猫の手も借りたいBLOG@やさグレ中
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月27日 (日) | 編集 |
イロイロありますが、ヘロヘロながらも、なんとかやってます。

この週末は、金曜に「エンジェル」みました。
思ったよりよかった♪
いぎりす趣味の方にはオススメかも。(お屋敷とかおよーふくとか)
映画の中身も私は好きです。

きのーは千日前でマチ子さま2本立て。

ちょっとペースを落とそう、と思いつつ
月曜もナンバへダッシュです(笑)

ナンバ、当分、通うことになりそうです。


  月曜はぜったい遅刻ギリギリなので
  昨日、下見にいってきた。
  地下鉄は最前列に乗り、
  マルイでは映画館直通のエレベーターに乗るべし!>自分

  チケット発券も済ませてきました。


さて。

月曜、まにあうといいなあ。。。(なんか暗号みたいな日記 (^^;) )


ご紹介したかったのにずっと載せられなかったけど、ついでにいま載せとこ。

「魍魎の匣」田中麗奈インタビュー@eiga.com
上海での思いがけない出会い、“映画”に対する思い

・・・「上海では『幻遊伝』の撮影で行った場所もあって、懐かしかったのと同時に不思議な気分でした。あの時は現地のスタッフ、キャストと一緒に映画を作っていた自分が、今度は日本映画で日本のスタッフやキャストと一緒に、同じ場所に立っているんだ……って。あと、撮影所の隣のスタジオでは、私の大好きなアン・リー監督が新作を撮影していたんですよ! ワン・リーホンやトニー・レオンの出演シーンの撮影を見学することが出来ましたし、アン・リーやワン・リーホンともお話することができました。すごく嬉しかったです。憧れのスターが集結してる場所に、自分も来ているんだと」・・・

だそーです♪(下記サイトより抜粋)
http://eiga.com/special/show/1312_0

麗奈ちゃん、うらやますぃ~。。。

やっぱし、中国語は大切ですねえ(遠い目)

[続きを読む...]
スポンサーサイト

2008年01月26日 (土) | 編集 |
遅くなりましたが、わたくしの興味ある公開情報および
関西上映情報(?) 勝手にセレクト版 です。お役に立てましたら幸い。
(いちぶ東京情報もありますがご容赦を ←行けないけど書いてる。。。)

  ・・・中華系の映画がほとんど無いのが淋しい限り。。。

  ※お出かけ前に必ず
    ご自身で上映スケジュール等は再確認ください※



1月19日(土) から公開中

 「シルク」(洋画)
 http://www.silk-movie.com/
  全国ロードショー

 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(洋画)
 http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/
  全国ロードショー

 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(洋画)
 http://www.mrbean.jp/
  全国ロードショー

 「ぜんぶ、フィデルのせい」(洋画)
 http://www.fidel.jp/
 全国順次公開予定
  ※梅田ガーデンシネマ 1/19~
    シネカノン神戸 1/26予定
    京都シネマ 3/15予定

 「ハーフェズ ペルシャの詩」
 http://bitters.co.jp/hafez/
 全国順次公開予定
  ※ナナゲイ/KAVC/京都みなみ会館 公開予定

 「ヒトラーの贋札」
 http://www.nise-satsu.com/
 全国順次公開予定
  ※敷島シネポップ/京都シネマ 1/26~

  ほか公開作 多数。。。


【関西では】

1月12日より上映中
「舞妓Haaaan!!!」 @祇園会館
http://www.gionkaikan.jp/
 ※「憑神」と2本立て。
   日本一、舞妓映画の似合う(?)映画館にかかるなら
    見てみてもエエかも、てことでメモ(笑)

2008陽春スペシャル@新京極シネラリーベ
1/19~2/8 
(2007年の秀作・話題作一挙16作品を上映)
http://www.rcsmovie.co.jp/kikaku/2008/cine/0119.html

チャップリン映画祭 開催中(~2/29)@千日前国際劇場
 (過去の紹介記事はこちら→ 12/25

京マチ子映画まつり 開催中(~2/19)@千日前国際シネマ
 (過去の紹介記事はこちら→ 1/19


1月16日より上映中
「長江哀歌」 @滋賀会館
http://www.rcsmovie.co.jp/shiga/2008/01/aika.html

1月19日~
「ここに幸あり」 @京都みなみ会館
http://sachiari.jp/
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/kokoni/0122.html

1月22日~
「タロットカード殺人事件」 @滋賀会館
http://www.wisepolicy.com/scoop/
http://www.wisepolicy.com/scoop/


1月26日(土) 公開開始

 「陰日向に咲く」(邦画) 
 http://www.kage-hinata.jp/
 全国ロードショー(関西ではTOHOシネマズ系/京都東宝公楽ほか多数)


 「全然大丈夫」(邦画) @シネクイント ほか
 http://zenzenok.jp/
 全国順次公開予定
  ※シネリーブル梅田/神戸・シネマート心斎橋 2/23予定
    京都シネマ 3/1予定


 「マリア・カラス 最後の恋」(洋画) @シャンテシネ ほか
 http://www.callas-onassis.com/
 全国順次公開予定
  ※シネリーブル梅田/神戸・京都シネマ 2月下旬予定
 
  ★「マリア・カラス最後の恋/写真展」@池袋三越(~2/4)



【関西では】

1月26・27日 (載せるの遅かった。。。)
滋賀会館1F大ホール特別上映シリーズ
「大脱走」&「荒野の七人」
http://www.rcsmovie.co.jp/shiga/index.htm#dai

1月26日~
「コーラス」 @パルシネマ
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/dragonfly/05lineup.html
  ひさびさの映画館上映ではないでしょうか♪
  同時上映は「ドレスデン、運命の日」

1月29日~
「そして、デブノーの森へ」 @千里セルシーシアター
http://www.at-e.co.jp/soshite/


【わすれないよーにメモ】

2月1日(金)、3日(日) 13:30~、17:00~の2回上映
『七人の侍』 @京都文化博物館

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film.html

 あーあ。「カルメン故郷に帰る」うっかり忘れてた!!!(泣)

展覧会のほうにもぜひ行きたいです!!!(げんざい開催中)
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special.html
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/10publicity/200224-kyobun-kawabata/00kyobun-kawabata.html

どこかでチケットGETしなければ。。。


2008年01月25日 (金) | 編集 |
きのーのプレミアは主役が来なくて残念でしたね。。。
め○ましでは、湯唯ちゃんのインタビューに加え
なぜかバベル凛子ちゃんのインタビューが(なぜに???)
 しかし、BGMはちゃんと中文版の主題歌だったので
 ちょびっとだけめ○ましを見直した私・・・ 
  でも監督のコメントが見たかったなあ。(普通は出すやろ!?)



さて。
個人的にいろいろとありまして(悲)、日記がとだえがち(失礼)

やるべきこと、書きたい記事、載せたいニュース。。。
もう山のよーにとっちらかっていて、全く収拾がつきませんが・・・

映画はつづく! 人生もつづく!!!(生きていれば/涙)


水曜は、気分転換(?)に映画にいってみましたが

某TOHOシネマズでは

ブルーベリーナイツ by (●ェ●。)さん の
予告をやっていました♪


色戒とダブルで流れたので、ちょっと元気が出ました!
・・・というのはうそで(笑)
色戒の予告を見て、血圧倍増・胸の鼓動はドキドキ・目先はクラクラ
半分は(予告が流れたら嬉しいなあ)と無理に狙って来たわけですが(苦笑)
こんなんでは、マトモにこのあとの
本来の目的であったはずの映画鑑賞が出来るだろーか?(-"-;)と
思っていたそのとき!!!

