猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年12月27日 (土) | 編集 |
遅くなりましたが下記、書き足しをいたしました。(12/29)

いちぶ関西以外の情報も含みますがgrace的注目電影を書いてみます。
 (・・・とてもじゃないけど、全部は行けませんが(汗)
中華電影はめだつようにえんじ色です(笑)

おでかけの際にはお時間・劇場等、かならずご自身で再確認を!

  ※当然、いっぱん人のわたくし、いちぶの中華作品をのぞいて
    中身(上映)を見たわけではありませんので、おすすめ、というより
    勝手に注目している映画を勝手にセレクトしているだけですので(汗)


まずは
関西地区のあちこちで
本日公開の「ぼくのおばあちゃん」
 http://www.bokuoba.jp/
  (東京では12月6日から)

大阪(テアトル梅田)・京都(みなみ会館)では
ほんじつ舞台挨拶もありますよ~♪(ご紹介が遅れすみません)
 http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/oba/1227.html

  菅井きんさんの「最高齢主演女優」ギネス記録が話題ですが
  この作品、深浦加奈子さんの遺作でもあります。。。
 
   → めちゃ良かったです(滝涙) いける方はぜひ!!!
      (ただし近年に「おばあちゃん」を亡くされた方には
       涙なしには見られないのでつらいかも(私は泣きっぱなし))

あ。年末年始映画では、やーーーーっと昨日(12/26)
「K-20」見てきました! http://www.k-20.jp/

邦画実写でここまでの「大冒険カツゲキ」が見られるとは!
(でも、このスゴさは、すでにパヤオちゃんが20年以上前に
 到達している位置なのである。。。フクザツ)
 これはまた感想かきたいと思います♪
 (やっぱし水曜千円で見たらよかったかな、とも思うけどまあ良かった)

   カリ城やラピュタも見直したいけど、
   じつは「如・果愛」がすっごく見たい!(笑)
   それと「冒険王」も!!!(爆)


あと、ほかにもめちゃ気になる映画がいっぱいです
(「バンク・ジョブ」「未来を写した子どもたち」「真木栗ノ穴」などなど)
・・・また帰宅後に追記したいと思います(すいません!!!)

公開の早いものから、ざかざかとメモ書きしておきます(汗)

女工哀歌(エレジー)
  http://www.espace-sarou.co.jp/jokou/ 
   東京公開済み
    第七藝術劇場 12/20(土)~1/9(金)
    京都みなみ会館 1/20(土)~
    神戸アートビレッジセンター 1/10日(土)~1/16(金)

大丈夫であるように
  http://www.dai-job.jp/ 
   東京公開中(シネマライズ)
    梅田ガーデンシネマ/京都シネマ 12/20(土)~

真木栗ノ穴
  http://www.makiguri.com/ 
   東京公開済み
    第七藝術劇場 12/6(土)~1/2(金)
    神戸アートヴィレッジセンター 12/20(土)~27(土)
    京都みなみ会館 12/30(火)先行上映・1/2(金)~14(水)
    http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/maki/1230.html

バンクジョブ
  http://www.bankjob.jp/ 
   東京・大阪(心斎橋) 公開中
    京都シネマ 1/17(土)~

未来を写した子供たち
  http://www.mirai-kodomo.net/
  http://www.rcsmovie.co.jp/osusume/2008/12/mirail.html
    梅田ガーデンシネマ/京都みなみ会館 12/27(土)~
    神戸アートビレッジセンター 1/17(土)~30(金)  

オリンダのリストランテ
  http://argentina-movie.com/olinda/
   東京 公開済み
    シネ・ヌーヴォー 1/3(土)~16(金)  

Theショートフィルムズ
  みんな、はじめはコドモだった

   (これは京都映画祭で見ました。なかなか良かった) 
  http://asahi.co.jp/films/
  http://www.minipara.com/movies2008-4th/minna-hajime/index.shtml
   東京 公開中
    梅田ガーデンシネマ 1/10(土)~
    京都シネマ 1/24(土)~  

ビクトル・エリセ監督特集
   「ミツバチのささやき」「エル・スール」

  http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2009/erice/0110.html
    京都みなみ会館 1/10(土)~22(木)
   
アンダーカヴァー
  http://www.undercover-movie.jp/
  12月27日公開(全国順次公開予定)
   関西では1/10(土)~
    109シネマズ箕面/敷島シネポップ/ユナイテッド・シネマ岸和田
    新京極シネラリーベ/109シネマズHAT神戸

そして、私たちは愛に帰る
  http://www.bitters.co.jp/ainikaeru/
  12月27日公開(全国順次公開予定)
    テアトル梅田 1/17(土)~
    神戸アートビレッジセンター 2/14(土)~27(金)
    京都みなみ会館 3/7(土)~20(金)

エグザイル/絆 (放,逐 Exiled) おすすめ!!!
  http://www.exile-kizuna.com/
  12月6日公開(全国順次公開予定)
    第七藝術劇場/シネマート心斎橋 1/17(土)~
    京都みなみ会館 1/23(金) ~

    神戸アートビレッジセンター 近日予定

戦場のレクイエム (集結號)
  http://requiem-movie.jp/
  1月17日(土)公開(全国順次公開予定)
   関西の上映予定 (時期不明)
    敷島シネポップ/OSシネマズミント神戸/TOHOシネマズ二条

