんて、ふと思ったけども
もしかして、メリケンサックって、そんな感じなんだろーか(勝手に期待)

ああ、ウチにあるハズの
「チャイナ・シャドー」のビデオはいったいどこにいったの(泣)
なんとなく、ひさびさに見たくなった(笑)

 ↑「誰も守ってくれない」とは何の関係もありません(笑)


2009年01月28日 (水) | 編集 |
「花の生涯 -梅蘭芳」
公開劇場が発表されてたので、貼っておきます。

たぶん、これから増えると思うんですが
東京での先行公開(3月)以外は、いまのところ4月11日(土)となってます。

http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/


東京 新宿ピカデリー  3/7(土) 先行独占公開

4/11(土)
北海道 札幌シネマフロンティア  
愛知 ミッドランドスクエアシネマ
大阪 なんばパークスシネマ
京都 MOVIX京都
兵庫 神戸国際松竹
福岡 ユナイテッドシネマキャナルシティ



  関西はかってに、カドカワだし「如果愛」といっしょで
  TOHO二条か、またはガーデンとかかなぁと思ってましたが
  ぜんぜん違いました。。。

   ここは難波まで出向いて
   デカい画面で見るべきかしらん♪


早く見たいよ~!!!(泣)


(あとで、写真とか貼る予定)

2009年01月27日 (火) | 編集 |
ぜんぜん「書きたいこと」に追いついていませんが
この下にも記事がイロイロあるので見てみてください♪


で。
今年こそお正月(旧正月)企画を!と思ってましたが
いろいろあって、まだ記事がまとまっていません(泣)

つらいニュースがつづく2009年ですが
なんとかよい年にしたいもんでございます。。。

というわけで(?)、遅れましたがやっぱし
新年といえばこれでしょう!!!(笑)



めちゃ見たい!!!

http://allswellendswell.com/

行きたい方はこちらでチェック!↓
http://hk.movies.yahoo.com/movie.html?id=mcl_allswellendswell

わたくしは、もちろん、行けるわけはないので
かわりに「放逐」に行くか(おいおい!)、または
家で「ツインローズ」でも見ようかしら。。。
(お正月は昨日ですが・・・遅れても気分だけでも~)

あ、「炎の料理人」も見たいな♪


・・・お正月用記事(?)は、またあらためて。


こちらの記事は、ちょっとめでたい話題かな。

「2009 日本香港観光交流年親善大使」に成宮寛貴さん就任
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7959

ドラマが楽しみですね~。
http://www9.nhk.or.jp/drama/dramalist/happysoup.html


2009年01月26日 (月) | 編集 |
朝も夜も雑誌の話題ですみませんが(笑)(この下も読んでね♪)
まずは本誌の紹介から。

今週発売のスピリッツは、
ひさびさに「チャンネルはそのまま!」が巻頭カラー♪

さあ、佐々木ファンは書店へ急げっ!!!(はあと)

ビッグコミックスピリッツ 新年9号(1月26日発売)



★どこよりも早く、そして密度の濃い情報をお届け!表紙&巻頭特別企画
「映画 20世紀少年 最後の希望」

いよいよ単行本第1集も発売ですよカラー!
 「チャンネルはそのまま!」佐々木倫子


(以下略)

 (画像と紹介文は下記サイトより)
http://spi-net.jp/this_week/index.html


なんと、雪丸アナウンサー(今回のまんがの主人公)
トヨエツと雑誌の表紙になっております!(笑)

今回のお話は、
ややパワーが落ちているかなあ、て気もしますが(失礼)
新キャラの部長がいい感じ(笑)
この人は今後も出てくるのか???
(ちょっと楽しみ♪)

  トヨエツ、表紙は長髪(映画の扮装)ですが
  中の鼎談は、いまのショートカット姿なので
  気になる方は見てみてください。

  いよいよ今週末から第2章が公開ですねえ。
  
  http://www.20thboys.com/←音が出るので注意!


で。(映画に合わせたわけではないと思うけど)

こちらは1月30日発売予定です!

チャンネルはそのまま! 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)



佐々木先生の新刊は
IKKIで連載されていた「月館の殺人」以来だから
約3年半ぶり、て感じでしょうか。

連載を読んでるので中身は知ってるけど
楽しみです♪
(たぶん、また あとがきまんが があるのではと期待)

スピリッツを読んでると
連載作品がつぎつぎと映像化されてるんですが
これはドラマ化とかされないでしょーね(されないほうに期待)

。。。と思いつつ、やるなら雪丸アナはやっぱし
上野樹里ちゃんだろーか、とか考えてしまうのであった(笑)


  なんかいも書いてる気がするが
  もし映像化するなら ARATAくんを主役で
  「Heaven? ~ご苦楽レストラン」!!!
  あの役は、ほかに考えられないです(笑)

Heaven?―ご苦楽レストラン (6) (ビッグコミックス)
うーん・・・書いてたらすごい見たくなってきた(爆)

やっぱしオーナーはマツユキさんでしょうか(笑)


で。「チャンネルはそのまま!」
次回の連載は(月イチ連載なので) 3月2日の号だそーです。

・・・スピリッツでの連載は嬉しいけど
  コミックスが高いのが難点だなぁ~(^◇^;)

2009年01月26日 (月) | 編集 |
(この下の映画情報(?)、ちょびっと書き足してますので
気になる方は読んでくださいまし♪
コメントにも驚愕の映画情報@京都 をいただきました!)



あるところで
「AERA」載ってる!という
情報をおととい知ったのですが・・・

昨日はスッカリ忘れていて
帰りがけ、電車の中で思い出し
あちこち回って
や~~っと見つけたら

表紙ヤン!(驚)

(驚くなよ~(^^;))

AERAは月曜発売なのでこれは先週号(汗)
欲しい方はとりあえず、ダッシュで探してみてください。。。


だいたい毎週、誰が表紙かは
チェックしてるつもりやったのに、先週に限って見逃していた(泣)
http://www.aera-net.jp/latest/backdetail.html?id=69

先々週は瑛太くん、その前の前はあおいちゃん、てのは
ちゃんとチェック(たちよみ)してたんですが~(汗)

  表紙買いしたのは
  劉偉強監督が表紙になって以来かも(汗)

でも、いま載ってもなんのプロモにもなってないような(汗)
CDが出るわけでもないし・・・
コンサートも終わったし・・・
そもそも、コンサートて、
脅威のプラチナチケットだから宣伝されてもぜんぜん買えないし(泣)
(超プラチナチケットでファンクラブに入っていても
 手に入らない、とこのAERAにも書いてありました(^^;))

 (わたくしは、先行予約とか全滅したので
  一般発売日に早朝からピアに並んで買いましたが
  指定席は売り切れ、立ち見チケットしかGETできませんでした・・・
 
  でも、昨日は急遽発売になったステージ脇席に
  ふりかえていただけ、ナナメとはいえ、凄いよく見える場所で見ました。
  感激~!!!)


また書くつもりですが、
昨日のコンサートはまたまた素晴らしかった。

 それでも、「こんな大きなところでは、またやるかどうかは
 分かりません」と言っていた。。。
 ウソでも、「アリーナもいいよね、またやろうかなあ」てな
 コメントがあるかと思ったけど、やはり無かった・・・。

 ホンマ、誠実で正直な、「ロックスター」とは
 思えないヒトタチだ!(笑)

   ※ファンしか知らないカモだけど(汗)
    スピッツは昔から
    「大ホールでコンサートはしない」宣言をしてて
    武道館やドームは論外、
    こんかいが初!のアリーナLiveなのです。。。
   http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090118-OHT1T00027.htm

  でも、60、70になっても続けたいし
  続けている限り、大阪には来る、ということなので
  まだまだ楽しみでございます。


チケットが取れないので、今まで行ったことのある人は少数かもしれませんが
行ったら

激しいロック
演奏は完璧
歌うまい!