次に流れてきた洋画ふうの予告篇・・・
ノラ・ジョーンズの絵から始まらないので、最初は気づかず

え?え??まさか??? 

ブルーベリーですかっ!!!てな感じで、めちゃ驚きました。

画面の、「恋する惑星・2046 ウォン・カーウァイ」という文字だけで
もう涙目です。

映像はうつくしく、音楽はすばらしく、もう涙・涙 ←はい。アホです。。。

めちゃ心臓に悪かった。
(でも嬉しい・・・)(でも体に悪い・・・) ←どないやねん!?



ナタリー・ポートマンが出てたのでもとの素材はこれ↓だと思います(たぶん)



(※注 この画像の字幕は残念ながら、日本語でなくふらんす語です)


映画館には特大版のタペストリーも出てました。

TOHO系劇場の公開情報も、わかりしだい載せていきます。


 「藍苺情報」をよろしく♪(はあと)


★香港つながりで。。。
  周星馳の「長江七號」日本は6月公開だそーです。
  
 横にも出してますが、この下の日記に紹介しておきましたので
 気になる方、どーぞ♪
 http://gracediary.blog3.fc2.com/blog-entry-1855.html


2008年01月25日 (金) | 編集 |
ミラクル、ちゅー邦題も、いかがなものか?とは思いますが(※)

噂の「長江7号」
日本での紹介ページがいつのまにか出来てたのでご紹介♪
(さっき、右側に貼ったのだが、右カラムがサーバ不調で
 出たり出なかったりみたいなので、記事に残しておきます)


ミラクル7号 (ソニー・ピクチャーズ)
http://www.sonypictures.jp/movies/cj7/index.html

今は表紙だけ、ちゅーか、
たぶん近くなったら正式なサイトが別にできるんだと思います。

6月公開ですよっ♪ みなさん!!!

いちおうこっちにも出てます
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000008-flix-movi


現地のサイトは「国際版」なんでしょーか。
http://www.sonypictures.net/movies/cj7/

流れる予告が、英語ナレーション+普通話、でのが
なんだか淋しいので、広東語版の予告篇を貼っておくざんす~♪

YAHOO香港 VIDEO
香港地區獨家首播《長江七號》電影預告片
http://hk.video.yahoo.com/video/video.html?id=386449

[続きを読む...]

2008年01月20日 (日) | 編集 |
いろいろ書きたいこと、書かねばならぬことがたまっておりますが。。。

やっと 京マチ子映画まつり についてご紹介を載せましたので
気になる方はどーぞ♪

  昨日、「女の勲章」「女系家族」を見てまいりました。
  古い日本映画て、やっぱし面白い!!!
  関西弁ばりばりの田宮二郎氏にくらくらしました。
   この2本については、るいすくーというより
   えぢっぽく、くねくねしてはりました(笑) 痩せてるし。

  大阪で大阪弁の映画を見るのって
  ある意味「香港で香港映画をみる」てぐらい、ハマるかも(笑)  
  ただし、映画館が古くてすごいので、入ったら一瞬びびります、、、


さてっ。 念願(?)のインターネット映画大賞へ
ムリヤリ記事をまとめて投票できたものの、(この下の記事です)
(あれでよかったのか???)とまだまだ考えてしまう。

点数化しない、ベスト10みたいなものを
アジア映画・邦画・西洋映画、みたいな分類で書きたいですね~。

 あ、インターネット映画大賞のとき
 「長江哀歌」「街のあかり」など、私が入れそうな作品に
 なにも入れてないのは、 中盤のエエところで寝てしまったからです。。。


 そして、いかにも好きそうな
 「赤い文化住宅の初子」「リトル・ミス・サンシャイン」「ヘアスプレー」
 「善き人のためのソナタ」 等等は
 残念ながら見逃してしまったため、評価できず。。。


このなかで、いくつかは
関西でいろいろ再上映されますので、
見逃した方、もう一度、見たい!て方はぜひどうぞ♪

1/19~2/8  @新京極シネラリーベ
http://www.rcsmovie.co.jp/kikaku/2008/cine/0119.html
http://www.cinell.net/syousai/2008yosyun4.shtml

2/4~9
朝日ベストテン映画祭 @大阪 中ノ島 リサイタルホール

http://www.asahi.com/event/TKY200712210159.html

  ↑こっちはだいぶ先なので、感想ともども、もういっかいご紹介したいですわ♪


そして、さくじつ19日から公開の映画の多いこと!!!(泣)

見たい新作をほっちらかして、千日前にいってきた私って~。。。

とりあえず、すいてそーな(失礼)シルクあたりから
レイトにて攻略してきたいと思います。。。

 (もしかしたら、らすとこーしょん、の予告をやるかもしれないしね)


[そのほか、無差別に気になるニュース]

バッテリー、TV化 @NHK
 http://contents.oricon.co.jp/news/movie/51214/full/

   (私のツボは、由貴ちゃんがTVに出る、とゆーことだ♪
    野球ドラマて、水原勇気を演って以来でわ♪ ←まにあっくやなー)


生茶、のCM等がリニューアル

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080117-OHT1T00116.htm

  役所さん、活動が幅広すぎますっ(汗)
  このぬいぐるみ、ほしーなーーーー。(パンダまにあには必見!)


○ハーフェズ 東京公開

 「ハーフェズ ペルシャの詩」 東京では昨日からだったのですね。
 はやく関西に来て!!!(て、今こられても見るヒマないかもですが)

 久美ちゃんは、薄幸な役が多いので
 こういう元気な写真を見ると嬉しくなります。
 http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008012002080831.html

 ペルセポリスはまだGETできないので
 (梅田のキ○クニヤにも、なんばCityのア○ヒヤにも無いってどおゆーこと!?)
 先に久美ちゃんの旅行記を買ってしまおーかと思ってます。

 貧乏で買う余裕がないけど、でも、面白そうでしょ??? ←誰にゆうてる?

   ちょっと中東づいているなあ(汗)

今日はひさびさに広東語にいくので、ジ○ンク堂に寄ってきたいと思います♪

忘れられない花のいろ 麻生久美子のペルシャ紀行
 忘れられない花のいろ 麻生久美子のペルシャ紀行 (麻生 久美子,吉村 未来)


ペルセポリスが見つからないので
きのうはCUTを買うことにして、ついでに、こっちを立ち読み。

別冊カドカワ(総力特集)20th Anniversary奥田 (カドカワムック 266)
別冊カドカワ(総力特集)20th Anniversary奥田 (カドカワムック 266)

マサムネくんとの対談も載ってますよ~!!!
 気になる方は、ぜひぜひ立ち読みしてみてください。。。


そして、こっち

Esquire (エスクァイア) 日本版 2008年 02月号 [雑誌]
Esquire (エスクァイア) 日本版 2008年 02月号 [雑誌]

立ち読みしてたのですが、買ってしまおーかどーしよーか。。。
ほんの少し(1ページの4分の1ぐらい?)ですが、
「ラスト・コーション」が紹介してあり、最後のまとめがかっこよくて
ホロリときてしまいました。
 (お騒がせしましたが「Title」でなくてこっちです(^^;))