香港電影天堂@シネマート六本木
  http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/hong_kong/
  1月17日(土)~2月6日(金)
   上映作品 「上海グランド」(新上海灘)/ 「藍宇 情熱の嵐」(藍宇)
          「ディバージェンス~運命の交差点」(三岔口)
          「ドラゴン・スクワッド」(猛龍)   
          「傷だらけの男たち」(傷城)/「冒険王」(冒険王)
          「恋の風景」(戀之風景)
          「恋するブラジャー大作戦(仮)」(絶世好Bra)         
          「イザベラ」(伊莎貝拉)
           ※「イザベラ」は東京国際のときと字幕がちがうそうです(滝涙)
          そのほかDVDでの上映作品もあり

フランス映画の秘宝2
  アキムコレクション 大阪最終上映会

  1/17(土)~30(金)@シネ・ヌーヴォー
   http://www.cinenouveau.com/

誰も守ってくれない
  http://www.dare-mamo.jp/
  1月24日(土)公開(全国ロードショー予定)
   TOHOシネマズ等等で上映予定
    http://www.toho.co.jp/gekijo/daremamo/welcome-j.html
    
英国王 給仕人に乾杯 (チェコ映画)
  http://www.bowjapan.com/iservedtheking/
  12月20日公開(全国順次公開予定)
  東京 公開中(シャンテシネ)
    梅田ガーデンシネマ 1/24(土) ~
    京都シネマ 2月中旬予定
    神戸アートビレッジセンター 4月中旬予定

天使の眼、野獣の街 (跟蹤 Eye in the sky)
  1月31日(土)公開@シネマライズ(東京・渋谷)
    シネマート心斎橋 春予定
    http://cinemart.buzzlog.jp/e104867.html

「シェルブールの雨傘」
 「ロシュフォールの恋人たち」

  http://demy.jp/
  1月31日公開@シネセゾン渋谷(全国順次公開予定)
    関西上映予定 陽春(?)
    テアトル梅田/京都みなみ会館/神戸アートビレッジセンター


そうそう
東京では現在 ふらんす特集 が開催中!

フレンチシネマで5週間
http://www.zaziefilms.com/french5/a_mov.html

「冒険者たち」はフイルムでの最終上映となるので(感想など→12/20
いける方はぜひぜひお出かけくださいまし♪


そしてっ!

中国(大陸)で上映中のこの作品。
http://meilanfang.sina.com.cn/
http://ent.sina.com.cn/f/m/mlf/index.shtml



たしか香港は1月1日上映予定だったと思いますが
ほんじつ先行上映(?)があるそうです。
http://www2.cinema.com.hk/revamp/html/list_detail.php?lang=c&movie_id=3779
あした(28)もかな?

  ああ!ドコデモドアがあれば、今スグやうまーていに行きたい!(泣)
  ついでに牛乳プリンたべたい!! ワンタンメン食べたい!!!


日本では来年3月公開!!!
楽しみです♪


花の生涯 梅蘭芳
http://meilanfang.kadokawa-ent.jp/

(スモーカーさん、ぐうさん、ありがとうです!!!)

・・・

では、記事は途中ですが、でかけてきます。。。
 (初!ナマ寺島さん、見てきます♪♪♪)
http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e167642.html

スポンサーサイト

2008年12月24日 (水) | 編集 |
もちろん「行きたい!」と思う先は、ドバイではなく(笑)こちら

旅 2009年 02月号 [雑誌]
       旅 2009年 02月号 [雑誌]


書店でみつけで、「きゃあああ!!!」と思ってしまいました。


出版社のサイトはこちら↓
http://www.shinchosha.co.jp/tabi/index.html

いちおうチャイ・ランさんが監修か何かされているようです。


香港へ行きたしと思えども香港はあまりに遠し(泣)

 そんなに遠くもないけれども(汗) 
 貧乏生活だと、いざ行くにはたいへんです。


何度もいじましく(恥)書いてるけど、今年の年末は行けそうになく。

旅行にいけないどころではなくって、色々あって
この年末はバイトに行くことにしました。。。(どーせヒマだし)
きのう23日もその研修にいってきて、けっきょく映画にいけてない(泣)

いろんなことがうまくいったら、香港は2月にでも行きたいもんだけど
たぶん無理でしょう。。。 くくく。。。。。ヘ(。>_)ノ


  てことで、ウチには旅の本がふえていくのであった。。。
  (その分を少しずつ貯金しておけば、
    何年かしたら行けるのでは???)


・・・
せんじつ、「幸せの絆」と「初恋の想い出」をぶじハシゴしてきたので
ことしの中華映画の映画館での鑑賞はいちおう終わりです。

    もちろん(?)どっちも泣きました。。。

ことしもけっこう見たなあ♪(て、洋画と邦画はまだ少し見ますが)

 きょう、行けそうなら20面相にいきたいけど、さて、どーなるか。

 インターネット映画大賞の募集が始まったので、
 「今年のまとめ」もそろそろ始めなくてはね。。。


てことで、でも、行きたい! 香港!!!(涙) ←しつこいよ!