ていうのに、CDをイメージしてでかけると
本当にびっくりします。(←だから驚くなよ!)

ロックバンドで、コンサートのほうがCDより上手い(?)て
信じられますか???

それも、ほぼ4人(+キーボードのクージィ)で
他にサポート無し!なんですよ~(驚愕)


  あ、あんまりホメると
  次のコンサートのチケットがまた取りづらくなっては困るので
  ホドホドにしておこう(汗)

  <追記>
  こちらのレポは埼玉の分ですが
  写真がステキなので貼っておきます♪
  http://www.excite.co.jp/music/report/0901_spitz
                       (追記おわり)


昨日、「ロビンソン」を聞いて
あ、やっぱり、エエ曲なんやなあ、と思いました。
(ほかの曲がよすぎて、いままで、そんなに好きじゃなかった。
 名曲なんだけど)

いちおう貼っておきます♪

Spitz - Robinson 「ロビンソン」 Live 2000
http://jp.youtube.com/watch?v=r5gcuyG8RTM

[続きを読む...]

2009年01月25日 (日) | 編集 |
本日はひさびさに音楽Day

http://www.plumchowder.com/spitz/

 ひさびさ、というか、この前も同じ人たちを見にいってたのでは?(^^;)

   → ココ (08/11/23)

というわけで、またまた、電車のって、Liveへ行ってまいります。

(ほんじつこれ以降はBLOGの更新はないと思われます。
 この下に、もういっこ記事は書いてますので、気になる方は読んでね♪)


昨年は経済状態をかえりみず、いろんなLiveについつい出かけてましたが
今年も、なんかそうなりそうな。。。あああ(汗)

来月は、いま現在チケットがとれているのが1つ(めちゃ楽しみ!)
http://www.sankeihallbreeze.com/kouen_yano.html
http://news.gyao.jp/article/detail/9765481
  (まだ売ってるよーです。。。
   もちろん、私が行くのは3日目♪ 生ミッちゃん、楽しみ!!!) 
  
↑ひさびさに、ミッちゃんのBLOGを見て知り → ココ
  ダッシュで「ぴ○」へ駆け込んできたら、まだ席があった(汗)

  私にとっては、夢のよーなコンサートです。。。


そして、また早朝から並びにいって取るつもりのものが1つ(滝汗)
(何かはナイショですが、取れるんだろーか。。。)


てなわけで、今年もあちこち行くよーな気がします。

・・・・

あ。いちおう、これ貼っておこう~♪

スピッツ"CYCLE HIT" TV-CM 『ファミレス』 篇
http://jp.youtube.com/watch?v=eeeZRhHG8h4


 宮崎あおいちゃんが出ているCMを見つけました。
 見たい方はクリックしてね♪

 (西島さん版が出てなくて残念。。。)


2009年01月25日 (日) | 編集 |
いろいろあって、1月は
前半はあまり映画にいけていませんが後半はいろいろ出かけております。
(しかし、感想はサボっておりますわ。。。)

放逐を別にすると、
「ラースとその彼女」「未来を写した子どもたち」が良かったです。
 
  「未来を写した子どもたち」全国順次公開中。
  http://www.mirai-kodomo.net/

   <追記>
 
   「未来を写した子どもたち」
 滋賀会館にて特別上映が決まりました
   
    1月27日(火) 夜19:00~(20:30) (当日のみ1,000円均一)
     ※春休み以降にも公開予定
    http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e207237.html

     行ける方はぜひ!!! (追記おわり)



ラース・・・は、アメリカ映画とは思えない良い映画でした(どんなホメ方や!)
たまたま昨年、「赤毛のアン」シリーズを読み返していたので
映画に「教会に行く」という場面が何度か出てくるのだけど
キリスト教の普及している地域における教会の意味、とか
田舎(失礼)における地域社会の役割、みたいなものが
なんとなくイメージできたので、余計に見てて感動したかも。
ある意味、「現代社会におけるファンタジー」のような作品でした。

ポスターの「ビアンカ」のビジュアルにはちょっとヒキますが(失礼)
アブナイ映画とかのイメージを持たず
「心があたたかくなる映画」の好きな方は行かれるとよいと思います。
http://lars-movie.com/

で。
「オリンダのリストランテ」、「アンダーカヴァー」も
まあまあ良かったかな~。
(オリンダ・・・は関西での上映は終了しました。。。)
http://argentina-movie.com/olinda/

「アンダーカヴァー」はそれなりによくできているのですが~
http://www.undercover-movie.jp/
放逐のあとで行ったり、
(たまたま)家で「鎗火」を見てから行ったり・・・てなことをすると
映画じたいを素直に楽しむことができないと思われますので
脳内?で「香港映画抜き」を1週間くらい実行してから
見にいくとよいのかもしれません(失礼)
カーチェイスとか銃撃戦とか
決してTVで見た「香港国際警察」と比べてあげないでくださいね~
 ↑ナニサマ?

  それにしても、ホアキンくん
  俳優をやめる宣言、が報道されてますが、本当なら
  めちゃめちゃもったいなさすぎです!(泣)


で。
今日(日曜)は出かけますが、
この週末はひさびさに、けっこう映画三昧。

23(金)は、放逐と「その男、ヴァンダム」@京都

 (あまりに寒かったので早めに行き
   9時半の放逐の前に上映のヴァンダムをついでに見た)

24(土)は、放逐と「バンク・ジョブ」@京都

 (京都は30日終了、とネットで出てたのでカケコミで行ったら
  チケットを買ったあとに、修正スケジュールをもらった。
  来週はナイトショーがあるぢゃん!!!)


放逐、どこぞの美人女将は「9回」行かれたそうですが
さすがに、私はそんなことはできず、
まあ、せいぜい4、5回かなぁ~なんて思ったのですが
よく考えたら(考えなくても)土曜ですでに4回目でした(おいおい!)
あと1回、てワケはないので、総合計したらたぶん6回くらいになるカモ~(汗)

  あの、真っ赤な題字(「放,逐」)が、
  ばばん!て筆文字で出てくるところ・・・
  昔の邦画っぽいなぁ~と思ったのですが
  鎗火を見直してみると、冒頭に出てくるキャストとか
  ぜんぶタテ書きの筆文字で、ホンマに往年の邦画みたい。
  いや、もしかして、邦画じゃなくて
  昔のTVドラマの影響かも。。。などと勝手に思ったりして。
  (邦画もドラマも、具体的にどれに似てるて
   タイトルをあげられないところが、知識がなくて情けないが)


で。
ヴァンダムもバンクジョブも
思いのほか(失礼)、どちらも、よくできていてなかなか興味深く見ました。

  その男、ヴァンダム http://vandamme.asmik-ace.co.jp/
  バンク・ジョブ http://www.bankjob.jp/
  
(どちらも明るく楽しい映画とは言いがたく、面白かったです~とは
 書けない。ちょっと暗い。暗い映画は好きだが♪)


あ、ネタバレになるかもだけど
3本ともに、、まったく偶然ですが「□□強奪」(←いちおう伏せ)ていう
キーワードが共通だなあ(感心)


あとの2本と比べると、やっぱり
トーさんは、あんなかっちょエエ、あるいみ「芸術」な
男のロマン映画をつくりつつも
ちゃんと「笑いありナミダあり」につくってるから
やっぱり、「天才」ていうよりは、「職人芸」
「よっ!トーさん、カッコイイ」て感じですねえ~(さらに感心)