もういっかい読みにいってから買うかどーか考えよう。。。


2008年01月19日 (土) | 編集 |
色,戒やブルーベリーのカウントダウンをしたいところなのに、
アッちゃん」 の次は「マチ子さま」な、困った私です。。。

遅れまして恐縮ですが
先週から開催されております、素晴らしいイベントをご紹介♪

ミナミが生んだ大女優
  京マチ子 名作映画まつり

会場は千日前国際シネマ。
期間は、1月16日~2月19日となってます。(11作品)

(ちなみに、となりの
 千日前国際劇場のほうでは、いまチャップリン映画祭を開催中♪)

チラシをいただいたので、チャップリンのときと同じく (12/25
転載をさせていただきますが
詳しくはこちらのサイトにも紹介されていますので
↓気になる方はぜひぜひご覧くださいまし。
http://www.daiya.com/movie/

華麗なる一族graceのマチ子さまブーム(はあと)は
実は、去年に拝見した
「華麗なる一族」からです(もちろん映画版)

若い頃には、「羅生門」も特集上映で見たし
もともと好きな女優さんでしたが、
(雨月物語もたぶんどこかで見てるはず。TVかな?)
華麗なる一族で見たあの
秘書?の相子(アイコ)さんにシビレました♪
現代の日本では、
あの貫禄せくすぃオーラが出せる女優さんなんていないでしょうねえ。。。

 この映画祭では上映されませんが、
 「華麗なる一族」、映画版は他のキャストも本当に素晴らしいです。
 見てない方は、何かの機会にはぜひご覧になってくださいまし!!!


そのほかの出演作・経歴等は こちら→ Wiki
 
  黒トカゲがとっても見たいです。。。 どこか上映して~(T_T)


↓映画祭り 上映予定作品
[続きを読む...]

2008年01月18日 (金) | 編集 |
新装版 天璋院篤姫(上) 
いや、正確には、
トミコ先生に夢中♪というべきか。

ここしばらく、
色々あって大変ではあったのですが
(ていうか、現在進行形で大変・・・)

読書で癒されるこのひととき。


いま、
電車通勤の時、熱中して読んでます。



実は、「篤姫」
たまたま、録画している第一話をぜんぜん見てないので
土曜日に再放送の第二話を見るまでに
なんとか先にぜんぶ読めないか???なんて思ってます。
(いま上巻が終わりつつあります)

めちゃおもろい!!!

ここ数年、大河は見てないですけど
この小説はぐいぐいノリノリで読んでます。


[続きを読む...]

2008年01月17日 (木) | 編集 |
「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

ひきつづき、外国映画部門、です♪
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=2

中華にまとめたかったけど、
公開本数から、ちょっと無理だったかなあ。。。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「不能説的秘密 Secret」(台湾/日本未公開)     6点
  「出エジプト記」(香港/東京国際映画祭にて上映)   5点
  「ブレードランナー ファイナルカット」            5点 
  「遠い道のり」(台湾/東京国際映画祭にて上映)     4点
  「私の胸の思い出」             3点
  「呉清源 ~極みの棋譜」           2点
  「クレイジー・ストーン」(中国/「中国映画の全貌2007」にて上映) 2点
  「パンズ・ラビリンス」              2点
  「あるいは、裏切りという名の犬」       1点

【コメント】
こちらも配点が難しい。
印象に残った映画を上からあげていき、まとめました

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [周杰倫(ジェイ・チョウ] (「不能説的秘密」)
【コメント】
  香港で見たのですが、とても素敵な映画でした。
  音楽も素晴らしいので音楽賞とダブルです。
  日本での一般公開を強く望みます!!!
  (ジェイはきっと、カドカワ映画が好きだと思うわ~(^^;)) 

【主演男優賞】
   [梁朝偉(トニー・レオン)] (「傷だらけの男たち」(傷城))
【コメント】
  最初にみたのは2006年年末@香港ですが
  日本公開時にもみたので2007年で評価したい。
  やっぱし、すごいです。(香港で見たときのほうが感動したけど)
  あの眼鏡姿にやられましたので、入れないわけにはいきません。

  ※次点は、呉清源の張震(チャン・チェン)くん♪

【主演女優賞】
   [桂綸[金美](グイ・ルンメイ)] (「不能説的秘密」「遠い道のり」)
【コメント】
  ひさびさにみたルンメイちゃん。
  相変わらずかわいい、というより、可愛さパワーアップ!!!
  不能説的、では、ジェイ監督が、ムリヤリ高校生役をさせるだけあって
  魅力全開です。
  どちらも、日本公開を祈って主演女優賞にさせていただきます♪
  
   ※次点というか同点にしたいのは、
    「私の胸の思い出」(天生一對)の楊千[女華](ミリアム・ヨン)
     やっと彼女らしい香港映画が日本公開されたのを記念して。

   ※次点は西洋では、ダントツで「クィーン」のヘレン・ミレン
    映画で必要なのは、演技力に加えて「品」というか「たたずまい」というか。
    そういう空気を持つ、素晴らしい女優さんです。    

【助演男優賞】
   [謝霆鋒(ニコラス・ツェー)] (「かちこみ・ドラゴン・タイガー・ゲート」)
【コメント】
  龍虎門(原題)は香港でみたときからわりと好きなので、
  どこかに賞を入れるとすると主演のど兄さんかニコちゃん、てことで、彼に♪
  (2007年は「男兒本色」も香港でみたのでそれも含めて)
  2008年日本公開と噂の「男兒本色」は、ちゃんとした邦題にしてください!

  ※次点は、「不能説的秘密」の、おやぢ、こと黄秋生(アンソニー・ウォン) 
   
【助演女優賞】
   [楊淇(ケイト・ヤン)] (「花蓮の夏」(盛夏光年)
【コメント】
   助演でいいのか、難しいところですが。
   「花蓮の夏」も良い映画だったけど、私の好みじゃないのと終り方が
   私には納得いかなかったからベストにあげなかった。
   でも、3人のうち、誰か、といわれたら、私は彼女を推したい♪
   (いちばん、ストーリーの中で、役の中の人、として生きてた気がした)

【新人賞】
   [イヴァナ・バケロ] (「パンズ・ラビリンス」)
【コメント】
  日本映画はそよちゃん(夏帆嬢)に入れてしまったので、
  こっちはオフェリア嬢で。

   ※「ミルコのひかり」の男の子と、めっちゃ迷いました。
 
【音楽賞】
  「不能説的秘密」
【コメント】
  監督の才能にホレボレします。
  サントラだけでなく、楽譜まで買ってしまいました。

20070802175222
(右が「不能説的・・・」のポスター。左は「男兒本色」)

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [最低の邦題で賞] (「かちこみ・ドラゴン・タイガー・ゲート」)
   [素晴らしい邦題で賞] (「あるいは、裏切りという名の犬」)

【コメント】
  近年はいろいろ、中華映画の公開では、イライラしたりがっかりしたり・・・
  その中で、もう、日本の映画関係の人って、どうなの!?と
  決定的に思ったのがこの「かちこみ」事件。
  ふきかえ版重視の公開から、香港キャスト無視のプロモーションなど
  ひどい邦題なだけでなく、映画に対する「愛」も「リスペクト」も全く感じられず
  その宣伝方法に呆れたり悲しくなったりした。
  あの怒りを忘れないために賞とはしたくないけど、記事に残します(怒)