サンタさん、今晩くつしたを置いておくので
キャセイの航空券を入れてくれませんか?
 (あんた、いくつやねん!!!(-"-;) )


ま、来年みる予定の「放,逐」を楽しみに待ちましょう。。。
(て、舞台はマカオやけどね)



2008年12月23日 (火) | 編集 |

京都の「放,逐」上映は1月23日に決まったようです♪
 (この下の記事も読んでね♪)
そして、大阪アジアン映画祭は来年3月13日から、だそーです!


ドバイ、なんて、一生いくことはないのでは?というくらい
ご縁が感じられない地名ではありますが → Wiki

 (そして、いま、タイヘンなことになってるそーですが↓
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/dubai/?1229895976

やや出遅れではございますが映画ニュースを(汗)
先日、いちぶの映画まにあファンのあいだで
ドバイ!」のニュースがかけめぐったのであります♪

映画 『休暇』 ドバイ国際映画祭審査員特別賞受賞!(写真あり)
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7873

映画「休暇」がドバイ国際映画祭コンペティション部門審査員特別賞受賞

 俳優の小林薫(57)が主演した映画「休暇」(門井肇監督)が、現地時間18日に閉幕した第5回ドバイ国際映画祭のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞した。
 現地では14、15日に公式上映が行われ、小林と門井監督のほか、西島秀俊(37)が出席。観客とのQ&Aでは絶賛の声を浴びていたという。
 同作は吉村昭の短編小説の映画化で、死刑を執行する刑務官(小林薫)と死刑囚(西島秀俊)を中心に、生と死を描く。先日発表された第30回ヨコハマ映画祭では主演男優賞、助演男優賞の2冠を獲得している。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081219-OHT1T00219.htm


「休暇」に審査員特別賞 ドバイ映画祭 長編部門で邦画初
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/12/20/1.html
 ↑写真あり♪ 西島さん、ドバイまで行ってられたのねえ(^^;)

関係者の方がた、
おめでとうございます!!!

めちゃよくできた作品なので、
これを機にあちこちで再上映などされるとよいですね。←ナニサマ!?
(ただし、重い映画なのでつづけて何度も見たくなるタイプではないけど)

ドバイ映画祭、今年で第5回、ということですが
日本では今まであまり話題になった記憶がない。。。

 映画祭のサイト http://www.dubaifilmfest.com/

調べてみると、今年は「休暇」のほかには「東京ソナタ」が。
アニメーション部門では「スカイ・クロラ」が上映されています。
(ちなみに昨年は「河童のクゥと夏休み」が上映されたらしい)
来年からはきちんと注目しておこう・・・。

がっ!
この記事はここではおわりません!(笑)
ドバイには、もうひとつ、すんごいニュースがあったのだ!


このヒト♪

(こんな写真しかなかったんかい!?(-"-;))

そんな、まにあっくなトコまでツッコんでいくのが、このBLOG(^^;))

なんと、ツイツイ導演が、「亞洲電影終身成就獎」てのを
受賞されたらしい。すごいぞ!

新浪娛樂訊 徐克出席迪拜電影節,獲頒發『亞洲電影終身成就獎』,以表揚他在電影方面的貢獻,施南生及林青霞更親身前往支援及分享他得獎的喜。・・・(以下略)
http://news.sina.com.tw/article/20081220/1208627.html


  「終身成就獎」て字面はすごいんだけど、
  正直、何がどースゴイのかよくわからんです(笑) ←オイオイっ!

英語ニュースだと「・・・the DIFF Lifetime Achievement Award for his contributions to world cinema」てな感じで載っているので
http://www.dubaicityguide.com/geninfo/news_dtls.asp?newsid=21850
よーするに功労賞、て感じかしら。
 (日本語に訳すと「生涯功労賞」らしい。
  昨年は、韓国のイム・グォンテク監督が受賞されたようです)


   ウーさんでもトーさんでもなく
   ツイツイに眼をつける、なんて
   この映画祭、めちゃ渋いね。。。(ほめてるんです一応)

   あ、また過去の受賞者、調べてみなくっちゃ。。。

映画祭での紹介はココ↓
http://www.dubaifilmfest.com/en/media-center/press-room/world-film-legends-speak-at-diff.html
(ラシッド・ブシャール氏と同時受賞なのかしらん?)

とりあえず、ツイツイさん、おめでとうです。
わたくしは、とりあえず「女人不壊」が早くみたいです(泣)

どちらにしましても、
みなさま、おめでとう♪


そして「休暇」

司法に注目があつまる今日このごろ。
ぜひとも、
「休暇」「フリージア」とそれボクあたりで
男前と司法を考えるオールナイト」とか
特別上映をぜひともお願いしたいです。


フリージア [DVD]  それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

 あちこちの、映画館さん、そういうの、どーですか?

[続きを読む...]

2008年12月21日 (日) | 編集 |
わたくしにとっては
12月21日といえば、やはりこのお方。

papyrus (パピルス) 2007年 12月号 [雑誌]
     (借りられる写真があまりないのだ。。。)


今年は、例年いじょうにマイブーム。
なんと!2回も電車のって見にいったし!(汗)

来年も行きます!!!(大阪の立ち見がとれたので♪)

楽しみにしてますよっ!(はあと)

50、60、70・・・になっても歌っていてくださいましね。

いつも「猫になりたい」ばかりすすめてるよーな気がするので
とりあえず(?)このあたりでも貼っておきます。やっぱり好きだ!