放逐のほうが、人がめちゃ死んでるのに
「バンク・ジョブ」で、「あああ、そこで殺さんでも!(泣)」とか
いちいち泣きそうになる私って。。。(涙目)

ああ。ビバ!トーさん映画!!!
大阪アジアンで、神探や文雀、やってほしいんやけどなあ(遠い目)

 → オープニングは「チョコレート」に決まったそうです。
    それはそれで、めちゃ見たいなぁ~。
  
  大阪アジアン映画祭 http://www.oaff.jp/ 
  
↓これ読んだら気になりませんか? タイ映画「チョコレート」(笑)
http://news.livedoor.com/article/detail/3535062/

↓東北新社(配給)に出ている紹介はこちら
http://www.tfc-movie.net/movie/chocolate.html

てなわけで(?)、あとは脈絡なく
気になる映画をさらさらとメモしておきます。

チョコレートが出てきたところで(笑)

気になるおいしそう(?)映画

・キャラメル
  http://www.cetera.co.jp/caramel/

・チョコレートアンダーグラウンド
  http://www.choco-bar.jp/

・クジラ 極道の食卓
  http://www.exf.info/kujira/


そして、だいぶ先ですがこれは大注目!
(前回、ぜんぶは見られなかったので)

映画「歌舞伎役者十三代目片岡仁左衛門」
  ~稀代の上方役者が遺したメッセージ~

  3月27日(金)・28日(土)・29日(日)@春秋座(京都)  
 http://www.k-pac.org/theatre/koen/2008/sy090327/top.html
  
  トークショーが平日昼間なのが残念ですが
  前に見ていない巻(どれだ???)の土日の回は行きたいなぁ~。。。


あと、1月~2月の上映予定は、
別途、明日にでもボチボチとあげていきたいと思います~。


「落下の王国」が滋賀会館でかかっているので
ぜひとも、もういっかい見たいが、行けるだろーか。。。(遠い目)


2009年01月22日 (木) | 編集 |
「放,逐」、次は京都!



本日げんざい、アンソニはん↓がお出迎え?してくださってました~。

 明日はどうでしょ。。。 

  ※「久々に5ツ星が出ました」と書いて貼ってあるのは
    日経の「シネマ万華鏡」、野崎歓先生の記事でした。そら5つ星でしょ♪

     野崎先生、ありがとうございます!!!(滝涙)  

写真はとってませんが、1F正面(入り口横)にもポスターがあり・・・。
あまりのかっこ良さにふらふらと入ってくる人もいるかも(笑)


エグザイル/絆 @京都みなみ会館
1月23日(金)からロードショー

1/23(金) 13:50● 17:40● 21:35(~23:30)●
1/24(土) 13:50 17:40 21:35(~23:30)▲
1/25(日)~29(木) 13:50 17:40
1/30(金) 13:50 17:40 21:30(~23:25)▲
1/31(土) 11:00 20:30(~22:25)
2/1(日) 11:00◎ 20:30(~22:25)◎
2/2(月)~6(金) 12:45 18:30
2/7(土)~10(火) 15:10
*以降、時間変更の上にて続映

当日 一般:1,800円 学生:1,500円 会員:1,200円 小中高シニア:1,000円
 ●ウイークデー初日割引1,000円均一
 ▲レイト割引一般1,300円
 ◎ファーストデー1,000円均一

http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/exi/0123.html
http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e205806.html


大阪も現在、上映中♪ (1/16)

第七藝術劇場 http://www.nanagei.com/movie/schedule.html
シネマート心斎橋 http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/
             http://cinemart.buzzlog.jp/e107323.html

全国順次公開予定です!
http://www.exile-kizuna.com/


心斎橋は初回ほぼ満員な感じでしたが、京都でもヒットするといいな。
(初日のレポを書けてなくてすみません。また後でコッソリ載せます~)

2月1日まで待たなくても明日初日は千円です。ありがたや~(泣)

ぜひみなさま、お出かけくださいまし♪


話はそれますが。

みなみ会館、放逐といれちがいに、
ビクトル・エリセ特集が終わってしまいました。。。
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2009/erice/0120.html

2本とも初めて見たのだけど、やっぱり良かったです(泣)

これから東京で上映かな?

1/24(土)~2/13(金) @ユーロスペース
「ミツバチのささやき」「エル・スール」
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=184

ひさびさのニュープリント上映なので
全国を巡回するようなら、ぜひチェックして
スクリーンでご覧になってくださいまし♪

もちろん、トーさんとはまったくもって作風が違いますが
暗い画面(夜とか夜明けとか)が多くて、
やっぱりフイルムで見られるのって嬉しいなあ、と思いながら見てました。
そこだけは、トーさん映画と共通(笑)


みなみ会館でトーさん映画、てのは、エレクション以来かも。
ブレイキング・ニュースとか、マッスル・モンクとかを弥生座で見てたので、
なんとなくあっちの劇場のほうが私には印象が深いです。
人生で初めてトー映画を見たのは香港!しかもインファの映画館やけど(^▽^))

・・・ていうわけで、明日の予習に、今から、鎗火、見てから寝る予定(笑)
(東京の時以来、ずっと見たくて見たくて、たまらんかったが
 なかなかタイミングがあわず。。。 見るのはホンマひさしぶり!)


香港国際警察 NEW POLICE STORY [DVD]あ、明日23日といえば、
関西以外の方はこちらをよろしくです♪

1/23(金) 21:00~
金曜ロードショーにて
「香港国際警察」放映

(日本テレビ系)

http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20090123/index.html
(いまZEROを見てるので予告がガンガン流れて幸せ。。。)

いちおう日本サイト↓(まだある~♪)
 http://www.universalpictures.jp/sp/newpolicestory/


↑こちらは、トーさんの映画ではありませんが
 王道!香港!!!て感じで私は好きです。
 (また見たらぜったい泣くやろうなあ。。。)

[続きを読む...]

2009年01月20日 (火) | 編集 |

先日、カウンタを見ましたら
なんと!15万を超えておりました~。有り難や~!!!
半分か1/3はわたし自身と考えてもそれでもすごい数・・・。
みなさま、どうもありがとうございます。更に精進いたします(汗)


さて。表題、なぜ行きたいか(地下鉄で「地下鐵」!?)は
こそっと続きを読む以下にて♪

さいきんは台湾というと私のツボはこれ↓ですが(笑)
http://frhj.tv/tokyojuliet/cast/cast03.html
http://www.gtv.com.tw/Program/S051420050820U/actor.htm
(台湾ドラマ「東京ジュリエット」のヤムヤム。また記事にします!)

台湾関連のニュースがちょっと続いたので、いろいろ書いてみます。

まずこの写真、
GiGiちゃんの隣は、髪の毛でよくわからんけど、
いま私の中で話題の人、陳柏霖くん
(とりあえず、最近の写真を貼ってみました)


http://ent.sina.com.cn/m/c/2009-01-19/15442349728.shtml

いま、どーしてるの~(泣)と思ってたら、このようなニュースが!!!
ボーリンくんファンは見逃せませんよ~(嬉泣)

血液型別「結婚する方法」4夜連続ドラマ!