 まったく逆に、「すごい!!!」とうならされたのが、
 「あるいは、裏切りという名の犬」
 映画の深いノワール加減と渋いオジサマがたにもグッときた。素敵(倒)
 
 今年、いちばん魅かれた題名。


 このタイトルとポスター、とても素通りはできません。。。

 中華映画もこれくらい、「かっちょエエ」邦題をつけていただきたい!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

以上、恥ずかしくもギリギリの投稿ですが
なんとか、こんな感じで・・・。

ちなみに、2007年にスクリーンでみた作品は
新旧・東西 あわせて、161本(たぶん)

170いっていませんが、DVDをいれたら170くらいと思います。

来年は、やっぱし

「香港電影、加油!!!」

2008年は、すでに、10本くらい映画を見てる気がしなくもないけど(汗)
また、いろんな感動に出会いたいです♪


[追記]

 やっぱし、わたくしの投票が、
 ベベタ(関西弁で最下位・最後尾の意)のよーです。

 来年は、シッカリ考え、早めに投票したいと思います(泣)
  みなさまもぜひ!!!

 そして、いちおうイイワケ。
 2007年の映画と分類すべきかもしれないですが
 「ONCE ダブリンの街角で」と「ペルセポリス」は1月に関西で上映されてから
 観たので2008年に入れたいと思います。
 12月に観た「いのちの食べ方」も、もういっかいぐらい観たいので併せて
 2008年にカウント予定。

 「四大天王」と「父子」もすっごく入れたかったけど
 2007年、というくくりには、厳しいか?と思ったので外しました。
 それ以上に、正式に日本公開されてからカウントしたいという願いもコミで(祈)

 ひとり1記事の投票なので
 本当は、中華(アジア)映画と西洋(欧米)映画を
 分けて書きたいところですが、泣く泣くミックスです。
 中華の分だけ、ってのは、また別に日記に書いていこうかと思います。。。


あ、読み返すと、
けっこう、中華(香港)に冷たい投票結果になってしまったかも・・・。

とにかく、来年は、たくさん「日本公開」をしていただきたいですわ~(泣)

2008年01月17日 (木) | 編集 |
今年こそ、ちゃんとこの大賞へ応募したいと思います♪

 残念ながら、ギリギリになってしまい、
 広く、投票を呼びかけられず、すみません。
 みなさま、来年は一緒に、ガンガン投票いたしましょう!!!

「日本インターネット映画大賞」 http://www.movieawards.jp/

まずは日本映画部門
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=1

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)

  「夕凪の街、桜の国」         6点
  「鉄コン筋クリート」          5点
  「アヒルと鴨のコインロッカー」    5点
  「キサラギ」               4点
  「オリヲン座からの招待状」      3点
  「天然コケッコー」            3点
  「それでも僕はやってない」       3点
  「THE 焼肉ムービー プルコギ」    1点

【コメント】
点数をつけるのがすごく難しかった。
「作品の完成度」とかまとまり、みたいな、1本全体を通しての印象から
洗練度?の高い作品を10本選んで上から配点していき
8本に絞りました。
まとまり、といいつつも、1位は、これっきゃない、て感じ。
2位から4位までは、「見ながらド肝を抜かしてくれた」作品となりました。
「キサラギ」は昨日また再映を見てきたのですが
やっぱし、5点にいかないマイナスポイントがあるのが残念。
(それは別に書きたいと思う・・・)
プルコギは、ベスト10か?というとちょっとアヤシイけど
2007年は、笑いありナミダありの無茶な作品を
私が他にあまり見なかったのと、田村さんの追悼ということで。
次点は、ありすぎて書けません・・・。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [山下敦弘]  (「天然コケッコー」)
【コメント】
   あのイナカの小学校の空気感!
   まんがを映画にするというのは、スクリーンでこういう
   うつくしい風景を見ることができるところに意義がある♪(はあと) 

   これと、松ヶ根、両方を撮ってしまう、というところもスゴイです(尊敬)

【主演男優賞】
   [加瀬亮]  (「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】
   ソレ僕も良かったけど、やっぱし、オリヲン座!!!
   素敵なラブストーリーでした。
   あれだけ熱演されたら、関西弁がやや難アリなのも許す!(笑)

【主演女優賞】
   [麻生久美子]  (「夕凪の街、桜の国」)
【コメント】
   本当は、麗奈ちゃんとダブル主演受賞としたいところ。
   自然なのに品があって・・・あの演技に、まさしく滝のように泣きました。
   ハーフェズもあるので、2008年も麻生さんの年のような気がします。

【助演男優賞】
   [瑛太] (「アヒルと鴨のコインロッカー」)
【コメント】
   主演とするのが正しいのか?
   出演作はいろいろ見てたと思うけど、
   初めて「この子はすごい!」と思ったのがこの作品。
   できればもう一回みたいと思いつつ、まだ見ていません。
   回数を見れば更に彼を評価すると思う、そんな作品であり、演技でした。

【助演女優賞】
   [宮崎あおい] (「サッド・ヴァケイション」)
【コメント】
   そんなに出番が多いわけではないのに、あの自然かつ深い存在感。
   ちょっと出てきただけなのに、あの「こずえ」が、あれから大きくなって
   そして、そこにいる!というのが分かる。すごい女優さんです。。。

【新人賞】
   [夏帆] (「天然コケッコー」)
【コメント】
   2007年は他にいないでしょう(^^;)

【音楽賞】
  「鉄コン筋クリート」
【コメント】
   パンクな未来都市かつ無国籍な世界観を表現した
   強すぎず、しかしあの画面にも負けてないすごい良い音楽だったと思う
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [勝手に、「そんなに好きなんですか?」賞] (「市川崑物語」)
【コメント】
   岩井映画とは言われてもわからないくらい、
   市川崑LOVE映画というか、すごい「愛愛愛尊敬!!!」みたいな
   映画だった。
   ああいう作り方で、いろんな監督をいろんな人に撮ってもらえたら
   楽しいかも。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

以上です。

いちおう、2007年の1月1日から12月31日までに
日本映画は、新作・旧作あわせて40本(たぶん)を拝見いたしました。
(この投票をさせていただくには、見た本数がちょっと少ないかな?)


まだまだ、書きたいことは一杯ですが
時間の都合上、ここまで(泣)

来年は、シッカリ考えて、ちゃんと丁寧にコメントをつけたいと思います!
(と、いちおうは書いておこう。。。。。ヘ(。>_)ノ )


2008年01月13日 (日) | 編集 |
さ~て♪ 昨日みた映画は。。。

 ・ONCE ダブリンの街角で

 ・ペルセポリス

 ・東京マダムと大阪夫人


  の3本でした。(サザエさん風!?)