Spitz - Spider 「スパイダー」 Live 1996


http://jp.youtube.com/watch?v=7wp8zKovFT8

96年・・・さすがに若いねえ(汗)

これもついでに
「愛のことば」
http://jp.youtube.com/watch?v=2OfTrmDZA9I


もうひとりの、ちょー素敵な12月21日生まれの方については
旧館へ(汗)

こっちには、いちおう写真だけこっそり貼っておきます♪

[続きを読む...]

2008年12月20日 (土) | 編集 |
★あと1週間ですがクリスマス仕様にしてみました★
 ↑終了しました

(またまた長文イッキ更新なので下のマドリの記事も読んでね♪)

  ボチボチ今年のベスト10なんて決めてもいい時期なのに
  まだあと、中華映画2本も見ようなんて思っているわたくし・・・。
   邦画は2、3本、洋画は2本見る予定でございます。
   (おいおい!今年はあと何日なんだよ???(-"-;))

冒険者たちさて。ほんじつは、「冒険者たち」
関西最終上映を見てまいりました(泣)
http://www.rcsmovie.co.jp/
minami/2008/night/a1220.html

(厳密にいうと、
 ホンマの最後の上映は、
 ちょうど今やってるオールナイトですが・・・)

 さいきん調子がわるいので、
 今晩のオールナイトも
 めっちゃ行きたいがパスです(涙)


「冒険者たち」
今年限りで版権が切れ、しかも!ふつうの版権切れでなく
もう当分は世界的に配給されない、てな話を聞きましたので
  ここ → http://cinemakyoto.shiga-saku.net/e164724.html
東京での最終上映、行ける方は行ってみられてはいかがでしょうか。。。

 ケイズシネマスケジュール http://www.ks-cinema.com/schedule.html 
 映画紹介 http://www.zaziefilms.com/french5/a_mov.html
  (個人的には「ぼくの伯父さん」と「天井桟敷の人々」も超おすすめ♪)

ほんま、始まり方もかっこいいし、終わり方も胸にしみる。。。

 ↓そう思う人が多いらしく最初と最後が見られる映像あり(汗)
   (最後が出てるんで、ネタバレですけれども)

Les Aventuriers (1967)

 ↑「再生」を押してしまうと放逐の予告と音声が重なるので
   下記のリンクをクリックして再生してくださいまし。。。
http://jp.youtube.com/watch?v=hhyhA3EL7Xo

そうそう。
探してみたら、さいごのあの島(要塞)
航空写真(?)がここで見られます!(感動!!!)
http://google-earth-travel.net/mercury/0807210009.html

今年のはじめだったか、とある所の特別上映にて拝見し
(もっとデカい画面で見たかったなあ。。。)と思ってたら
幸いにも、駅ビルシネマの「フランス映画祭」で見ることができ
今回、さらに大きい画面で見られたのは本当にシアワセなことです♪
 (でも、やはり冒頭の画面とか赤っぽかったので、
  フイルムがかなり褪せていたのかもしれない・・・)

最初にみたときは
「レティシア~!
 ぜったいそこはマヌー(アラン・ドロン)やろ!」と思ったが
2回3回と見ると、やはり、ロラン、てのも分かる・・・。
ううむ、悩む(-"-;) ←悩んでどーする!?(呆)


冒険者たち 40周年アニヴァーサリーエディション・プレミアム [DVD]
冒険者たち 40周年アニヴァーサリーエディション・プレミアム

版権切れ、と聞いて思わず(お金もないのに)
DVDとサントラをポチっといってしまいましたざんす。

音楽は上記のyoutubeまたは
こちらでもちょびっと聴けます → あまぞんふらんす
 (下のほうまで行くと曲目が
  ずら~と書いてるとこがあるので"Écouter "をクリック
  少しで残念ですが、メインテーマは2番の「Journal De Bord」♪)

口笛の部分が聴きたい方はこちら↓(なつかCM~)
http://jp.youtube.com/watch?v=zoRJ5rPjkwc
(原曲とは違うカモやけど。。。)


見るのが最後かも、と思うと、もう冒頭の音楽から涙目。
(わたし、この映画、そんなに好きだったのねえ。。。)

実は直前に流れた予告がまた「放,逐」で(汗)
ぽーーーと見とれてたらイキナリ本篇が始まったので更にドキドキでした。

名作を大画面で見られて良かったです。
上映ありがとうございました(ぺこり)
またいつか、スクリーンで見られる日が来ますよーに。。。



  今日うっかり何も考えずに行ったので
  「みなみ会館大賞」の投票にすごく迷った。。。
  http://blog.livedoor.jp/minami_award/

  次回までにはきちんと考えていかねば。。。
  (来年はまちがいなく「放,逐」なんやけど(^^;))


2008年12月20日 (土) | 編集 |
えー、マドリの本(下写真)をご紹介するまえに、
旧館にも出しておきましたが、気になる(●ェ●。)さんニュースを。
 (われらが影帝ニュースともいう・・・)

ウォン・カーウァイ新作、トニー夫婦の共演は実現せず
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1219&f=entertainment_1219_015.shtml