血液型と結婚。誰しも関心が高い2大テーマの“合体”ドラマが誕生!
 このドラマは「血液型別オンナが結婚する方法♪」(後11・0)。A型・B型・O型・AB型の順に4夜連続で送る。
 各ヒロインの性格や行動などを血液型の特徴を強調する形で設定。例えばA型→安定志向、B型→好奇心旺盛、O型→おおらか、AB型→マイペース…など。ヒロインの名前は「春川幸恵」で4夜共通だが、性格や職業はまるで違ってくる。
 そして恋や仕事に悪戦苦闘しながら、結婚にこぎ着けるまでの姿をコメディータッチで描く。劇中では血液型の特徴をテロップで表示。血液型の情報まで楽しめるのだ。(中略)

O型の香椎由宇はフリーターで、相手は台湾出身俳優のチェン・ボーリン(25)。(以下略)

http://www.sanspo.com/geino/news/090119/gnj0901190504004-n2.htm
 (別記事によると放送はフジテレビ系で来月23~26日の4夜連続)



「台湾の俳優」じゃなく「台湾出身俳優」なんですか?(^^;)ていうツッコミは別として(笑)、ひさびさの、日本のドラマへの登場は、純粋に嬉しいです♪♪♪

↓ここにはまだ出てませんが、そのうち情報が載るかも(汗)
http://chenbolin.jp/www/

(血液型がちょっとブームなので、それをそのママにドラマにするのはどーよ、て
 ツッコミもこの際、おいておく。
 わたくしは流行の「説明書」・・・たちよみして大爆笑しました。。。(笑))

真昼ノ星空 [DVD]で、香椎由宇ちゃん。
ご夫君はもちろんオダジョーくんなのですが、
映画「真昼ノ星空」では、
←リーホン とも共演していたはず。
(私、この映画、好きなんです~♪)

女優業は久々かな・・・と思ったら
いま公開の 252 にも出てるらしい(汗)

彼女も、もっともっと活躍してほしい女優さんの一人であります。。。

てなわけで、このドラマ、ちょっと楽しみ♪


そして、上記の写真ですが
GiGiちゃんと共演した新作、馬偉豪(ジョー・マー)監督の「愛得起」
中華圏でバレンタインデー公開らしい。


愛得起 http://ent.sina.com.cn/f/m/aideqi/index.shtml

日本で公開されたらいいけどなぁ~無理かなあ~(^^;);;;

と、ボーリンくんの話題が2つ続いたところで、表題に戻り
「台湾」というと
東京では先週から始まっている「世界の車窓から」台湾編
http://www.tv-asahi.co.jp/train/
 (ぐうさん、情報ありがとうございます!!! → ココ )

関西では遅れての放送だったため、わたくしの計算では
ほんじつ火曜から、のはずだったのに、昨日(月曜)から始まってました。
アラスカ編の最終回分が1本、とばされたのかもしれません~(泣)
台湾編は全編を放送していただけるようどうぞよろしくお願いします(汗)

 ※東京ではまいにち(週7日)放送ですが、関西は月~金なので
   放送日や内容にずれが生じているようです → Wiki

とりあえず、当分は「おうちで台湾」が楽しめそうです。
なんとか今年は1回くらい行ってみたいものですが。。。

で。台湾に行きたい理由は(他にもいろいろありますが)
下記ニュースを見つけてしまったからです。

幾米《地下鐵》駛進台北捷運南港站 (2008-12-29)
http://www.jimmyspa.com/news/jimmynewsdetail.aspx?id=103

これって
台湾では、地下鉄が「地下鐵」ってことじゃん~!!!
行きたい~!!!

地下鉄 サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 [DVD]

今ごろ気づいたので、もう行っても遅いかもしれませんが。。。
いつまでやってるんだろう~(汗)

そのほか写真など。
↓ (台湾に行かれる方はぜひ、車両や駅にご注目くださいまし)

[続きを読む...]

2009年01月20日 (火) | 編集 |
もう始まってしまいましたが
いちおう作品・スケジュール等、コピペしておきます。

フランス映画の秘宝2/アキム・コレクション 
大阪最終上映会2009年1月17日(土)~30日(金)@シネ・ヌーヴォ

http://www.cinenouveau.com/cinemalib2009/hakim/hakim/hakimtop.html

一般にいちばん有名なのは「太陽がいっぱい」でしょうか。

いくつかの作品は、
昨年の京都・駅ビル映画祭にて上映されたので拝見できましたが、
最後の機会となるようなので、行けたら行きたいけど
ちょっと難しいかも。。。

以下、映画館サイトより解説等を転載します。
(スケジュールを書き足ししてますのでご参考に~)

日程等はお出かけ前に必ずご自身でご確認を!

ラインナップ等、一覧

[続きを読む...]

2009年01月16日 (金) | 編集 |
知らない人が見たら、アヤシイ題名ですね(汗)

関西では、いよいよ、明日から
「エグザイル/絆」が公開開始です♪


http://www.exile-kizuna.com/

  先日、とつぜんに「エレクション」(黒社会)が
  深夜にTV放送されたので、なにか宣伝が入るかと
  どきどきして録画を見たけど、特に何もなかったようです(汗)

    突然すぎて、このBLOGに載せる余裕もなかった・・・(涙)

  映画が始まる前の紹介タイムは、まったくトーさんの紹介がなく
  (何か忘れたけど)いまロードショーしてる映画の紹介のみでした。

  あの時間帯(「映画へようこそ」)、いつも思うけど、
  (香港映画のときだけ)Hさんじゃなくて私を呼んでほしい。。。(泣)
   
   ・・・なんて暴言はおいといて(笑)
  
関西での公開劇場は現在のところ
あす17(土)開始が2館♪
そのあと、遅れて2館で上映される予定だそうです。

<関西での上映予定>

○第七藝術劇場 (十三)

  1/17(土)~23(金) 11:50/15:50/21:00(~22:50)
  1/24(土)~30(金) 14:20/18:50(~20:50)
  1/31以降は時間未定(続映予定)
  http://www.nanagei.com/movie/schedule.html

○シネマート心斎橋 (心斎橋)

  1/17(土)~30(金) 12:40/19:00(~20:55)
   (以降未定?)
  http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20081027_2714.html  
  http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/

○京都みなみ会館 (九条大宮) ※1/23(金)から

  1/23(金)・24(土) 13:50/17:40/21:35(~23:30)
  1/25(日)~29(木) 13:50 17:40
  http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/exi/0123.html

○神戸アートビレッジセンター (新開地) ※2月以降予定
  (詳細未定)
  http://kavc.or.jp/cinema/

参考: Yahoo!映画 goo映画

公式サイト http://www.exile-kizuna.com/ 


 ※あくまで映画館サイト等から転載したじぶん用メモなので
   おでかけ前には時間・場所等、ご自身で再確認を!


 ★神戸でも上映が決まったそうですが
   2月まで待たずにぜひぜひ今週末に大阪に行ってください!(願)
  

  東京でも上映中ですので、まだの方はぜひ!!!

 上映館も全国すこしづつ増えているようなので
 前の記事にちまちまと書き足しています → (08/10/9


明日も見るつもりなので、
2009年のベスト映画にも入れようかなあ、と今から思っておる次第(汗)

どうか関西でもヒットしますように!


わたくしからホメてもあまり権威(?)がないので
とりあえず、こちらを勝手に紹介させていただきます。

銀幕閑話 第219回
「エグザイル/絆」アンソニー・ウォンとフランシス・ンに聞く
http://mainichi.jp/enta/geinou/asianenta/ginmaku/archive/news/2008/11/20081121org00m030031000c.html


あ、ついでのよーで恐縮ですが
あす17日(土)はこちらもロードショー公開ですね。

戦場のレクイエム (原題:集結號/監督:馮小剛)
http://requiem-movie.jp/

(関西地区は、1/24から
 敷島シネポップ・ミント神戸・TOHOシネマズ二条で公開)


  そーいえば、地元では
  そろそろ「アンダーカヴァー」が公開だから
  http://www.undercover-movie.jp/
  前売り買おうかな~どうしよっかな~と
  映画館に寄ってみたら、もう始まってました(泣)
  (て、じぶんで1/10から、て書いてるヤン!→12/27

   あーあ、水曜に見ておけばよかった。。。
   来週いこ!