1日に何本も見るのは、旅行先とか映画祭以外では
できるだけ避けているのだけど。。。

ダブリン・・・は、ぜったい初日初回に見たかったし
(初日プレゼントで先着100名限りの紅茶ももらえたし♪)
ペルセポリスは、初日だと特別ゲストのお話つきだったし
(でも、時間等の関係でそれほどのお話ではなかった←失礼)
東京マダム・・・は、スペシャルプログラムで
この日の夜しか行けそうになかった。

 川島雄三レトロスペクティブ 京都にて開催中~!
 http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/kawashima/0110.htm
  
  
  先週は「幕末太陽傳」に行ったけど
  夜おそくて、ついついウトウトとしてしまった。いかんいかん(^^;)


1月公開の映画をまとめていくつもりが
全然ちがうニュースを次から次から発見し、収拾がつかなくなっています。
しばしお待ちを。


 <いけそーにないけど気になる情報>

犬猫 ◎東京にて 「犬猫」特別上映中

 1/12(土)~1/15(火) 21:15~22:50
 1/23(水)~1/25(金) 21:15~22:50

  @銀座テアトルシネマ

 ★ちょびっとですが西島さんが出ています。
 フシギなまったり映画て感じで私は好き(笑)
 http://www.cinemabox.com/schedule/ginza/index.shtml

  
◎シネマヴェーラの次(2月)の特集は学園もの(特殊学園Q)だそーです(^^;)
 http://www.cinemavera.com/schedule.html 

  台風クラブをやるのは、
  特集の意図からすると直球ド真ん中て気がしますが(笑)
  ものすごいラインナップにひっそりと混ざっている
  「1999年の夏休み」がすっごく見たいわ~(T_T)
  (もちろん、全くもって行けそうにない。。。)

1999年の夏休み ※ねんのため注
 「1999年の夏休み」
 原案はなんと、名作少女まんが「トーマの心臓」
 それを、少年の役なのに女の子が
 演じてしまっているというチャレンジングな作品。
 一部ファンには有名な話ですが
 キャストの水原里恵というのは
 改名前のふかっちゃんのことです♪

 くわしくはココ↓
 http://www.shusuke-kaneko.com/f_graphy/filmography/1999sum.html  

   「すんごい学校」特集なら
   DVDでエエから、「我的野蠻同學」をこそっと上映してもらえないもんだろーか(笑)


◎こっちは行く気マンマンですが(笑)
 京都で「2008陽春スペシャル」と題し
 2007年のベスト映画などの上映を予定。

 1/19~2/8 @新京極シネラリーベ
 http://www.cinell.net/syousai/2008yosyun.shtml

 「街のあかり」とかもういっかい見たいです。
 「長江哀歌」は、滋賀会館にいくつもりでしたがこっちで見るべきか?(-"-;)

 これはまた別記事でシッカリ宣伝したいところ(^▽^)

・・・

さいごになりましたが

「ペルセポリス」
 めっちゃ良かったです♪


 http://persepolis-movie.jp/

 フランス語版(仏語吹替えで日本語字幕)を見ましたが、
 絵はカワイイし、マルジ(主人公)が魅力的。
 講演でもお話がありましたが
 「この映画をみるまで、イランのことを何も知らなかった。。。」と
 びっくりします。ちょっとショック。。。
 でも、イキイキとしたマルジの少女からオトナへの
 人生を描く中で、イラン情勢や世界平和や人生について
 いっぱい考えさせられました。
 簡単にあらすじとか、歴史的背景をちょびっと読んでから
 見るほうがいいかもしれません。

 後でネタバレ感想が書けたらいいなあ。。。
 
 ホンマ、すごい。素敵な映画!!!
 見ると「胸いっぱい」になる部分もありますが
 新年早々からまた、絶賛オススメ映画に出会ってしまいました~(^^;)
 (途中はちょびっと泣いてしまった。。。)
 マルジもいいけど、マルジのおばあちゃんがとっても素敵です!

 白黒アニメて宣伝されてますが、一部はちゃんと色がついてます。

原作が読みた~い!!!

ペルセポリスI イランの少女マルジ
 ペルセポリスI イランの少女マルジ (マルジャン・サトラピ)

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る
 ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る (マルジャン・サトラピ)

映画をみてから読むほうがいいかもしれないけど
原作者、マルジャンについてはこちら → Wiki

 ・・・1969年11月生まれ、とあるので、私とそんなに大差ない年齢(汗)

こっちもぜひ読んでみたい!(題名を忘れないよう貼っておきます)

刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚 刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚

全国順次公開中で、東京でも2月2日までロングラン中のようです。
2008年のベスト映画として
来年の今頃にも高い評価を受けるのではないでしょうか。←勝手に決めてる♪

 ★英語吹替え版も公開されていますが
   やっぱし、「素敵なおばあちゃん」「ママ」「マルジ」の
   母娘三代の声を楽しむならフランス語版で♪
  
  機会があったら、英語版のほうも見てみたいです。
  (英語版では、おばあちゃんがジーナ・ローランズらしい。
   キアラ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーブは英語も仏語も両方を担当。
   キアラって、いちおーイタリア人なのではないのか?(-"-;) 
   どれもペラペラなんて、すごいなぁ~)

・・・

「once ダブリンの街角で」もとっても良かったのですが
よ~く出来た佳作て感じ。
音楽映画でもありラブストーリー?ぽい部分もあるので
万人にオススメというわけにはいかないけど、かなり好きだわ♪

そして、ダブリンがいっぱい出てきて(←アタリマエやろ!)
私はもう、泣いちゃうぐらい嬉しかった。。。(はあと)
(「ダブリン上等!」はあまり外の街とか出てこなかったので
 ひさびさに大画面のダブリンを見て感動。。。)

こっちは(主人公はもちろんいいけど)
電気店のパパがとっても良いですね♪

なんとかもういっかいぐらい行きたいです。

 ちなみに、最初の場面で小銭泥棒をオッカケて追いつくところ。
 さりげなく映ってますが、あそこは超有名な観光名所(ていうか学校)
 トリニティ・カレッジな気がします。よく撮影できたなあ。。。

 訂正!
   公式サイトにちゃんとロケ地MAPが出ていて
   「スティーブンス・グリーン公園」がロケ地だそうです。失礼しました。
   グラフトン通りの南端、とあるので、デパートのすぐ近くのところかも。
   たぶん、行ったことあります。

   その他、ロケ地はこちらに載ってます♪(めちゃ行きたい。。。)
   http://oncethemovie.jp/map.html

   以上、お詫びして訂正いたします。すみません~!!! (08年6月記)



 ダブリン観光案内
 http://www.ewe.ie/travel-guide/dublin/index.html
 
 いちおう地図
 http://www.tcd.ie/Maps/tcd_city.html


あああ。ロケ地めぐりに行きたい~!!!
ていうか、フィッシュ&チップス食べたい!!!←それはロンドンでは?(^^;)


話がソレすぎですが
こちらの映画もおすすめです。京都では昨日から。
http://www.oncethemovie.jp/

全国順次公開中で、滋賀会館も公開予定のもようです♪


★まったく関係ないが
 ひさびさに、
 ダブリンのシネコンUGCのサイトへ行ったら
 名前が変わってしまっていました。いつの間に。。。
 (シネワールド、てなっていた)
 いま、ぬわんと!!!
 「色,戒」を
  やっているではないか!!!