正直、共演なんてどーでもエエんですが(おい!)
「・・・早くから話題になっていたが、進展が見られないまま。クランクインは2009年の夏以降と、 大幅に 遅れるようだ。」という部分がやはり素通りできません(爆)

 (●ェ●。)さん、ひつこいよーですが
 「撮る撮る鷺」てゆー感じが。。。。。ヘ(。>_)ノ

まあ、ファンにとっては、(●ェ●。)作品は10年待ちも覚悟の上。
資金調達のため、「リベンジ!楽園の瑕」を
日本のどっかの会社に叩き売って下さったら言うことなしなんですが

マドリDEエンタテインメント Variety Japanさて。マドリに話を戻しまして。

マドリDEエンタテインメント
Variety Japan

 などという本(雑誌)が出ていると
 姉上から教えていただき(Thanks!!!)
 さっそく買ってまいりました♪
 
(●ェ●。)さん作品「花様年華」も出ている!!!!てことで
見てみましたが、「花様年華」の中にでてくる
ホテルの「2046号室」(小説を書いてる部屋ですね)が載ってます。
(映画「2046」は載ってません)
ホテルのお部屋なんで、特に見てどうとは(汗)

それより、面白かったのは、アメリのお部屋!(はあと)
それが見たくて買ったよーなもんですが(汗)
ほかのお部屋は以下。(Amazonより/香港映画と仏映画は勝手に太字)

[マドリ大好き!] ホラーの間取り、ミステリーの間取り、アクションの間取り、コメディの間取り、ラブストーリーの間取り、SFの間取りなど、様々なマドリを紹介。 『アメリ』『ジョゼと虎と魚たち』『ホリデイ』「SEX AND THE CITY」「Around 40 ~注文の多いオンナたち~」『花より男子ファイナル』『花様年華』『ホーム・アローン』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『スパニッシュ・アパートメント』『THE 有頂天ホテル』『ALWAYS 三丁目の夕日』『サイコ』『呪怨』『女は女である』


マドリ記事も気になったけど、あおいちゃんのインタビューも読みたかった。
もちろん、ンさまの記事も必見♪

  いま、あんそにさん、ンさまの記事もガンガン出てますが
  それ以上にあおいちゃんも出まくりでおっかけがタイヘンです。


で。マドリで気になっていろいろ検索したら、
パリで「アメリふう」のアパートに泊まる、ての、あるんですね~。
http://www.paris-shortstay.com/detail/1802_amelie.htm
http://www.paris-apartments-for-rent.com/jp/d/224.html
あああ。行ってみたい!(滝涙)


そうそう。この雑誌のことを聞いて、いちばんに思い出したのがこの本。

間取りの手帖 間取りの手帖(佐藤 和歌子)

こんかいの雑誌も、この佐藤氏が登場されてました。
やっぱり!!!(はあと)

「マドリスト」なんちゅう言葉は、
この方から生まれたんだと思います。 → Wiki

この「間取りの手帖」が何年か前にTVで紹介されていて、
あまりの面白さにすぐに買いに走ったんですが・・・
いま調べたら、たぶんタモクラで見たのね(汗)


なぜか手元になく、すっごい読みたくなったので
雑誌といっしょについ文庫版を買ってきました。やっぱ面白い!(笑)

間取りの手帖remix (ちくま文庫 (さ7-1))) 間取りの手帖remix (ちくま文庫)

くるりの岸田氏との対談も面白いです。
マドリストな方はぜひ読んでみてください♪

いろいろ検索してて見つけたこのBLOGもすっごい面白い!!!

面白い間取り集のブログ
http://ameblo.jp/madoripro/


・・・
 まったくマドリとかんけーないけど
 実は、街まで出て大型書店へ寄ってきた本当の目的はこちら。

 河童少女 (ぶんか社コミックス) 河童少女 (ぶんか社コミックス)(明智 抄)


明智抄氏はわたくしの尊敬する孤高の天才まんが家(ほめすぎ?)
さいきん、どーしてらっさるのだろー、と思ってたら
いつのまにか新刊が出てました(汗)

楽しみすぎてまだ読めてません。ホラーってのがちょっと気になるが。

始末人が文庫化されたので、オトナ買いするかちまちま買って読み返すか
めっちゃ迷うところ(私は「小鳥さん」が好きです)

鳥類悲願始末人 (ソノラマコミック文庫―始末人シリーズ) 白花繚乱始末人 (ソノラマコミック文庫―始末人シリーズ) 暗中捜索始末人 (ソノラマコミック文庫―始末人シリーズ)

 ・・・て最後はわかる人にしかワカラン話で終わってしまいすみません。


・・・
恋するマドリ 通常版 [DVD]ちなみに、「マドリ」な映画というと
「恋するマドリ」
思いつきそーなもんですが(笑)

たんに「引越し」「ひとりぐらし」てな内容で
ぜんぜんマドリとはかんけーない映画であります。
(アイドル映画としたら、
 まあまあの出来ですが←ナニサマ?)
こちらは、表題と異なり、ぜんぜん「必見」じゃありません。
歌はかわいいけど(笑)

それより
こっちの本がめちゃ気になるのでいちおう貼っておく(笑)