今年こそは(じぶんが行けなくても)
情報はできるだけオッカケていって、
こちらでこまめにご紹介できたらと思いますのでよろしくお願いします。。。


2009年01月15日 (木) | 編集 |
下記(日本映画部門)にひきつづき、外国映画部門へ投票させていただきます。

外国映画も名作がたくさん~!
ベスト10を無造作に選ぶだけでも20本以上の作品から削れず、
そこから10本を選ぶのにどれほど迷ったことか!!!
(そして、その20本をリストアップしたテキストデータ・・・
 さっき夜11時にふと見たらデータが消えているのに気づき真っ青!)

かなり見たとはいえ、見逃している映画も多いので残念・・・。

今年も更にぎりぎりになりましたが、
またこりずに投票させていただきたく思います。

「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

外国映画部門
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=4

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「生きていく日々」(東京国際映画祭にて上映)
    (原題:天水圍的日與夜)  6点
  「エグザイル/絆」    6点
  「ペルセポリス」 4点
  「once ダブリンの街角で」 3点
  「ラスト、コーション」 3点
  「ミラクル7号」 3点
  「落下の王国」 2点
  「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」」 1点
  「僕らのミライへ逆回転」 1点
  「地球でいちばん幸せな場所」  1点

次点 多過ぎて書けませんが・・・。
いいな、と思ったこれ以外の映画は
(西洋)「僕がいない場所」「フローズン・タイム」
     「パラノイドパーク」「マルタの優しい刺繍」
     「いのちの食べかた」「チェブラーシカ」     
(東洋)「練習曲」「初恋の思い出」「家族の四季~愛すれど遠く離れて」
     「インビジブル・ターゲット」「トゥヤーの結婚」「カンフーダンク!」等

【コメント】
今年も、西洋と東洋を分けて~!!!と泣きたいくらい
どちらのも名作がいっぱい。
インパクトよりは、映画全体の完成度とか題材・表現の新鮮さ、
みたいなものを評価していって、むりやり点数化しました。
どちらかというと、万人へのオススメ度合いというよりは
わたし自身の「スキスキ度」みたいなのを
重視しておりますのでご了承ください。

 ※2008年の代表作ともいえるであろう
  「ノーカントリー」とか「イースタンプロミス」とか
  そのほかいろんな名作をけっこう見逃しています。
  「ラースとその彼女」は1月(ついこないだ)見たので
  こちらは2009年に評価をさせていただきます。
  とっても入れたい「言えない秘密」や「遠い道のり」は
  2007年のこの投票へ入れましたので自粛いたしますが
  その投票が、少しでも日本での公開へお役に立てたのであれば
  とっても嬉しく思います。
  (今年は日本国内で上映された作品だけになってしまいました)

---------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [ジョニー・トー] (「エグザイル/絆」)
【コメント】
  地元での公開は今週末ですが、東京の試写会で見たので
  2008年のベスト映画にカウントいたします。
  もう「参りました!!!」 同じ時代に生きていて良かった!という映画。
  でも、「ジョニー・トーが良い!」なんて今頃に言っている人は
  2年も3年も(いや、10年?)遅いです(笑)
  この作品のダンディズムと映像美には
  見ているあいだじゅう、もうしびれっぱなしでした(泣)

【主演男優賞】
   [アンソニー・ウォン] (「エグザイル/絆」)
【コメント】
  本当はこの映画の「男達」5人全員が主演男優賞!て感じですが
  まあ、代表としてアンソニはんへ♪
  (「言えない秘密」も日本公開されましたしね!)
  でも、こちらも、「アンソニー・ウォンて良いね」なんて言っている人は
  3年くらい遅いです(笑)
  どんどん渋くなられるので、これからがまた、もっともっと楽しみ。

【主演女優賞】
   [ケリー・ラッセル] (「ウェイトレス~おいしい人生 のつくりかた」)
【コメント】
  「奇跡のシンフォニー」の演技(助演)も素晴らしかったけど
  映画がよかったのでこちらで主演賞を。
  可愛くて素敵な女優さんです。
  この映画にはいろいろと元気をもらいました。ありがとう。

【助演男優賞】
   [エリック・ツァン] (「カンフー・ダンク!」「闘茶~Tea Fight~」)
【コメント】
  「ミラクル7号」のチャウ・シンチーと迷ったけど
  ひさびさに、泣かせるとっちゃんを「カンフー・ダンク!」で見ました。
  あの声がまたいいわ!(笑)
  ああいうおっちゃんをさせたら、やっぱりアジア1かも~。
  (あ、奇しくも、主演と助演で、無間道のカタキ同士に投票しちゃった。。。)

【助演女優賞】
   [ナタリー・ポートマン] (「マイ・ブルーベリー・ナイツ」)
【コメント】
  ブーリン家も良かったけど、この作品の彼女もけっこう好きです。
  これからの更なる活躍を期待して。
  (ゴヤも見たかったのに行けませんでした・・・)

【新人賞】
   [レイニー・ヤン] (「Tattoo − 刺青(台湾シネマコレクション2008)」)
【コメント】
  映画じたいはちょっと前の映画ですが、2008年に日本で一般公開され
  やっと見ることができました。
  イザベラ・リョンとダブル主演で主演女優賞に入れたい気もしますが
  彼女のフレッシュでキュートな演技に新人賞!

【音楽賞】
  「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
【コメント】
  監督賞に入れたいところですが、やはり今年は「放逐」の勝ち、てことで
  こちらに入れておきます。
  ウォン・カーウァイ監督はどこでどんな映画をとっても
  カーウァイ監督だわ!と再認識させてくれたブルーベリーですが
  やはり、その魅力の一部は音楽!とあらためて思いました。

---------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [最低な邦題で賞] (「僕らのミライへ逆回転」)
【コメント】
 とーーーーーても良い映画だったのに、
 この題名は犯罪!!!(怒)
 (ポスターのデザインもひどかった)
 昨年は、なかなかヒネった面白いタイトルが多かったのに
 (「俺たちフィギュアスケーター」とか「ぜんぶ、フィデルのせい」
  「最高の人生の見つけ方」などなど)
 これはホンマにひどいと思う。
 2009年は、もっと映画作品に対して
 愛とリスペクトのある邦題が増えますように!  