  そしてここでもシッカリ18禁となっている(汗)
  http://www.cineworld.ie/reservation/ChoixResa.jgi?CINEMA=61&FILM=26576&VERSION=

 また負けてるよ~!!!
 (たいていの中華映画は、日本よりダブリンのほうが公開が早い。
  前に記事に書いたのは(06/07/29
  シネコン公開じゃなくてミニシアターだったけど
  ネットで見てた限りではエレクションも日本よりずっと早かったし、
  餃子のロングバージョンの上映まであった。。。)


 とりあえず、このへんで。
 今日は「家事とおうちで映画デー」の予定なんですが
 サッパリ進んでない私の明日はどっちだ!?。。。。。ヘ(。>_)ノ
  

2008年01月12日 (土) | 編集 |
いえ、パワーは元気、でも、ちょびっと風邪ぎみですが(泣)

すっかりBLOGをサボっておりますが
関西では、今日から公開の映画が意外に多い♪
(東京では10月から12月で公開開始のものが、イッキにきている感じ)

今年は厳選して少ない本数
じっくり観たい、、、と去年と同じことを考えて、BLOGにも書いた気がするけど

3連休の初日から3本(いちにちで)も
映画に行こうなんて思ってるやつは、どこのどいつだ~!?


  。。。あたしだよん♪


というわけで、行ってきます。。。。。。ヘ(。>_)ノ (ぴゅうううう!!!)

 まにあうのか???(-"-;)


ラインナップをご紹介したかったけど
今晩、感想とともに書れば、と思います(空しい公約であった)

  本当は4本いきたい(スケジュール上もじゅうぶん行ける)ですが
  さすがに、やめときます。。。



さきに自分用おぼえがき

英語でしゃべらナイト 来週はイッセー尾形氏♪
http://www.nhk.or.jp/night/index.htm

◎こないだの月曜は、ピーター・グリーナウェイ監督が出てました♪
 http://www.nhk.or.jp/night/nex-20080107.htm


2008年01月08日 (火) | 編集 |
ヒガシのはおーべっき、より、こっちが気になる。(今日のめ○ましでもやっていた)

見てみたいなあ。。。


玉三郎、中国の伝統芸能・昆劇と合同公演…京都と北京で上演

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(57)=写真=が、中国の伝統芸能である昆劇との合同公演を行うことになり7日、都内のホテルで会見した。

 昆劇は中国江南地方で600年の歴史を持つ演劇で、力強く明快な京劇とは対照的に、細やかな舞いが特徴。玉三郎は「20年来の念願でした」と、江蘇省蘇州昆劇院との共演で、昆劇の代表演目の「牡丹亭」と玉三郎の創作舞踊である「楊貴妃」を上演する。

 「動きはすぐに分かりましたが、言葉が難しい。中国語の中でも昆劇の言葉は大変で、役者として気持ちを通わせて、それをよりどころにしたい」と玉三郎。3月6~25日に京都・南座で上演の後、5月6~15日に北京でも行われる。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200801/gt2008010804.html



「牡丹亭」て、カイちゃんのはおーべっきの中でも出てきましたね。

 玉三郎氏は、めちゃ憧れの人なのですが、生で見たことがない私。
 
 行けたらいいのですが、お値段はいかほどなのでしょーか(遠い目)


2008年01月07日 (月) | 編集 |
前のテンプレがちょびっと読みにくかったので変えてみました。

ストロベリーなんで、ブルーベリーの公開までは
これでいってみようかと。

近所のTOHOでも上映らしいので
かなりな規模の全国公開かも、とちょっとドキドキしています。


けっきょく、長~い冬休みのあいだ、やりたかったことは、あまり片付かず。


  書きたい記事はいっぱいですが
  とりあえず、今晩以降ですわ。。。


1月のびっくりニュースもいろいろあるけど(笑)

まんが「秘密」がアニメ化されるらしく、それもビックリ(^^;)
(メロディ本誌に書いてあった)

  ま、映画化とかドラマ化よりは、まだいけそうですが~。

  
   ここ、とかに載ってます→ 白泉社のページ


きのうは、「田舎医者」を見にいってきてて
うっかり「篤姫」を見逃してしまった。。。。(映画は良かったけど帰り道に気づく)
 
 初回から見逃し(汗) 土曜日みなくてわ!


今月は、わけあって、レンタル強化月間+所有DVD消化運動のため
しばらく、映画館より家で映画、てことが多いカモ。。。


  今日からやっとシゴトです。行ってきまーす。。。。。ヘ(。>_)ノ


[追記]

知らない方のために、
「秘密」はこ~んな絵です。うつくしいのに中身はコワイ(笑)

Melody (メロディ) 2008年 02月号 [雑誌]

  Melody (メロディ) 2008年 02月号 [雑誌]

このまんが、めちゃ好きなので、過去に何回かご紹介(05/06/08)しています。
(最近だと、07/03/03

よかったら読んでみてください。

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234)) 秘密―トップ・シークレット (1)  (清水 玲子)


2008年01月05日 (土) | 編集 |
おうちでDVD、とダラダラ過ごしていたら
ダラダラぶりに拍車がかかり、いろんな古いビデオとか
へろへろ見ています。

  これでは、「ちゅーかヒッキー」です(-"-;)

いま、やっと録画してた「のだめ」前半を見ました。
今日もお出かけ(ごちそーを食べにいく)のためビデオかけて行きます♪


1月、お正月映画は、正直(ぱっとしないなー)て感じが
マンマンでしたが。。。
(でも今日から京都でやる「田舎医者」には行きたい!)

1月後半は、めちゃめちゃ見たい新作がいっぱい(泣)
明日にはラインナップ等、ご紹介したいと思います。

 今年も
 映画館へ行こう♪

と書きつつも、とてもぜんぶ見るのは無理!てぐらい
魅力的な新作が山ほど上映されます。どないしよ。。。

  とりあえず、シルクとスウィーニートッドは外せない(^^;)

新作もすごいラインナップなのですが特別上映もすごく多い!

すでに始まっている「チャップリン映画祭」もあるし
おなじく千日前では、なんとっ!!!
「京マチ子映画まつり」というものがあるそうです(嬉)

  ラインナップはチラシをいただいたので
  ほぼ手打ち記事で中身は完成させたのですが~(^^;)
  タイムテーブルが載ってない。。。
  確認がとれしだいUPしたいと思います。


滋賀会館ではまた特別上映があるし
加えて、神戸では、えふすーイベントがあるそーです。

 えふすーイベント
 行けそうにありませんが、別記事にて
 ご紹介をいたしましたので興味ある方はどーぞ。

http://gracediary.blog3.fc2.com/blog-entry-1817.html


今年も、できるコトからコツコツと

しかし、

 オッカケは控えめに、宣伝はシッカリと

 てな感じでホドホドにやっていきたいと思います。。。

2008年01月05日 (土) | 編集 |
私の中では、彼らは「えふすー」なので勝手にそう読んでいます。
なので、そのまま書いておきます。だって「4」やんね?
(検索よけ、ともいう)

「えふす~映画祭」というと、とても懐かしい感じですが(3年前かな?)
神戸で1日だけイベントをされるとのことですので、ご紹介をさせていただきます。

お近くの方はぜひ♪

ラインナップは下記の4本。(さすがに「猛龍」はないのね?)