名作マンガの間取り 名作マンガの間取り(影山 明仁)


ああ、マドリストってのもオッカケが大変だなあ~(遠い目)

  てことで、次は、前に予告した<台湾ネタ>でなく
  少女まんがネタ、になるかもしれません。
  (河童少女の感想と、そのほか、最近まとめて読んだ本の紹介とか)


さいきん、ぜんぜん映画にいけてないので(体調とか寒さとか)
今週末はまとめて出かけてきます。

いろいろあって、なんかとっちらかってますが
このBLOGももうちょっとちゃんと書きたいなぁ。。。(涙目)

  <追記>
   もうちょっと詳しく記事にいろいろ追加したいと思って
   夕方「マドリスト」で再度検索したら、この記事が上位に来た(汗)
   ぐ○ぐる、おそるべしっ!。。ヘ(。>_)ノ

で。
この本も欲しい。。。

間取り相談室 間取り相談室(佐藤 和歌子)


2008年12月14日 (日) | 編集 |
すっかりサボってます・・・。

今日は所要につき早朝より大阪方面へ(いま電車)

まる一日つぶれるので
昨日から梅田ガーデンシネマで始まっている
「初恋の想い出」(原題:情人結、趙薇の主演)に今日も行けません~。

ニ週間の限定上映で昼2回の上映。
いつ行けるだろうか…(遠い目)

気になる方はぜひ!

http://www.hatsukoimovie.jp/
http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/movie/20555/

昨日から京都(みなみ会館)では
「チャイニーズ・モーニングショー」ということで
いろんな新作が上映予定。
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/1978/1213.html

昨日は大阪京都どちらも行く気まんまんだったのに
(神戸も行きたいとか思ってたのに)
いろんな雑事と体調不良(寒気や眠気)が重なり
夜に行く予定だったロメールの「海辺のポーリーヌ」も断念(泣)

ま、こんな日もあるわさ。

てことで(?)不調ながらも日本におります(と、いちおう書いておく)
もちろん年末もずっとです~

チャイニーズモーニングショーのことも
ロメール特集のことも、
そして天堂口!のことも、
全然、記事にする時間がとれません…

またしばらく、開店休業が続くかと思いますが
ひらにご容赦を~!

そうそう!
今日はついに大河の最終回!(泣)

サヨナラだけが人生だっ!て感じですね。
ちょっとさみしいです。。。

「少年メリケンサック」を楽しみにしておこう!
http://www.meriken-movie.jp/



2008年12月09日 (火) | 編集 |
じぶんようメモ <その1>

けっきょく今までご縁がなくて、行く機会のなかった
「シネカノン神戸」
http://www.cqn-cinemas.com/kobe/index.html

閉館にあわせ、日替わりで
46作品をワンコイン上映されるのでご紹介します。
(すでに始まっています。ご紹介が遅れすみません・・・)

  以下、映画館のサイトより。

12/6(土)より
『シネカノン神戸ベストセレクション』

5年間、ありがとうございました。
感謝の気持ちを添えてお贈りする、最初で最後のお祭り大会!
シネカノン神戸の、5年間に及ぶ上映作品の中から厳選された傑作・46作品を日替わりにて連続上映致します。
いずれも当館イチ押しの作品を取り揃えました。
この機会を逃すと、二度と劇場で観ることのできない作品もあるかも?
どうぞお見逃しなく!

●上映作品(各作品入替制)
※上映時間は下記「上映時間」をご参照のうえご確認下さい

○12/6(土)
 ・酒井家のしあわせ(A)
 ・腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(B)
 ・転々(C)
○12/7(日)
 ・復讐者に憐れみを(A)
 ・オールド・ボーイ(B)
 ・親切なクムジャさん(C)
○12/8(月)
 ・トム・ヤム・クン!(A)
 ・マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾(B)
 ・ヴィタール(C)
○12/9(火)
 ・永遠のモータウン(A)
 ・onceダブリンの街角で(B)
 ・悪魔とダニエル・ジョンストン(C)
○12/10(水)
 ・歓びを歌にのせて(A)
 ・プルートで朝食を(B)
 ・インランド・エンパイア(C)
○12/11(木)
 ・ライフ・イズ・ミラクル(A)
 ・エイプリルの七面鳥(B)
 ・そして、ひと粒のひかり(C)
○12/12(金)
 ・紙屋悦子の青春(A)
 ・あおげば尊し(B)
 ・市川崑物語(C)
○12/13(土)
 ・リンダ リンダ リンダ(A/C)
 ・松ヶ根乱射事件(A/B)
 ・運命じゃない人(B/C)
★★特別トークショー実施決定!★★
 ・12/13(土)17:30より
  (「松ヶ根乱射事件」15:30の回終映後)
 ・ゲスト:山下敦弘 監督
  ※12/13(土)上映作品のいずれかをご鑑賞のお客様は
    どなた様でもご観覧頂けます。
  (ただし満席の場合は「松ヶ根乱射事件」15:30の回
   ご鑑賞のお客様を優先させて頂きます)
○12/14(日)
 ・時をかける少女(2006)(A/C)
 ・黄色い涙(A/B)
 ・頭文字D THE MOVIE(B/C)
○12/15(月)
 ・王の男(A/C)
 ・B型の彼氏(字幕版)(A/B)※字幕版上映は神戸初
 ・甘い人生(B/C)
○12/16(火)
 ・うつせみ(A/C)
 ・クライング・フィスト(A/B)
 ・サマリア(B/C)
○12/17(水)
 ・ストロベリーショートケイクス(A/C)
 ・犬猫(A/B)
 ・ヴァイブレータ(B/C)
○12/18(木)
 ・オアシス(A/C)
 ・殺人の追憶(B)
 ・アフター・ウェディング(A/C)
 ・ある愛の風景(B)
○12/19(金)
 ・ゆれる(A/C)
 ・歩いても 歩いても(A/B)
 ・カナリア(B/C)
○12/20(土)
 ・パッチギ!(A/C)
 ・誰も知らない(★/A/B)
 ・フラガール(★/B/C)