---------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
---------------------------------------------------------------

 ※参考 2008年の公開映画→ Wiki

日本で公開されていない海外作品を
あまり見ることのできなかった2008年でしたが
2009年は、ほどほどに、良い映画を厳選して
映画をおいかけていきたく思います♪
 (あと、見たらスグ感想を書くように今年は頑張りたい・・・)

2008年もまた、様々な特集上映(ドライヤーやファスビンダー、
駅ビル映画祭など)を拝見し、旧作をたくさん見ました。
(8 1/2も見たし!!!)
それらの作品を投票には入れていませんが、
名作にたくさん触れて更に「映画っていいなあ」と思えた1年。
2009年も「映画は映画館で!」運動(?)を続けていきたいと思います。

 ★2007年の投票はこちら→ (08/01/17

どうしても、西洋・東洋ちゃんぽんだとまとまりがつかないので
個人的には「中華電影」だけのベスト10を後日まとめないといけないかなあ、と
思っています。

というか、年末に書けたら良いのですけどねえ。。。
(今年もぎりぎりの投票になり、申し訳ありません・・・)

 ※23:55に送信をしたのに、トラックバックが反映されず
   あれ?あれ?と送っているうちに16日(しめきり後)になってしまいました(涙)

  まあ、気持ちが大事、ということで。。。(T_T)(T_T)(T_T)


2009年01月15日 (木) | 編集 |
2008年もけっこうな数(160本くらい?まだ数えてない)の映画を
見に行くことができたものの、邦画は思っているほど行けていません・・・。

がっ!!!印象としては「今年も素晴らしい邦画をいっぱい見た!」という
豊作の年だった気がします。

ぎりぎりになりましたが、また今年もこちらへ投票させていただきたく思います。
(今年は最後尾ではありませんように・・・(^^;))

「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

まずは日本映画部門
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=3

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「歩いても歩いても」  6点
  「アフタースクール」   5点
  「ザ・マジックアワー」  4点
  「デトロイト・メタル・シティ」 3点
  「眠り姫」 3点
  「接吻」  2点
  「百万円と苦虫女」 2点
  「西の魔女が死んだ」 2点
  「ぼくのおばあちゃん」2点
  「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」  1点

次点 「Sweet Rain 死神の精度」「全然大丈夫」
    「K-20 怪人二十面相・伝」「ブタがいた教室」

【コメント】
今年は本当に「見て良かった!」という映画が多く選び辛かった。
特に印象に残った映画は下記の賞とかなり重なってしまいました。

 ※2008年の代表作ともいえるであろう
  「おくりびと」「ぐるりのこと」「闇の子供たち」
  「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」は、
   実は見逃しているのでこの順位には入れることができていません。
   (見ていたら入ったかも・・・)

---------------------------------------------------------------

【監督賞】     作品名
   [是枝裕和] (「歩いても歩いても」)
【コメント】
  今年は良い映画がたくさんあったけれど、
  「日本の映画のうつくしさ」みたいなのを最も感じたのはこの作品でした。
  そして、「自分が作りたいものを丁寧に作っている」という
  あたたかい気持ちを感じさせた作品。出てる人もみな素晴らしい。
 
  まだ見ることが出来てないけど、「大丈夫であるように」も
  2008年公開だったので是枝監督の今後のご活躍を祈りつつ監督賞! 

【主演男優賞】
   [堺雅人] (「アフタースクール」)
【コメント】
  ものすごく迷うけど、この映画には「参った!」という感じだったので
  主演は3人とは思いますが、その一番のキーになる人を選びました。
  この人の演技とは思えない「雰囲気」を作り出す演技力は素晴らしい。

【主演女優賞】
   [小池栄子] (「接吻」)
【コメント】
  今年いちばん「この人はこんなにすごい人だったの!?」と
  びっくりさせられたのはこの人。  
  共演の人々も良かったけど、この作品の小池栄子を語らずして
  2008年の映画を語ることなかれ!て感じです(笑) 

【助演男優賞】
   [仲村トオル] (「K-20 怪人二十面相・伝」)
【コメント】
  前述の「接吻」の時も良かったけど、K-20の明智役は
  なかなか面白かった。ああいう役柄をされるの珍しいですよね。
  「パープル・バタフライ」(中国映画)の時に
  この人は実はデキる人???(←失礼)とやっと気づいたのだが
  これからの活躍が楽しみ。
  (今後の問題はカツゼツか・・・)

【助演女優賞】
   [樋口可南子] (「アキレスと亀」)
【コメント】
  久々に「この人の存在感は素晴らしい!」と感じました。
  映画は幼少期/青年期/現在みたいな3パートでしたが
  最後に出てくる樋口さんが全部いいトコを持っていったのでは、
  というぐらいキュートで素敵でした。
  この方はもっと評価されてもよいと思います。

【新人賞】
   [野嵜好美] (「ジャーマン+雨」)
【コメント】
  2008年にみた映画で最も衝撃をうけた女優さんでした。
  今後の活躍が楽しみです。

【音楽賞】
  「デトロイト・メタル・シティ」
【コメント】
  とにかく、中で出てくる両極端(メタルと渋谷系)な音楽が
  どちらもそれらしくてとっても良かった。
  中でも「渋谷系ちっく」な歌がたくさん出てきて
  本当に「それらしく」て笑うくらい良かった(笑)

---------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [「原作を超えたカモ」で賞] (「デトロイト・メタル・シティ」)
【コメント】
  今年も原作ありの邦画が多数公開されたけど
  「映画化する意味があったのか?(そのまんますぎ)」とか
  「映画化しなくてもよかった、というか何これ?」な映画が多い中
  これは、原作を読んでいてもそれがすごいインパクトでビジュアル化され
  かっこいい音楽がついてて楽しめると思われるし、
  元を知らなくても(私は知らなかった)純粋に面白くできているし
  とても良かった。
  今後も、原作つき映画がこれくらいのレベルで作られてほしいものです。

---------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
---------------------------------------------------------------

 ※参考 2008年の公開映画→ Wiki

 関西では「京マチ子映画まつり」や「雷蔵映画祭」
 「川島雄三レトロスペクティブ」などなど
 旧作に触れる機会がたくさんありましたが、今回の投票には
 2008年に(関西の)映画館で封切り上映された映画を原則として選びました。 

2009年はもっと邦画をおいかけていきたく思います♪
 (あと、見たらスグ感想を書くように今年は頑張りたい・・・)


 ★2007年の投票はこちら→ (08/01/17

2009年01月13日 (火) | 編集 |
色々あって昨日やっと電源アダプターをGETしましたが
メール見たりネットサーフィンしたりしているうちに
気づいたらまる1日おわっておりました(泣)

 というわけで、今週はアホのように記事を書いていく予定です(笑)
 メールもちょっとずつ消化していきたいと思います~。
 
 あ、その前に、「インターネット映画大賞」にむけて
  記事をまとめねば~~。。。。ヘ(。>_)ノ

 みなさもぜひ!!!
  http://www.movieawards.jp/
 


さてさて。
ネットをお休みしていたあいだに、気になったできごと、そのほか
勝手にメモしていきます。

あ、わたくしとしては、すっごい気になる(●ェ●。)さんニュースは
こっそりこの下に書いてありますので(トップにするには気が引けて)
おなじく「気になる~!」て方はご覧になってくださいまし♪


故障前もいろいろあって、
あまりネットをしてなかったので、後でニュース見てビックリ!なのはこれでした。


○ウェッジウッドが破たん 景気悪化で販売不振
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/01/2009010501000717.htm

これほどのニュースだとTVでもやってたと思うのだけど見逃していた・・・。
けっきょく、どっかに身売りされてブランドは残る、てことになりそうですが
それにしても、不景気のニュースに加速がついているなあ、て感じですね(涙)

 ちなみに(?)Wedgwoodは中文では「瑋緻活」 → Wiki
  聯合新聞網
  http://udn.com/NEWS/WORLD/WOR2/4674055.shtml

  日本のサイトには、いちおう破綻のニュースに対するコメントが出てますが
  http://www.wedgwood.jp/
   (よーするに日本法人とは破綻は無関係てな感じで書いてある)
  台湾のサイトは特にメッセージは出ていないような。。。
  http://www.wedgwood.com.tw/
   (本家の英文サイトにもニュースが出てない気がするけど・・・(^^;))

    台湾そごうにティールームがあるらしいので(知らんかった・・・)
    存続するなら、次回は行ってみよう。。。  
    
    憧れのウェッジウッド・・・とか思いながら、法人がアイルランドてのも
    このニュースで初めて知りました。
    「ろいやる~」みたいなイメージからイギリスかと思ってたら。。。
    (たいぶ前からアイルランドの会社の傘下に入っていたようです)

  ニュースを調べていて、工場見学のページを発見♪
  http://www.le-noble.com/tableware/trip/wedgwood/index.html

    行ってみたいなぁ~。。。 (←こんなお気楽なシメでいいのか?)