 「カンフー無敵」 (功夫無敵)

 監督:葉永健(イップ・ウィンキン)
 出演:呉建豪 (ヴァネス・ウー)、
     樊少皇(ファン・シウウォン)
     梁小龍(ブルース・リャン)、
     林子聰(ラム・ジーチョン)、
     陳國坤 (チャン・クォックワン)、
     黄伊[シ文](エム・ウォン) 他


F4 Film Collection マジック・キッチン 「マジック・キッチン」 (魔幻厨房)

 監督:李志毅(リー・チーガイ)
 出演:鄭秀文 (サミー・チェン)、
     言承旭 (ジェリー・イェン)、
     劉徳華(アンディ・ラウ)、
     マギー・Q 、
     ほか豪華ゲスト多数(笑)
     ※上映は北京語版と思われます(泣)


F4 Film Collection スカイ・オブ・ラブ 特別版 「スカイ・オブ・ラブ」 (愛・断了線)

 監督:滕華濤(タン・ファータオ)
 出演:梁詠[王其](ジジ・リョン)、
     朱孝天(ケン・チュウ)、
     [イ冬]大為:トン・ダーウェイ)、他

     ※韓国映画「リメンバー・ミー」の
       リメイク作品です


F4 Film Collection スター・ランナー 特別版 「スター・ランナー 」(少年阿虎)

 監督:李仁港(ダニエル・リー)
 出演:呉建豪 (ヴァネス・ウー)、
     キム・ヒョンジュ、
     劉家輝(ラウ・ガーファイ)、
     莫少聰(マックス・モク)、
     狄龍(ティ・ロン)、
     姜大衛 (デビッド・チャン)
     安志杰(アンディ・オン)、他

このうち3作品は、3年くらい前にフェスティバル、として
全国巡回で上映がかかり、何度か行きました。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6255

(たしか東京の写真美術館からスタートし
 関西でも私が知ってるだけで、
 テアトル梅田・MOVIX京都・京都みなみ会館で上映)

当時つくられていた
「F4 Film Festival」という本家のサイトは
もうなくなってしまったみたいです。残念。。。

  ジジちゃんの映画がかかる♪ということで 
  いつから開始でどこで上映がありどこにチラシが。。。なんて
  調子に乗ってネットおっかけ(?)をしてたら、
  その時期だけすごいアクセス数があり、
  おそろし~と思った記憶があります(笑)
   アイドル、恐るべし。。。

(映画祭、悔しいことに、
 graceは狄龍さんご出演の「少年阿虎」だけ見ておりません。
 他の2作は2回ずつぐらい見てるのにこれだけ見逃した。。。)


神戸のF4イベント F4 on スクリーン!」のお知らせ

日時 2008年1月14日(月・祝)
会場 神戸アートビレッジセンター
     http://kavc.or.jp

タイムテーブル

11:00~ 「カンフー無敵」
13:00~ トークイベント 「香港王のどす恋♥華流」
14:00~ 「マジック・キッチン」
16:00~ 「スカイ・オブ・ラブ」
17:50~ 「スター・ランナー」
19:45~ 「カンフー無敵*2回目」

全て各回入替え制です

↓こちら(香港王さまのHP)より一部省略引用
http://www.hongkongking.net/page/16

(日時・料金等の詳細は必ずご自身でご確認ください)



前売りは香港王にて取り扱い中とのことです。
 ※もし既に完売してましたらご容赦を・・・。

ちょびっと「スカイ・オブ・ラブ」を見たい気もするのだけど
あまりに遠いので今回は不参加とさせていただきます。
(今回は、て。。。(^^;)) トークショーちょっと見たいけど。


心より盛会をお祈りいたします♪

 (・・・て、やっぱし、
  今回も F3映画祭だよね???)

というわけで
次回はぜったい
「蝴蝶飛」も合わせて
ちゃんと4本でお願いしますよっ♪


 (気ぃ、早っ!!!
  でも、みなみ会館(←名指し(^^;))とかで、
  京都未公開の「猛龍」と合わせてやってくださると嬉しいな。。。)


   ※ねんのため注
     上記はあくまで、個人的希望を書いてあるだけで
     来週頃から香港で上映の「胡蝶飛」
     日本で上映されるかどーかも、現在は不明です。。。  

[続きを読む...]

2008年01月04日 (金) | 編集 |
遅くなりましたが、先日、購入した前売りなど。

20080104113704


前売りによると


「マイ・ブルーベリー・ナイツ」上映劇場

・東京   日比谷スカラ座

・大阪   TOHOシネマズ梅田

・名古屋  TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

・福岡   天神東宝

・札幌   札幌シネマフロンティア

 他、全国の上映劇場で上映期間中有効


 ・・・とあります。

わたくしは、MOVIX京都(松竹系?)にて購入。
カレンダーつきでした。

まだサイトは表紙だけですが
以前の情報では、全国東宝洋画系と出てたので
てっきりTOHOシネマズ全部でやるのかと勝手に思ってましたが
これからの上映ラインナップ発表が気になります。

http://blueberry-movie.com/

今後は、藍苺情報として、別のカテゴリを立てましたので
情報を小まめに(勝手に)オッカケて行きたいと思ってます♪

カレンダーはほぼCDと同じサイズのケース入りで
6枚に裏表印刷なので1ヶ月ごとのカレンダーです。
(中身はこそっとあとで載せたいと思います。
 よく考えたらもう1セット買わないと、12枚イッキに紹介できない(^^;))

MOVIXでは、ペア券も売っているようなので、
次回は入手してきたいと思ってます♪

 いま、香港の新聞には(●ェ●。)さんの写真がいっぱいのよーなので
 それもまたまとめて(笑)

 なんてゴージャスなゲストなのだ!
  ↓
 http://www.atchinese.com/index.php?option=com_content&task=view&id=44373&Itemid=91

   あーあ。やっぱし無茶しても香港行ってきたら良かった~!


★きのーの「鬼馬」ネタ
  夜中に、動画とかを見つけたのでいっぱい追加してます。
  気になる方は、またご覧いただけましたらと思います(笑)


2008年01月03日 (木) | 編集 |
ま、おうちで、てことはDVDですが(^^;)

お正月から、なんか気分がだるく(笑)
1日は出かけてきたものの(あとで書きます)、2日は「おうちで映画」てことで
ずーーーっと見たかった「鬼馬狂想曲」を見ました。
(表題はTWINSの歌う挿入歌より♪)

有名(?)な映画なので、いまさらって感じではありますが(^^;);;;;

新世紀Mr.Boo!ホイさま カミさま ホトケさま
新世紀Mr.Boo! ホイさま カミさま ホトケさま

 ズルして(?)日本版を借りたのですが
 ヒマなんで、1度ちゃんと見てから
 そのあとは、今日も用事をしながら広東語版をエンドレスでかけ、
 日本語ふきかえ版も2回ぐらいネットしながらダラダラと見てました。

  面白いっ!

  でもなあ。。。。
  「喜馬拉亞星」を見てしまった人間としては、
  もう、ちょっとやそっとの爆笑映画では物足りない!!!
    ・・・というオソロシイ状態にあることにガクゼン。
 
  私の中では、「爆笑コメディ」とは
  「大英雄」「喜馬拉亞星」の2本!(問題発言)
  それ以外は、「かなり笑える映画」でしかないのか・・・。
  おそろしい!!!(末期症状カモ。。。)


そうですね~。
私なら、邦題は
「帰ってきた Mr.Boo ~サミー・ポッポーと魔法の箸」にするかな(笑)

・・・といってもツインズ(お箸の精)は、思ったほど出番がないけど。

 で。

 カオルーン・香港♪・・・ていう歌。

  ほかの歌(主題歌や劇中でるいすくーが歌う歌。歌っているのは鄭中基)は
  日本語ふきかえでも元歌&字幕の処理なのに
  ツインズの歌だけは、「ダイスキ・香港」と日本語に吹きかえられていた!
  