<上映時間>
12/6〜12/20
 (★)10:00/(A)12:30/(B)15:30/(C)18:30
終映時間は作品により異なります

<料金>
特別感謝料金500円均一(当日券のみ)
※本プログラムにつきましては通常ご招待券、ご優待券などはご使用頂けませんのでご了承下さい。

http://www.cqn-cinemas.com/kobe/movies.html#kobeselect


閉館は残念ですが(泣)
このラインナップはすごい!
(頭文字Dが字幕か吹き替えかどちらなのか気になるが・・・)

6時半だとシゴト帰りに行けないのが残念ですが
(サマリアとか。犬猫もまた見たかったなあ)
せっかくだし最後のフラガールに行ってみようかなぁ~。

山下監督が来られるのもすごいですね。

行ける方はぜひともお出かけになり
いろいろ見てみられてはいかがでしょうか。


閉館にあたって、ニュースが出てましたので
下記にご紹介しておきます。

[続きを読む...]

2008年12月06日 (土) | 編集 |
ちょっと風邪がマシになったと思えば
もう、また忙しくて何がなにやらとっちらかっております(泣)
ヒマデヒマでしょーがなかった普段のシゴトも
ネットサーフィンもできないくらいいま忙しい。
(でも残業禁止なので、時間がきたら帰る。)


今日、隣県へ出かけてきて帰ったら
なんとかいろいろ片付けたい・・・(部屋とか ←おいおい!)。


とりいそぎ、嬉しい情報を書きとめておきます。
(この記事は、また書き直しますのでニュースとして
 ちらっと見るだけに留めてくださいまし~

 消すかもしれないので、コメントはその旨ご了承の上で。 
 なので、リンクとかしないでくださいね)

『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』
公開決定!

 ★オダギリジョー主演&アンソニー・ウォン共演の
 『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』の公開が決定!


南米ブラジルを舞台に繰り広げられる、闇の世界で生きる二人の男(オダギリジョー&アンソニー・ウォン)の激しくも美しいクライム・ムービー。
第65回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

09年3月
ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷アミューズCQN改め)、新宿バルト9ほか
全国順次ロードショー! 乞うご期待!

  (ビターズ・エンド様、メールマガジンより)

http://www.bitters.co.jp/
↑サイトにはまだ出ていませんが会社サイト

↓こっちには写真が♪
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21701/



春に公開(思ったより早い)てのも嬉しいけど
この宣伝文句が、オダジョーくんとアンソニさんの
「二枚看板ふう」な感じがステキ♪

今日から 特集 も始まるし、アンソニさん、今年~来年の
ご活躍が期待されます(わたくし個人的に)

「激しくも美しいクライム・ムービー」て言葉も
ちょっとクラクラきますね!!!

  でもアンソニさん、あなたのそのコメントは
  わたくしは賛成しかねます(笑)   ↓
  http://www.recordchina.co.jp/group/g17315.html 

  オダジョーくん、めちゃ好きやけどね。
  (本人みたことあるけど、すごいかっこいいです)

  来年は「悲夢」もあるし、(http://www.hi-mu.jp/
  個人的にはちょびっとオダジョー祭りか(笑)

  みなみ会館さん、ひさびさにまた
  「オダジョー・オールナイト」とかいかがですか?(はあと♪)

  ★ちなみに来週 12/13 は
    「宮崎あおいナイト」が予定されてます!
    http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/night/1213.html   

    《私信(?)》
     西島オールナイトには、ぜひとも、
     「フリージア」「Dolls」「犬猫」をお願いします!!!
     (もちろん、見た上でのおすすめ作品♪♪♪)
       これなら必ず行きます!!!)
     見てない作品では
     「ニンゲン合格」「世界の終わりという名の雑貨店」
     「カナリア」が見てみたいです。。。(私信おわり)

       あんそにさん~!日本の○○は
       私は彼だと思いますよっ!(←なにを勝手に・・・)


さて。
そのほかの気になるニュース (出おくれ情報もあり・・・)


「インビジブル・ターゲット」(男兒本色)

インビジブル・ターゲット DTS コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]  12月21日発売予定♪
インビジブル・ターゲット DTS コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

 けっきょく1回しか行けなかったから(香港1回・大阪1回ですな(^^;))
 またゆっくり見たい・・・。


「カンフー・ダンク」 1月9日発売♪

カンフー・ダンク! スタンダード・エディション [DVD]
カンフー・ダンク! スタンダード・エディション [DVD]