そして、このお正月、ガンガン流れていたCMで気になったのはこれ!

○ディアゴスティーニ 「東映時代劇 傑作DVDコレクション」
http://www.de-club.net/tjd/

商品としても気にはなりますが(買わないけど)
CMで、めちゃめちゃ気になったのが 初代 錦之助」 というナレーション。
ん?キンノスケて錦ちゃん一人じゃなかったのか???(-"-;)

なんと!知らなかったのですが(恥恥恥)
「中村錦之助」という名前は、(Wiki にも書いてあるけど)
歌舞伎界に二代目が(2007年に)誕生していたのであります!
http://www.kabuki-bito.jp/news/2006/12/__photo_2.html

萬屋を名乗るまでは「中村錦之助」なので、CMではどう言おうか
考えた末の策なのでありましょうか・・・。

それにしても、やはりパソコン(ネット)があると
何でもすぐに判明して嬉しいわ。。。(滝涙)

時代劇といえば、
必殺もひさびさに2009年版として復活したし(出来などはともかく)
また時代劇が作る側にも見る側にも、
どんどん受け継がれてゆくといいな、と思います。
日本(京都)の大事な文化のひとつやし。

(年末に見た邦画の新作「ぼくのおばあちゃん」に
  チャンバラ場面が出てきてすごい楽しかった。
 冒頭に出てられた東映剣会の方々が
  上映前の挨拶に見えていたので更に!(笑))

時代劇には、
知ってられる方は少ないと思いますが(私も実物の映像は見てない)
今、このような新しい流れも出ているそうです。

DVD「メタル侍」に新作-東映京都撮影所が本格おバカ時代劇製作
http://karasuma.keizai.biz/headline/634/
(私は京都映画祭の表彰式で作品の存在を知った。見てみたいカモ~)

時代劇も加油!!!


気になるニュースはまだまだありますが
西洋・日本・ときたので(?)、最後にわたくしの中で気になる中華ニュースを。

○ハチクロ台湾版 日本版DVD発売決定

日本サイトができてました
http://www.hachikuro-tw.jp/

2月からフジのCS(?)で放送、3月にDVD(第一弾)が発売だそうです。

ハチミツとクローバー~蜂蜜幸運草~DVD-BOXI
ハチミツとクローバー~蜂蜜幸運草~DVD-BOXI

どーなんだろ???
(上記の日本サイトで予告などが見られます)

また順番にまわってきて関西の地上波で見られるだろうか???(^^;)


このDVD発売については実はニュースソースは
中華ニュース系のサイトではなくウミノ先生のBLOGです♪

 海の近くの遊園地 http://ameblo.jp/chica-umino

「3月のライオン」の感想を書いたときにでも紹介しようと思いつつ
放置していました(汗)

12月はかなり「猫ブログ」状態で嬉しくて毎日のぞいていましたが(笑)
(ブンちゃん かわいすぎ~♪
 http://ameblo.jp/chica-umino/entry-10178854623.html

ネットを再開して見にいったらニュースが続いていてビックリ(笑)

もちろん「3月のライオン」はすぐ買ってきて読んだのですが
なんか、2巻から更にヘヴィーというかダークというか
ちょっと吉野朔実系が入ってませんか?みたいなコワい展開が少々。。。
好きやけど。

(あ、吉野さんの新刊も1月末に出ますが、話が完結してるわけでなく
 続きも連載されてるわけではないので
 わたくしは続きが分かるまでは手を出すのはガマンします。)

period (3) (IKKI COMIX)(吉野 朔実)

既刊は1と2
period (1) (Ikki comix)  period (2) (Ikki comix)


こっちも続きは気になるけど、知りたいのは最後だけかな(汗)

ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)(美内 すずえ)
(1月26日発売予定)

ガラかめ、過去の話は別冊とかもいろいろ出ているようです。
http://www.hakusensha.co.jp/glass/index.html

とりいそぎ、新年(?)の気になるニュースでした(ぺこり)
ちゅーかニュースといいつつ、まんがネタで終わってしまい失礼。。。

それにしても長っ!!!(汗)


2009年01月13日 (火) | 編集 |
またまた少し古い話題でございますが・・・。
今年はこの作品を含め、(●ェ●。)さんをこのBLOGで
オッカケていくつもりなので、気になる方はおつきあいください(ぺこり)

まずは仰天のニュース(仰天、てこともないけど)

Ashes of Time Redux (R1) in March
      (DVDTimes.co.uk, UK - 24 Dec 2008)
Sony Pictures Home Entertainment have announced the Region 1 DVD release of Ashes of Time Redux on 3rd March 2009 priced at $28.96 SRP. Ashes of Time, originally completed in 1994, was the first film from director Wong Kar Wai’s Jet Tone production company. The film received only a limited release and, in the years since, the existing prints and negatives had become damaged or destroyed. “To rectify this situation,” Wong Kar Wai states, “we decided to revisit this project and to create the definitive version.” He and his colleagues began the process by gathering as much existing material as could be found and restoring those elements, using advanced technology that had not existed in the early ‘90’s. He also collaborated with Yo-Yo Ma to create a new soundtrack, rearranging some of the original compositions by Freddie Chan and adding some original ones. Ashes of Time Redux is the result.

Features include:
 1.78:1 Anamorphic Widescreen
 Cantonese and French DD5.1 Surround
 English subtitles

 ・“Born From the Ashes: The Making of Ashes of Time Redux”
 ・Q & A with Wong Kar Wai
 ←ココ注目♪

http://www.dvdtimes.co.uk/content.php?contentid=69697
 ↑すいません(^^;) リンク貼り忘れてました~(滝汗)

 

「リベンジ!楽園の瑕(←違)」ついに3月にDVD(アメリカ版???)が
発売です~!!!(嬉)
  アマゾンUSのページ → ココ

 <追記>
 Sony Pictures DVDのサイトはここ↓(英文/今のとこ写真なし)
  http://www.sonypictures.com/homevideo/catalog/
  catalogDetail_DVD043396283374.html
  (やっぱし94分なんだよね~(^^;) オリジナルより短いなんて。。。)
  


  DVD発売は嬉しいけれど(←買う気か???(-"-;))
  わたくしの調査では、この作品、世界中の映画祭をまわりつつも
  まだ香港でも上映されていないのではなかっただろーか(汗)

   (そのへんも下記に書いてみたいと思います)

[続きを読む...]

2009年01月07日 (水) | 編集 |
風邪のほうはボチボチなのですけど
実は昨日の朝、コメントを書いたあとに、PCが火を噴いてしまいまして…
というのは半分うそですが

年末から電源の接触が悪くてダマシダマシ使っていたものの
ACアダプタが内部で断線していたのか
突然パチパチいうのでこわごわ見てみたら
線の根元部分のコーティングが溶けて銅線が見えてました(冷汗)

すぐに電源をはずし
充電が少し残ってたので、とりあえずメールチェックして
バックアップしてない旅行の写真とかを保護したり…
で、デンキ店へ相談に行くと
同型アダプターを取り寄せ可能ということなので即注文!

約10日後に届くまで、こちらはやむなくお休みをさせていただきます…

先日、なにげなく(あまりに体調が悪かったので)しばらく休む等と書いたタタリか?(T_T)

「書いた通りになった…」などと西島さんごっこをしている場合ではなく
(昨日「真木栗ノ穴」を見てきたので)、なんとか「インターネット映画大賞」に間に合うとよいのだが…と今はドキドキです。

 ※1/15締切。みなさんもぜひ!