  あの日本語、本人じゃないよね(汗) そこまでやらなくても(苦笑)
  でも、歌はともかく(え?)、映画の中では
  ざ・ぴーなっつ、みたいで可愛いかったです♪
  2人がダブルでやる、じゃんゆーさんのモノマネが最高!!!(爆)
  (「お箸の精」なので、お箸を使った人と同じ性格になる、て設定です)

お正月には、やっぱし、こうゆー映画が見たいもんです(笑)
買ってほってある、おバカコメディを今晩、まとめてみてみよーかしら♪

(でも、もともとのMr.Booは、今までほとんど見たことがなく
 DVDで王子の出ている「マジック・タッチ(神算)」を見たのと、
 映画祭で「花嫁の父」(上映時のタイトルは「Mr.Boo愛憎バトル)を見ただけです。
 (映画祭レポは06/11/05に)。
 楽しくは笑えるけど、そんなには好きでない感じかなぁ ←ワガママすぎ~!
 当時、日本の映画館で見ていた人とはたぶん感想が違うでしょうねえ)


 爆笑映画といえば(?)今日から、京都みなみ会館で
 グラインドハウスのUSAバージョンを上映するのだけど、
 どないしたもんか、て感じ。
 面白そうな気がするけど、私には向いてない気もする。
 気になる方はどーぞ!
 
 GRINDHOUSE U.S.A.バージョン
 1月3日から5日間限定ロードショー

 http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/g_house/0103.html


  行こうと思っていた暗~い洋画、「チャプター27」は昼間1回の上映なので
  今日ふと気づいたらもう間に合いませんでした。。。
  最終日の明日は別の予定があるので
  来週に千日前にいく時、心斎橋で見ようかなあ。。。


香港ネタついでに(?)
きのうTVを見ていたら、「少林少女」(ラクロスのやつ)のCMを見ました。
三谷幸喜監督の「ザ・マジック・アワー」の宣伝もガンガン見たので
すごい宣伝をかけているのだなあ、と思ったら
たまたま、私が見ていたTVで流れていたらしいです。

どっちも気になります♪(右下にもリンク貼りました)

少林少女(BLOG) http://www.shaolingirl.jp/blog/
ザ・マジック・アワー http://www.magic-hour.jp/

  あと、気になるのはこの映画(洋画?)

カンフー・パンダ http://www.kf-panda.jp/

  かなりおバカ映画な気配が感じられますが、さて、いかがなものか(笑)

  「ここらで白黒つけようぜ!」というキャッチコピーが可愛いです(爆)


しかし、やっぱりおバカなコメディといえば、香港!
見てないものがいっぱいなので、今年は映画館はホドホドにして
いろいろ過去の作品を見たいなあ、、、と新年なのでいちおう書いてみる(笑)


[続きを読む...]

2008年01月01日 (火) | 編集 |
しばらく更新できてなくてすみません~(て、いつものことカモ)

ここ数年は、
年末は香港にいて、30か31に現地で映画をみて1年の〆とする」のが
習慣になりつつありましたが・・・

実は、今年は上海・・・というゲーム
この暮れの忙しい(?)ときに、すっかりハマりこんでしまい
冬休みがかなり長くあるとゆーのに
年末映画を次々と見にいく合間は、PCを開くと、ネットもそこそこに
ついついゲームをしておりました。 なんてバカなのだ!!!私~(T_T)

  さっきも、PCでゲームをしてるうちに年越しが近くなり
  そのあと年越しチャットで年が明けてしまった。。。

   ※上海、というゲームはこんな感じです。。。(見てみたい方はどーぞ)
     http://www2a.biglobe.ne.jp/~qpon/game/shanghai/

さてっ。
大晦日なので、
2007年にみた映画をまとめよう、とか、いろいろ考えていたことはありましたが
まったく進んでおりません。。。


とりあえず、年末にみた新作映画 かってにダイジェスト(笑)


いのちの食べかた(洋画) ◎
 
  素晴らしい!!!
  話題のとおり、ナレーションも説明もなく、淡々と映し出される画面。
  作り手が押し付ける主張がなさげなにのに、訴えかけるものがすごい。
  ぜひぜひ皆様みてください! 美しい画面(絵柄)にも感動。
  http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

たとえ世界が終わっても CYCLE SOUL APARTMENT スペシャル・エディションたとえ世界が終わっても(邦画) ○

  必見とまではいかないが、小品というか佳作というか
  あ、いいもん見たかも♪て感じ。
  芦名星さん、「シルク」にも期待です♪
   ※もう全国の順次公開は終わっているかも。
     2月にDVD発売だそーです。
  http://tatoe-sekaiga.jp/

魍魎の匣 △

  世間で酷評されるほどには、思ったほどひどくはなかったが、
  原作が素晴らしいだけに映画としては不利でしょうねえ。。。
  あの長いややこしー話を上手くまとめてたのは偉いけど。
  麗奈ちゃんは相変わらず可愛かったです。
  http://www.mouryou.jp/

ミトン 他 ○
  (「ミトン」「ママ」「LETTER-レター」「こぶねのチージック」
    「ペンギン・スーのたからもの」「エティーのものがたり」)
  http://www.rcsmovie.co.jp/minami/2008/etty/1225.html

  年末映画というより、クリスマス用だったのだと思うけど
  アニメの短編集です。
  とーーーーても可愛いお話がたくさんで、わたくしはとても好き♪
  ひとつ、悲しく切ないお話があって、おもわず泣いてしまった。。。

  ミトン http://www.he-artcinema.com/heart/mitten/
  エティーのものがたり http://www.etty.jp/

くわしくはまた、色々書きたいと思います。
ご参考になりましたら幸いです (なるのか!?これで???)

「転々」は、今日いくつもりだったが、本日休映となってたので(泣)
まあ、ちかいうち行ってきます。
お正月だし、さんじゅーろーも行ってみよーかな~。


2007年は、近年になく、めーーーっちゃ映画を見ました(^^;)
たぶん170本くらい見ている気がします。

その中からベスト10なんて、とても決められそうに無いですが(汗) 
お正月休みのうちに、いろんな角度から、まとめを書けたらいいなと思ってます。


そして、別記事にも書く予定ですが

今年さいごのびっくりニュース♪(はあと)

もうすでに、(しらない間に)

「マイ・ブルー・ベリー・ナイツ」の
前売りが出てました!!!


サイトはここ↓
http://blueberry-movie.com/
 
 ちらしも前売りもこの柄です。
 前売りには、(私が買った映画館では)ミニサイズのカレンダーがついてました♪
 http://www.movix.jp/schedule/SMTT000000055_pcinfoI4.html


・・・
情報が早いんだか遅いんだかよくわからんこのBLOGですが

旧年中、応援くださった方々、読んでコメントくださった方々
情報をみて、いろんな映画に足を運んでくださったり、興味をもってくださった方々

いろいろとありがとうございました!!!

  不定期で 
  愛情(?)が偏った情報がいっぱいの日記ではありますが
  また、
  こちらの、情報を喜んでくださったり
  わたくしの失敗談に笑ってくださったり・・・
  そして、一緒に香港映画やそのほかいろんな映画を
  応援したり、新たに興味をもってくださったりしましたら嬉しいです。


2008年、皆様にとって、
よい年でありますように!!!


   2007年にいったい何本の映画を見たかはあとでこそっと出しておきます(^^;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。