カンフー・ダンク! コレクターズ・エディション 【初回限定生産2枚組】 [DVD]
カンフー・ダンク!
コレクターズ・エディション 【初回限定生産2枚組】 [DVD]


スペシャル版、高すぎる。。。(でも欲しい♪)


 DVDといえば、「ミラクル7号」
 記事に書き足しておきましたが (11/26
 買ってみたら、ちゃんと3ヶ国語入っておりました♪
 (冒頭しか確認できてないけど、切り替えできるから確かだと思う)

 なんで、公式に3言語入ってるって公表されてないんだろう。。。

   ミラクルとは関係ないけど、香港映画のペキン語問題は
   奥が深いよね(汗)

   香港ロケなのにペキン語で撮ってる「僕蝶」
   (たぶん林雪さんは本人がペキン語でしゃべってる
         ↑いちばんの注目箇所はここかい!?(-"-;))

   そして、アンソニさん特集で、せっかく上映される
   「マジック・キッチン」(魔幻厨房)、ペキン語版だろうし
   たぶんアンソニさんの声は吹き替えです。。。


あ、吹き替えといえば(?)
シネカノン神戸さんのスペシャル上映
(閉館は残念だがイベントは嬉しい。。。) 

「頭文字D」が入ってるんだけど、字幕と吹き替え、どっちだろう(^^;)

http://www.cqn-cinemas.com/kobe/movies.html#kobeselect

 ちなみに、香港・中華関連映画は、これ1作です(涙)
 しかし、ちょっと通ってみたくなるラインナップだわ。。。


「新恋愛世紀」
  いつのまにかレンタルに!


新恋愛世紀 ラブ・ジェネレーション (1WeekDVD)
新恋愛世紀 ラブ・ジェネレーション (1WeekDVD)

 「新戀愛世紀」(こっちの写真は香港版)

  近日発売!とだいぶ前から出ていたけど
  http://www.artport-hongkong.jp/?p=32
  けっきょくレンタルのみ、らしいです。
   ↓こことか
  http://rental.movies.yahoo.co.jp/detail/tyrn/id132397/  
  
  めーらんふぁん効果で、りよん王子作品が
  ちょろっとでも日本版発売されるとよいなあ。。。(遠い目)

  これは12月26日発売!(て、もうすぐやん!!!(^^;))
   ↓
ゴッド・ギャンブラー 賭神伝説 [DVD]
ゴッド・ギャンブラー 賭神伝説 [DVD]

  これはかなり見たいです。楽しみ(笑)(脇の方々が)
  
 でも、これよりかさあ、
 「大城小事」とか「大城小事」とか
  「大城小事」とか・・・(以下略)(T_T)




いえいえ、それよりも、セキヘキめんばー勢ぞろいの
「天下無双」
  よろしくお願いします!!!



ではまた!(逃)

・・・・・・

<追伸>

 けっきょく水曜に「ブラインドネス」を見てきたのですが・・・
  ・街の映像がすごい!(セット?)
  ・出てる人もうまい!
   ジュリアン・ムーアは素晴らしいし
   イセヤくん、ヨシノちゃんの演技も英語もステキ
    (ただし日本語が・・・(^^;))
 映画としてかなりよくできている!!!・・・んですが
 とちゅうがかなり残虐な内容(私には耐えられない(T_T)に
 なってます。
 人間の極限状態のおそろしさ、てところが
 ドイツ映画の「es」を思い出しました(泣)

 見る方は、それらを覚悟の上で・・・。

 この映画、ネットでは酷評されてるよーですが
 とにかくジュリアン・ムーアを見る価値はあります。
 でもコワい~(涙目) 

 <結論>
  けっきょく生きてる人間がいちばん怖い!!!(泣)


さいきん見た中ではやはり
「マルタのやさしい刺繍」と「ブタがいた教室」がオススメ。

どうしようかな?と興味があって迷ってる方には
時間があったら、ぜひとも見ていただきたいと思います。

これ、おばあちゃまがホンマ素晴らしい!(^_^)
http://www.alcine-terran.com/maruta/

見て元気になれる映画って、やっぱしいいですね♪


「ブタがいた教室」は、見たら
2、3日はかなり考え込みます(-"-;)

「いのちの食べかた」を見た方は、ぜひこっちも見てね!
http://www.butaita.jp/

わたくしは、ラストがちょっと納得いきませんが(-"-;)
やっぱし(あまり書く人がないけど)ツマブキくんはいい役者と思う。。。

   

2008年12月01日 (月) | 編集 |
20081201082454
この写真では全然わかりませんが(^^;
今頃になってやっとフーさんが宣伝の前面へ!

写真は梅田にて。
阪急からJRへ行く途中のところで撮りましたが
阪急電車に向かうエスカレーターのところにも貼ってました。

土日は心斎橋にて「練習曲」「遠い道のり」「刺青」を鑑賞。
どれもそれぞれ良かったです♪
(が、昨日の日曜日、どうしても外せない用事で早朝から出歩いているうちに風邪が悪化した気がする~)

今日はついたちなので
「ブラインドネス」かグループサウンズのやつが見たいけど
帰宅安静がよいかも…(;_;)

とりあえず働いてきます(悲)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。