さて。書こうと思ってたネタ、いちおう書きためします。
(映画の感想などは復旧後)
リンクがはれないので詳細は10日ほど待っていただくか、ご自身で調べてね~(汗)


・「言えない秘密」東西で上映♪

  東京は多摩で(1/17(土))

   パルテノン多摩 http://www.parthenon.or.jp/movie/193.html  

  関西は高槻で(2月)
 
   ロコ9シネマ http://www.loco9.com/next/index.html

  行ける方はぜひ!

・にしのみやアジア映画祭  2/21-22開催

   私は「881歌えパパイヤ」がめちゃ見たい!
   http://www.881movie.com/
   (心斎橋で上映された時に見られなかったのです。。。)

   「胡洞の理髪師」「迷子の警察音楽隊」なども上映されます♪

  公式サイトはまだ完成してないらしい。(また後日に紹介しますね!)

  スケジュール等はこちら↓
  http://www.gurutto-kobe.jp/cgi-bin/index.php?f_mode=details&f_no=903  

    ※歌えパパイヤはにいがた国際映画祭でも上映予定。
     http://www.info-niigata.or.jp/~eigasai/japan/
    
二十世紀少年 第一章 いちぶの映画館で復習上映会

  http://www.toho.co.jp/gekijo/20th/fukusyu.html

    テレビでやると思い込んでましたが違うのか~?(^^;

・清水玲子「秘密」6巻が2月下旬に発売!
 
   http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784592145363

   ↓こっちにはまだ載っていません、なんで???(-"-;)
   http://www.hakusensha.co.jp/himitsu/
   (見たことない方はここで1巻が「試し読み」できます)

「エルマガジン」休刊(泣)

  映画紹介はなんと「放逐」でした~。 関西の方々、ぜひ手にとってみてください。

Lmagazine (エルマガジン) 2009年 02月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2009年 02月号 [雑誌]



また何か情報がありましたら今のように携帯からupするかもですが、
(プライベートがとっちらかっていることもあり)基本的にはアダプタが届くまでお休みします…

その間はpc宛てのメール等も放置する予定なので
何かあったらごめんなさい~~~

とにかくビックリなできごとでございました…。
新年早々から散々だわ。

 (そしてアダプタ代、痛すぎ!(涙))

                   ※1/13、 リンク等を加筆いたしました(詫)

2009年01月05日 (月) | 編集 |
バイト以外は倒れるように眠ってエネルギー温存をしてましたが
3日でバイトも終わり、なんとか、ちょっと動けるようになったので、
昨日(4日)は実家に帰ってきました。(といっても自転車で30分ほど)

つねづね、ホンマは近所、と思っていたけど、
やはり体調が悪いときにはつらい距離だなあ。。。

ふらふらで着いたら
「バスで来たらよかったのに!」といわれてしまったけど
おかーさん、こんなフラフラで満員のバスに30分も揺られてきたら
倒れますよ!(涙目)
といいつつ、自転車で来てもすでに倒れている私。

  正月早々(早々でもないけど)
  実家の母にうどんをごちそうになってきました(恥)

  だるかったので、うどんを食べる前も食べてからも
  ひたすら寝ており(恥恥恥)
 
  これでかなり回復に近づいたかも~(そうなのか???)

   実家は暖房完備なのであたたかい~。
   ああ、我ながらなんとせこい手なのか!(汗)
   やはり、病院より実家である。。。 

そして、ついでなので(?)「天地人」を見てまいりました。
別に家に帰ってから見てもよかったのだけど
ちょうど始まりそうだったのでついでに見てきたのだ。

・・・ちょっと面白いかも。


それにしても、
実家のテレビ(そんなにデカくもないけど地デジ対応横長)で
ふつーのドラマや映画とかを見さしてもらってると

(この画面の両ハジって、ウチでは見えてないのか?(-"-;))

・・・と毎回、気になってます。

なんか、損した気分になるのですが(汗)私だけでしょーか。。。


  来週も理由をつけて実家に「天地人」を見にいこーかなあ。

  (母のツッコミを聞くのも、めちゃ面白いしなぁ~
   前にも書いたけど、「篤姫」の瑛太くんに
   「このヒト、日本人?」て私に聞いたのはびっくり!!!
   さすがに「ブータン人」とも返せないしなぁ~(^^;))  


で、さすがに仕事人まで見て帰るわけにはいかず、
途中までで帰ったけど帰宅したら終わってた。。。


今年はもうちょっとテレビを見てみようか、と思ったお正月でした。
(テレビの内容自体は、さいきんは如何なものかと思うけど
 夜は自宅でテレビをつけながら
 ゆったりとお茶を飲むとか、そんな時間を作りたい・・・)


ま、そんな話はまた今度。。。



★コメントやメールをくださった方、ありがとうございます。

  帰宅後にお返事いたしますね~!!!(はあと)


[続きを読む...]

2009年01月03日 (土) | 編集 |
祝大家新年快樂!

 ・・・などなどと、新年のご挨拶を述べるべきところですが
    遅くなりすみません・・・

バイトで年越しをし(泣)3時にかえってきて
録画で紅白を見たgraceです(笑)
 (近年は紅白は見ないが、
  今年はBOOMとENYAが出るので前半を録画した♪)

しかし。
新年からぜんぜん「快楽」じゃないよぅ~(泣)

年末から体調がよくなくてへろへろだったのですが

正月早々から熱を出してしまい(たぶん風邪)
かといって、バイトも休めず
もうフラフラです。

というわけで
BLOGっちゅーか、ネット自体をしばらくお休みさせていただきます(泣)

治り次第
今年の目標は「元気で過ごす」にしなければ。。。


で。
「カゼ」つながりで(?)、ちゅーかニュース(笑)

「九降風」は夏に公開決定だそうです!
http://ameblo.jp/winds-of-september2

マジックアワー配給となってたので久々に会社HPを確認してみると、
マクダルちゃんはまたまた「2009年公開予定」に変わっておりました(汗)
(前は「2008年公開予定」だったんだけど・・・)
http://www.magichour.co.jp/comingsoon/index.html

 (個人的にはドヌーブの映画もめちゃ楽しみでやんす♪)
 http://demy.jp/ 
 http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e179510.html 


ああ、はやく治して映画に行きたい!!!(笑)

  では、また寝ます・・・。


(寺島さんの話とか、書きたいネタはいっぱいなので、
 元気になったらいろいろ書きたいと思います)

気になる方は、寺島さんの写真がここに出てます↓
http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e178085.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/cinema/news/20081228-OHO1T00110.htm

 (岡本健一さんもかっこよかったですが監督も男前でした・・・)


(●ェ●。)さんの記事も書きたい!!!(泣)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000028-rcdc-ent

  これって、元はココ↓(9/23付)と思うので、話題が古すぎな気も(汗)
  http://edition.cnn.com/2008/SHOWBIZ/Movies/08/12/asiapacific.top10/index.html
  
  シャルウィ・ダンスって中文題は「淡淡情,跳跳舞」なんですね~
  http://www.qnsb.com/Index/Catalog536/124963.aspx


まあ、そんなこんなで(?)回復までしばし時間をいただきますが
今年も、へろへろと「ちゅ~かなニュース」「関西情報」「映画感想文」など
不定期更新をしていきたいと思いますので、どうぞよろしゅうに♪

今年は健康に気を配るのはもちろんですが
もっと(●ェ●。)さんをちゃんとオッカケていきたいと思います~(反省)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。